Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

エンジェル・フォールのおまけも侮れない!

2015.11.20 07:28|ベネズエラ☞EDIT
人生初のオールインクルーシブホテルを満喫しているケンゾーです。
食事付き&アルコール飲み放題という酒好きにはたまらないオールインクルーシブ。
24時間いつでも飲み食い自由って訳ではないしアルコールの種類も限られてるんだけど、好きなだけ飲んでいいっていうのはかなり嬉しい。
これでワインや焼酎があったら最高なんだけどなあ。

やっと、やっとのことで世界一の滝エンジェル・フォールを目前に拝むことができたケンゾーとイクエ。
「時間との戦い」でエンジェル・フォールを満足に楽しむことができるのか、出発前から不安だったこのツアー。
ふたを開けてみると、ゆっくり滝を眺めることができたし、滝壺のプールで泳ぐこともできたし、充分に満足することができた。
びしょ濡れになったボートでの移動も、秘境感を演出してくれたという点では結果オーライ。

でも、これで滝も短時間しか見られず、滝壺で泳ぐことができなかったとしたらかなり不満が募るツアーになったと思う。
現にかなり残念な思いをした参加者も多い。
もちろん天候にも左右されるとは思うけど、いちばん大事なのはガイドのやる気と力量。
今回はホセが担当ガイドでラッキーだった。
これからツアーに参加する人はカナイマに着いて現地ガイドと落ち合った時にスケジュールやツアー内容をきちんと確認したほうがいい。
とくに滝壺で泳ぐオプションは口を酸っぱくして何度も要求しないと省かれる可能性大。

ということで、無事に世界一のエンジェル・フォールを満喫した一行はカナイマへの帰路につくことに。
午後2時40分、ふたたび木製のボートに乗り込み川下りスタート。
さらばエンジェル・フォール。
優美な姿を見せてくれてありがとう。

a_DSC_0287_20151120065325d05.jpg

エンジェル・フォールの余韻に浸っていたいところだけど、お尻の痛みとの戦いアゲイン。
行きはエンジェル・フォールへの期待感で多少気を紛らわすことができたけど、メインイベントが終わったあとはただひたすら耐えるしかない。

「帰りは下りだから早く着くよ」
そう聞いていたのでちょっと楽観視してたんだけど、出発して10分でボートが座礁。
プロペラが破損したのか交換をすることに。
淡い期待はエンジェル・フォールのようにはかなく雲散霧消。
はたしてカナイマには何時に到着するのやら。

a_DSC_0288_20151120065331961.jpg

しょっぱなで座礁して以降は順調に川を下るボート。
雨が降るなど天気がイマイチだった昨日と違い、今日はいい天気。
どっしりと大地にそびえるテーブルマウンテンがいくつも流れ去っていく。
秘境に足を踏み入れたんだとあらためて思い知らされる。

a_GOPR5278.jpg

a_GOPR5286.jpg

行きと同じく、流れが激しく転覆の危険があるエリアは途中でボートを降りて中州を歩かないといけない。
また歩みの遅いベネズエラ人のおじいちゃんコンビを待たないといけないなあ。
しかも、この2人を歩かせるのは酷。
流れの速いエリアに客を乗せたまま突入するのは危険とはいえ、また遅くなって真っ暗な中ボートに乗るほうが逆に危険とホセが判断。
今回は荷物といっしょに2人だけボートに残ることに。

「おじいちゃんたち、無事でね!」

20分後、多少濡れてはいるけれど笑顔のおじいちゃんたちと無事に再会。
よかったよかった。

行きは6時間かかった道のりも帰りは4時間。
たしかに2時間も早かったけれど、カナイマに着くころはすっかり真っ暗。
ホタルが舞う幻想的なシチュエーションも演出のうち?
まあ雨に降られなかっただけでもいいとしよう。

カナイマの宿は、おそらく最安の「WAY TUPU」。
部屋はごくシンプルなダブルルーム。
バス・トイレ付きだけど水シャワー。

a_DSC_0289_2015112006564240c.jpg

夕食もシンプル。
でも温かい食事を食べられるだけでホッとする。
コーヒーはいつでも飲み放題。

a_DSC_0295_20151120065637672.jpg

「時間との戦い」には見事に勝利したケンゾーとイクエだけど、「お尻の痛みとの戦い」には惨敗。
10時間のボートトリップはケンゾーのお尻を無残な状態にするには十分だった。
お尻の両サイドに熟れた桃のような赤いアザがくっきり。
ベッドのマットはとくに硬いものではないんだけど仰向けで寝るのはかなり辛い。
まさか絶景の代償がおしりの痛みとは、まったくの予想外。

a_DSC_0293_201511200659083de.jpg

とはいえ、大満足で終わったエンジェル・フォールツアー。
秘境感満載のボート移動、予想に反して優美だったエンジェル・フォール。
ダイジェストの動画もぜひ。



楽しかったエンジェル・フォールツアーだったけど、じつはまだ終わりじゃない。
順番が前後したけれどもうひとつの滝巡りがまだ残っている。
エンジェル・フォールから戻ってきた翌日、ツアー3日目の午前にカナイマ湖で滝巡り。

真っ茶色なカラオ川がいくつもの滝となって豪快に流れ込んでいるカナイマ湖。
いちばん奥にあるエル・サポの滝とアチャの滝は滝の裏側に入ることができる。
ずぶ濡れ必至でかなり楽しいらしい。

a_GOPR5288.jpg

a_DSC_0306_20151120065848016.jpg

お尻の痛みを押し殺して三度ボートに乗り込む。
轟音を立て水しぶきを巻き上げている滝をめざし出発。
まずはエル・サポの滝へ。
ボートで島に渡ったあとしばらくジャングルの中を歩いていく。

a_GOPR5290.jpg

a_GOPR5302.jpg

これがエル・サポの滝。
流れ落ちる滝の裏側に道があり、滝をくぐって中に入ることができる。
豪快に流れ落ちる大量の水。
爆音にかき消され大声を張り上げないと会話ができない。
滝を裏側から眺めるというのはかなり斬新な体験。

a_GOPR5316.jpg

a_GOPR5322.jpg

つづいてアチャの滝へ。
こっちのほうが規模が大きくて迫力満点。
そばにいるだけで水しぶきで全身ずぶ濡れ。

a_GOPR5330.jpg

a_GOPR5331.jpg

滝のカーテンをくぐると、ぽっかりと予想以上に広い空間が滝の裏に広がっている。
流れ落ちる水越しに眺める外の景色はなかなか乙なもの。
水の音で聴覚を失っているのも相まって、世界を裏側からのぞいているような不思議な感覚。

a_GOPR5336.jpg

a_GOPR5342.jpg

a_GOPR5337.jpg

アチャの滝幅はおよそ90m。
降り注ぐ水しぶきに叫び声をあげながら滝の裏側を歩いていく。
これ、予想以上に楽しい!

a_GOPR5343.jpg

a_GOPR5345.jpg

a_GOPR5352.jpg

いちばん奥までたどり着くと、滝を真横から眺めることができる。
滝の表と裏を交互に眺める。
この迫力はイグアスの滝にも負けてはいない。
エンジェル・フォールツアーのおまけにしてはかなり満足度の高いアトラクション。

a_GOPR5355.jpg

a_2214.jpg



本来なら2泊3日のエンジェル・フォールツアーはここで終了。
このあとセスナに乗ってシウダー・ボリーバルに帰るのが通常のスケジュールなんだけど、ケンゾーとイクエは3泊4日のプランにしてもらった。
エンジェル・フォールよりもさらに奥地へと行くカバックツアーのシェア仲間を見つけることができないかなあと期待して1日延ばしてもらったんだけど、はたして・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

ケンゾーさん、イクエさん、毎日楽しみにブログ拝見しております。

滝のカーテン、すごいですね~
お尻のあざを見ると相当覚悟していかないと難しそうですが、世界にはまだまだ見たことのない絶景があって、お二人のブログを見て、一緒に旅をしている気分です。

ってか、一番機になったのは冒頭のオールインクリージブ!!!
ますますベネズエラ行きたくなりました、笑

日本は寒くなってきましたよ~
旅の残りはもう少ないんでしょうか???
お気をつけて旅を満喫してください。

エンジェル・フォールへの長旅お疲れ様です!

こんばんは!エンジェルフォール綺麗ですね!ゴーゴーでもなく、ザーザーでもなく、ただただ美しいです!ご丁寧に動画までアップしてくださってありがとうございました^ ^

ほんとに、お疲れ様です!

素晴らしい映像をありがとうございます!

まるで自分が行ったかのような気分になれました。写真も動画も山盛りでホントにうれしいです!

おしりが痛かったでしょう・・。早く良くなることを祈ってますー(笑)

Re: No title

毎日読んでくださってありがとうございます!
滝のカーテン、写真では迫力が伝わりませんが、暴風や水しぶきがすごかったです。
滑りそうにもなるので、ドキドキしながら歩いていました。

お尻はその後、よくなりました。
でもまたキューバで痛めたんですが。

これからも楽しく安全に旅を続けます。
最後までどうぞお付き合いください。

恵美さま

動画までご覧いただいてありがとうございます!
なかなか動画まで再生してくださる方はいないんですよ。

とても神秘的でいつまでも見ていたい感じでした。
神々しかったです。

べるお さま

映像、見ていただいてありがとうございます!
撮った甲斐がありました。
お尻を痛めた甲斐がありました。

エンジェルフォールには、座布団をもっていかないといけませんね。
非公開コメント