Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コロンビア「カルタヘナ旧市街」☆☆ 暑さに負けずに

2015.11.28 06:04|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
バックパッカーを卒業したケンゾーです。
旅をスタートして3年と2か月。
この間にいろいろな物がボロボロになりその都度買い替えてきたんだけど、とうとうバックパックもオンボロになってしまった。
背中部分に入っている金具がむき出しになって、背負う動作のたびに足に当たってスネから流血する始末。
残すところあと3か月くらいなんだけど買い替えることに。
本当はバックパックがいいんだけどお金がないのでちょっと厳しい。
悩んだ末にチョイスしたのは、まさかのスポーツバッグタイプ。
20ドルで安かったんだよねえ。
コロコロも付いててスーツケースみたいにガラガラ引っ張ることもできる優れもの!のはずだったんだけど、これが大失敗。
コロコロを使うと構造上ほぼ全ての重量が引っ張る手にのしかかって重くて仕方がない。
バックパックと比べると持ち運ぶ労力が雲泥の差。
あ〜あ、安いバックパックを見つけて買い直そう。

スペインの植民地時代の貿易港として大いに栄えた世界遺産の街カルタヘナ
インカ帝国の金など南米各地から奪い取ってきた金銀宝石類、タバコやカカオをスペイン本国へと輸送する拠点となったのがこの街。
富が集積し繁栄を極めたカルタヘナがカリブの海賊たちのターゲットになるのは当然のことだった。

度重なる海賊たちの襲撃に対抗するため、16世紀後半に造られたのが旧市街をぐるりと取り囲む城塞。
4kmに渡って街を囲んでいる頑丈な城塞は、海賊たちの攻撃にもしっかり耐えたんだそう。

a_DSC_0477_201511270704444c0.jpg

a_DSC_0478_2015112707043919a.jpg

城塞の門をくぐると、スペイン統治時代の面影を色濃く残すコロニアルな街並みが出迎えてくれる。
一瞬にして植民地時代にタイムスリップ。

a_DSC_0581_20151127070636086.jpg

ぽっかりと広い空間が開いている馬車広場。
優雅な響きとは裏腹に、ここでは奴隷が売買されていたんだそう。

a_DSC_0479_2015112707044509a.jpg

どの脇道に入っても、絵になる景色が広がっている。
あてもなくふらふらさまよい歩くことがカルタヘナ観光の醍醐味。

a_DSC_0520_20151127070518582.jpg

a_DSC_0481_201511270704508a5.jpg

通りにぼこぼことはみ出したバルコニーがスペイン建築の証し。
一年中最高気温が30℃を越えるカルタヘナ。
むかしは夕方になるとバルコニーに出て涼んでたんだろうね。

a_DSC_0517_201511270705121ce.jpg

a_DSC_0484_20151127070449e95.jpg

a_DSC_0543_20151127070551faf.jpg

花と緑に覆われたゴージャスなバルコニーも。
こんなところでお酒を飲みながら読書でもしたら、優雅だねえ。
(イクエに「紅茶やろ」と突っ込まれたけど・・・)

a_DSC_0529_20151127070514aa2.jpg

a_DSC_0530_201511270705463ec.jpg

広場に鎮座しているコロンビアを代表する作家ボテロの作品。
女の子がふくよかなおっぱいをずっと触ったり舐めたりしてたのがかわいい。
この子のお母さんは痩せてたけど、ふくよかな女性につい甘えたくなるのかなあ。

a_DSC_0567_201511270706136ed.jpg

a_DSC_0579_20151127070613593.jpg

北側の城塞の一部は上を歩くことができる。
高さ12m、厚さ17m。
何度も海賊に襲撃されてきたにも関わらず、現在でもいい保存状態を保っている。
この強固な城塞の建築にも多くの黒人奴隷が動員されたんだそう。

a_DSC_0551_20151127070548098.jpg

a_DSC_0555_20151127070607e4c.jpg


さて、堅牢な城塞で守られてきた「カルタヘナ旧市街」。
「星いくつ?」

「星、2つ!

城塞の内側はまさに旧市街そのもの。
すべてがスペイン統治時代の建物のままで、これぞコロニアルという雰囲気。
どこを歩いても、どこを切り取っても絵になる街並みが広がっている。

a_DSC_0561_20151127070609dd1.jpg

a_DSC_0552_201511270705531f1.jpg

綺麗なカフェやレストラン、ブティックや貴金属店が多く、ショッピングも楽しそう。
ただし、値段はかなり高そうだけど。
アメリカなんかからの大型クルーズ船が寄港するのか、お金持ちそうなマダムや紳士がグループツアーでまわっていた。
でもお金がないバックパッカーだって、コロンビアらしくオシャレで、ひと味スパイスの利いたコロニアルな街並みを歩き回るだけで十分楽しい。

a_DSC_0571_20151127070617d3f.jpg

a_DSC_0513_201511270705076b3.jpg

a_DSC_0536_201511270705426df.jpg

ただし、うだるような暑さを覚悟のうえで。
カルタヘナはとにかく暑い。
湿気も多いのでちょっと歩いただけで汗まみれ、あっという間に観光する気が失せてしまう。
カルタヘナは日焼け&熱中症対策を忘れずに。

夜の散策も楽しいカルタヘナ。
日が暮れると暑さが和らぐのですこしホッとする。
オレンジ色の街灯に照らされた旧市街も味わい深い。

a_DSC_0761_20151127080559dbf.jpg

a_DSC_0774_201511270806063e4.jpg

a_DSC_0765_201511270806082b0.jpg

カルタヘナ滞在中に結婚記念日を迎えたケンゾーとイクエ。
この日ばかりはちょっと奮発しておしゃれなレストランでディナーを楽しむことに。
この旅では4回目、結婚してから8回目の記念日に乾杯 ♬

a_DSC_0779_2015112708060898e.jpg

店構えからして高いだろうなあと覚悟してたんだけど、食べ物は意外とリーズナブル。
その分飲み物が高かった。
「セビッチェの盛り合わせ」と「タコの照り焼き」が美味しかった。
とくにタコはイクエ大絶賛。

a_DSC_0789_20151127080605f4a.jpg

a_DSC_0790_20151127080622618.jpg

結婚9年目に突入したケンゾーとイクエ。
旅が終わり、新たな生活がはじまるこの一年。
これからもよろしく!

a_DSC_0793_20151127080625c91.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

結婚記念日 おめでとうございまーす

(*^◇^)/゚・:*【祝】*:・゚\(^◇^*) 

 異国の地で 乾杯 すてきですね。オメデトウデス。



(インド編 イスラエルパレスチナ 視聴させていただきました。感想は後日)

茨城県 快晴 です。銀杏の紅葉がきれいです。空気も澄んでます。

毎日おふたりの旅行記読むのが最大の楽しみとなってます。ありがとございます。

  みーふぃ



 

おめでとうございま~~す( ^^) _旦~~

お二人の写真とっても素敵!!と思ったけど・・・
日焼けが凄くて、すっかり地元民レベルですね
肌色が板についてるというか・・・(なじんでますww

結婚されて8年なんですね、日ごろの息ぴったりなのもうなずけて
何年たっても大事な記念日・・お酒で乾杯できるのが幸せですね。

旅が楽しいだけとは言いませんが・・
これからも楽しい事見つけて、楽しい旅を~~(@^^)/~~~

No title

8回目の結婚記念日、おめでとうございます!


広場の像凄いですね!しかも作家の名前がボテロ(笑)


でもカルタヘナは夜景が綺麗ですねー。タコ料理もおいしそう、僕も食べたい!




世界のいろいろな場所で結婚記念日を迎えることができて、とてもうらやましいです(*^_^*)

お二人の仲のいい写真にホッコリしました。


あと、ケンゾーさんのブルーのシャツいいですね!似合ってます!



みーふぃさま

ありがとうございます!
今年も無事にこの日を迎えることができて一安心でした。

過去記事も読んでくださりありがとうございます。
ぜひわたしたちが大好きなパレスチナの感想を聞かせてください。

takoさま

ありがとうございます!

ヤバいですよね、この黒さ。
これで来年、まだ寒さ厳しい2月に日本に降り立ったら白い目で見られること必至ですよねえ。
最近、もはや「チャイナ」と呼ばれることより、「フィリピン」や「タイ」と呼ばれることのほうが多くなってきました。笑

9年目も日々楽しく笑顔で過ごせるようにがんばります!

べるおさま

コメントありがとうございます!
おかげさまで今年も無事に記念日を祝うことができました。

この日食べたタコ料理は絶品でした!
やっぱり美味しい海鮮を食べるとしあわせですね。

まさかシャツを褒めてもらえるとは、意外でした。
これ、ベネズエラで150円くらいで買った安物です。
写真では分からないんですが、実物はけっこうクタクタなんですよ。笑

No title

遅れ馳せながら結婚記念日、おめでとうございます!

いつも思うんですが町の雰囲気を伝えてくれる写真がいいですね。

画廊みたいな場所にピカソに似た老人とおばあさんがいる写真ですがおばあさんがちょっと変?

良く見ると人形のようにも思えるんですが?

ジバゴさま

ありがとうございます!
無事にこの日を迎えられてホッとしました。

このおばさんは、お察しの通り人形です。笑
ピカソおじさん目力が凄くて思わずシャッターを切りました。
コロンビアは街並みは予想以上におしゃれでアーティスティックでした。
新婚旅行にもいいんじゃないかな?
非公開コメント