Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

海外(メキシコ)でアメリカビザを申請する方法

2016.02.03 12:18|メキシコ☞EDIT
メキシコ人の友だちの家にホームステイしていたので、ブログの更新が滞ってしまったケンゾーとイクエです。
最近日本人宿ばかり泊まってくつろぎすぎていたけれど、やっぱり現地人の家庭に宿泊するのってとても楽しい。
ホームステイしながらの旅が好きだなあ。

きょうは、旅日記から少し外れてアメリカのビザの申請についてお伝えします。

アメリカと仲良しの日本。
アメリカにいろいろといいように利用してもらっている日本。

そんな日本人にアメリカ様から特典をもらっている。
それはアメリカ入国のビザ免除。

日本はアメリカのビザ免除プログラム参加国(VWP)。

免除されている代わりに日本人はESTAというものを申請する。
ESTAの申請は簡単。
オンラインでできる。
インターネットで申請書に入力し、クレジットカードで14ドルを支払って完了。

a_ESTA.jpg

アメリカ経由で帰国することにしていたケンゾーとイクエ。
陸路での入国だとそのESTAも不要なので、メキシコから陸路でアメリカに入る予定にしていた。
しかし、そんなふたりに去年の年末、驚くべきニュースが。

「ビザ免除国の国民であっても、2011年3月以降にイラン、シリア、イラク、スーダンへの渡航歴がある場合ビザが必要になる。」

アメリカが近々ビザ免除プログラムのルールを変更するという情報を入手。

ケンゾーとイクエはこれにひっかかってしまう。

スーダンも旅したし、イランにも行っている。
イランにいたっては、イラン旅行がおもしろすぎてイランビザをわざわざ延長し、2か月も滞在してしまった。

でも、この時点でアメリカ政府はこの新しい制度をいつから施行するのか公式には発表していなかった。
日本とアメリカそれぞれの旅行代理店に勤務している複数の友人にいつから施行されるのか聞いてみると、みんな「4月からじゃないか」という返事。

ケンゾーとイクエのアメリカ入国は1月後半か2月あたま。
2月中旬には日本に帰国するので「じゃあ、だいじょうぶだね」と安心していたのだけれど・・・。

なんと1月21日にアメリカ政府が「ビザ免除プログラムの変更」を公式発表。
しかも同日施行。

ええっ〜〜!!!!
普通だったら「◯◯年◯月◯日から施行します」って余裕をもたせて発表するのに。
こんな急にやっちゃうところが、アメリカ。
翌日に渡米を控えている人とかどうなるの!?

でも、人のことを心配している場合じゃない。
わたしたちがアメリカに行くまであと10日しかない。

ケンゾーとイクエは、アメリカ・ロス→中国・上海、上海→韓国・済州、済州→釜山のフライトチケットをすでに購入済み。
そして釜山からフェリーで帰国することにしている。

やっかいなのは、たとえアメリカを旅行せずにトランジット目的でアメリカの空港に立ち寄るだけだとしても、一旦入国手続きをしないといけないのでビザが必要だということ。
もしあと10日以内にアメリカビザが取れなければ、予約しているすべてのチケットが無駄になってしまう。
そして、アメリカ以外の国、カナダなどを経由する飛行機を探してチケットを取り直し、帰国しないといけない。

アメリカ野郎めぇ〜!!
しかもビザ代はひとり160ドル。
いままでいろんな国のビザを取ってきたけど、こんな高いビザ代、払ったことないよ。
アメリカめぇ〜!

でも文句を言っているヒマはない。
なんとかしなくては。

日本人の旅行者で、これまでアメリカビザを取ったことある人なんてほとんどいない。
しかも日本以外の国でアメリカビザをどういう風に申請すればいいのか、情報がない。

今いるメキシコで、日本人のただの旅行者のケンゾーとイクエがビザを取ることができるのか。

わたしたちには苦い思い出がある。
ロシアに行きたくて、中央アジアのロシア大使館でビザを申請したところ、却下された。
日本ではロシアビザは比較的簡単に取れるけど、ほかの第三国で申請する場合、なぜそこで申請する必要があるのか適切な理由が求められることがある。
そこの国に住んでいるという証明書だったり、そこの国のビザだったり。
わたしたちには必要な書類が足りず、結局ロシアビザが取得できず、ロシア出入国の飛行機や国際バスまで予約していたのにキャンセルするはめになった。

