Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この旅はじめてのセスナ 乗り心地は?

2015.11.09 05:36|ベネズエラ☞EDIT
きょう大好きなオリーブを1キロ160円くらいで買えたイクエです。
1キロのオリーブってすごい量でした。
でもあっという間に食べてしまうかも。
食べはじめたら止まらないから。

世界最大の落差を誇るエンジェル・フォール。
あまりの長さゆえに、滝から落ちる水は途中で霧になる。
普通の滝なら勢いよく水が落ちてくるので、その下の大地はえぐりとられて滝壺ができている。
けれどエンジェル・フォールの水は水蒸気のようになってもわもわと大地に届くので滝壺がない。

そんな壮大なエンジェル・フォールをこの目で見たい。
でもエンジェル・フォールがあるのは、秘境。
道なんてないので地上からはいけない。

つまり、空から行くしかないってこと。

そこでまずイクエとケンゾーが向かったのは、空港。
宿までタクシーが迎えに来て、シウダー・ボリーバル空港に午前7時過ぎに到着。

a_DSC_9916.jpg

到着すると、空港でおじさんが待っていてくれた。
このおじさんが、わたしたちがセスナに乗るまではお世話してくれるみたい。
安いツアーなので、最初から最後までひとりのガイドがついてくれるわけではない。
空港ではこのおじさん、そしてカナイマに着いたらまた別のガイドが待っているんだと思う。
ちなみに、ツアーの帰りは空港から自分たちでタクシーをつかまえて宿に戻らないといけない。
コネクションツアーからは、そのタクシー代として今朝現金を受け取った。

おじさんに連れられてチェックインカウンターに行き、チケットをもらう。

空港はとても小さい。
でも、小さいながらもお店やレストランなど普通の空港にある一通りのものは存在している。

ツアー会社もたくさんあったので、空港でツアーを見つけるのがいちばん手っ取り早くてよかったかもしれない。
(これからエンジェル・フォールに行く予定の方は、一度空港に行って各ツアー会社から話を聞くことをおすすめします。)

空港では空港使用税を支払う。
これはツアー代に含まれていないけど、ひとり85ボリバルと全然たいした額じゃない。
だって85ボリバルってたったの17円くらいだから。

おじさんが「ここで待ってなさい」というので、奥のレストランで待つことに。
トイレには「女性」「男性」と漢字で書かれていて、カウンターには寿司ネタを入れておくようなガラスの保冷ケース。
でも中身はからっぽ。
日本料理店だったのに、いまはただのカフェとしてしか機能していないみたい。
残念。

a_DSC_9917.jpg

ここからが長かった。
参加費の高い、しっかりした会社のツアーならそんなことはないんだろうけど、「ロライマツアーは無駄に待たされる」というのは旅人からよく聞く話。
とにかく、ツアー会社はたくさんあるけれど、たくさんありすぎるからか客が分散。
そして最終的にはツアー会社が融通をきかせあって、お互いの客をいっしょにまとめてツアーを催行する。
コネクションツアーで申し込んでいるのはイクエとケンゾーのみ。
でもセスナにふたりだけで乗るわけではない。
ほかのツアー会社の客と同乗する。

セスナは次々にやってくるんだけど、力のあるツアー会社が先に客を乗せる。
コネクションツアーなんて弱小会社なので、わたしたちは後回し。
朝早起きしたかいがない。

飛び立っていくセスナを何機見届けたかなあ。
2時間が経ち、ようやくわたしたちの番に。

a_DSC_9931_20151106054030def.jpg

金はないけど時間はある。
安いツアーだから待たされるのは、ある程度覚悟の上。
きっとこのツアー、これからもこんなふうに待たされることが続くんだろうなあ。

やっと念願のセスナに搭乗。

a_DSC_9934.jpg

セスナにはイクエとケンゾーを含め8人が乗り込んだ。
操縦席以外に、4列。
1列につき、2人が乗る。

前に座っているベネズエラ人の観光客は、セスナの中でポーズを決めて何十枚も自撮り撮影。
たしかにセスナに乗る機会ってほとんどないもんね。
わたしたちも、ペルーでナスカの地上絵をセスナに乗って眺めることはしなかったので、この旅でセスナに乗るのははじめて。

a_DSC_9937.jpg

セスナに乗っている時間は1時間余り。
ナスカの地上絵は30分くらいの飛行で100ドルくらいしちゃう。
それに比べると、往復のセスナ代も入って150ドルと言うこのツアーは安い。

小さいセスナのくせに、普通の旅客機と同じように広くて長い滑走路を走り出す。
なんか贅沢ね。

でも、ゴトゴトゴトゴト。
スピードが出ない。
こんなんで飛べるの?

そう思っていたら、本気を出し始めた。
スーッと速く走りはじめ、そしてフワッ。
機体がもちあがった。

a_DSC_9938.jpg

飛行機よりも窓が大きいので、見晴しがいい。
操縦席のフロントガラスからだって見える。

眼下の飛行場が、どんどん小さくなっていく。
後ろに並ぶ小型機は、おもちゃみたい。

a_DSC_9940_2015110605424696b.jpg

乗り物酔いになりやすい人や、高所恐怖症の人にはセスナは厳しいかもしれない。

わたしもケンゾーも日本で働いていたとき、取材で会社のヘリコプターに乗ることがあった。
セスナはヘリコプターより安定感があり、音もうるさくない。
安心できる。
でも、思ったよりも低空飛行。

シウダー・ボリーバルの住宅街の向こうにはゆったりと流れるオリノコ川。

シウダー・ボリーバルは、地上にいると少し埃っぽいし暑いけど、上から見るとさわやかで過ごしやすそうな場所に思える。

a_DSC_9942.jpg

住宅街には豊かな緑。
上からだと、自然と共存していて「こんなところに住みたいなあ」って思えるんだけどね。
でも道は未舗装で、実際には下にいると砂ぼこりが大量に舞うんだよね。

a_DSC_9945.jpg

セスナは少し高度を上げたとはいえ、普通の飛行機のように雲の上まではいかない。
ずっと大地の様子を眺めることができる。

街を離れ、人工的なものがなにもない大地の上を飛んでいく。
見えるのは、空と雲と草原と森だけ。

ベネズエラの国土は日本のおよそ2.5倍。
国土が狭く人口の多い日本にはこんなふうに何もない場所って、そんなにないんじゃないかな。

a_DSC_9953.jpg

緑の中に、ときどきむき出しの赤茶色の丘のようなものが見える。
そこにトラックの走る道がつながっていて、森の中を切り裂いている。

a_DSC_9956.jpg

人が暮らすにはふさわしくないこの場所には、鉱物などいろんな資源が眠ってるんだって。
このあとカナイマのレストランで、スペイン人のジャーナリストがつくったドキュメンタリーを見た。
マフィアみたいなのが取り仕切っていて、劣悪な環境で労働者たちが働いているらしい。
ベネズエラ政府は何も改善しようとはしないみたい。

飛行機はどんどん奥地へと進んでいく。
エンジェル・フォールが、いかに辺境な場所にあるかを実感。

セスナから見える地上の景色は飽きない。

ジャングル、湿地帯、川、そしてテプイと呼ばれるテーブルマウンテン。
地球って雄大!

セスナの旅はまだまだ続く。
空から見る地上の風景を、あしたもたっぷりお伝えします ♬
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント