Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ありがとう、ロライマ!

2016.01.22 05:56|ベネズエラ☞EDIT
今朝寝過ごしてバスに乗れなかったケンゾーです。
早朝5時発のバスに乗ろうと携帯のアラームを4時にセットしてたんだけど、目が覚めたのが5時20分。
5分ほど放心してバスターミナルへ。
ダメ元で返金か変更をお願いしたんだけど、無情にもお断りされてしまった。
寝過ごしてチケットを無駄にしたのはこの旅ではじめてじゃないかなあ。
まあ1枚900円くらいだったから痛手は少ないけど、寝過ごしてしまったことのほうがショックだなあ。

ロライマツアー7日目、4日間過ごしたロライマの頂上から下界へと降りる日。
キャンプ場を出発し後ろ髪を引かれる思いで歩くこと30分、クケナン山が見えてきた。
ロライマ山とクケナン山の間から白い雲がもくもくと涌き上がっている。
クケナン山を見下ろすことも最後かと思うと名残惜しさが募ってくる。

a_DSC_3943.jpg

a_DSC_3944.jpg

ロライマの断崖絶壁を同じ目線で眺めることも、広大なグラン・サバナを見下ろすこともこれが最後。
雨に降られることはあったけれど、天気でスケジュールが変更になることも見どころを削らないといけなくなることもなく、天空の異世界を満喫することができた4日間。
きょうもこんなに晴れてくれたから、ロライマの神さまに気に入ってもらえたのかな。

a_DSC_3946_2016012114365526a.jpg

a_DSC_3947_20160121143658f95.jpg

ロライマの頂上に別れを告げ地上へと下っていく。
頂上めざして登った4日前、降りてくる人たちとすれ違うことはほとんどなかったけれど、この日は次から次へと登ってくる人たちとすれ違うことに。
岩山のホテルもぎゅうぎゅう詰めになるんじゃないかな。

a_DSC_3948_201601211436582e2.jpg

空高く雲を吹き上げるクケナン山を眺めながら小休憩。
ここからだと切り立った崖とテーブル状の頂上がスパッと直角に見える。
あの先っぽにも立ってみたいな。

a_DSC_3958.jpg

a_DSC_3955.jpg

登るのはけっこう大変だったけれど、下るのはあっという間。
下っていくごとに大きくなっていくロライマと山道の小さくなっていく人間。

a_DSC_3960_20160121143722bf0.jpg

キャンプ場を出発して3時間、ロライマが元の巨大な岩山へと姿を変えてしまった。
ついさっきまであの雲に覆われた頂上にいたことが不思議に感じる。
すれ違った人たちはいまごろ「オオー、アメイジング!!」って叫んでるんだろうなあ。

a_DSC_3961_20160121143720af6.jpg

2日目に泊まったふもとのキャンプ場でランチタイム。
ここでほかのツアーに参加していた日本人男性2人と出会った。
2人のグループはニュージーランドやブラジル人など13人のグループ。
毎日食事ができるのが遅いし、おかわりもできなくて少しひもじい思いをしてたんだそう。
こっちはたくさん食事が余っているので、気を利かせてシモンが2人に昼食やジュースをふるまった。
昼食が盛られたプレートを見て「俺たちの毎回の食事はこの半分の量です。」と言っていた。
やっぱり3人だけのプライベートツアーにすることができてラッキーだった。

ランチを食べてちょっと休憩したらふたたび出発。
今夜の寝床は初日のキャンプ場。
2日間かけて歩いてきた行程をきょう一日で一気に戻っていく。

a_DSC_3963.jpg

振り返るたびに、地球最後の秘境がみるみる小さく離れていく。
あんなに巨大だったロライマが、こんなに小さく。
バイバイ、ロライマ。

a_DSC_3965_20160121143737ee4.jpg

a_DSC_3966_201601211437418fb.jpg

再出発してさらに歩くこと3時間、初日に泊まったキャンプ場に到着。
6日ぶりだけど、内容の濃い6日間だったから1か月ぶりくらいに感じる。
このキャンプ場ではビールが売られている。
初日には飲まなかったけど、きょうはこれを楽しみに歩いたようなもんだからね。
ビールは1本800ボリバル(約140円)。
ベネズエラとしてはかなり割高だけど、まあ秘境だからね。

a_DSC_3967_20160121143754ae8.jpg

a_DSC_3968_2016012114375507c.jpg

3人でロライマに乾杯!
あんまり冷えてはないけど、ロライマトレッキングをやり遂げ、さっきまで頂上にいたロライマを眺めながら飲むビールは格別。

a_DSC_3969_20160121143742805.jpg

2億年前の地球原始の姿を今に留めるロライマの頂上は、今まで見たこともないオンリーワンな世界だった。
もう過去になってしまったことが寂しいな。
もうこの地を訪れることはないだろう。
ロライマ山とクケナン山の姿を瞼に焼き付ける。

a_DSC_3978_201601211438228e1.jpg

a_DSC_3974_20160121143820af9.jpg

ロライマツアー最後のディナーはパスタ。
ちゃんとハムまで入っててボリューム満点。
食事に関しても大満足なツアーだった。
シモン、毎日おいしい食事をありがとう。

a_DSC_3980.jpg

そして最終日の朝がやって来た。
雲が多いけれど今朝もきれいな朝焼け。
天気にも恵まれて言うことなしの8日間だった。

a_DSC_3983_20160121143824d19.jpg

a_DSC_3987.jpg

きょうも真っ白な雲を全体に纏ったクケナン山。
白い一筋のクケナン滝が見える。
クケナン山の頂上にきのう雨が降ったのかな。

a_DSC_3990_20160121143855858.jpg

a_DSC_3992_20160121143855f8c.jpg

ロライマに背を向けグラン・サバナを歩いていく。
雲に包まれたロライマとクケナンが小さくなっていく。
偉大で神秘的だったロライマ、さようなら。

a_DSC_3994.jpg

a_DSC_3998_20160121143858684.jpg

a_DSC_3999_201601211438595a5.jpg

行きは4時間かかったけれど、帰りは3時間でスタート地点に到着。
待機していた車に乗り込んでサンタ・エレナへ。
待ちぼうけを食らって時間を無駄にすることもなく、今回のツアーは最初から最後まで言うことなし。
こんなに満足度の高いツアーに巡り会えてラッキーだった。
最後にロライマツアーのダイジェストをムービーにしたのでそちらもぜひ!

a_DSC_4001.jpg



最後にシモンにお願いしてちょっと寄り道。
サンタ・エレナへ帰る途中にある「ハスペの滝」に寄ってもらうことに。
この滝は川床が「碧玉」という石英の結晶でできている、宝石の滝。
一面が真っ赤に輝いていて美しい。

a_DSC_4006_2016012114392338c.jpg

a_DSC_4009_2016012114393293d.jpg

a_DSC_4011.jpg

最後にみんなで記念撮影。
車で待機していたヘウリーがいないのがちょっと残念だったけど。

a_DSC_4008_2016012114392883e.jpg

シモン、ヘウリー、ギジェルモ、8日間ありがとう!
3人のおかげで思い出に残るロライマツアーになったよ。

大満足だったので、もちろんチップを渡す。
シモンはシモンでプレゼントを用意してくれていた。
思い出になるそんな贈り物をもらうなんて想像もしてなかったから、受け取ったときはほろっときそうだった。
ほんとうにシモン、ヘウリー、ギジェルモと登ることができて最高だった。

天空の秘境から俗世間に戻ってきた3人は中華料理屋へ直行。
キンキンに冷えたビールで乾杯、間違いのない中華で疲れを癒やす。
さっきまで異星のような場所で非現実の世界を楽しんでたのに、欲望におもむくままの行動に走る3人。
人間って現金な生き物だね。

a_DSC_4015_201601211439432d7.jpg

a_DSC_4018_20160121143945b52.jpg

これにて8日間のロライマツアーはめでたく終了。
いろいろあったけど、ふたたびベネズエラに舞い戻ってよかった。
ロライマ、ありがとう!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

今朝のニュースで、過去5年にイランやイラクへ行ったことがある人はアメリカの入国ビザが厳しくなる。とやっていました。
ケンゾーさん達は大丈夫かとは思いますが、世界一周旅行の旅人にあったら伝えてください。

No title

ケンゾーさんイクエさん こんばんわ!
ロライマ山の巻。 すっかり堪能させていただきました。^^
大自然の中みたこともないところへ連れて行ってくださってありがとうです。
動画のかえる、せせらぎの音も良かったです。(水晶も、汗)
 シモン隊長のチーム 天気 体調 もよかったようでなによりでしたね。
行ってみたいですね ロライマ ^^;

No title

ありがとうロライマ!
そしてさようならアメリカ!
ルートどうします?笑
僕もケンイクさんに乗っかってアメリカ行くつもりでチケット買ってました。
八方ふさがりです。
そしてサンクリでじゅりがお世話になってます。
バケツって呼んでやってください。

ところで、その滝綺麗ですね。

あー!!あめりかー!

どんぐりさま

そうなんです!
ぜんぜん大丈夫じゃないんですよ。泣

この制度変更の情報は既に知っていて、いろいろと調べた結果4月から施行されると判断してアメリカ経由で帰国することに決めたんですよ。まさかこのタイミングで変更になるとは・・・。

現在滞在中のメキシコでビザ申請するためにあたふたしている最中です。
長期の旅人にとっては重要な情報なのでブログでも触れようと思います。

お知らせありがとうございます!

みーふぃさま

コメントありがとうございます!

ロライマ編を楽しんでくださって嬉しいです。
わたしたちにとっても、この旅最後のトレッキングだったのですべてがうまくいって大満足でした。

残りのベネズエラ編もお楽しみに!

No title

ケンゾーさん、イクエさん。こんばんわ。

ロライマ編本当にお疲れ様でした!

こんなに神秘的な景色最高でした。最後に動画もUpしてくれてメチャメチャうれしかったです!

毎日、雄大な景色をとても楽しめました!ホントありがとうございました(^.^)

shoさま

アメリカビザ申請、めっちゃ面倒!
そしてめっちゃ高い!
なに160ドルって・・・。
最後の最後にこんなトラップがあるとはね。
なんとかアメリカ経由して帰らないと被害額がとんでもないことになるのでビザ取るつもり。
こっちはただの貧乏ツーリストなのにねえ。

べるお さま

ロライマ編、長くひっぱりすぎて、みんな飽きてないか心配でした。
最後までつきあっていただいてありがとうございました!
動画まで楽しんでいただけて嬉しいです。
雄大な自然が少しでも伝わったかな。
非公開コメント