Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ビール飲み放題!格安ジープツアーとは?

2016.01.27 07:38|ベネズエラ☞EDIT
まったく予定外の出費を強いられてガッカリきているケンゾーです。
3年5か月にわたる旅の終了まであと3週間。
アメリカのLAから上海経由で帰ることにしてるんだけど、先週アメリカのビザ制度が変更に。
2011年以降にスーダン、シリア、イラク、イランに渡航経験のある人はビザを取らないとアメリカに入国できなくなってしまった。
調べてびっくり、アメリカビザの申請って160ドルもするんだよ!
メキシコから陸路で入ろうと思ってたのでESTAも必要なかったのに、まさかの2人で320ドルの出費。
はあ、最後の最後に痛すぎるよ。

オールインクルーシブのホテルで貧乏バックパッカーには不釣り合いな贅沢ビーチリゾートを楽しもうとやって来たマルガリータ島。
食べて飲んで自堕落な日々を過ごすつもりでいたんだけど、三度の飯より酒が大好きな旅友の夫婦からお勧めされた1日ツアーに参加することに。

ジープに乗ってマルガリータ島の見どころを丸1日かけて回るこのツアー。
2日目に泊まったホテル(このツアーに参加している間に現金を盗られたんだけど)で申し込んで1人6000ボリバル(約1020円)。
ランチ付きで1日中楽しめるなら、まあ悪くはない値段。

朝9時、ジープにピックアップしてもらって1日ツアーのスタート。
メンバーは、ベネズエラ人夫婦とコロンビア人夫婦、そしてケンゾーとイクエの6人。
ベンチシートタイプの後部座席は6人乗るとけっこう狭い。

a_DSC_4100_20160127071708c01.jpg

a_DSC_4101_20160127071345d42.jpg

1か所目の観光スポットは、La Asuncionという小さな街。
いまはポルラマールがマルガリータの中心都市だけど、実はこの小さな街が州都。
1524年に建設された歴史ある街で、コロニアルな街並みが見どころ、なんだそう。
たしかにいちばんの見どころのカテドラルは歴史を感じさせるたたずまい。

a_DSC_4103.jpg

a_DSC_4104_201601270713414c2.jpg

内部は白を基調としたシンプルな造り。
さんざんコロニアルな街を見てきた身としては、カテドラルも含め街並みに惹かれるものは正直ない。

a_DSC_4109.jpg

a_DSC_4122.jpg

つづいて街外れにある城壁へ。
1498年にコロンブスによって「発見」されたマルガリータ島。
これ以降ベネズエラもスペインから支配されることに。

a_DSC_4123_2016012707204305e.jpg

a_DSC_4128.jpg

a_DSC_4125_20160127072045914.jpg

つづいて現地人に人気の教会へ。
シンデレラ城に見えなくもないかわいらしい外観。
内部も教会らしくないメルヘンな造り。

a_DSC_4131.jpg

a_DSC_4132.jpg

a_DSC_4138.jpg

この教会で祀られているのは聖母マリア。
マリア像の前はつねに人だかり。
感激のあまり涙する人たちも多い。

a_DSC_4134.jpg

a_DSC_4136_201601270721434f3.jpg

キリスト教を広めることを建前に南米を侵略していったスペイン。
大量の先住民たちの血と引き換えに成し遂げられた植民地化だったけれど、現在ではみんなあたり前にスペイン語を使い熱心なカトリック教徒であることを考えると、スペインの支配者たちにとっては侵略は大成功に終わったんだなあと思う。

このマルガリータ島1日周遊ツアーはドリンク付き。
しかも飲み放題、しかもアルコールもあり。
移動中はみんなでサルー(乾杯)!
このツアーを勧めてくれた酒飲み夫婦も、これがあるから大満足だったのは間違いなし。

a_DSC_4145_2016012707213445a.jpg

冷えたビールで喉を潤しながらやって来たのは、島の中央にあるラ・レスティンガ湖。
ボートに乗って湖に生い茂るマングローブを観賞するアトラクションもツアーに含まれている。

a_DSC_4147.jpg

a_DSC_4148.jpg

ボートに乗り込んでマングローブ巡りに出発。
ガイドブックには「深紺の水と青い空が織りなす風景は、まるで水彩画のように美しい」と紹介されてるけど・・・。

a_DSC_4168.jpg

a_DSC_4179.jpg

・・・うん、まあこんなもんかなあ。
空がもっと晴れ渡ってたらもっと綺麗なんだろうけど、正直あまり期待しないほうがいい。
ボリビアで参加したアマゾンツアーと比べたらかなりショボい。

a_DSC_4180.jpg

a_DSC_4177.jpg

ここで見られる動物は、大量にいるペリカンくらい。
まあ、ビール飲み放題で1000円のツアーだからね。
ボートツアーが入ってるだけでも十分。

a_DSC_4187.jpg

a_DSC_4189.jpg

マングローブやペリカンよりも、ベネズエラ人夫婦の赤ちゃんのほうが気になって仕方なかった。
この子は1日中ぐずることなくいつもご機嫌。
愛嬌があってかわいかった。

a_DSC_4161_20160127072218da1.jpg

a_DSC_4159_2016012707221488f.jpg

ボートから降りたらみんなでサルー ♫
観光スポットが多少ショボくても、これさえあれば気分はハッピー。
その代わり、飲めない人は「その分金返して!」って思うかも。

a_DSC_4202_201601270725520d2.jpg

ランチ会場をめざしジープは島の西側にあるマカナオ半島を爆走。
一本道の両サイドはサボテンが生い茂る平原が広がっている。
ここがカリブ海に浮かぶリゾートアイランドだってことを忘れてしまうような光景。

a_DSC_4205.jpg

しばらく走っていると青く輝くカリブ海が目に飛び込んできた。
ビーチサイドのレストランでランチタイム。
メニューはチキンか魚かチョイスできたけれど、もちろん全員が魚をオーダー。
シンプルな魚のソテーだけど、味も悪くないしロケーションが素晴らしいので満足。

a_DSC_4207_201601270725243d6.jpg

a_DSC_4209_20160127072610ec0.jpg

a_DSC_4212_20160127072525dd6.jpg

ランチの後はさらに島の西側に移動。
ビーチで2時間くらい自由時間。
きれいなビーチでそれぞれまったりとした時間を過ごす。

a_DSC_4215.jpg

ツアー最後は、きれいな弧を描いた湾を見下ろす城塞の上からサンセット観賞。
空を黄金色に染めながらカリブ海に沈む太陽を眺めてツアー終了。

a_DSC_4220_20160127072633fde.jpg

a_DSC_4230_20160127072631c59.jpg

a_DSC_4236_20160127072632bc4.jpg

それぞれの見どころのクオリティはたいしたことはないけど、お酒を飲みながら丸一日遊べて1000円は悪くない。
さあこのあとは、いよいよ “本物” のオールインクルーシブホテルへ突撃だ。
待ってろ、夢の日々!

a_DSC_4238.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント