Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ゲバラは英雄か、それとも・・・

2015.12.26 12:27|キューバ☞EDIT
子どものころのサンタさんからのクリスマスプレゼントには、ほしかったおもちゃとなぜかチョコレートがいつもセットだったイクエです。
我が家の場合は、毎年クリスマス前になるとおもちゃ屋さんのチラシを見て欲しいおもちゃを選ぶことになっていました。
父が「あとでサン(3)のサンタさんに電話してお願いしとくね」と言ってました。
当時私が住んでいた地域の電話番号が3-◯◯◯◯だったんです。
子どもながらに3-3タ3の「タ」ってどんな数字なんだろうって疑問だったんですけどね。
24日の夜は、母が「うちには煙突がないからサンタさんが入れるように玄関を今夜だけは開けておこう」って言ってたんですよ。
毎年朝になるのが楽しみでした。

a_DSC_2351.jpg

キューバの古都、トリニダー。
世界遺産の街であり、首都のハバナから日帰りできることもあり、街はこじゃれている。

キューバの街はどこも生活感が漂い雑然とした雰囲気があるんだけど、トリニダーの旧市街の中心地だけは例外。
こぎれいで、ツーリスト好みのレストランやバー、土産物屋が並ぶ。
通りを歩いていれば、ツアーの勧誘を度々受ける。

いかにも観光地な街だと、場違いな感じがして居心地が悪くなるふたり。
高いレストランや土産物屋にわたしたちは用はない。
おしゃれしているほかのツーリストを見ると、普段着の自分たちが浮いているように感じる。
ここは、自分たちの場所じゃないなあって思ってしまう。

そんなトリニダーだけど、ちょっと中心地から離れれば住宅街。
わたしとケンゾーにとってはこっちのほうが落ちつく。

a_DSC_2337.jpg

世界遺産のこの街にも、当たり前のように暮らしている人たちがいる。
コロニアルな建物が建ち並ぶ路地は、子どもたちの通学路。

制服を着て、身なりを整えて通学しているキューバの子どもたち。
凛々しく見える。

a_DSC_2331.jpg

教育に力を入れているキューバ。
経済的に貧しい国ではあるけれど、他の国のように学校も行かずに働いている子どもの姿は見ない。

「教育を重んじるべき」。
フィデル・カストロ氏の理念はいまも健在。

a_DSC_2485_201512251521196a1.jpg

経済的に貧しい国。
お金を持ったツーリストがたくさんやってくる国。
それでも治安がいいのは、もちろん社会主義だからってこともあるかもしれないけど、子どもたちが大切にされ、等しく教育を受けているからかもしれない。

a_DSC_2453_2015122515193954a.jpg

トレイを肩に載せて、なにかを売り歩いているおじさん。
地元の人が駆け寄って、袋に入れてもらっている。
何か食べ物のようだけど・・・。

a_DSC_2339.jpg

わたしも!
おじさんをおいかけて「ひとつください」。

地元の人に愛されているスイーツ。
ひとつ1モネダ(約5円)。

a_DSC_2338.jpg

見た目はソフトクリームのようだけど、硬い。
メレンゲのような甘くてどこかなつかしいお菓子。
がじっと噛んで口に含むとシャリっとして、じわっと溶けていく。

ケンゾーが好きなのはスイーツじゃなくてビール!
でも観光地化されたトリニダーでは、どこの街にもある安い生ビール屋さんが見つからない。
情報ノートには生ビール屋さんの場所が書かれていたけれど、行ってみたらつぶれていた。
かつての生ビール屋さんらしき場所もいくつか見つけられたけど、そこに置いてあるのは缶ビールやロン(ラム)。
あった!と思って行ってみると、1杯1CUC(約1ドル)とお高い。

