Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界でベネズエラにしかない不思議なツアー

2015.10.24 06:11|ベネズエラ☞EDIT
いま味の素の「AJINOMEN」というインスタントラーメンを食べているケンゾーです。
日本ではまず見かけたことがないラーメンだけど、南米ではかなりメジャー。
スーパーだけじゃなく小さな商店でも売っているほど。
値段は国によって違うけれどだいたい50円くらい。
味は悪くないけど、まあ50円レベル。
地元福岡のご当地インスタントラーメンの「うまかっちゃん」が食べたいなあ。

ケンゾーとイクエが行くつもりのなかったメリダに立ち寄ることにしたのは、旅友のユウくんからお勧めされたから。
気候がよくて過ごしやすいっていうのもあるけど、惹かれたのは「カタトゥンボツアー」
どんなツアーかというと、『を眺める』という思わず「え、なにそれ?」って声を漏らしてしまいそうになる不思議なツアー。

この雷ツアーの舞台はメリダの北にあるマラカイボ湖。
湖とは言っても、北部は海と繋がっているので大きな湾のようなもの。
1918年にこの湖で世界最大級の油田が発見され、以来1世紀に渡ってベネズエラの経済を支え続けている。
このマラカイボ湖の南西、カタトゥンボ川の河口周辺が雷発生エリア。

雷

このエリアでは1分間に18~60回、1時間に最大3600回も稲妻が発生しているというからビックリ。
4月から11月がとくに多いそうなんだけど、ほぼ1年中落ちまくっているんだそう。
「世界で最も稲妻が多い場所」としてギネスにも認定されている。

詳しくはよく分からないけど、アンデス山脈を越えてきた乾燥して冷たい風とカリブ海からやって来る温かく湿った風がこの辺りでぶつかって雷雲が発生。
さらに、マラカイボ湖からメタンガスが放出されていて雷が起きやすくなっているんだそう。

カタトゥンボ川

カタトゥンボツアーは他のツアー会社よりもちょっとだけ安かったヤグルモ ツアーズで申し込むことに。
物価の安いベネズエラはツアーもアクティビティもリーズナブルなんだけど、このカタトゥンボツアーは他のツアーと比べるとすこし割高。
1泊2日4食付きで23000ボリバル(約4600円)。
ボートで川を下って湖まで行くんだけど、ボートのチャーター代が高いんだそう。

わりと年式の新しいオンボロじゃないランクルに乗って出発。
メンバーはケンゾーとイクエ以外にスウェーデン人の青年、以上。
3人だけだけど、ちゃんと英語が喋れるガイドが引率してくれる。

出発してそうそうランチタイム。
メニューはシンプルなローストチキン。
食事は庶民レベル。
過度な期待は禁物かな。

a_DSC_9417.jpg

a_DSC_9418.jpg

ランチを食べたあとはかつてのコーヒーファクトリーへ。

お隣のコロンビアでコーヒーファームを訪れたケンゾーとイクエ。
南米でコーヒーと言えばブラジルやコロンビアが有名だけど、じつはここベネズエラも産地のひとつ。

ここはイタリアから移住してきたファミリーが造り上げたファクトリー。
コーヒー豆を乾燥させる大きな機械の動力は水。
わざわざイギリスから運び込んだんだそう。

a_DSC_9424.jpg

a_DSC_9423.jpg

とはいえ、このファクトリーは現役ではなく、いまは博物館となっている。
というのも1900年代中頃まではコロンビアと並ぶほどの生産量を誇っていたそうだけど、石油が輸出の大半を占めるようになるにつれコーヒーの生産が激減。
政府もコーヒー栽培に力を入れなくなったし、コーヒー農園で働いている人たちも転職してしまった。
コーヒー栽培を辞めたものの、仕事が見つからずに貧しくなってしまった人も多いんだとか。

生産量が減り、今の生産量は年間6万トンほど。

施設内には喫茶コーナーもある。
アンティークの食器や古民具が天井からごちゃごちゃとぶら下がってなかなかいい味を醸し出している。

a_DSC_9425.jpg

a_DSC_9428.jpg

a_DSC_9427.jpg

エスプレッソを注文。
ボロボロのホーローのカップで出てきた。
この辺りで採れるコーヒー豆を期待してたんだけど、どうも違うみたい。
生産量も少なく、なかなか手に入らないのかな。
一部のメリダ産のコーヒーはアメリカのコーヒー専門店で人気があるほど質がいいんだそう。

a_DSC_9431.jpg

あまり好きな味じゃなかった。
ベネズエラのコーヒーは酸味が少なくてまろやかな味が特徴らしいんだけどね。
でも1杯30ボリ(約6円)で、この雰囲気のなか味わえたので満足。

コーヒーファームから車に揺られること2時間、川のほとりにある小さな集落に到着。
カタトゥンボ川の支流のひとつで、ここからボートに乗ってマラカイボ湖まで移動。
短い距離だけど、ベネズエラ版のボートサファリを楽しめるんだそう。

a_DSC_9437.jpg

これでいろんな動物を見ることができたらかなり満足度の高いツアーになる。
ワクワクしながらプチボートサファリに出発!
はたしてどんな動物と遭遇したのか。
つづきはまた次回・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント