Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

節約癖が治らない 悲しい性

2016.01.23 08:59|ベネズエラ☞EDIT
過去にイランやスーダンに入国した人はアメリカに入国するとき日本人でもビザが必要になったので慌てているイクエです。
施行はまだ先だと思ってたのに、急に実行に移されてしまった。
これから西回りで世界一周する旅人は、イランやスーダンを避けて通るかもしれないな。
2つの国ともいい出会いに恵まれてとても楽しい思い出があるから、とても残念です。
とても魅力ある国だから、旅してほしいんだけどな。

8日間のロライマトレッキング。
とても充実した日々で、こころが満たされた。
ここからブラジルに行くマサくんとはお別れ。
マサくんはブラジルビザをここサンタ・エレナの領事館で取得したんだけど、ビザ申請代の安さに驚いた。
闇レートで換算して、およそ30円。
こんな安いビザ代、聞いたことないよ。

わたしたちはと言えば、山から帰ってきたその日の夜行バスでプエルト・オルダスの街へ移動。
シモンの弟、アントニオにバスチケットの確保をお願いしていた。
忘れてるんじゃないかな、うまく取れたかな、と心配だったけど、最後までシモン、アントニオ兄弟は頼もしかった。

無事に夜行バスに乗れたよ。

a_DSC_4019.jpg

わたしたちの次の目的地はベネズエラの北側、カリブ海に浮かぶリゾート地、マルガリータ島。
この小さな街サンタ・エレナからはとりあえず最寄りの都市プエルト・オルダスに向かう。
最寄りの都市と言っても、ここからプエルト・オルダスまではバスでおよそ14時間。

翌日の午前9時ごろにプエルト・オルダスのバスターミナルに到着。

a_DSC_4021_201601221715457fe.jpg

ここからマルガリータ島へは飛行機で移動するほか、バスとフェリーを乗り継いでいく方法がある。
すぐにバスがあればそれでもよかったんだけど、バスの発車は2時間後。
悩んだ末に、タクシーで空港へ。

a_DSC_4020.jpg

普段は貧乏旅のイクエとケンゾーも、ベネズエラでは贅沢な旅ができる。
ベネズエラの国内線は長い距離でも1500円くらいで乗れる。
だったら、飛行機で。

いざ空港に行ってみたものの、きょうの便はなくて早くてもあした。
バスとフェリーで移動するしかないか。

肩を落としてふたたびタクシーでバスターミナルに移動。
空港に行っている間に次のバスも満席に。
さらにがっくりと肩を落としたイクエとケンゾー。

こうなったら最寄りの町、シウダー・ボリーバルに移動してしまおう。
シウダー・ボリーバルまではここから1時間あまり。
マルガリータのフェリーが出ているプエルト・ラ・クルスまでのバスがあるかも。

a_DSC_4022.jpg

いまのベネズエラは外国人にとっては贅沢ができる魅力ある国。
でも、旅行しやすいかといえばけっしてそうではない。
長距離バスはすぐに売り切れてしまう。
かといって前もってバスの予約ができない場合が多い。
日程や予定が狂うこともあるし、すんなり旅行できる国ではない。
余裕のある旅の日程じゃないとダメ。
それに治安もよくない。
悪徳警察や腐敗した兵士たちが、虎視眈々と旅行者から金を奪おうと企んでいる。
旅の難易度は高い。

じゃあ、日本からあらかじめツアーに参加して旅行するか?
でもそうなると闇両替の旨味が味わえない。
激安贅沢旅行、にはならない。

悩ましいところ。

マルガリータ島

シウダー・ボリーバルに到着したわたしたち。
でもプエルト・ラ・クルスに向かうバスはきょうはなかった!!
行動がすべて裏目に出ているなあ。
こうなったら、相乗りタクシーで。

a_DSC_4025.jpg

相乗りタクシーの運賃はひとり2500ボリ(約425円)。
およそ5時間ほどのドライブ。
やっぱり、この前のサンタ・エレナまでのタクシーは激高だったなあ。
あのときはボッタくられていたと思う。

プエルト・ラ・クルスに着いたときはすでに日も暮れていた。

夜の街をうろつきたくなかったので、適当な宿にチェックイン。
ダブルで2400ボリ(約408円)。
ベネズエラにしてはそれほど安くないけど、ホテルはゴージャスでもない。
古いビジネスホテル風。

a_DSC_4029_20160122171625463.jpg

ロライマから帰ってすぐ夜行バスに乗って一夜を明かし、それからふたたびバスや相乗りタクシーを乗り継いでヘトヘトになってたどり着いた。
24時間以上の移動。

マルガリータ島のオールインクルーシブホテルでゆったりバカンスを楽しむはずだったけど、あいかわらずのバックパッカー的な綱渡り旅をしているイクエとケンゾー。

あれ?
こんなはすじゃ・・・。

ここプエルト・ラ・クルスは、海沿いの街でベネズエラ人が休暇を楽しむところ。
いいレストランやおいしいシーフードを食べられるお店もあるのに、イクエとケンゾーが入ったのは安そうなピザ屋さん。

3年以上もバックパッカー旅をしていると、どうしても節約旅になってしまうのがかなしいところ。

a_DSC_4027_20160122171623a44.jpg

でも、冷えたビールだけで幸せを感じることができるのも強み。
チープだけれど、大きな幸せ。

a_DSC_4026_20160122171621fe8.jpg

あしたはようやく念願のマルガリータ島へ。

きょうの日記は短くてごめんなさい!
アメリカが言う「テロ支援国家」(イラン・スーダン)を旅してきたイクエとケンゾー。
日本人は通常ノービザでアメリカに入国できるのに、テロ支援国家に行ったことある人はビザが必要になった。
あと10日ちょっとでアメリカに入国しそこから日本に帰る予定なので、なんとしてもすぐにビザを取らないといけない。
きょうは一日中、ホテルの部屋に閉じこもって大使館の英語のホームページを目が痛くなるほどに何度も読んで、書類を書いて・・・。
そんなことしてたらあっという間に時間が経ってしまった。
旅のラストスパートは思いっきり観光して楽しもうと思ってたのに。
果たしてわたしたちはビザが取れるのでしょうか。
そして、予定通り日本に帰ることができるのでしょうか。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

炎上記事でずっと一位だね、おめでとう
問題なく入国できるといいんだけど…
もう帰国までに罪を犯さないように!
同じ日本人、アジア人として以前に、人間として恥ずかしいので(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

私事でご免なさい・・・

今考えてもロライマに登る前は本当に色々アンラッキーが続いてましたね
ベネズエラふもとに戻って来てからも乗り物で疲れたようで・・お疲れさまでした
登る前はやはりボラれたんでしょうね・・でも100%回避はできないし
まぁ、そんな日もあります・・・元気出して~~💛

所で、3月のウユニを前にアメリカで乗り換えでもESTAが必要って言われ
それも2年有効って聞いて・・パスポートを新しくしました
一年位残ってたから、パスポートの印紙の方が高かったんだと後で知ったんです。

けど、今回のアメリカの・・アメリカが言う「テロ支援国家」(イラン・スーダン)?

私、イランに行ってました・・サッカーチーム浦和レッズの応援で弾丸ツアーで・・(笑)
イランのビザみたいなシールみたいなのもバッチリ貼ってありました
もしかして・・・すれすれセーフだった?
もしかして、イクエ&ケンゾーさんたちの旅の神様運がこちらにも?(笑)
顔写真もキレイに若く撮れてたし、まぁいいか・・と思ってたのですが
意外なところで意外な幸運に恵まれてたと、今回の記事で思い知った次第です。


そして・・・旅ブログ1位はずっと前からなのを知らない人も
いらっしゃるんですね・・・私も後半から出会いましたし・・・ 

そしてそして、十人十色の意味を知らない方も・・・
自分の考えが正しくて、唯一無二と信じてる人・・・

そしてそしてそして、言葉という石で人が傷つかないと思っている人
多分、自分が言葉で傷つかない人なんだと思います

私がどうこう言える立場ではないのに・・・御免なさいませね

No title

ケンゾーさん、イクエさん。こんばんわ。

記事が短いなんて思ってないですよー。

こんなに毎日毎日移動しながら、きっと沢山の写真の中から、わざわざ選んでUPし、

記事を書いて、それも欠かさず・・;;

しんどい時は休んだっていいんです!ピザ美味しそうですね!ビール飲んで早めに寝てください;;

嫌味コメント達への反発

嫌味的なコメント書いた人なんか無視してください。
なんの状況もわからないで。。。。。。。
「炎上記事でずっと一位だね、おめでとう・。。。。」← これ書いた人完全に嫌がらせ。
嫌がらせコメントしかできない自分を恥じりなさいって言いたいとこです。。。。。。
こういうコメントは本当に他の読者にとって目障りにしかならないんです。

3年もコメントしない派でずっとファンしていますが、
こういうコメント見ると毎回目障りでしょうがないんです。
我慢できなくコメントしました。
不快な内容で申し訳ありません。

3年もファンですが、これからもずっとファンです、
頑張ってください!!!ずっと応援しています。

前の方も言ったように、嫌味なコメント私もすごく目障りで残念です😢

けど、お二人のブログはそれだけ多くの人たちが目にしているということですよね🤗芸能人と同じ感覚だ〜★
旅するなかで欠かさずブログを更新し続けておられるお二人を本当にすごいと思います🌟
私も2月から夢だった世界一周婚前旅行が始まりますが、目標の1日1記事を達成させられるかワクワクしてます😆
日本に帰国するまであと少し…最後までお気をつけて、引き続き楽しんでくださいね😆
アメリカビザ取得頑張ってください!!
毎日ブログ更新楽しみにしてます🌟

名前なしさま

恥ずかしい思いをさせて、失礼いたしました。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

私が旅をしてて感じた「恥ずかしい日本人」は
アジアとかで現地の人を見下してる人
買春目的の人(特に子供とか) すぐに誰とでも寝ちゃう人
現地の人と共謀して旅人を騙す人 

お二人にはいつも楽しいブログを更新してくださって感謝です

takoさま

いつもありがとうございます!

いろいろとご心配をおかけしています。

アメリカの件、パスピートを新しくしていて大正解でしたね!
アメリカも「あと1か月後に施行します」とか前もって日にちを明確にしていてくれればいいのに、なぜ??

突然で困る人、たくさんいると思います。
イランなんてけっこう観光国だから、行ってる人多いと思うんですよね。

takoさん、サッカーの応援で行かれたんですね!
たしかにイランってサッカーがけっこう盛んだし。

URAWA city boys知ってますか?
わたしたちの旅友が浦和を盛り上げようとやってるんです。
見かけたら、サッカーとともに応援してあげてください♡

No title

同じくスーダン渡航歴があるので困っている者です。
もうアメリカから中国への便は手配されてると思うのですが、今の状況でどうやってアメリカからの便に搭乗する予定ですか?
イラン、スーダンへの渡航を隠してESTA申請、アメリカ入国をしたら、堂々と旅の行程を公開しているお二人の場合、非常にまずい事になると思いますので慎重に行動してください。
ちなみに自国以外でのアメリカビザ取得はかなり難しいです。
旅も残りわずかですが、最後までお気をつけて。

べるお さま

いつもいつも読んでくださってありがとうございます。
読む方も大変ですよね。
読んでくださるみなさんがいるから、このブログを続けていくことができてると思うんです。
ありがとうございます♥︎

ミーさま

コメントありがとうございます。

いろんな人がいるので、このブログの受け取り方もいろいろあるのは仕方ないと思いつつ、気分が落ち込むこともあります。
でもミーさんのように応援してくれる人がいるから、ブログをやめようとは思いません。

ほんとうにありがとうございます。
お気持ち、とても嬉しいです。

YukiNoriさま

コメントありがとうございます!

全然芸能人じゃないですよー。
家なし職なしの旅人です。
日本に帰ったらがんばらなくては!

わたしたちと入れ違いで旅行が始まるんですね。
楽しみですね〜。
今のうちにお腹いっぱい日本食を食べておいてくださいね。
新しい旅が始まること、なんだか羨ましいです!

準備も含めて楽しんでくださいね。

さくら さま

こちらこそ、いつもブログを読んでくださってありがとうございます。

モラルを忘れずに旅をしないといけませんね。
現地の人たちと楽しい時間を過ごせて、相手を不快にさせないことが、いい旅をする条件かもしれません。
残りの旅も楽しみたいです。

通りすがり さま

スーダンやイランの渡航歴があってもビザさえとれば問題なく入国できますよ。
渡航歴を隠すのは無理でしょう。
パスポートにばっちりイランのビザやスタンプが押されているわけですから。

わたしたちはいまメキシコのアメリカ大使館でビザ申請中です。
きょうは指紋と顔写真をとられました。
あしたインタビューがあって、許可されればビザが発行されます。
取れたらブログに書く予定です。

いまいらっしゃる国のアメリカ大使館のホームページを参照されるか問い合わせてみてください。
非公開コメント