Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

物だけじゃない 衝撃プライスのベネズエラ

2015.10.20 06:16|ベネズエラ☞EDIT
妻の毛の処理をしてあげたケンゾーです。
イクエの体毛は濃いほうではないんだけど、なぜか膝小僧の部分だけ長くて濃い毛が生えている。
前から気になっていたのでハサミでちょきちょき切ってあげた。
永久脱毛している人の割合ってどのくらいなんだろうね。

ベネズエラのメリダで旅に出て3年目の節目を迎えたケンゾーとイクエ。
この3年間物欲をシャットアウトして土産らしいものは一切買ってこなかった。
でも、旅もそろそろ終盤。
3年間心配をかけてきた家族や友人たちのためにぼちぼちお土産を買いはじめないといけない、でも持ち歩くのは大変だからどうしようかなあって悩んでいたんだけど、メリダを教えてくれた旅友のユウくんからまたまた素晴らしい情報をゲット。
物価が激安なベネズエラでは郵便代も激安なんだって。
1kg当たり何十円レベルで日本に送れるらしい。
どんだけ驚かしてくれるんだ、ベネズエラ。

はたして無事に日本に届くのか一抹の不安はあるけれど、送料の安さにはかなわない。
ここメリダでお土産を買って、不要になった荷物と一緒に日本に送ることに。
そうと決めたらまずは肝心のお土産を物色!

はりきって土産物屋を見て回るも、すぐに意気消沈するふたり。
土産物のレベルが低すぎる。
なんでこんなにダサいものしかないのか理解に苦しむ。
ホテルの前の通りに並んでいる土産物屋は全滅。

ベネズエラには外国人が好みそうなお土産がない。
ユウくんも、メリダで出会ったドイツ人も郵便代が安いのでポストカードを書いて自国に送りたがっている。
でも、肝心のポストカードが売ってないんだそう。
現地のツアー会社のスタッフに「メリダの写真が載ったポストカードはどこで売ってるの?」と聞いたら、大笑いされた。
「そんなの売ってるわけないよ。だってベネズエラ人にはベネズエラのポストカードは必要ないから!」。
(この彼女にはべつのことでも大笑いされた。「ベネズエラで財布売ってる?」って聞いたら「財布なんて役に立たないよ。だってお札が入りきらないから!」彼女は化粧ポーチを財布代わりに使っていた。)

外国人を想定したお土産が売っていないメリダ。
溜め息まじりにホテル周辺を物色。
そしたらホテルの裏側、ロープウェイ乗り場があるラス・エロイナス公園の前にわりとセンスのいい雑貨屋が集まっていた。
ひとつひとつの店は小さいけれどすべてハンドメイドの雑貨を置いている。

a_DSC_9705.jpg

ここでピアスやネックレスなどアクセサリーをゲット。
とにかく安いから懐具合を気にすることなく買えるのがいい。
いくらくらいか気になる?
そりゃ気になるよねえ。
でもここで書いちゃったら人にあげる時に「あ~、あの安いやつね」って思われちゃうからなあ。
でもそもそもケンゾーとイクエには土産物なんて期待されてないと思うから、まあいっか。

たとえば、かわいいガラス製のピアスが60ボリバル(約12円)!
天然の石を使ったネックレスなども150円くらい。
ね、衝撃プライスでしょ。

a_DSC_9707.jpg

a_DSC_9706.jpg

あまりの安さにいままで眠っていたショッピング欲がふつふつと湧いてきたふたり。
つづいてメルカド(市場)を物色することに。
所狭しと商品は並んでいるけれど、ここにもロクなものがない。
この手前の三つ編みの人形とかどう思う?
あり得なくない?

a_DSC_9653_2015100700510763d.jpg

a_DSC_9654.jpg

かろうじてお土産として耐えられそうなものはコーヒー。
ベネズエラ産のコーヒーはあまり聞かないけど、コーヒー好きとして気になるので購入。
340g入りが850ボリバル(約170円)、250gが450ボリバル(約90円)。

ひとつくらい自分たちのためにと、ずっと気になっていたハンモックを買うことに。
ここでも残念だったのは、デザインがイマイチなこと。
エクアドルやペルーではもっとかわいい柄のハンモックを見かけていたのでちょっとショック。
でも、なんたって安いからね。
マテリモニアルという幅の広いサイズが6500ボリバル(約1300円)。

a_DSC_9715.jpg

a_DSC_9717.jpg

全体的にダサいものが多いなかで、素朴でいい味を出している素焼きの焼き物を発見。
大きなものは花瓶やお玉などの調理器具入れとしても使えそう。
小さなものは徳利としてもいいんじゃない?

a_DSC_9720.jpg

a_DSC_9723.jpg

でもねえ、割れるよね。
いくら保護しても、たぶん割れるよね。
でもなあ、ひょっとしたら無事、なんてことはないかな?
ふたりで「割れるよねえ」「たぶんね」「だよね」「1個くらいは耐えてくれるかも」なんて悩んだ末にお買い上げ。
だって安いもん。
大きなものでも50円しないからね。
小さなもので10円ちょっと。
割れなかったらラッキーということで。

a_DSC_9719.jpg

そして、メルカドの最上階で奇跡的な店を発見。
この店だけクオリティがずば抜けている。
ていうか他が酷すぎるんだけど。

a_DSC_9659.jpg

木製の小物入れや器などのセンスもいい。
アクセサリーも数千円で売っていてもおかしくないようなクオリティ。
もちろん値段は衝撃プライス。

a_DSC_9656.jpg

a_DSC_9657.jpg

アクセサリー、木箱、木製スプーン、カバン、ハンモック、焼き物にコーヒーとしめて8000円分のお土産を購入。
はあ、買物なんて慣れてないから疲れた。

a_DSC_9699_201510070051329ed.jpg

a_DSC_9696.jpg

手頃な大きさの段ボールを30ボリバル(約6円)で譲ってもらって部屋で梱包。
焼き物を服でぐるぐる巻きにするなど最善は尽くしたけど、大丈夫かなあ。
中身をチェックされるので箱を閉じないで郵便局へ持ち込む。

a_DSC_9734.jpg

郵便局はボリバール広場近くの白い建物。
スタッフのおばちゃんがひとつひとつ指示してくれるので言われるままに伝票に必要事項を記入していく。
あとパスポートのコピーが2枚必要。

a_DSC_9741.jpg

a_DSC_9738.jpg

ショッキングなことにコーヒーは郵送NGだった。
生ものはダメだということは聞いてたんだけど、コーヒー豆もNG。
イクエが入れた化粧品もダメ。
別の日本人は石けんを断られてた。
たぶん薬物などを内側に隠せる可能性があるものはダメなんだと思う。

あと不思議なのは、郵便局の前にある文房具屋で白い紙とガムテープを買ってくるように言われたこと。
国内便はそのままでもいいみたいだけど、国際便は段ボールを白い紙ですっぽり覆ってしまわないといけないみたい。
中身と段ボールに書かれた商品の文字が違うと、まぎらわしいためか。
それとも荷物を荒らされるのを防止するため?

a_DSC_9740.jpg

およそ1時間ちょっとで手続きは終了。
社会主義の国だからお役所仕事で面倒なんだろうなと思ってたんだけど、素晴らしくスムーズ。
おばちゃんも親切だし、ベネズエラ人は好印象。

気になる送料は?
日本まで10kgの荷物を送ってなんと677ボリバル約135円!
やっすううう!
これ、ちゃんと追跡機能が付いてるEMSだよ!

ちなみに、発送からちょうど1か月経ってるんだけどまだ届いてはない。
不安もあるけどEMSだからね、大丈夫でしょう。
これでちゃんと届いたらベネズエラ凄くない?
10kgで135円だよ。
そのうち、ベネズエラから荷物を送ることが長期旅行者の間で定番になるかも。

あと問題は、送れなかったコーヒーをどうするか。
せっかく要らない荷物を送って軽くしたのに、1.5kgのコーヒーを持ち歩かないといけなくなった。
毎日10杯くらい飲むしかないな。

a_DSC_9767.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

いやー、ベネズエラ、スゴイネ~🌟凄すぎる‼一回は行ってみたいね🎵

ただすけへ

まだまだベネズエラの凄さはこんなもんじゃないよ。笑
こんなおいしい思いができるのも今だけかもね。行くなら今!

その後の荷物は。。

はじめまして、いつもブログ読ましてもらってます(^-^)
私もただいまメリダにいて、お二人のように荷物を送ろうと思っているのですが、ちゃんと日本に届きましたか??安すぎてちょっと不安で。。

かおり さま

無事に届きましたよ。
何も壊れていないし盗られていませんでした。
ただし、届いたのは半年後ですが。

わたしたちの友人も半年後に届いたと言っていました。
でもわたしたちは「なくなってもいいや」という思いで、送りました。
無事に届いたことにびっくりしたほどです。

ご不安ならベネズエラから送ることはお勧めしません。
運悪く、届かない時もあると思います。
たしかに郵送料は安いですが、送ってから届くまでずっと不安な気持ちを抱えておかないといけないことになります。
ちなみにキューバでも激安で送れるようですよ。
非公開コメント