今回、メキシコのアメリカ大使館で短期間でビザが取れるのか。
不安は大きいけれど、とにかくやれるだけのことをやってみることにした。

(ここからは、メキシコシティでのアメリカビザの申請方法について書きます。
ほかの地域や国で取得する場合もだいたい同じ方法だと思われますが、その場所や対応する職員によって少し変わってくると思います。あくまで参考までに。)

1、まずはメキシコのアメリカ大使館のホームページをチェック
http://mexico.usembassy.gov/visas.html

アメリカビザにはいくつか種類があるけれど、旅行者が申請するのはNon-
immigrant Visas(B-2のビザ)。

写真1

ホームページで「Visas」欄にある「Non-immigrant Visas」の項目を開く。
すると「How to Apply」というビザ申請のプロセスを説明したページがあるのでそこを参考にしながら、オンラインで申請していく。

写真2

2、「DS-160」というオンラインのビザ申請書をパソコンで入力していく

このページを開くと申請番号が与えられる。
IDみたいなものなのでこのIDを控えておけば、途中で申請書の書き込みを中断していったんホームページを閉じても、IDを打ち込むと中断した申請書が読み込まれ入力が再開できる。

申請書の内容はとても細かくて、完成させるのに時間がかかる。
名前や住所、職業などの基本的な個人情報のほか、親の名前や生年月日、これまでのアメリカへの渡航歴、人生で訪問したすべての国名などたくさんの項目に答えていかないといけない。
そして「あなたはテロリストですか」というようなあからさまな質問も。
難解な単語も登場するけれど、日本語表記にしておけばパーフェクトに日本語に訳してくれるので英語が苦手でも大丈夫。

ホームページ内では申請書に顔写真を添付するように説明されているけれど、その必要は無い(メキシコシティの場合は)。
後日、指定された場所で写真撮影と指紋採取を行なう。

申請書を完成させて「送信」ボタンを押す。

写真3

3、ビザ代の支払い

申請書を完成させると、ビザ代の支払いについてのページが出てくる。
ビザ代は160ドル。

支払い方法は2つ。
1つは指定された銀行口座に振り込む。
もう1つはクレジットカードでの決済。

銀行口座への振り込みは現地通貨(メキシコペソ)で、クレジットカードだと160ドルきっかり引き落とされる。
口座振り込みの場合のメキシコペソの金額は、計算してみると160ドルよりも高くて損することになるので、ケンゾーとイクエはクレジットカードで決済することに。
このほうが楽だし。

ちなみに支払ったビザ代は、たとえその後ビザ申請が却下されてビザが発給されなかったとしても返金されない。
これはかなり怖い。
ケンゾーとイクエ、あわせて320ドルが無駄なるかもしれないということ。

不安だったので、わたしたちは支払う前にわざわざメキシコシティの大使館を訪ねた。
そんなことをしても大使館の中に入れてくれて応対してくれるわけではないんだけれど、運良くたまたま入口に英語が話せて仕事ができそうな男性スタッフがいた。

「大丈夫。日本人でしょ?
 お金を振り込んでくれれば、君たちには問題なくビザが発給されるよ。
 お金を振り込んで翌日くらいには、オフィスで顔写真の撮影と指紋の採取。
 通常なら、そのまた翌日に面接。
 運が良ければ顔写真の撮影と面接は同じ日になるよ。
 面接からだいたい3日くらいでビザが発給される。
 全部合わせても申請から5日くらいでビザが取れるんじゃないかな。」

a_IMG_4661.jpg

4、大使館訪問日の予約

ビザを取るためには、大使館に2回も足を運ばないといけない。
まず1回目は、顔写真と指紋をとるため。
そして2回目はインタビューを受けるため。

ビザ代を振り込むと、訪問日時の予約画面が出てくる。
そこで日にちと時間を選ぶ。

1回目の日時が選択できても、2回目の選択ボタンがグレーのままで選択できないことがある。
これは1回目と2回目の日にちの組み合わせが悪いため。
その場合は1回目の日にちを変えるといい。

ケンゾーとイクエの場合は、ビザ代を払った翌日に写真撮影と指紋の採取、翌々日に面接となった。

ちなみにこれまで書いてきた1〜4の手順は一日で終わる。
(クレジットカードではなく銀行振り込みの場合は、アメリカ大使館が振り込みを確認するのに時間がかかるため1日じゃ終わらない可能性が高い。)

5、顔写真の撮影&指紋の採取

クレジットカードでビザ代を払った翌日、顔写真の撮影と指紋採取のために大使館の関連施設へ。
アメリカ大使館の近くだけど別の場所。
こういうところもいちいち面倒、一か所で済ませてほしいところ。
住所はCalle Hamburgo213。
最寄りのメトロは1号線のInsurgentesかSevilla。

アメリカ大使館

携帯電話はもちろん、一切の電子機器の持込みが厳禁。
荷物を預けることができないので、パスポートと申請のConfirmation(確認ページ)を印刷したものだけ持っていったほうがいい。

写真撮影と指紋採取自体は一瞬で終わる。
スムーズなのはもちろんいいんだけど、この一瞬の為に160ドル払ったのかと思うと複雑な心境。
まあ、まだ肝心の面接が残ってるけど。

6、面接

いよいよ最大のハードル。
英語が聞き取れるかな?
心証悪くないといいけど・・・。
緊張しながら、今度は大使館へ。

アメリカ大使館はビザセクションと比較にならないほど厳戒態勢。
まず建物の外で電子機器を預ける。
大使館は預かってくれるので、携帯電話を持って行っても大丈夫。
この段階ですべての電子機器を預けないと後々面倒なことになるので要注意。

電子機器を預けたら建物内へ。
飛行機の搭乗前と同じように金属探知機とX線で持ち物検査。
涼しい顔でカバンをX線の機械に通したら、係員に何事か問いただされて焦るケンゾー。
カバンの中に入れていた百均の電卓と一眼レフの予備バッテリーがアウトだったみたい。
あらゆる電子機器が持込みNGなので要注意!

面接会場は体育館のようなだだっ広い部屋。
壁2面にチケット売場のようなブースがずらっと並んでいる。
その数およそ20。
面接だから、個室に通されて椅子に座って、と想像していたけど全然違う。
20ものブースの向こう側にはそれぞれ職員が座っている。
こちらはまるで電車やテーマパークのチケットを買うように、窓口に行って立ったままガラス越しに質疑応答を受ける。
入れ代り立ち代わり流れ作業でこなされていく。

待つこと数十分、いよいよケンゾーとイクエの番。
家族は同時に面接を受ける。
パスポートを手渡すと、「ん?!日本人?ビザ必要ないですよ。」と言われ拍子抜け。
「そうですよねえ。でも旅行でスーダンとイランに行ったことがあるんですよ。」と言うと、「ああ、なるほど。」と納得した様子。
長期の旅行中なんだと説明すると、とくに怪しまれることもなく面接スタート。
なぜスーダンとイランに行ったのか、など予想内の質問に答えていく。

一通りの質問に答えたあと、すでにアメリカを発つチケットを購入していることを印刷したEチケットを見せて説明。
すると「ちょっと待ってて」と言って面接官が中座。

およそ10分後、「 It's fine!」と言いながら戻ってきた面接官。
「待たせて申し訳ない。ルールが変わってはじめての日本人だったから。でも問題なし、ちゃんとビザを発給しますよ。」と言われ心の中でガッツポーズ。
2日後の午後3時に大使館で受け取れることに。
(ちなみにオンラインで申し込んだ際、発給されたビザはDHL(宅配サービス)の店舗に赴いて受け取るように説明されていた。
オンラインでの申し込みの際にどこのDHLの店舗がいいか選択しないといけなかった。
けれどケンゾーとイクエが外国人であることと急いでいることが考慮されたのか、DHLで郵送するのではなく、でき次第大使館での受取りとなった。)

パスポートを預け、引き換えの紙を受取り面接終了。

よっしゃー!と叫びたいくらい嬉しかったんだけど、最後にアクシデントが。
荷物検査で引っかかった電卓とバッテリーを受け取らないといけないんだけど、顔写真付きの身分証明がないと返せないと言われてしまった。
唯一の身分証明のパスポートはたった今預けたばかり、クレジットカードもダメだと言われ焦るケンゾー。
どうしようかと途方に暮れていると助け舟が。
同じ境遇で一緒に面接に来ていたタカくんがたまたまパスポートのコピーを持っていたので間一髪セーフ。
電卓とバッテリーをタカくんの物ということにして無事に受け取ることができた。
アメリカ大使館は電子機器の持込みに関してかなり厳しいので気をつけましょう。

7、受取り

面接から2日後、指定された午後3時ちょっと前に大使館へ。
受取りも面接と同じく持ち物検査を受けないといけない。
しばらく待たされたあと、無事にビザが貼られたパスポートが手元に戻ってきた。

a_DSC_9868_2016020311394428f.jpg

ビザの有効期間は10年。
ビザがあればESTAを申請する必要はない。
ESTAの有効期間は2年だからESTA5回分、14ドル×5=70ドル分は元が取れる計算。
でも、パスポートの有効期限がケンゾーはあと7年、イクエは5年しかないけどね・・・。

ケンゾーとイクエの場合、オンラインでの申請からビザの取得まで5日間だった。

無事にビザを手に入れることができてホッとはしたけれど、なんだかなあという消化しきれない気持ちもある。
そもそも、アメリカが勝手に「テロ支援国家」というレッテルを貼り付け、スーダン、シリア、イラク、イランを悪者扱いしているのも気に食わない。
スーダンとイランを楽しく旅行しただけで、なぜ本来払う必要のない160ドルもの大金を払わないといけないのか、やっぱり納得できない。
そもそもこんな形式的でガラス越しの面接でテロリストかどうか判断できるのか、かなり疑問。

面接会場に行ってビックリしたのは、こんなにビザを申請するメキシコ人がいるんだ!ってこと。
今回のルール変更に関わらず、元々メキシコ人がアメリカに行くにはビザが必要。
ざっと数えただけでも500人はいたと思う。
500人×5日で週2500人、2500×4週で1万人、メキシコシティだけで月に1万人。
1万×160ドルで160万ドル、日本円にして1億9千万円!
ビザ代だけでとんでもない収入だよ。
弱みにつけ込むじゃないけど、ビザ代で160ドルは高すぎる。

何はともあれ無事にビザをゲットできたので、予定通りアメリカ経由で帰国します!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

イクエさん&ケンゾーさん
いつも楽しくブログ拝見させて頂いていますブログを読めば読むほど、私も2人が通るルート上に住んでいたら絶対招待したのになぁーっと思っています。カリフォルニアに来られるのに残念。我が家もワイン大好きなので2人が来たら一緒に色々ワイナリーを回りたかったです。
ところで、アメリカビザ取得良かったですね。私も毎回苦労します。ビザですが、パスポートが切れてもビザは有効期限がある限り使用出来ますので新しいパスポートに切り替わってアメリカに来る際は2冊パスポートを持って行けばエスタ登録は必要ありません。
参考までにURL を貼っておきます。
http://japanese.japan.usembassy.gov/mobile//j/visa/tvisaj-niv-b1b2faq.html#6

ベネズエラの「これが一番うまかった!」→ビール っていいですね。
しかも「軽い味は好みではないけど」とあり。
たしかに南米って、おいしいものが食べられる機会がそんなに多くないですね。

でもせっかくの機会だから、てっきりケンゾーさんはホテルでマティーニでもガンガン飲んで、へべれけになったものと思っていました。そしてイクエ さんはエステ三昧と。違うのかな?

ところで、メキシコ・シティの人気のない夜道をパスポートだけ手に持ってふたりでふらりと歩き、奪われた後に警察行って証明書もらって大使館で再発行手続 きとって、その再発行手数料は保険に請求したとすると、新パスポートでビザなしに安くアメリカに入国できたんでしょうか? 
(うっかり便所にパスポート落として流しちゃった!とかでもいいのかもしれませんが…)

ぶる さま

こんにちは!
わたしたちもぜひお会いしたかったです。
ワインを飲みながらゆっくりお話をしたかったですが、帰国日が迫っていて結局アメリカには4日間しかいられないんです。
せっかくビザまでとったのに、かなしーい!!

いつか機会があればぜひ。
ビザが無駄にならないように、アメリカにはまた近々行きたいなあって思ってます。
アメリカを旅行できるくらいに日本で稼がないと!

ビザ、パスポートが切れても有効なんですね。
朗報ありがとうございます!
有効期限まで何度も足を運びたいなあ。

アメリカ非移民ビザ

ケンゾーさん&イクエさん
いつもブログ見ています!非移民ビザの記事助かります!
実は私は先月1/17にESTAでアメリカ入国し、ニューヨークに4日滞在、その後南米に来てこのニュースを知りました。去年バッチリイランに行ってるんです。南米の後、キューバ、メキシコを周りアメリカにまた再入国します。私のESTAが無効になってしまうのか大使館に聞いても曖昧な回答。ESTAのCBPに問い合せても回答までに時間がかかっております。非移民ビザを取ったほうがいいのかよく分からないまま南米周遊中です。メキシコに来た時にはもう少し情報があるかなと思いますが最悪メキシコシティで非移民ビザを取得しなければいけない場合お2人の情報大変参考になります!
日本帰国までどうぞお気を付けて、そして最後まで楽しんでください!

炭さま

わたしたちはやっぱりオールインクルーシブはうまく使いこなせないのかもしれません。
チープがいいですね。
身の丈にあったものがいちばんいいのかも。

パスポート、たしかに再発行するのがいちばん楽かもしれません。
旅人の間では盗まれたことにして再発行しよう、とか、イランビザのページを破って乗りきろうとかいろいろ語られています。
お金はかかるけど、わたしたちは正攻法でいきました。
帰国のチケットもとってるし、確実なやり方がいいと思って。

まぁぶる さま

ESTAで乗り切れたって話も聞きました。
でも施行されてすぐの今だからかもしれません。
係官にもよるかもしれませんね。

ビザ160ドルは高いですが、10年有効と考えると、まあいいかなあという気もします。
トランジットでアメリカに立ち寄る機会は今後もありそうだし。

メキシコシティでのビザ取得は想像してたよりもスムーズで簡単でした。
毎日ビザ申請者が何百人といて、職員も慣れているようで、感じもよかったですよ。

わたしたちもビザを取る前は、どうしよう、とか、面倒臭い、とか、お金もったいない、とか不満ばかり募っていましたが、取ったらこころがスッとして楽になりました!

近々、具体的なニュースが入ればいいですね。

素晴らしい!!!

もう一言のみです。



グッジョブ!!!!!

これで一緒に酒飲んだ時の肴できましたね。

shoさま

いまから飛行機でアメリカを出国します。
滞在はわずか4日でした。

入国のときは係官たちから「なんでビザいらないのにもってるの?」とか聞かれてガックリ。
全然新制度が浸透してないし徹底されてない。
でも、自分たちのがんばりを、グッジョブ、と讃えることにします。

アメリカ非移民ビザ2

ケンゾーさん、イクエさん、無事日本帰国ですね。おかえりなさい!
アメリカ非移民ビザのコメントありがとうございました!
アメリカのCBPに問い合わせの返信が来て、やはり非移民ビザの申請が必要なようです。
ひとつ質問ですが、メキシコシティで申請する予定ですがビザ代支払い後の訪問日は1ヶ月先などの選択肢はあるのでしょうか?
今アルゼンチンですがメキシコに入った時にすぐ面接できればいいかなーなんて思ったのですがそれは可能そうでしたか?

まあぶる さま

返信がおそくなってしまって申し訳ありません!

一ヶ月先までできるかは、試してないのでわかりません。
ごめんなさい。

でも予約で一週間先までいっぱい、ってことは今のところなさそうで、申請したい日の数日前で間に合うんじゃないかと思いますます。

アメリカ入国したわたしたちの感触としては、まだ新しいビザのシステムが徹底されてなくてビザなしでも入れる可能性が高いようでした。
もちろん百パーセントじゃないので、取るに越したことはありませんが。
非公開コメント