Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

エンジェル・フォールは◯◯との戦い

2015.11.11 06:08|ベネズエラ☞EDIT
へそのゴマを耳かきで取ろうとしたら妻に「汚いけんやめて!」と言われたケンゾーです。
でも、そんなことを言われる理由が分からない。
へそのゴマも耳クソも大差ないと思うんだけど。
むしろゴマとクソだったら、まだゴマのほうがマシだよね。
しょせんどっちも垢なんだから同じやろうもん。

セスナに乗りエンジェル・フォール最寄りの町カナイマまでたどり着いたケンゾーとイクエ。
憧れのエンジェル・フォールはもう目と鼻の先。
なんだけど、肝心のガイドとまだ落ち合えていない。
空港で待ちぼうけをくらうハメになるんじゃないか?
不安になりかけていると1人の青年に声をかけられた。
ジーパンにキャップ姿とかなりラフな格好なんだけど、もしかしてガイド?

a_DSC_9997_20151106150937a05.jpg

さすがにガイドではなかった。
たぶんホテルのスタッフで、ケンゾーとイクエを迎えに行くように言われたみたい。
ホテルは空港から歩いて10分くらいの距離。
ここで無事にガイドと合流。

a_DSC_0002_20151106150902ab2.jpg

リュックに麦わら帽子という「観光客?」と突っ込みたくなる姿の男がガイドのホセ。
陽気で話しやすく印象は悪くない。
言葉を覚えるのが好きみたいで、英語はペラペラ。
日本語にもかなり興味があるみたいで、知っている日本語をフル活用して喋ってくる。
高飛車な感じや性格に難がある感じはぜんぜんしない。
このガイドとならうまくやっていけそう。

a_DSC_0010_20151106150906e4e.jpg

事前に聞いていた話では、今日はホテルでランチを食べたあとカナイマ湖の滝巡りに行く予定だったんだけど、早速スケジュールが変更に。
もう今すぐにエンジェル・フォールに行っちゃうんだって!
いま時刻は11時過ぎ。
はたしてこのスケジュールの変更が吉と出るのか凶と出るのか?
何はともあれ、いよいよエンジェル・フォールへ向けて出発!

ケンゾーとイクエのグループはガイドのホセを入れて総勢13人。
みんなでぞろぞろと歩いてホテルを出発。
歩き出して5分もせずカナイマ湖畔へ。
水中からにょきっと生えた3本のヤシの木がカナイマのランドマーク。

a_DSC_0013_201511061509070ab.jpg

一行がまずめざすのは、水煙を豪快に上げて流れ落ちているウチャマの滝の上部。
カナイマ湖に流れ込んでいるカラオ川をボートでさかのぼってエンジェル・フォールへ。
ボートが待機している船着場までは徒歩。
運が良ければ車に乗って行くこともあるみたい。

a_DSC_0015_201511061509096bf.jpg

a_DSC_0017_20151106150908068.jpg

しばらく歩くとウチャマの滝の上に到着。
轟音を響かせ豪快に流れ落ちる光景に「おおー」っと声が出る。
透き通ってはいるけれど真っ茶色な水が白く泡立ちながら湖へと流れ落ちている。
コーラにしか見えなくて、思わず飲みたくなる。

a_DSC_0018_20151106150928056.jpg

真っ茶な色の原因はタンニン
ジャングルに生い茂る植物からにじみ出るタンニンが川の水に溶け込んでいるんだそう。
ということは、抗酸化作用があって泳ぐと体にいいのかな?

a_DSC_0019_20151106150932236.jpg

ホテルから船着場までは2kmない距離。
少し高低差があるとはいえ、30分もあればたどり着く道のり。
けれど実際に到着したのは1時間後。

なぜかと言うと、同じグループの中に体の大きな年配の男性が2人いたから。
平地をほんの数m歩くだけでハアハア言ってるくらいだから、坂道のある2kmの距離を歩くのは大変。
途中2人を待っていたら1時間かかってしまった。

こればっかりは仕方のないことだけど、この先かなり思いやられる。
ボートに乗ってるだけならいいんだけど、途中で1か所ボートを降りて30分くらい歩かないといけない場所がある。
さらには、今夜の宿泊地からエンジェル・フォールのふもとまではプチトレッキングが待っている。
はたしてこのおじいちゃん達は歩けるんだろうか。

ツアーを終えた人たちは口を揃えてこう言う。
『エンジェル・フォールは時間との勝負』

「日没が迫っていたので滝の下まで行けなかった。」
「歩くペースが遅い人がいたので時間が無くなった」
そう悔しそうに話す人と何人も会ってきた。
ヤバい。
ひょっとしてケンゾーとイクエも悔しいパターン?

まだ出発して1時間だけど、はやくも不安な気持ちを胸に抱えながら船着場に到着。
大丈夫かなあ。
ちゃんとエンジェル・フォールを満喫できるかなあ。
テプイを眺めながら行き場のない不安をぐっと胸の奥に押し込める。

a_DSC_0021_20151106150936226.jpg

a_DSC_0023_201511061509343b7.jpg

まあ成るようにしか成らないよね。
精一杯このツアーを楽しもう。

頼りない小さな木製のボートに乗って、いよいよエンジェル・フォールへ。
でも、秘境はそんなに甘くはなかった・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント