Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

プチボートサファリ カピバラリベンジなるか?

2015.10.26 09:31|ベネズエラ☞EDIT
ホースライディングをしてお尻が崩壊寸前のケンゾーです。
正味2時間くらいでたいした距離じゃなかったんだけど、お尻の皮がちょっと剥けたし打ち身で痛くてたまらない。
短パンだったから鞍で太ももの裏も擦れて痛いし、あぶみが当たってスネも負傷。
あまりに痛くて後半は馬上で悶絶してた。
そもそもこの2週間、鉄製の平均台みたいなベンチしかないバスでの移動がつづいて既にボロボロだったmyお尻。
キューバの旅はあと5日間。
お尻、最後まで耐えてくれるかなあ。
あ、くれぐれも痔主じゃないですよ。

ケンゾーとイクエとスウェーデン人青年の3人のツーリスト、それにガイドと食料を載せてボートが出発。
川の両岸は見渡す限りのジャングル。
木々が鬱蒼と茂る景色はボートサファリを楽しんだボリビアのルレナバケとそっくり。

a_DSC_9438.jpg

ルレナバケで残念だったのはカピバラが見られなかったこと。
ナマケモノが見たい!なんて贅沢は言わないからせめてカピバラだけでも見られたらいいんだけど。
左右をキョロキョロ、森に目を凝らしながらマラカイボ湖をめざす。

a_DSC_9441.jpg

a_DSC_9442.jpg

集落を出発して15分。
カピバラどころか猿の1匹にも遭遇せずマラカイボ湖に到着、がっくり。
でも、夕方にもう一度ちゃんとボートサファリをするので、動物はその時に期待しよう。

a_DSC_9444_201510070134192d5.jpg

岸からそう離れていない湖上にコテージが数棟。
大音量の音楽が流れ、かなり騒々しい。
雷ツアーってそんなに人気なのかな?

a_DSC_9447.jpg

コテージでは大勢のベネズエラ人たちが海水浴ならぬ湖水浴を楽しんでいた。
この時期はベネズエラのバケーションシーズンの終盤。
コテージまでボートでやって来て、お酒を飲みながら泳ぐことが人気みたい。

a_DSC_9448.jpg

せっかくなので一応泳いでみたけれど、水は緑色に濁ってきれいではない。
水は生ぬるくて深さは180cmくらい。

a_DSC_9449_2015100701343687c.jpg

泳ぐのをちょっとためらっていた泳ぎが得意じゃないイクエ。
その辺にライフジャケットが転がっていたので「これちょっと使わせてもらったら」とイクエに手渡すと、そばにいた男の子に「それ僕の!」と怒られてしまった。
「ごめん、ごめん!」たしかにイクエにも小ちゃいや。
その様子を見ていたおばちゃんが笑いながら「これ使いなさい」って空のペットボトルを貸してくれた。
1.5ℓのペットボトルが立派な浮き輪に大変身。

a_DSC_9451_20151007013438713.jpg

泳いだあとはふたたびボートに乗ってボートサファリに出発。
朝と夕暮れどきが動物と出会えるチャンスタイム。
どんな動物が見られるかな?

a_DSC_9452.jpg

a_DSC_9473.jpg

鵜やサギなどの鳥はたくさんいるけれど、大型の動物は全然見かけない。
この辺りにはカピパラもほとんどいないんだそう。
残念だけどしかたがないね。
シャキッと背を伸ばしたタカを発見。

a_DSC_9459.jpg

けっこう大きなサルを見つけてテンションが上がる。
尻尾がクルクルッと丸まっていてかわいい。

a_DSC_9489.jpg

と思ったら、顔がブサイク!
尻尾はかわいいのに。

a_DSC_9488.jpg

動物はあまりいなかったけど、トゥカンを見られたのでよかった。
見れば見るほど立派なくちばし!

a_DSC_9479_20151007013501270.jpg

a_DSC_9478.jpg

網で魚を捕っている漁師の姿もちらほら。

ツアーの今夜の食事は何かな?
魚だったらいいなあ。

a_DSC_9470.jpg

黄金色に染まる川面。
あまり動物は期待できないけど、こことよい風を体で受けながらボートに揺られているだけでも気持ちがいい。
ボートサファリはあくまでおまけ。
このツアーのメインは雷だからね。

a_DSC_9492_20151007013526cdb.jpg

ボートサファリは1時間弱、太陽が沈むころに終了。
あれほど賑わっていたコテージも、湖水浴客が全員帰ってしまって静まり返っている。
穏やかな湖。
ほんとにここで雷を見ることはできるんだろうか?
期待と不安を胸に夜が訪れる。

a_DSC_9494.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント