Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この旅一番のヘコみ 負のスパイラル断ち切れるか?

2016.01.07 05:31|ベネズエラ☞EDIT
あと1か月ちょっとで帰国することに実感がもてないイクエです。
きっと日本に帰ったら、旅をしていたことなんてつかのまの夢みたいなもので、日本の生活が日常になるんだろうなって思います。
それがちょっと切ないな。

ようやくサンタ・エレナに到着し、一晩過ごしたイクエとケンゾー。
リアルタイムでベネズエラにいるときのブログにもちょっと書いていたけど、このときのわたしたちの気持ちは最悪だった。

旅をしていると、いいときばかりじゃない。
そんなことはわかっているけど、なかなか気持ちを持ち直せないでいる。
気持ちが落ち込むと、旅のやる気もなくなり、負のスパイラル。
だからこれを断ち切らないといけないんだけどね。

なぜヘコんでいるのか。
まずは裏ルートで国境を越えて、捕まったこと。
捕まるなんて思っていなかったので、あのときは頭が真っ白だった。
それで、強制退去。

ベネズエラにもう一度行くかどうか迷ったけれど、結局行くことにした。
でも、その選択がよかったのかどうか。
正直いまは疑ってしまう。
「やっぱりベネズエラに来て良かったー」って気持ちが全然湧かないから。

ベネズエラに飛行機で行くかどうか迷ったとき、飛行機のチケット代がふたりで5万6000円で、これはわたしたちにとってギリギリの値段だった。
5万6000円あれば、カリブの島にも行けるし、いろんなアクティビティーができる。
でも、5万6000円なら、高いけどもう一回ベネズエラに行こうか、と思えた。
チケットを取ったはいいけど、結局空港で「空港税」とか「管理費」とかで1万4000円払わされた。
もしこれが最初から分かっていたら、たぶんベネズエラ行きは諦めたと思う。

ベネズエラの空港に着いて、タクシー代がいままでの相場と比べてかなり高くて、タクシーに乗らずに夜の町をさまよった。
結局、どうしようもなくなって空港に戻って、タクシーに乗った。
4キロくらい歩いた。
それまでの移動続きで、身も心も疲れていて、これはダメージが大きかった。
わたしたちはベネズエラで豪遊するはずだったから。
いつもできないような贅沢をして楽をしてって思ってたのに、自分たちがやってることが全然違って、なんかみじめだった。

さらに、聞き間違いによる乗合いタクシーの痛い出費。
ふたりで4000円オーバー。
ベネズエラのバスはけっこう快適なので、時間をずらしてタダ同然のバスに乗ればよかった。
4000円もあれば、ベネズエラなら5つ星のホテルにふたりで泊まれる。

キューバを発ってから、ここまで7日。
バスターミナルやバスで寝たり拘束されたりしたので、7日のうちホテルのベッドで寝たのはたったの2日。
かなり無理をしている。
気分が落ち込んでいるのは、体に負担をかけていることも原因かもしれない。

そして、やっどベネズエラに入っていいホテルに泊まれる。
そう思っていたのにサンタ・エレナで空いていたホテルはひとつだけ。
それは、アフリカでさえほとんどお目にかからなかったほどの、ボロボロのホテルだった。

a_DSC_2960.jpg

ベネズエラに来ないほうがよかったんじゃないか。
わたしはずっとそう思っていた。
でも、それを口にしたら余計に悲しくなってくる。
せっかく苦労してここまで来たんだから、楽しまないと。

でもなあ・・・。

とりあえず、仕切り直し。
連れ込み宿のようなホテルを変えることにした。

移ったのは『地球の歩き方』にも紹介されている「ポサダ・ミッシェル」。

a_DSC_2976.jpg

この外観を見てもわかるように、けっしてきれいなホテルではない。
コストパフォーマンスもよくない。
室内はエアコンもなく簡素。
ツインで3000ボリ(約510円)。

a_DSC_2963_20160106163412eca.jpg

前回長期滞在したメリダは、もっとクオリティーが高くてこの半額以下だった。
メリダに比べて、このサンタ・エレナは物価が高いし、宿やレストランのクオリティーは低いし、暑いし、街の散策もおもしろくない。
ああ〜、メリダが恋しい!

ベネズエラの観光地と言えば、ロライマ山とエンジェル・フォール。
ロライマ山の拠点がここサンタ・エレナ。
エンジェル・フォールの拠点がシウダー・ボリーバルかプエルト・オルダス。
残念ながらサンタ・エレナもシウダー・ボリーバルも暑いし、埃っぽいし、街自体もおもしろみがない。
さらに、品不足だし物価が高く、いまのベネズエラ旅行の醍醐味(安く楽しめるということ)が味わえない。

たぶんわたしたちもメリダに行かずに、シウダー・ボリーバルとサンタ・エレナだけだったら、すぐにベネズエラ旅行を終わらせていたと思う。

サンタ・エレナもシウダー・ボリーバルもとてもじゃないけど長居したいと思えない街。
ここだけだったら、わたしたちのベネズエラの印象はだいぶ違っていたものになっていたと思う。

メリダでもよくお世話になっていた中華料理。
ここにもいくつか中華料理店がある。

a_DSC_2964.jpg

a_DSC_2972.jpg

メリダではだいたい一皿500ボリ以下だったのに、ここでは1000ボリ。
日本円に換算するとたいしたことないけど、2倍も違う。

そして極めつけはビール。

a_DSC_2968_20160106163415d72.jpg

中華料理店で頼んだら1本600ボリ!!
メリダでは50ボリだったのに・・・。
どんなに高いレストランでも150ボリ以下だった。

現在経済が破綻していて、さらに品不足のベネズエラ。
物価や品揃えは地域によって全然違う。
これほど地域差がある国も珍しい。

メリダにはあんなに品物が豊富にあったのに、ここやシウダー・ボリーバルのお店は見ていて悲しくなる。
どうしてこんなに違うのか。
輸送しにくいからなのか。
その自治体を治める行政のシステムが悪いのか。
どなたか詳しい方、教えてくださーい!!

それと自国の貨幣価値が下落しっぱなしのベネズエラ。
その分、頻繁に物価が上がる。
旅人にとっては、どのタイミングでベネズエラに行くかによって旅の予算も大きく変わってくる。

ベネズエラの通貨、ボリバールはずっと下がっている。
わたしたちが前回1か月前に行ったとき、ネットで確認できる闇両替の参考レートが1ドル700ボリ。
それが今回は1ドルが900ボリ。
毎日のようにボリの価値は下がっている。
でも貨幣価値の下落に物価の上昇が追いついていない。
それがたまに物価が改められて、どーんと物の値段が高くなる。

言ってること、うまく伝わるかなあ・・・。
グラフを思い浮かべてください。
ボリの貨幣価値は、直線で右肩下がり。
物価は逆に上がっているけど、直線ではなく、ガクンガクンと階段のような線。

うーん、伝わってるかなあ。
つまり、物価上昇の直前にベネズエラを旅すると何でも安いけど、上昇した直後だと高いということ。
上昇率もいきなり2倍とかになっちゃうから。
ホテル代だって、先月まで2000ボリだったのに今月から4000ボリとか。
そんな感じ。

それと外国人のわたしたちにとっては、いかにドルを高く買い取ってもらうかが、ベネズエラを安く楽しく旅する秘訣となる。
でもねぇ・・・。
これがサンタ・エレナだとレートがものすごく悪いの。
首都のカラカスで両替すれば1ドルで900ボリもらえるはずなのに、ここだと1ドル630ボリとか。
もちろん闇両替の話。
でも闇両替って言っても、全然「闇」じゃなくてオープンなの。
しかもサンタ・エレナには公式の闇両替商がいるの。
闇で公式って意味がわからない。
公式の闇両替商は、決められた赤いユニフォームを着ていて、決められた場所(交通量の多い交差点)に椅子を出して電卓片手に座っている。
その決められた場所には15人くらいいる。
「カンビオ、カンビオ(両替 両替)」とか「ドラー、ドラー」って堂々と客引きをしている。
ちなみに公式のレートと闇のレートは100倍以上違うんだよ。
ATMでお金を下ろしたり、クレジットカードで買物すると闇両替したときよりも100倍損することになる。
意味がわからん。
どなたか詳しい方、ベネズエラの闇両替の謎、教えてくださーい!!

わたしたちは結局、道に待機している両替商ではなく、近所のホテルや中華料理店で両替してもらった。
路上だと大量の紙幣を数えることが難しいから。
それにレートも悪い。
ベネズエラではその辺の人に「両替したい」って言えば、両替してくれる人を紹介してくれる。
わたしたちは結局1ドル650ボリでしてもらった。
すごく悪いレートだけど、これ以上のところを探せなかったからどうしようもない。
この時期650ボリってすごく低いから、かなり損したことになる。

2回目のベネズエラ、お得に豪遊するつもりだったのに損してばっかりだ。
それにこの街には豪遊するようなホテルやレストランがほとんどない。

こんなサンタ・エレナでも、お得なものがこれだった。

a_DSC_2975_201601061632456a7.jpg

オリーブ1キロ!
ずっしり重い。
わたしの顔の大きさと変わらないほどのボリューム。
これで100円ちょっとだったと思う。

でも、大好きなオリーブを格安で買ったところで、気分は上がらない。

こんなはずじゃなかったのに、って思いがずーっとある。
ベネズエラを楽しめないでいる。

これまで3年以上旅してきたなかで、いちばん調子が悪い。

それに・・・。
わたしたちがここに来たのは、ロライマ山に登ること。
ロライマ山のトレッキングは通常6日間で、ガイドやポーターがつくツアーに参加する。
先にベネズエラを旅してきた友人たちは、サンタ・エレナに到着した翌日からツアーに参加している。
わたしたちもそのつもりだったんだけど、ツアー会社をはしごしても明日から催行してくれるところなんてない。
人が集まらないんだって。
明日どころか明後日も、しあさってもない!
ただでさえ国境が閉鎖されていて予定よりも4日間遅れてベネズエラにやってきた。
わたしたちにはベネズエラの滞在期間が限られている。
ロライマとマルガリータ島を楽しむためにやってきたのに。

やっぱりわたしたちはベネズエラに呼ばれていなかったんだ。
投げやりな気分になってしまう。
でも、そんなんじゃ旅を続けられない。
気分を上向きにしていかないと!
でも、歯車が噛み合わない。
やってることがすべて裏目に出る。
だったら、何もしないほうがいいの?

そんなわたしたちに救世主が現れた。
アントニオと言う名のベネズエラ人。
彼と、そして彼の兄シモン。

これで、ベネズエラの2回目の旅も楽しめるかもしれない。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

ロ~ライマ!ロ~ライマ!

そうです!!南米に行ったならロ~ライマに行かないと!!
今回のベネズエラで色々あったのはロライマを楽しむための
ロ~~~~ライマで大きな感動するための序章・・・みたいなもの(と解釈
お金の変動に戸惑っていたようですが・・・
これが、これこそが世界の現実とも言えると思います。
疲れるのは仕方ないけど、凹むのはナシにしてね(可愛くww

前にも書きましたが、、、、
私らが船で入港して小麦が上がり出港の頃に暴動があったのもベネズエラ
私らは船でお客さんとスタッフで300人いたとしても・・その人数で物価が上がる?
と、当時も今も凄く疑問ですが・・・一つの原因だったのは確かなようで・・
それが30年前の話だというのに、今でも変わってない感がありますねベネズエラ

でも、それらを上回るロライマ登山には興味があります
って・・・トレッキング?
っていうかロライマって人の足で登れるんですか?
その辺すっごく興味あるので、明日からのアップも凄く楽しみです~(^^♪

ロライマを登らずして、世界を語るな・・・くらい魅力がありそうです💛

あぶない

少々のことには鈍感になってしまって、より強い刺激を求めていません火 ?

最近どうしたの?

いつも楽しく読んでいました。
が、最近はいかに安く楽しむかという読んでいてもワクワクしない、いやな気持のものが多くなってきています。よーく客観的にブログを読みなおしてみて。日本人の1万円と現地の人の1万円は価値が違います。現地人の年収は?とかかんがえないのかな?なのに十分安いのにまた文句。
高すぎるって何??なんかそんな文句ばっかいって楽しいのかな?っておもったよ。
いかに安く楽しむかが目的だと旅の満足感味わえなくないですか?
せっかく海外に行ってなにを感じたいんだろうと疑問におもったから初めてコメントしました。

私も最近どうしたの?と思いました。

何だか本当にお金のことばかりだなぁ。と思いました。。。
以前、キューバの記事でバラデロでお金にものを言わせて豪遊するのは・・・的な発言があって、以前バラデロに私が行ったとき、まさしくその豪遊を楽しませていただいたので、少し自分自身へ反省していました。
そのあとだったので、よけい数記事前からベネズエラに入りなおした目的の一つに豪遊するって言葉が何度も出てきて何て矛盾してる旅人さん。と少しショックでした。

takoさま

いつも明るくて楽しいコメントありがとうございます。
takoさんのコメントに元気づけられます!