そりゃあね、こんな観光地に安い生ビール屋さんがあったらツーリストが大挙して地元の人がゆっくりお酒を飲むことができなくなっちゃうもんね。

でも、隠れ家のような場所がきっとあるはず。
地元の人は絶対に安い生ビール飲みたいはずだもん。

そして、さまよい続けたイクエとケンゾー。
ようやく見つけた。
しかも意外と中心街。
この緑の建物の薄暗い中。

a_DSC_2355_20151225151911e25.jpg

ツーリストには販売を拒否されるかなあと恐る恐る入る。
そして並んでいる地元のおじさんと挨拶を交わし、さりげなくおじさんに続いて注文。
そしたら、冷えた生ビールが買えたよー!
一杯5モネダ(約25円)。

a_DSC_2354_201512251519081f4.jpg

ここもツーリストがグループで来たらダメだと思う。
少人数で「おじゃまします」の気持ちで、さりげなくキューバ人に混じって飲む。
地元の人が主人公のお店だから。

a_DSC_2259.jpg

道を歩いているといろんな物売りの人とすれ違う。
ジュース屋さん、アイス屋さん、パン屋さん・・・。
そしてこんな人も。
縄で縛った小さな白い物体が連なっている。
それを肩にだらーんと垂らして。

a_DSC_2255.jpg

ニンニク屋さん。
キューバではこんなふうにニンニクを売り歩いている人をしょっちゅう見かける。
ちなみに、これのタマネギバージョンもある。
ニンニクとタマネギ両方を売り歩いている人もいる。

キューバは市場に行っても手に入る野菜の種類に限りがある。
とくにタマネギは野菜の中でも高い。
普通、タマネギってどこの国でも作られているし安いんだけどね。

値段の高いニンニクやタマネギってけっこう儲けが大きいのかもしれない。

a_DSC_2345.jpg

いままで巡ってきた街で、キューバ音楽を楽しんできたようにここトリニダーでも楽しみたい。
トリニダーにはいくつか音楽を聞けるスポットがある。
表からのぞいてみたけれど、いかにも観光客向き。
欧米人が地元のお酒やカクテルを飲みながら、優雅に耳を傾けている。

さらに、洞窟クラブなるものもトリニダーにはある。
天然の鍾乳洞をディスコのクラブとして活用しているもの。
イクエもケンゾーもここに行こうとしていたけれど、同じ宿の韓国人に止められた。
「きのう行ったけど、お勧めしない。
 キューバ音楽じゃなくてダンスミュージックが流れている。
 金を持っている連中が集まって騒いでいるだけ。
 行かなきゃよかった。」

それで急遽、行くのをやめた。
代わりに向かったのは、カサ・デ・ラ・ムシカ。
中心地の教会の横、屋外にステージがあり夜な夜なライブが繰り広げられている。
時間帯や日によっては無料で観覧できるらしい。

夜に行ってみてびっくり。
大盛況!
そのほとんどがツーリスト。
こんな小さな街、トリニダーにこれだけツーリストが滞在しているなんて。

a_DSC_2498_2015122515211714a.jpg

a_DSC_2497_20151225152119636.jpg

軽快なリズムのサルサ。
お酒の酔いも手伝って、楽しそうに踊るツーリストたち。

でもわたしもケンゾーも、ただ階段に座ってながめていた。
もっと小さな場所で、地元のおじちゃんたちが演奏して、地元の人たちが楽しそうに踊る光景が好きだから。

ツーリストに混じって、心地良さそうに体を揺らすキューバ人のおばちゃんやおじちゃん。
そんなおじちゃんおばちゃんたちを探してホッとするイクエとケンゾー。

a_DSC_2508_20151225152115901.jpg

トリニダーにある革命博物館。
カストロやゲバラなど革命軍のリーダーたちの遺品や写真、当時使った武器などが展示されている。
キューバにはこの手の博物館がたくさんあるけれど、わたしたちは一度も中へ入っていなかった。
ハバナやサンティアゴの博物館に入ったレオくんが「すべてスペイン語の解説だし、展示品も見にくいし、博物館として見せ方が下手」と酷評していた。
そのなかで「このトリニダーの博物館はいちばんマシだった」と言っていた。
だからわたしたちも入ることにした。

a_DSC_2461.jpg

展示されているのは、バティスタ政権を倒したときに使った武器や、撃ち落とした米軍の航空機の破片など。
正直、心を揺さぶられるようなものは何もなかった。

a_DSC_2460.jpg

分かりやすく言えば軍事博物館。
日本の靖国神社の博物館に似ているところがある。

「勝てば官軍」。

その言葉を何度も思った。

英雄とされるゲバラとカストロだけど、負けたらきっとテロリスト扱いだった。
きっと、カストロたちが負けていたら「キューバの共産主義化、長期の独裁政権の危険を免れた」なんて語られていたと思う。

a_DSC_2462.jpg

カストロやゲバラの思想には愛があったと思う。
でも、その思想を実現するために彼らは武力を使った。
そのために、いったい何人が殺されたのか。
革命成功後、カストロたちの思想に反対する人たち500人以上を銃殺したり収監したりしたと言われている。

武力を用いずに、カストロたちの理念を実行できなかったのか・・・
と思ってしまうわたしは単なる理想主義者なのかもしれない。

理念を実現するために、武力行使しているグループは今も世界にたくさんいる。
パレスチナにも、チェチェンにも、イスラムの国々にも・・・。
世界的には彼らは危険なグループと見なされている。

ゲバラが使っていたハンモックが展示されていた。
このハンモックに、あの英雄が横たわり揺られていたのかと思うと少しロマンを感じた。
だってゲバラはイケメンで、生き方もかっこいいから。

a_DSC_2459.jpg

でも別に、わたしはゲバラファンではない。
ゲバラについて語れるほど知識もない。

結局最後は、カストロとゲバラに主義や思想、理念の対立が生じ、ゲバラはキューバ国外に新天地を求め、そしてボリビアで殺害された。
でも、カストロはゲバラ死亡後、彼をキューバ解放の象徴としてうまく利用しているふしがある。

ゲバラを英雄として愛する人たちはキューバ国外にも多い。
日本にも。

「戦争反対!」「武力反対!」
そう唱えながらも、ゲバラを敬愛する人たちは日本にも多い。
むしろ、そう唱える人にこそ、ゲバラファンは多い。
でもゲバラもカストロも武力を用いた。
学生たちに武器を配り、戦闘員として勧誘した。

だから「武力反対」と言いながら、ゲバラを支持する人たちにどうしても矛盾を感じてしまう。

でもきっと彼らには彼らの言い分があるのだと思う。
ゲバラたちはできるだけ武力に頼りたくなかったけどしょうがなく頼った、とか、アメリカの圧政からキューバを解放するための正義の戦いだった、とか、革命後のカストロ政権は庶民に寄り添った政治を展開した、とか。

ゲバラたちも結局武力に頼ったんじゃない、だからそれを平和主義者って言えるの?
正義の戦いだったって手放しで誇れるの?
わたしの考えは単純かもしれない。

ゲバラのTシャツはお土産としても人気がある。
でも、ゲバラは決して平和のシンボルでもないし、弱者に目を向ける英雄というだけではないと思う。

わたしはゲバラやカストロについての知識を持ち合わせていない。
だからわたしの考えは浅はかかもしれない。
ゲバラを敬愛する人たちに「ゲバラやカストロのやり方はすばらしかった、彼らがやらなければアメリカの圧政にキューバ人たちがずっと苦しみ続けることになった」ってきっと反論される。

夢想主義者と言われてもいい。
理想主義者と言われてもいい。

武力に頼らない方法がほかになかったのかな。
きっと、それは現実的に不可能で、とても難しいことだとはわかってる。
でも、それを模索することはとても大事なことだし、放棄したくない。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

いつも楽しい記事を読ませて頂き
ありがとうございます。

色々と無茶している様な記事も楽しいのですが
こうやって改めて考えてしまう記事もいいですね。

正義の反対は悪ではなく
もう一つの正義なんでしょうね。

武力に頼らない方法が他にないのか?

確かに綺麗毎かもしれません、けれども武力がここまで状況をねじれさせた
という事も忘れてはいけないのでしょうね・・・。

Arakawa さま

コメントありがとうございます。

そうですね、正義の反対はもうひとつの正義。
そもそも最初の正義が、万人にとって正しいのかが怪しいです。
正義を実現するために武力を使い、誰かを殺したらその正義を恨む人がででくるのは必然ですね。

キューバのゲバラたちが世界各国で英雄視されるのは、戦って勝ったあとにしっかりと政治をしたからかもしれません。
もしあれで単なる独裁で自分たちの富を増やすことに走ったら、クーデターで突然政権を取った独裁軍事政権、という評価だったと思います。

だから彼らを評価したいけど、革命を果たすために彼らがたくさんの人たちを殺したことが清算されるかと言ったら疑問ですね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント