Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

さらに奥へ ブラジルとガイアナにスタンプなしで入国

2016.01.15 05:33|ベネズエラ☞EDIT
ちょいちょい妻にバカにされるふしがあるケンゾーです。
今朝もイクエが淹れたコーヒーを飲んでいたら、「ちょっと水が美味しくないけんイマイチだなあ。ま、ケンゾーには分からんと思うけど」って言われてしまった。
いやいやいや、俺けっこう違いの分かる男やけん。

ロライマトレッキング4日目。
この日は山の上を大移動する日。
およそ12km歩いて山頂を縦断、ガイアナ領に足を踏み入れ、ブラジル領で宿泊。
もちろんこんな山の上にイミグレーションなんてない。
事前にシモンの弟のアントニオが、サンタ・エレナのブラジル領事館で申請はしてくれている。
ガイアナは・・・いいみたい。

それにしても、「山頂を縦断」ってヘンな表現だね。
頂上が平らなテーブルマウンテンならでは。
ロライマの面積はおよそ3万平方キロメートル。
四国の2倍近くで中国地方と同じくらいの面積。

朝食はベネズエラ人が愛してやまないアレパ。
トウモロコシの粉を練って焼いたパンのようなもの。
粉チーズを振りかけて食べる。

a_DSC_3502.jpg

腹ごしらえがすんだら出発。
きのうはたまに青空が顔をのぞかせていたんだけど、今朝は空一面分厚い雲に覆われている。
パラパラと雨まで降ってきてあいにくの空模様。
一瞬のうちにころころと天気が変わるロライマ山頂。
このあと晴れてくれればいいんだけど。

a_DSC_3504_2016011423355359d.jpg

今日も先頭を歩くのはガイドのシモン。
3日間後ろ姿を見続けていて、「なにかに似てるんだよなあ」って思ってたんだけど、やっと合点がいった。
このストックを持って歩く姿、水戸黄門にそっくりじゃない?
ポーターの助さん格さんを従えて、黄門様ご一行のお通りだ。

a_DSC_3505.jpg

♫ じ〜んせい 楽ありゃ 苦〜もあ〜るさ〜 ♫
どこまでも広がる岩場の上を黄門様についていく。
よく見るとうっすらと地面に道ができている。
この道から逸れてしまうと、きっとすぐに迷子になって生きては帰れないと思う。

a_DSC_3513.jpg

a_DSC_3515_20160114233615815.jpg

大きな岩を回り込んだり、ときにはよじ上ったりしながら歩いていく。
足元は水溜りだらけ。
湿地帯のような場所も越えていくのであっという間に靴はずぶ濡れに。
靴も靴下もびしょ濡れになるもんだと思っていたほうがいい。

a_DSC_3524_20160114233647243.jpg

a_DSC_3528.jpg

どこまで歩いても黒一色の世界。
ゴツゴツとした岩が造り上げる地球上とは思えない異質な空間。
原始の地球の姿をいまに留めるロストワールド。

a_DSC_3545_20160114233718813.jpg

a_DSC_3531.jpg

シャーロック・ホームズの作家として有名な、コナン・ドイル。
彼のほかの代表作に『ロストワールド(失われた世界)』がある。
このギアナ高地が舞台になったもので、そこは太古の世界そのままだった。

a_DSC_3530_201601142337158ce.jpg

黒い世界にかろうじて彩りを添えている植物たち。
決して派手ではないけれど、過酷な環境だからこそ美しさがより映える。

a_DSC_3547.jpg

a_DSC_3561.jpg

a_DSC_3558.jpg

a_DSC_3549_20160114233749b61.jpg

地面を埋め尽くすように生えている見たこともない植物。
放射状に生えている葉は硬くて先端はナイフのように尖っている。
これもロライマ固有の植物なのかな。

a_DSC_3562_2016011423381855b.jpg

ロライマにはパイナップル科の原始的な植物が多く、逆にほかの地域にあるようなキク科やマメ科の植物は少ないらしい。
これが全部パイナップルだったらいいのに。

a_DSC_3565_20160114233817e25.jpg

葉っぱがラッパ状になった食虫植物のブロチニア
中に液体が溜まっていて、中に落ちた虫を溶かして食べる。
大きなものは長さが1mにもなるんだそう。
ちょっと怖いね。

a_DSC_3516_20160114233638dc5.jpg

a_DSC_3518_20160114233645fcc.jpg

跳べないカエル、オリオフリネラをまたまた発見。
ビヨンとした後ろ足と、いかにも頼り無さげな前足がかわいい。

a_DSC_3510.jpg

1時間ちょっと歩いて休憩。
静まりかえった空間に、澄みきった水が流れるザーッという音だけが響き渡る。
歩きはじめてからまだ1人もほかのツーリストを見かけていない。
自分たちだけが世界に取り残されたかのよう。

a_DSC_3550_2016011423375028f.jpg

a_DSC_3551_20160114233752651.jpg

ロライマの頂上には不思議な形をした奇岩がごろごろしている。
何億年という途方もない時間をかけて風と雨が岩の柔らかい部分を侵食して造り上げた自然の彫刻。
よく見ると、人間の顔やエイリアンのような形をした岩も。

a_DSC_3569_20160114233840021.jpg

a_DSC_3536.jpg

a_DSC_3527_20160114233643812.jpg

だんだんと霧が深くなってきた。
「魔界に足を踏み入れようとしているのかも」
そんな突拍子もない想像を巡らすほど、ロライマの頂上は非現実的な世界。

a_DSC_3554_20160114233754808.jpg

a_DSC_3556.jpg

深く白い霧の中に妖しく浮かびあがる黒いシルエット。
声を潜め身動きひとつせず人間を待ち受ける魔界の魑魅魍魎たち。
足を踏み入れたら最期、引き込まれてしまってもうこちらには戻って来られないようで恐ろしい。

a_DSC_3574_201601142338427a3.jpg

a_DSC_3577.jpg

でもシモンの、
「あれ、バナナを食べてるモンキーだよ!」
という一言で現実に引き戻される。

ああ、ほんとだ。
ゴリラがバナナ食べてるよ。

a_DSC_3573.jpg

空を眺めて物思いにふける猿もいる。
いや、猿じゃなくてモアイかな。

a_DSC_3578.jpg

歩きはじめて3時間。
霧のかなたにポツンと立つ三角形のシルエットが。
ロライマのハイライトのひとつ、プント・トリプレと呼ばれている3国地点に到着。

a_DSC_3579_2016011423390318e.jpg

a_DSC_3581_20160114233904ed4.jpg

ベネズエラ、ブラジル、そしてガイアナにまたがっているロライマ山。
ここが3つの国が交わる国境ポイント。
ほんとは3つの国にまたがって写真を撮りたかったんだけど、記念碑があるからそれは不可能、残念。

a_DSC_3582_20160114233907e36.jpg

ベネズエラとブラジルはちゃんとクリスタルを使って国名が埋め込まれているのに、ガイアナだけは何も無し。
落書きだらけでかわいそう。

a_DSC_3586_20160114233926426.jpg

a_DSC_3583_20160114233909dc8.jpg

みんなで記念の写真撮影。
周りが真っ白で何も見えないのが残念だけど・・・。
スタンプはないけど、これでガイアナにも行った!と言ってもいいかな?

a_DSC_3585.jpg

きょうの目的地はさらに奥。
これからガイアナ領を突き進んでいく。
もちろん、出国スタンプも入国スタンプもない。

気づいたら今度はいつの間にかブラジル領へ入っていた。
大きな岩の割れ目をよじ登ったり、飛び石のようになった岩の上をスーパーマリオのようにジャンプしていったり。
アクロバティックなアスレチックで運動神経を競うテレビ番組みたい。

a_DSC_3592.jpg

a_DSC_3588_20160114233928b4e.jpg

これまで見なかった木を発見。
しかもちょっとした林のように茂っている。
窪地になっているので、土が流されずに残っているのかも。

a_DSC_3601.jpg

a_DSC_3594.jpg

今朝7時半に出発して4時間。
11時半にキャンプ場、じゃなくてホテルに到着。
ここは、ブラジル領。
ブラジルで2泊3日過ごすことになる。

今回のホテルはホールのようになっていてかなり快適そう。

a_DSC_3608.jpg

大きなU字型をした岩山で、真ん中が中庭のようになっている。
これで天気が良かったらきれいな星空を眺めることができるんだろうけど、残念!

a_DSC_3610.jpg

a_DSC_3612.jpg

いつものようにシモンはさっそく昼食の準備。
まるであつらえたかのように調理道具を置くスペースがあって料理もしやすそう。

a_DSC_3615_201601142339571c0.jpg

8日間のロングプランでないとたどり着くことができないロライマの奥部へとやってきた3人。
さあどんな素晴らしい景色に巡り会えるのか。
ロライマの魅力はまだまだこれから ♫
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

子供の頃、祖母さんがたまに「あの家はめんどりが鳴く家だから」と言っていました。不思議に思って母に聞くと、奥さんの方が力が強い家のことをそう言っているのだと。
でもまさか九州男児の家庭はそんなことないですよね?

前からロライマ山に登ってみたいと思っていたのですが、まずふもとまで平地を2日かけて歩かなければならないという余計な前座に非常にガックリ来 ました。ふもとまで道路造れば車ですぐだろうに。

でも登山者がどんどん増えると、中には珍しい植物やクリスタルを持ち帰る人も出てくるかもしれませんし(当局による登山者の荷物検査はないのでは?)、アクセスの良くない現状のままにして自然をひっそりと残しておくほうがいいのかもしれませ んね。ベネズエラのような環境に配慮する余裕のなさそうな国でも、排泄物を持ち帰って生態系を保護しようという意識があるのを知って嬉しく思いました。

炭 さま

九州男児は、強そうに見えて実は手のひらの上で転がされてるんですよ。
博多の女性を指して「ごりょんさん」という言葉があります。
ごりょんさんは、九州男児以上にしたたかで頼もしいんです。
イクエは熊本出身ですが、熊本の男性は「肥後もっこす」。
肥後もっこすも奥さんがいなければ、なにもできなかったりします。

ロライマのふもとまで、車で行ける道があったら、それこそガッカリかもしれません。
魅力半減どころか、10分の1かも。
ロライマのよさは秘境にあることだと思います。
人間を寄せつけない孤高の姿。
歩くたびに迫ってくる巨大な壁もなかなかよかったです。

ロライマには、入山する前に記名する場所があって、帰りにそこで荷物検査が行なわれることもあります。

国境ポイント Punto triple

ロライマ山が面白くなってきました。 
なぜかロマイラ山と呼んでしまいがちです。
それはさておき国境ポイント Punto triple
google mapでみると3国の国境線のLineが交わるポイントとPunto tripleの位置とが約600メートル位離れていますのでどうしてかなと疑問が湧きました。
地図のLineが正解だとしたら
国境設定した時期から大陸移動した。
設定当時測量を間違ってPunto tripleを設置した。
ほかには?

ジバゴさま

ええー、トリプル地点ずれてるんですか?!
なんかちょっとショックだなあ。
どうしてでしょうねえ。さすがに大陸移動説はちょっとスピードが早過ぎですよね。
測量技術が低くてまちがっちゃったのかなあ、GPSもなかっただろうし。
あとは、平らの部分がなくて「まあ、いっか」という確信犯とか?
非公開コメント