Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

カリブ海の穴場 サン・アンドレス島へ!!

2015.11.29 09:09|コロンビア☞EDIT
「♫ たんたん たぬきの ◯◯タマは〜 ♫」と夫が歌ったので、「♫ 車にひかれてハンバーグ!」と続けたら、夫に「なんそれ!?」とバカにされたイクエです。
35年間正しいと思っていた歌詞が間違っていたなんて!
保育園のときからこの歌詞で歌ってたんだけどなあ。
ただしくは「♫ 風もないのに ぶ〜らぶら」だそうでうす。
ご当地で違うのかと思ってネットで調べても、わたしが信じていた歌詞は存在せず。
姉も「♫ 車にひかれてハンバーグ!」で歌ってるし、もしかしたら姉の子どもたちもそれで覚えてるかもしれない。

お下品な話で始まりましたが、きょうからはカリブ海の隠れリゾートに行った話です。
その名は「サン・アンドレス島」
知ってますか?
わたしたち、知らなかったんです。
その名を知ったのはエクアドルのキトの安宿。
韓国人バックパッカーと話していたとき「僕はコロンビアではサン・アンドレス島に行こうと思う。すっごく海がきれいらしいよ。」と言われてから。

「え?どこそれ?どうやっていくの?」
「飛行機で。」
「飛行機かあ。
 高そうだなあ。」

「飛行機代は安いらしいよ。
 宿もそこまで高くないからバックパッカーでも旅できると思う。」

「どんなとこ?」
「コロンビアからはとても離れていて、ニカラグアに近い。
 とにかく海がきれいなんだって。」


旅をしていて、外国人のバックパッカーから聞く情報のほうが本当の意味で参考になることがある。
日本人から聞く情報はインターネットで調べたらけっこう出てくるし、日本人が勧める場所はだいたい決まっている。
外国人のバックパッカーは、いままで聞いたこともないような場所を勧めてくることがある。
日本人に人気の場所、韓国人に人気の場所、ヨーロッパ人に人気の場所は違うことが多い。
韓国人はお得な情報を持っていることも多いし、ヨーロッパ人はトレッキングやビーチリゾートなどアウトドア系の情報を教えてくれる。

韓国人の彼から聞かなかったら行こうとも思わなかったサン・アンドレス島。

さて、そのサン・アンドレス島、どこにあるのかと言うと、ここ!!

サン・アンドレス

コロンビア本土からは1000キロも離れた場所。
この島を巡っては、過去にニカラグアとコロンビアで統治権を争っていたんだって。
1991年にコロンビア領と認められたんだけど、その周辺の海域の管轄については国際司法裁判所がニカラグアの主張を認めていて、いまも問題がすっきりと解決しているわけではない。
それもあってリゾート開発が遅れていて、まだ外国人には知られていないカリブ海の穴場。

そして何より、飛行機代が安い!!
コロンビアでは、航空会社の価格競争が激しく国内線が安い。
本土からは1000キロも離れたサン・アンドレス島もしかり。
今回は往復でひとり70ドル。
出発を数日ずらせば50ドルだったんだけど、ベネズエラでのんびりしすぎたし、このあとキューバ行きのフライトもすでに予約済みなので、都合がいい日にちが70ドルだった。
日にちを選べばもっと安く行けるよ!

利用したのはVIVA COLOMBIA。
わたしたちはカルタヘナ発着にしたけれど、首都のボゴタや第2の都市メデジンからも同じ値段くらいで発着している。

a_DSC_0586_20151128220000d5b.jpg

航空券は安いんだけれど、空港で入島料を支払わないといけない。
これがけっこう高くてひとり45000ペソ(約1800円)。
ガラパゴスの100ドルと比べたらかわいいもんではあるけど・・・。
予定外の出費だけれど、これでカリブ海の島を満喫できるのならよしとしよう。

安いフライトだったので、出発は夜。
帰りも夜。
できれば上空から、美しい青い海と島の様子を眺めてみたかったなあ。

サン・アンドレス島は小さな島で、面積はおよそ26平方キロメートル。
車で島を一周しても1時間もかからないらしい。
だから島を観光して、海で泳いでってことをするのには3日もあればじゅうぶんかな。
でも気がかりだったのは天気。
このときは10月上旬。
雨期ど真ん中。
10月がいちばん雨が降るんだって・・・。
せっかくのカリブ海の隠れリゾートなのに、天気が悪ければ海の美しさも発揮されないし、泳ぐには寒い。
きっと毎日晴れるってことはないだろうし、雨期真っただ中なら1週間で晴れるのは1日くらいかなあ。
だから1週間は滞在したいなあ。
なんて思ってたんだけど、自分たちの旅の予定とフライト料金の兼ね合いで3泊4日の滞在に。
1日目の夜に到着して4日目の夜に島を発つので、遊べるのは丸3日。
どうか、1日でも晴れて青い海を拝めますように!!

カルタヘナを離陸しておよそ1時間半。
午後9時にサン・アンドレス島に到着〜。

a_DSC_0588_2015112822000106f.jpg

写真で見てもわかるように、わたしかなり身軽。
この格安フライト、荷物の重量制限が厳しいの!
預け荷物は有料、機内持込みもひとり1個で6キロ以下、超えると罰金を取られる。
なので普段のバックパックはカルタヘナの宿に預けてきた。
3泊4日だし寒くもないので洋服もそんなにいらない。
でも、貧乏バックパッカーのわたしたちには食材が必要!
サン・アンドレス島は離れ小島なので、島の外から運ばれてくる食品は高いらしい。
だから、米とかパスタとか野菜とかお酒とかもってきた。
わたしは身軽だけど、ケンゾーがもってくれてる。
(でも、実際は島で売っているものもそんなに高くなかった。
 スーパーもいっぱいあるし、島で調達してもいいと思う。)

そして外食費とホテル代も本土より高い。
一応、リゾート地だから。
それでもバックパッカーでも泊まれるような宿はある。
事前に予約サイトで予約済み。
ホームページの地図では、繁華街にあって空港からも近かったので歩いて探すんだけど・・・。

ない!
地元の人に聞いても、ない!
宿の写真を見せてもみんな「知らない」って言う。

もう午後10時近く。
あんまりウロウロしたくないけど、ウロウロするはめに。
住所を見せると「それってこの辺じゃないよ。ここから遠いよ。」という返事。
そんなはずない。
ほかの人に聞いても「タクシーに乗るしかない」って言われる。
ええ〜!?
ほんと!?

探しても全然見つからないので、バイクタクシーに乗ることに。
空港からここまででも、レゲエミュージックがいたるところから聞こえていた。

「カリブ海の島って感じやね。」
「ジャマイカもこんな感じなのかな。」
とケンゾーと話してきた。

このバイクタクシーのおにいちゃんも、ドレッドヘアーでレゲエが似合う。
そのドレッドのおにいちゃんが「任せとけ!」とわたしたちをバイクに乗せてくれたはいいけれど。

遠い!
街からどんどん離れていく。

どこに行くの?
たどり着くの?
と不安になっていたのはわたしたちだけではなかった。

お兄ちゃんも不安になっていたらしく、通行人に住所を見せて場所を聞く。
でも誰も知らない。
「あっちじゃない?」
と言われてそっちにいってまた違う人に聞くと「違う、あっちじゃない?」
といま来た方を指される。

わたしたちのためにお兄ちゃん、Uターンしたり右折したり左折したり。
10人以上に聞いたかな。
そして、ようやくたどり着いた。

「ありがとう!」
こんな夜につきあわせて悪かったので、最初に約束した金額よりも大目に払った。
10000ペソ(約400円)。
いい人でよかったー。
あきらめて変なところで放置されなくてよかったー。
こんな夜に一生懸命探してくれてありがとー。

宿にたどり着いたのはいいんだけど、この宿、大ハズレだった。

宿の女性オーナーに「地図が全然ちがって迷いました」と言ったら「地図を信じるから悪いのよ。地図は間違うことがあるわ。住所を信じて来るべきでしょ。」となぜか説教される。
いや、住所だって通り名も番地も書いてなくて「〇〇教会の裏」ってしかなかったんだけど・・・。
きっとね、このやりとり宿泊客と何回も繰り返してると思うんだよね。
地図が間違ってたのに絶対に謝らないの。
これ、確信犯かも。
だって、本当の場所の地図を表示したら絶対みんな泊まらないから。

そしてね、なんとホームページに「共用キッチンあり」って書いてあったのにキッチンがない。
「キッチンがあるって書いてありましたよ。」と言うと「それも違うわ。わたしは普通の部屋のほかに、アパートも貸し出してるの。アパートにはキッチンはついてるわよ。値段はとても高いけどね。あなたたちその情報とこんがらがったんじゃないの?」とまた説教される。
それなら「共用」キッチンって書いちゃダメでしょ。

こういうときは、言えば言うだけ反論されて嫌な思いをする。
いつもならすぐに宿を変えるんだけど、すでにインターネットで3泊予約済みなので泊まるしかない。
自信家のこの女性はとっても話好きなんだけど、わたしたちはあまりつかまらないように避けることにした。

食材をたくさんもってきたけど、キッチンが使えない。
でも、わたしたちには電熱コイルがある!
がんばって電熱コイルでパスタやインスタントラーメンを作ろうっと。
でも、ほんとうは街の中に泊まって、新鮮な魚を仕入れてお刺身でも作りたかったんだけどなあ。

a_DSC_0656_20151128220243a4d.jpg

ダブルルームで1泊70000ペソ(約2800円)。
バスルームは共用。
エアコンなし。
網戸なし。

蚊も来るから窓は開けられないし、熱帯夜で熟睡もできず。

あー、しょっぱなから大失敗。
いい宿に泊まりたかったぁ。

(繁華街にはドミトリーもあるバックパッカー向けのゲストハウスがいくつかあるので、みなさんはそこを利用したほうが絶対いいですよ。)

この大失敗のホテルはPosada Misscenta。
看板などはいっさいなし。

a_DSC_0590_201511282200030f5.jpg

ホテル運はなかったんだけど、わたしたちにも運がいいことが。
それは天気がいいこと!
次の日は快晴♡
結局滞在中、ずーっと天気が良かった。
いちばん雨が降る季節にもかかわらず。
ありがとう神様〜。

a_DSC_0627_20151129081651cf3.jpg

わたしたちの宿の近くはこんなところ。
のどかで、沖縄の離島を彷彿とさせる。

a_DSC_0591_20151128220004215.jpg

キッチンも使えないので、次の日の朝食は外で。
周りにはレストランもほとんどなくて、あっても閉まっている。
唯一、ここだけ開いてた。

a_DSC_0594_20151128220007263.jpg

これで一皿8000ペソ(約320円)。
コロンビアの物価からすると高い。

a_DSC_0597_201511282200497a1.jpg

スクランブルエッグの隣のパイナップルみたいなやつは「パンのフルーツ」と呼ばれているものらしい。
サツマイモを揚げたような感じだけど、もっとしっとりしていてたしかにケーキみたい。

もう一皿は、コロッケみたいなもの。
魚のすり身を揚げたものだった。
おいしい!

a_DSC_0598_20151128220050e5e.jpg

サン・アンドレス島では、なかなか安い食堂を見つけるのが難しい。
観光客用に高い値段を設定してあるし、地元の人のローカル料金でもコロンビア本土よりは高い。

昼食に食べたチキンとごはんのセットはこれで8000ペソ(約320円)。
本土ならこの値段だともっとボリュームがあるし、スープもついている。

a_DSC_0647_201511282202366e8.jpg

ようやく街の中で見つけた安食堂。
これにスープとジュースがついて10000ペソ(約400円)。
これでもやはり本土よりは割高。

a_DSC_0742_20151129061240301.jpg

わたしたちの泊まっていたところは、繁華街からおよそ7キロ南。
のどかな田舎の雰囲気だけど、繁華街は車や人が行き交いかなり活気がある。
地方都市といった感じ。
スーパーも多いし、大型ホテルもこのエリアに集まっている。

a_DSC_0741_20151129061240d57.jpg

近代的な建物がいくつか並び、服や化粧品、香水を売っているお店がたくさん。
実はここサン・アンドレス島は、タックスフリーの島なんだって。
免税店がいくつかある。
(だからお酒を本土から買って来る必要なし。)
コロンビア本土から週末を利用して、ビーチとショッピングを楽しみにコロンビア人がやってくるんだろうね。

a_DSC_0740_20151129061237811.jpg

そんなコロンビアンツーリストの家族と道で会ってちょっと立ち話。
だって、生後間もない赤ちゃんがあまりにもかわいかったから♡

a_DSC_0644_2015112822022265a.jpg

この赤ちゃんと若い夫婦と夫婦の両親で旅行していた。

おじいちゃんとケンゾーと赤ちゃん。
すっかり日焼けして日本人離れしたケンゾー。
家族の一員みたいだよ。

a_DSC_0645_201511282202247b7.jpg

サン・アンドレス島に住む人たちは、ほとんどの人が黒人。
1600年代前半にイギリスの清教徒たちがこの島を見つけ、その後はスペインが占領。
そこにフランス、オランダも加わり、4か国で島の領有権を巡って争っていたのだそう。
1806年に黒人の奴隷が島に送られて、島のいまの住民たちの多くがその奴隷の子孫なんだって。
現在、島に住んでいる人たちはおよそ4万人。
コロンビア本土の公用語はスペイン語だけど、ここでは英語も話される。
コロンビア本土とは、違う歴史を歩んできた。

女の子もコーンヘアーがよく似合う。

a_DSC_0596_20151128220047535.jpg

このサン・アンドレス島。
別名の島と言われている。
濃い青、透き通るような青、水色、エメラルドグリーン・・・。
珊瑚礁の広がるサン・アンドレス島は、七色の海をもつ世界でも珍しい島。

前置きが長くなったけど、みんなが見たいのは、サン・アンドレスの宿でも、食事でも、街並みでもない。
「海」ですよね!

わたしたちも真っ暗なうちに島に到着したので、翌日ようやく海を見ることに。

「おぉ〜!!
 いやぁ〜、きれー!!」


a_DSC_0599_201511282200520cb.jpg

a_DSC_0611_20151128220117fa7.jpg

沖の方は濃い青で、手前はエメラルドグリーン。
そして、岩ひとつない砂浜。

さらにすごいのは、この透明度。

「七色の海」の名にふさわしい!

a_DSC_0608_201511282200547bf.jpg

すごいのは、色、透明度、砂浜だけじゃなくて魚も。
パーフェクトな海。

あしたはシュノーケルの様子も交えながら、島の観光地をご紹介します。
きれいな海を見に、あしたもブログに遊びに来てね!

a_DSC_0606_20151129081308cc3.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

そうなんですよ。日本人バックパッカーって旅情報が全然期待できない。
他の日本人の旅ブログを読んで、その旅のルートをなぞっている人が圧倒的。
「これでオレもウユニとマチュピチュとパタゴニアは『制覇』したぞ!!」みたいな。
だからあまり人が行かないけど行ってみると素晴らしい穴場スポットの話なんてほとんど
聞けないですよね。

他人と同じ行動をとることで達成感を得たい、安心したいという日本人の傾向(ファッション
などもそうですね)なんだと思います。

不思議なことに、日本人バックパッカーって他の国のバックパッカーに比べても教養に乏しく、
旅行先の国の歴史や文化にも興味がないと思わせることがしばしばです。だからヨーロッパ
なんて全然楽しめない。「マリア・テレジアって、誰すかそれ?」「ここ、このディエゴって人
(ベラスケスのこと)の絵が有名みたいですよ」なんて会話をしたこともあります。

海外に行ったのに日本人onlyでやたら群れたがるのも不思議です。日本人宿で一緒になった
メンバーでぞろぞろと街を歩くのが好き。そもそも日本人宿はあるけど、フランス人宿とか
アメリカ人宿って聞きませんよね。日本人バックパッカーにとっては国籍が重要なポイント
なんでしょうか?


サンアンドレアス行ったんですね!
自分たちも同じ宿に泊まりました!
お母さんは終始優しくしてくれて、宿代も割引いてくれましたよ!たまたま機嫌悪かったのかな??
息子さんはちょっと微妙だったけど…
それよりも天気が良くて良かったですね‼︎自分が行った時は快晴な日は無くて残念でした〜。次回以降の写真楽しみにしてます〜\(^o^)/

炭さま

そうですね。
日本人って話題性のあることろとか有名なところに惹かれますよね。
その点欧米人は割り切っています。
自分がここ、と思うところに待ったり滞在しますよね。
ビーチリゾートに連泊したり、数日間かけてトレッキングしたり。
欧米人は一か所に長いこと滞在しますが、日本人は写真を撮って満足して次々に移動するのが好きですね。
欧米人からすると「せっかくのバケーションなのにそんなに忙しくして」って思うだろうし、日本人からすると「こんなチャンスめったにないからダラダラせずにすべてまわりたい」って思っちゃいますね。

日本人宿のほうかに、韓国人宿も最近多いですよね。
わたしたちも何度か知らずに泊まったことがあります。
それとイスラエル人宿も。
イスラエル人もみんなで集まるのが好きみたいです。

やっけん さま

そうなんです。
2か月前に(笑)。

同じ宿だったんだー。
そっかあ、たしかにオーナーの女性は笑顔ではあったんだけど・・・。
わたしたちのチェックインした次の日に、同じように疲れ果てて夜遅くに着いた白人のバックパッカーのカップルは翌日早朝にさっそく宿を変えるため出ていってたよ。
でも予約サイトの口コミも、女性オーナーが親切って内容もあったから、いい人なのかもしれないね。

サンアンドレス島のB級の洞窟ミュージアムの話、笑いながら読みました。
あんなんだったら、わたしたちも行けば楽しめたかも!

やっけんとはどこかで会いたかったです。
非公開コメント