30年前のベネズエラ、なんだかすごいですね。
暴動って、、、。
巻き込まれず、怪我がなくてよかったです。

切り立ったロライマ、どうやって登るの?って感じなんですが登れるんです!
しかもそこまで難しくない。
お金持ちはヘリコプターで山頂に着陸できるみたいですが。

ロライマ登頂記、楽しんでいただけたら嬉しいです。
写真も!

ベネズエラってロマンが掻き立てられる雄大な自然のある素晴らしい国ですね。

takoyakiさま

ご指摘ありがとうございます。
気を引き締めて旅をしないといけないと思います。
常に敏感であらないといけませんね。

nanaさま

コメントありがとうございます。
そして返信が遅くなってしまって申し訳ありません。
まさに「最近どうしたの?」というのは、自分たちでも当時思っていたことです。
自分の判断がおかしくなって、なんだか歯車が噛み合わない。
負のスパイラルに陥ってしまう。
わたしたちは要領よく生きられないので、旅をしていてもそういうことがたまにあります。
ブログではそのことをありのまま書いており、読んでいる人が「ワクワクしない、嫌な気持ち」になるのも納得します。
読者のかたがたに大変失礼ではありますが、わたしたちのブログのいちばんの目的が「日記」であり、「人を楽しませるために書く」というのは二の次です。
そのことで不快な気持ちにさせてしまってすみません。
実はこのブログは、リアルタイムとは1か月以上差があります。
いまは自分たちも持ち直して、うまく旅ができているかな、と思えます。

「日本人の1万円と現地の人の1万円の価値」のご指摘についてですが、わたしたちは逆なのじゃないかなと思います。
つまり「現地人の年収は?」といつも考え過ぎるあまり、払うのを渋ったり、日本人のわたしたちからすると安いのに文句を言ったりしてしまうのではないかと。
相乗りタクシーで、予想していた額よりもかなり高額な額を請求されたとき、ツーリスト相手に仕事をしている現地人にそれが適正価格なのか聞いたときのことです。
彼は「日本人の月給は30万円とかでしょ、それを考えるとそのくらいあなたたちからするとたいした額じゃない。払えばいい。」と言われました。
だからわたしが「でも、こっちのタクシードライバーの月給は××円くらいって聞いたけど」と答えたら「それは考えるな」と言われました。

安く楽しむのが目的、というよりも、現地人と同じ価値観で旅をしたい、とわたしたちは思っているのですが、それがとても邪魔になることもあります。

aikoさま

バラデロのリゾートホテルで楽しむのは全然悪いことじゃないと思うんです。
カリブ海でゆっくりくつろぐ旅もいいと思います。
ただわたしたちは、キューバでは観光よりも現地の人の暮らしを感じる旅が目的だったので、リゾートに泊まる気にならなかっただけです。
批判してるわけではなかったのですが、誤解を与える書き方だったかもしれません。
旅にはその人なりのテーマや目的があっていいと思います。
たとえばわたしたちも以前アフリカを観光旅行したときは、ヒルトンに泊まって毎日ふたりだけのために専用車と日本語のガイドさんをずっとつけて、十万円払って一時間の気球遊覧をしたりしていましたが、今回のアフリカ旅は水道もガスもない海外協力隊の住む田舎を巡る旅にしました。
でも昔やったアフリカの贅沢な旅を後悔しているかと言えば全然そうじゃなくて、とても楽しい思い出です。

今回ベネズエラで豪遊したいと思っていたのは、まさに今じゃないとできないと思ったからです。
その国やその時にあわせて旅の目的を変えているわたしたちは、たしかに矛盾している旅人かもしれません。
でもきっとこれからも、行き先やタイミングや自分たちの状況で旅のスタイルを変えていくと思います。
一貫性がないと言われたら何も言い返せません。
非公開コメント