Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一周決断から実行まで 世界が呼んでいる?

2015.10.15 06:18|世界一周裏話☞EDIT
飛行機の中でこの記事を書いているイクエです。
コロンビアからパナマへ。
そのあとキューバ行きに乗り換えて夜にはハバナに着く予定。
短い距離だけど機内食やアルコールは出てくるのかなあ。

「世界一周してくる」。
突然妻に宣告されたケンゾー。
こう答えるしかなかった。
「・・・俺も行く。」

それまで夫婦で世界一周なんて考えたこともなかったイクエとケンゾー。
インターネットで「世界一周」というキーワードで検索して驚いた。
世の中にはこんなにいっぱい、世界一周している人たちがいるんだ。
しかも夫婦で世界一周している人たちは多い。
世界一周が身近で現実的なものとなった。

わたしの会社の人事異動は7月なので、できるだけ会社に迷惑をかけないようにその時期に合わせてふたりで退職することにした。

退職願を出すのは2、3か月前がいいようだから、4月か5月かなあ。
そう思って予定を立てた。

わたしたちは同じ現場で働き、出会い、結婚した。
とはいえ、ふたりは違う会社に勤務していた。
イクエはテレビ局員、カメラマンのケンゾーは技術プロダクション勤務。
同時期にそれぞれ退職願を出した。

結果、ケンゾー退職。
イクエ、辞められず。
だって退職するの、めちゃくちゃ大変だったんだもん。

上司と話し、部長や局長と面談し、人事に伝え。
わたしの退職願をなかなか受け入れてくれなかった。
何回も面談がもうけられ、何時間も話し合いをして「辞める必要はない 続けよう」と説得され、わたしはとても疲れた。
就職するのも大変なら退職するのも大変。
退職か続行か。
お互い譲らず。

そして上司に言われた。
「わかった。 
 あと1年間だけ。
 もう1年だけがんばってくれ。」
わたしは渋々了承した。

ケンゾーには、妻が突然世界一周を切り出し、それに合わせて仕事を辞めたのに、言い出した妻が退職しなかったというオチがふりかかった。
ケンゾー、ごめんよ・・・。

会社としては1年間でわたしの気持ちが変わるかもしれないと思ってのことだったけど、わたしの気持ちは変わることはなかった。

この間、ケンゾーはフリーランスとして撮影の仕事をもらい、働いていた。

あいかわらず仕事はとってもきつかったし、毎日プレッシャーに押しつぶされそうだったけど、もうすぐ旅に出ることができると思うと、なんとかがんばって働くことができた。

2011年が始まり、暖かくなり始めたころ。
あと1か月したら辞表を出そうと思っていたとき。
衝撃的で大きなできごとが起きた。

東日本大震災。

わたしたちが住んでいた福岡はまったく揺れなかったし、親族が東北にいるわけでもない。
でも、深いショックを受けた。

心を占めるものは世界一周のことなんかよりも震災のこと。
フリーランスだったケンゾーは、時間を自由に使えたためボランティアをすることに。
すぐに福島に向かった。

私はと言えば、被災地のテレビ局に応援という形で1週間単位で派遣され取材した。
現地のテレビ局で働く人たちも家がなくなってしまったり、家族を失った被災者だったけど、それを表に出すことなく休む暇なく働いていた。
わたしは何度か応援に行き、そしてディレクターとして震災のドキュメンタリーを制作することにし、その取材でも被災地に行っていた。
このときほど、報道の重みや役目、記者としての役割を感じたことはなかった。

自然と世界一周の計画は後回しになり、ケンゾーは福島から岩手の陸前高田に移動しそのまま1年間ボランティアをした。

そして震災から1年半が経過。
わたしたちは世界一周を実行することにした。

会社を辞めるときは申し訳ない気持ちだった。
震災から1年以上経ったとは言え、まだまだ問題は山積で、取材した人たちの悲しみはそのまま。
それなのに自分だけがそこから抜け出していいのか。
震災のほかにも、取材していた社会問題は解決しないままなのに、取材の継続を放棄してもいいものか。
同僚たちががんばっているのに、自分だけ抜け出し、のんきに旅行に行くことへの後ろめたさもあった。

世界一周旅行者のなかには、「夢だった世界一周に行ってきます!」と目を輝かせて周囲に語り、大々的に壮行会を開いてもらったり、日の丸やTシャツに寄せ書きしたものをプレゼントされ、空港でたくさんの友人や知人に見送られて出発、という人もけっこういる。
でも、わたしたちはそんな感じではまったくなかった。

職場の人に「辞めてからどうするの?」と聞かれると「未定です。とりあえず旅行にでも・・・。」と答えを濁していた。

働きもせず世界一周なんて何の自慢にもならない。
まさにフェードアウトするように、わたしたちは日本から出ることになったのだった。

出発のときは、もちろん大々的な壮行会も見送りもない。
伯父たちとご飯を食べ、駅まで母が車で送ってくれて、そこからふたりだけで列車を乗り継ぎ、山口県下関のフェリーターミナルへ。
そしてひっそりと船で日本を出国した。

「世界一周が夢」だったわけでもない。
世界を見て視野を広げて成長したい、という野望もない。
旅することが偉いこととは思わないし、時間と少しの貯金とチャンスがあれば誰でもできる。
日本で働いたり、大切な人を守っていくことのほうがはるかに大変だし、すばらしいし、自己成長できる。
わたしたちはそれを放棄して、きままな旅をしている。

キラキラした思いとか、「旅って最高!」という熱い思いから始めたわけではないわたしたちの旅。
そんなふたりの旅ブログを、多くの人たちに読んでいただいているということ、参加しているブログランキングで上位になることは、予想していなかったことで驚いている。
とてもありがたいことです。

旅をすることは自慢にならないし、旅人はすごくもなんともない。
そんな思いをもって書いているので、日本でがんばっている人たちや旅行者でない人たちにとって、わたしたちの文章がすんなりと入り、共感していただけているのかも。

それに、いろんなものを放棄し、犠牲にして旅をしているからこそ、どうせ旅をするなら中身の濃い旅にしたいなと思っている。
「たくさんの国を制覇したい」「有名な観光地をできるだけ多くまわりたい」という野望はまったくない。
「いい出会いに恵まれたらいいなあ」「その国や文化を深く知りたいなあ」「ありのままの現地の人たちの暮らしを見たいなあ」という思いはあるけど。

生活や環境を変えるために突然決めた世界一周。
でも、古くからの友人は意外にもこの選択に驚かなかった。
「やっぱりね」「イクエらしいね」「そのうち行くんじゃないかと思っていた」。

この前ベネズエラで出会った現地の人に言われた。
「理由はよくわからないけど、この国に行きたい、あの国に興味がある、行ってみたい。
 そういうときは、その国があなたを呼んでいるんです。」

都合のいい解釈かもしれない。
でも、いろんな国にわたしたちは呼ばれていたのかな、世界に呼ばれていたのかな、そう納得するのも悪くない。

いまは満たされた日々を送っている。
家も仕事もないし、帰国してからどうやって稼げばいいかわからないし、リスクはいっぱい。
でも、この道を選んだことを決して後悔はしない自信がある。

残り数か月。
この贅沢な日々をふたりでかみしめていこうと思う。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

私はテレビ番組よりも楽しみですよ。

こんにちは。3回目のコメントです。東京におりますが福岡出身のkaokaoです。
そんな思いで旅をしていらしたんですね。
でも、十分に報道記者さんのように世界中のことを私たちに教えてくださっていると思います。
知らなかったことだらけです。
環境問題や、人権問題、貧困問題、戦争、、、、いろいろとお二人のブログから
考えることも多いです。どんなテレビ番組や本よりもリアルに伝わってきますよ。
文章もとっても分かりやすく、引き込まれます。
そしてもちろん綺麗な景色には癒されますし、いつか行ってみたいなと夢も膨らみます。
とても重要な役割をされているように思います。
もはや「夫婦の旅」を超えていると思っていてよい、と私は思うのです。
お二人の旅が多く人の役に立っていると私は思っています。
旅ももう終わりが近づいていますよね、最後までお体に気をつけてくださいね。応援しています。

素敵な言葉だなぁと思いながら今日のブログ読みました(^^) 日本で一生懸命働くことが偉いわけでもないし、キラキラしながら世界一周をすることが素晴らしいことなわけでもなく、目の前の瞬間を、真摯に、誠実に、向き合いながら生きてることが素敵なのかもしれませんね。人に押し付けないイクエさんの素直な文章から、人柄がにじみでてます。

No title

今の日本は生活するのに必死になりすぎて、自分の生活をゆっくり楽しむことが出来なくなっているのかもしれませんね。
仕事が見つからなかったり、休みが取れなかったり、想像もしていなかった自然災害で突然生活が一変したり…
あっという間に、今まで普通だったことが出来なくなってしまうことが現実にはあるようです。
幸い、自分の住んでいる地域ではそんなことがないだけで…
だからこそ、今できることは今やっておかなければならない気がします。
そんなことを今日のブログを見て感じました。
リスタートが出来る日本になってほしいですね。
たまにはドロップアウトして自分の人生とかこれからのこととかゆっくり考える時間が欲しいです。
世界一周に行くことも、ご夫婦で旅ができることも、そして世界の現状を包み隠さず伝えることも素晴らしいことですし、それができるのは運命だったと思いますよ。
日本で一生懸命頑張って働いても、この先幸せに過ごせるかはわかりません。
残りの旅もいっぱい飲んで楽しんでください。

ありがとうございます

こんにちは。
始めてコメントします。

私はこのブログに出会って、私自身が息抜きの時間をもらっているような気がしました。
まるで、自分が旅行をしているような目線で旅が進んでいく。

日々の事に追われて、なかなか旅行へ行く時間がとれませんが、私も世界一周をしている気分になれるんです。
いろんな物を見て、聞いて、感じることできます。
だから、ありがとうございます。

No title

こんばんわ

おかげさまで楽しい経験をさせて頂いてます。
テレビの旅行番組よりも色々な事が知れて面白いと思っています。

観光地を宣伝する必要がないからこそ本当の姿が知れるといいますか
僕にとってはとても楽しいブログです。

イクエさんとケンゾーさんのブログの読者になって1年半?くらい経ちます。
いつも更新を楽しみにしています。

世界一周がしたい!と思って読み始めたお二人のブログ。
現地の方々との関わりを大切にされるスタイルがとても素敵だなと思いました。
そしてアフリカでの協力隊を訪ねる記事がとても興味深く、考えさせられることも多く、私の世界一周の夢はいつの間にか私も協力隊になって誰かの役に立ちたいに変わっていきました。
そしてその目標も叶えることができました。
お二人のブログを通して、一緒に世界を旅させていただく中で、自分の道を見つけることができたと思っています。ありがとうございます!
どうか残りの旅も安全で充実したものになりますよう日本から願っています。

No title

こんにちは。
初めてコメントします。
私たち夫婦も世界一周を終え、お二人より一足早く福岡に帰ってきました。
旅に出た理由に、ウンウン、わかるわかる。とうなずきながら読んでしまい
コメントしてしまいました。
残り短い期間のようですが、どうぞ無事に帰国してくださいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

いつも楽しみに…

旅にでた理由、そうだったのですね。私はお二人のブログに出会った2年前より仕事のストレスで精神的にイッパイだったり時間なかったりしますが、でもお二人のブログを拝見するのは欠かせない日課になってます。これがなくなる日か来ると思うと(u_u)2ヶ月前に釜石のはまゆりトライアスロン出てきました。三陸の海岸線沿いはまだまだ、ランダムに土地をかさ上げして、どんな地域を作ろうとしてるのか想像できません。でもゆっくりですが前に進んでると思いたい。帰国後ぜひ東北へお越しの際はご連絡ください‼︎

何回めのコメントかしら?
名前をなんて記入したか忘れてしまいいつもバラバラかも。
いくえさんたちのブログを読んでる間に妊娠出産、そして息子はもうすぐ2歳。
いくえさんとケンゾーさんのブログが世界一周が終わることをこの間、家族に相談しました。私は彼らのブログを読んで旅に出たい自分をなんとかなんとかやり過ごしてきました。終わってしまったら私はどうしたらいいのかしら…、今度は私が旅に出るしかないのかしら?と言ったら、中二の娘に
ママには世界一周は無理だよ。虫嫌いじゃん。まず自分をよく知りなよ。
と、諭されました。笑
本当にね、勘違いしてしまうくらい、
私も一緒に旅をさせてもらっている気分でしたし、本当に感謝いっぱい。
お二人の大ファンです。
勝手に知り合いの気分。←怖いですね。
私の世界一周もそろそろ終わり←だから行ってないってば!

本当にせつない気分いっぱいで更新を楽しみにして、大事に読ませていただいてます!
無事に帰ってきてくださいねー!
東京にお越しの際はなんかご馳走くらいしちゃいますよー!←迷惑ですね笑

KaoKaoさま

お褒めのコメント、ありがとうございます。
そういっていただけるのは、なんだか恐縮します。
自分たちの旅の記録のため、家族に自分たちの旅の状況を伝えるために始めたブログが、こんなにたくさんの人に読んでいただけることになるなんて思ってもみませんでした。
読んでいただいたり、応援していただけるので、自分たちの旅に正当性を見いだすことができるのも事実です。
それがなければ「自分たちはなにやってるんだろうな」って、後ろ向きになって旅をやめていたかもしれません。
とてもありがたいことです。
これからもわたしたちとともに、世界を見ていただければとても励みになりますし、嬉しいです。

ぎんちゃん さま

そうなんですよ。
よく「旅に出たら成長する」とか「旅で貴重な体験をする」って言う人もいるけど、それは日本にいても変わらなくて,日本にいてもいろんな経験ができて成長できるし、いい出会いに恵まれてかけがえのない時間を送ることだってできる。
自分次第ですよね。
こころに余裕がある生活ができたらいいなあと思います。

ケイコさま

日本はとても快適だし便利な国だけど、いろんなものに追われて息苦しいときが多いですよね。
おっしゃるとおり、自然災害も多い国なので、いつなにがおきるかわかりません。
自分にとって何がいちばんいい選択なのか、どうしたら幸せに生きていけるのか、それを考える余裕すらない。
日本という国は好きだけど、そういう部分は改善されなければならないんじゃないかと思います。

いま夫婦で世界一周できているという幸せを享受し、残りの旅を充実させたいです。
そして帰国して日本で幸せに生きていく術を、身につけられたらなあと思っています。
これからも、わたしたちの旅におつきあいください。

miyazyyさま

コメントありがとうございます。
このわたしたちの趣味のブログが、miyazyyさまの日々の楽しみのためのお役にたっているなんて、とても嬉しいです。
これからもぜひわたしたちといっしょに世界一周をしましょう。

「ありがとうございます」なんて言われるのは恐れ多いです。
こちらこそ、いつも読んでくださってありがとうございます!

荒川さま

こんにちは!
楽しんでいただけて幸いです。
テレビでは伝えられないことや、本音を語れるのが個人ブログの良さかもしれません。
書く方も気兼ねせずにその日の気分で自由に好きなことを書けるから楽しいです。
これからもいっしょに世界を見ていただければ嬉しいです。

ひつじさま

わたしたちのブログで、夢を見つけたとは!
大きなことをしてしまいました。
協力隊、とてもいいと思います。
出会う旅人とも、協力隊のことについて話す機会も多いです。
旅行もいいけど、ひとつの場所に腰をおろしてしっかりと現地の人と交流する素晴らしさもあると思うんです。
それで見えてくることも多いと思いますし。

残りの旅もどうかおつきあいください。
そして、ひつじさんのこれからの人生がとても楽しくて充実したものになりますように。

ひでちゃんさま

はじめまして。
夫婦の世界一周って、やっぱり旅立つまで勇気がいるし、ちょっと難しいですよね。
でもいっしょに旅に出て夫婦の思い出が増えるっていいことですよね。
福岡に帰ったら、ぜひいっしょに食事でもしましょう!

takoさま

いつもコメントありがとうございます。
そうですね、培われた感性と思って、自分たちの軸を見失わずに幸せを見つけていこうと思います。

Takakoさま

ブログを読むのを日課にしていただいて、光栄です。
トライアスロンに参加されたんですね。
きっといろんな感情が生まれ、いろんな風景が見えたことだと思います。
東北のこと、日本を離れていてもとても気になります。
ゆっくりかもしれませんがみなさんの力で前に進んでいるはずです。
帰国したら必ず東北に行くので、そのときはお会いしましょう。

No title

あっ、いいですねー。
リンク貼っときますので、
帰国していろいろ落ち着いた頃にでもメールください。
ではでは。

あさがお さま

「あさがお」さんのこの名前は覚えていますよ。
妊娠、出産、そして息子さん2歳なんて、わたしたちの世界一周よりもとても大きなことじゃないですか!
その期間、わたしたちは何をふらついているんだと逆に思いますよ。
出産、子育て、わたしたちの次の夢です。

ご家族に旅の衝動をご相談されたなんて驚きです。
そんなにこのブログにはまっていただいて、ものすごく嬉しいです。
そして、立派な娘さんをお持ちですね!
すごくしっかりしてらっしゃる。
そのうち、娘さんが「一人旅したい」なんて言い出すかも?

旅はお子さんたちが大きくなられてからでもいいと思います。
旅にはいろんなスタイルがあってどれもそれぞれ楽しいですから。

東京に遊びにいったときは、ぜひごちそうしてください♡
お会いできるのを楽しみにしていますよ。

ひでちゃんさま

ありがとうございます。
これからもよろしくお願いします。
お互いにいい旅にしましょう。
非公開コメント