Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コーヒー売りと帽子売りが行き交う街

2015.11.27 06:03|コロンビア☞EDIT
最近夜に電気を付けっぱなしにして寝てしまうイクエです。
5日連続くらいそうしてる。
ブログを書いたりインターネットで調べものをしたりしているうちに、ケンゾーとともに寝てしまって・・・。
寝る気はないんだけど寝てしまう。
ちゃんと電気消したほうが安眠できるのにね。
そういえば日本ではしょっちゅうそんなことをしてたなあ。

ベネズエラからの国境越えにヘトヘトになり、コロンビアのカリブ海沿いの街、カルタヘナに到着したイクエとケンゾー。
遅ればせながら、地図でカルタヘナはここ。

カルタヘナ

海に突き出した半島は、要塞に囲まれていて古い街並みが残っている。
それが世界遺産になっている旧市街。

南米の安い宿は旧市街に固まっていることが多い。
だから、要塞の中へ入り宿を探すことにした。

時計台の真下の石造りの門が、旧市街への入口。

a_DSC_0457_2015112615523690e.jpg

この門をくぐればタイムスリップ。
要塞の中は、別世界。
そして、カラフル。

a_DSC_0459_20151126155230ca3.jpg

a_DSC_0460_201511261552384b5.jpg

鮮やかな建物に挟まれた路地。
とりあえず、『地球の歩き方』に紹介されていた安宿へ。

部屋は空いていたんだけど、宿代がかなり値上がりしていた。
そうだよね、こんなすてきな場所なんだもん。
世界遺産の街並みだし。

でも宿のおばさんはとてもいい人で、安そうなホテルを教えてくれた。
それはドミトリーのあるゲストハウスだった。
バックパッカーが集まる宿なので、おばさんは安いだろうと思って紹介してくれたんだろうけど、訪ねてみてびっくり。
ドミトリーの値段が信じられない高さだった。
さっきのホテルのほうが断然安い。

ダメだ。
この要塞の中で探すのは無理だ。
わたしたちが泊まれる宿がない。

ふたたび石造りの門を通って、ビルが建ち並ぶ現代社会へと舞い戻る。
「ただいまー。
 21世紀。」

もうひとつ安宿を調べていたのでそっちに向かう。
要塞からそう離れていない、「Tripita y Media」とそれに続く「San Andres」通り。
こちらも古い街なので「旧市街」と言えば「旧市街」。

こっちもこっちで雰囲気いいやん!
最初からこっちに来とけばよかった〜。

a_DSC_0465_20151126155234db6.jpg

まわりにはビルが建ち並ぶし車が行き交うのに、その一画だけ異空間。
さっきの要塞の中の街並みみたい。
安宿やツアー会社、レストランが軒を並べていて、バックパッカーがウロウロするストリート。

a_DSC_0487_20151126155343b3c.jpg

いくつか宿に入り、値段の安かったここに決めた。
「HOSPEDAJE SIBONEY」。
フロントや部屋を案内するのはおじいちゃんたち。
スタッフがおじいちゃんばかりという安宿。

a_DSC_0468_201511261553135aa.jpg

ないだろうと思われたWi-Fiがちゃんとあった。

「うんうん、Wi-Fiのパスワードはね・・・。」
ちゃんとおじいちゃんがノートを見ながらパスワードを紙に書いてくれた。
解読がかなり難しい字体ではあるけれど。

a_DSC_0466_2015112615524709d.jpg

部屋にはエアコンもついて、バスルームもある。
ダブルで50000ペソ(約2000円)。
この時期のカルタヘナはものすごーく暑い!!
エアコンがないと寝られない。

a_DSC_0467_201511261553071ed.jpg

部屋にエアコンはあるんだけど、日中は暑すぎてもはやエアコンが効かない。
「あっちぃ〜、あっちぃ〜」と言ってたらおじいちゃんが扇風機をもってきてくれた。
それでも、あっちぃ〜。

宿の前に、こんなオフィスを発見。
入口には「Boats to Panama」の文字。

a_DSC_0488_201511261553491a4.jpg

コロンビアとパナマは陸続き。
けれどここを陸路で行き来するのは事実上不可能。
ジャングルで道がないうえ、ゲリラが潜伏する危険地帯でもあるとか。
だからコロンビアからお隣のパナマに行くには、飛行機か船を使うしかない。

数日かけてカリブ海をボートやヨットで渡り、パナマに移動するのが旅人の間で人気。
海も綺麗だし、途中で小さな島にも立ち寄るし、食事も出るし、シュノーケルもできるし、楽しいらしい。
ロマンもある。
でもお値段高め。
飛行機よりもかなり高い。
だからイクエとケンゾーはパス。

a_DSC_0490_20151126155414a23.jpg

ちなみにその逆ルートもある。
その後行ったパナマシティのゲストハウスにたくさんチラシが置いてあった。
船の所有者たちが旅行者を募っているから、ゲストハウスに相談すれば簡単に参加できるみたい。
値段ははるけど、「カリブ海クルーズ」と思えば高くないかも。
パナマで人気の場所、クナ族の住む「サン・ブラス諸島」にも立ち寄ることができてすごく楽しそうだよ。
『地球の歩き方』によると、島には電気も水道もなく、宿もかなり簡素らしい。
行ってみたかったなあ。

宿のあるこのあたりはバックパッカーの集う場所でもあるんだけど、地元の人たちの生活空間でもある。
「下町」という言葉がぴったり。

a_DSC_0492_20151126155419ead.jpg

そしてこの界隈には、安食堂がたくさんある!
昼食時には、地元の人たちでいっぱいで席が空くのを待たないといけないほど。
たまに相席にもなるよ。

そんななかでもいちばん繁盛しているのがここ。

a_DSC_0469_201511261553161e1.jpg

a_DSC_0470_20151126155315603.jpg

「RESTAURANTE EL CORONCORO」。
どんな意味なのか分からないけど「コロンコロ」って響きがかわいいね。

店内はゴチャゴチャしている。
骨董品や古い絵が飾られていて、天井からはいろんなものがぶら下がっている。

a_DSC_0472_20151126155315978.jpg

ほかの南米と同じように、コロンビアでも食堂の定食と言えば、スープとワンプレートのコース料理。
メインは牛肉、鶏肉、豚肉、魚などから選べる。
スープだけで満腹になるほどボリューム満点。

a_DSC_0475_20151126155338c99.jpg

カルタヘナはカリブ海に面しているので、魚がおいしい!
ご飯に添えられたバナナは、ここでも健在。

a_DSC_0476_20151126155343592.jpg

セットでひとり7000ペソ(約280円)くらい。

そうそう、カルタヘナではね、ようやくコロンビアのコーヒー文化を感じたよ。
ポットにコーヒーをいれて路上で販売している「コーヒー売り」がいたるところで出没。

a_DSC_0493_2015112615541932e.jpg

コーヒー豆の一大生産地、コロンビア。
地元の人にもコーヒー文化が根付いてるんだね。

a_DSC_0496_20151126155423167.jpg

ブラック、砂糖入り、ミルク入り。
ポットによって分けられているみたい。

ライバル多し!
でも需要も多いから、やっていけてるんだと思う。

a_DSC_0501_201511261554201a0.jpg

いままで立ち寄ったコロンビアの街で、いちばんカルタヘナがコーヒー売りやコーヒーを飲んでいる人を見かけたなあ。
すっごく暑いのにね。

そして、カルタヘナでよく見たのはこれを売っている人たち。

a_DSC_0502_20151126155507bb2.jpg

帽子屋さん。
売っているのはパナマ帽。
パナマ帽と言えばお隣の国パナマでしょと思うんだけど、そもそも中南米に生える「パナマソウ」の葉で作られている帽子。
パナマ帽の一大生産地はパナマではなく、エクアドル。

そしてここカルタヘナでもパナマ帽が名物になっている。
日射しが強いから帽子が必要だし、通気性も良さそうだし。
自らも商品の帽子を被り、歩きながら売り歩く帽子屋さん。

a_DSC_0505_20151126155510f2b.jpg

コーヒー売りと同じく、売り子が多すぎる。
でも、これもコーヒーと同じく飛ぶように売れている。

コーヒー売りと帽子売りが行き交うカルタヘナ。
あしたはこの世界遺産の街の様子を、たっぷりお伝えしますね♡
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント