Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

どうして旅に出たのか ふたりの世界一周のきっかけ

2015.10.14 06:21|世界一周裏話☞EDIT
中華料理にあたって、夫とともにお腹をこわしたイクエです。
食べてたときはおいしくて幸せだったんだけど、どうやら油が良くなかったみたい。
何度も再利用された油だったんじゃないかな。

きょうはいつもの旅日記ではなく、わたしたちが世界一周を始めるきっかけについて話そうと思います。
リアルタイムではいまキューバにいるはず。
なかなかインターネットが使えなさそうなので、記事をひとつでもふたつでも書き溜めておこうと思って。

旅行中出会う人によく聞かれる質問。
「どうして旅行をしようと思ったんですか?」
「いつごろから世界一周が夢だったんですか?」

このブログでふたりが旅行を思い立った経緯はちらっと書いたことがある。
でもよく聞かれる質問なので、きょうは改めてお伝えしようと思います。

「世界一周はいつごろから夢だったのか?」

その答えは質問してくれた人の答えを裏切るもの。

「別に夢だったわけじゃない。
 ただたんに現実逃避したかっただけ。」

そのときのわたしは身も心も疲れていた。
報道記者としての仕事はとてもやりがいがあったし、自分に向いているとも思っていたし、それ以外の仕事をすることは考えられなかった。
でもものすごーく大変だった。
朝食も昼食も食べられず、夜10時をすぎてようやく食事ができるという日が、週に何日あったかな。
一日の就労時間が30時間を越える日も月に1、2回はあった。
もちろん休日なんてあってないようなもの。
休日や夜間の呼び出しはあたり前。
いつでも呼び出されたら出勤できる態勢でないといけなくて、休日でも市外に行くときは事前に上司や同僚に報告する必要があった。

休みの日に映画館に行って思うこと。
途中で呼び出しを受けずに最後まで映画を観られるかな?

特別な日にケンゾーとちょっとおしゃれなレストランに行ってコース料理を注文して思うこと。
ちゃんとデザートまでいきつくかな?

入社してから24時間ずーっと縛られている感じだった。
そんな状態で結婚できたのは、ケンゾーが同業者だったからだと思う。
デートをすっぽかしても仕事を優先させても、ケンゾーはあたり前のように理解してくれた。
いつも何かに追い立てられているような状態だったけど、わたしたちの結婚生活はうまくいった。

朝から溜め息ばかり、出勤のとき足がすごく重い。
それでも会社を辞めなかったのはなんだかんだ言って記者としての仕事を愛していたからだと思う。
仕事を辞めたいけど辞めたくないという葛藤。

わたしの会社はテレビ局だったので記者以外の職種もたくさんあった。
制作、スポーツ、営業、総務、事業・・・。
ほかの部署に異動することもできたけど、きっと異動したらしたで「あー、やっぱり記者がよかったなあ」なんて思いながら中途半端に働くことになるんだろうなと思っていた。
記者をやめるという選択をするなら、退社するという決断を下そうと思っていた。
でも、会社を辞めたところでつぎにやるべきことが思いつかない。
ほかの仕事に就いたら、ニュースや報道番組を目にするたびに記者を辞めたことを後悔するんじゃないか。
そんな怖さがあった。

違う業種で再就職したり、資格を取るとか、学問の道に進むとか、次のステップがあれば自分を納得させて仕事を辞めることができるのに。

「いまのままでいいのかな」「自分自身が破綻しないかな」。
そんな悶々とした思いを抱えてなんとか毎日を生き抜いていた。

そんなとき、会社でイヤなことがあった。
社会人なら誰もが経験あることだと思うけど、納得のいかないことで上司と揉めてやり場のない悔しさを抱えた。

「あ〜、なんなの!?
 きょうは飲まないとやってられない!」


ケンゾーにメールした。
「仕事でイヤなことがあった。
 きょうはどっか外でごはん食べよう。
 7時半にジュンク堂で落ち合おう。」


イライラを抱えたまま福岡市の繁華街の書店に向かった。
ケンゾーを待っている間、本棚の前をうろうろする。

気づくと旅行のガイドブックコーナーの前にいた。
そのときケンゾーがやってきた。

「おまたせー。
 なに食べよっか。」

「うーん。」

私の目はガイドブックコーナーの本棚に並べられた本のタイトルを追っていた。

『世界一周』

あ!
これだ!!

日本を離れればテレビやニュースを見なくてすむ。
すべてリセットできる。
きっといまとは違う楽しくて新鮮な毎日を送れる。
海外に行けば無職の後ろめたさみたいなものを感じずにすむんじゃないか。

この辛い毎日から抜け出したいのに大好きな記者職を辞めたあとの自分が想像できなくて、後悔しそうで踏ん切りがつかないでいた。
でも、世界一周なんて、記者を辞めたことを後悔しないくらいおもしろそうだ。

自分に言い聞かせるように、またケンゾーに伝えるようにつぶやいた。

「わたし、仕事辞めて世界一周する。」
「えっ!? どのくらい?」
「さあ〜、半年か1年か2年か・・・。」
「オレは!?」
「うーん、留守番?」
「え?」

世界一周という大それたことの決断は、こんなふうに突然あっさりとくだしたのだった。

つづく
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

多分 あなた方は 相当のスキルと精神力をお持ちの方とお見受けいたします、日本に帰っても何の心配もないと おもいますね~

「現実逃避」というお答えは、実際は質問した人の予想をあまり裏切らないような気がします。内心「ああ、そういう理由の人もいっぱいいるでしょうね」「現実逃避&世界を色々見て回りたいですね」と。

そこで大変僭越ながら、ブログを読んだ人の多くが感じるかもしれない質問をさせてください。
「あ〜やっぱり記者やめなきゃよかったなあ」←←エッ、記者の仕事って制作とかよりそんなにエエの? それとも裏方の仕事がえらくつまらんとか? 30代、40代で次第に現場から外れていくんなら、今から職種変えても同じでは? 転職してそこで記者やるんじゃダメなの? 何か目指していた目標、ゴールがあったから、記者の仕事やめたくなかったんですか?
(失礼しました)

No title

何かを得るには、何かを捨てなければならない。

No title

現実逃避というより、やりたい事を選んだだけではないですか?
僕は仕事より世界一周の方が大変そうに感じます。
自分が心からやりたくなければできませんよ!!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

現在は都内在住ですが福岡市出身の私としては福岡市の繁華街のジュンク堂はとても思い入れがあります。浪人生活中に足しげく通っていました。まさかあのジュンク堂でそんな大きな決断を下されていたとは.....そしてブログを拝見していると、真摯に毎日を生きておられてとても素敵だと思います。これからも健康と安全に気を付けてよい旅を!

No title

現在は都内在住ですが福岡市出身の私としては福岡市の繁華街のジュンク堂はとても思い入れがあります。浪人生活中に足しげく通っていました。まさかあのジュンク堂でそんな大きな決断を下されていたとは.....そしてブログを拝見していると、真摯に毎日を生きておられてとても素敵だと思います。これからも健康と安全に気を付けてよい旅を!

こうして

ブログの更新を楽しみにしている人がたくさんいるので、記者は天職なんでしょうね。素敵です。続き楽しみにしております!

やっぱりΣd(゚∀゚d)ォゥィェ!!

やはり記者さんでしたか!
文章の巧さがただ者ではないと思ってたんです!
初めてコメントした「アウシュビッツ」の記事。目を背けたくなる事実に真摯な姿勢で書かれた文章に心動かされたのを思い出します。

「ワイナポトシ」も凄かった…。
今年珍しく24時間テレビのマラソン見たんです(最後の方だけですが)。
たまたまTVつけたらランナーのDAIGOが残り30分位から号泣しながら走ってて、目が離せなくなり最後まで見ちゃいました。泣いた理由はイクエさんと一緒のような気がしました。あの泣いた理由が凄く好きでした♡

でも私の中で一番インパクトがあったのは「闘牛」でした!「目を逸らしてはいけない、牛に失礼」(確かこんな感じ)にただ者ではないと確信しました。

記者は戻りたくないかもしれませんが、文章書く仕事に絶対向いてると思います。
この番外編ハマりますね〜(^ω^)

No title

内心、現実逃避とは思ってないんじゃないかなぁ。
帰ってからどういう生活をされるか楽しみですね。
焦らず、じっくりとやって欲しいですね。
そうしないと、ディープな旅のコンセプトが活きないからね。

上質な写真と体験の膨大なストックができていると思います。
ギュッと凝縮して練って発揮してください。
日本のマスコミ界の情報には少し離れてるかもしれませんが、そんなの気にすることはない。
進んでいるようで、結構マンネリ化してますから・・・。
いったん、距離をおいてリセットして、エネルギーをためて、感覚の新鮮さを取り戻すメリットの方が大きかったと言えると良いですね。

みんな本当は本物が好きなんだということを信じて、頑張ってください。


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

世界一周だけでなく、海外に出るきっかけって意外と似たような理由の人多いと思います。(失恋も多い理由らしいです)。日本にいると、なんとなく、仕事を辞めたり現実から逃げ出すのはダメなことのように捉えられますけど、短い人生の中で、大きな決断をするのは、理由は何であれ勇気がいるし、新しい何かに気づくきっかけになるから、私はいいと思います(^^) 前に向かってますよね。結局は、自分が納得できればいいことですし!しかしその忙しさ、わかるなぁ。全然違う仕事でしたけど、似たような環境にいました。忙しいし落ち着かないし体も心も大変なんだけど、それがまた病みつきにもなるんですよね。やりがいもあるし、いつも何かに打ち込める感じが。辞めた今、ときどき恋しくなります(^^)

トモパパさま

ありがとうございます。
だといいですね。
たくさんは稼げないかもしれませんが、とにかく生きていくぐらいはできるかと思います。
楽しく生きていくことが大事ですね。

炭さま

自分が昔からしたかったのが報道記者でした。
激務だったけどやりがいはあったので、仕事を辞めたら辞めたで戻りたいと思うかもなあと思っていたのです。
記者の仕事がほかよりいいとか楽しいとか、制作が辛いとかではなく、自分がやりたかったのが記者だったということです。
人によって、制作が好きな人、営業が向いている人、などさまざまです。
記者を辞めるのを躊躇したのは、記者としての仕事は自分に向いているし、好きだったからです。
ただ、疲れすぎて心身が追いつかないという葛藤がありました。
記者に限らず、いろんな仕事の人がわたしと同じような葛藤を抱えているんじゃないでしょうか。
とくに日本の勤務体系では。
仕事は、きつい。
でもやっぱり仕事は好きだし辞められない。
やりがいもある。
でもプライベートな時間が少なくて家族とゆっくりできる時間もない。
きつくて、自分を見失いそうになる。
でも、仕事がけっして嫌いなわけではない。
堂々巡り。
そう悩みながら仕事をする。
けっこうこれに共感する人って多いんじゃないかと思うんです。

やまもとさま

おっしゃるとおりです。
自分にとって悔いのない最善の選択ができたらいいですよね。

荒川さま

そうですね、きっとどこかで世界一周したい気持ちがずっとあったのかもしれません。
人生を楽しんでいこうと思います。
ありがとうございます。

長浜ラーメンさま

仕事で出会った人たちとのつきあいは、そのまま海外に飛び出したので、何とも言えません。
でも、つきあいをさけてるわけではありません。
Facebookなどではつなかっていますし、帰国したらみんなとお酒を飲みたいなあと思います。
元上司や同僚とも、楽しくお酒を飲める気がします。

まやみと さま

福岡出身なんですね!
ジュンク堂のあの雰囲気はたしかにいいですよね。
程よい広さ、ところどころに置いてある椅子。
自分の世界に、すーっと入れますよね。

はまっこさま

いつもありがとうございます。
ブログを楽しみにしていただけるなんて、光栄なことです。
個人的な旅日記のつもりではじめたブログが、こんなふうに多くの方に楽しんでもらってありがたいです。

nicoさま

まじめな記事をそんなふうに覚えてていただいて嬉しいです。

24時間テレビのランナーはDAIGOだったんですね!
日本を3年も離れて芸能情報がまったくわからないのですが、まだDAIGOは活躍中だったんですね。
泣きながらのマラソン。
見たかったです。

これからも、わたしたちの真面目な記事、ふざけた記事、おかしな記事を楽しんで読んでいただけたら嬉しいです。

Crewさま

すごくステキな励まし、ありがとうございます。
そう言っていただいて嬉しいです。
せっかく旅に出られたので、これを何かに還元できたらいいなあと思います。
旅に出たくても出られない国の人もいますし。
旅に出る前は身も心も疲れ果てていましたが、いまは充電できて、新たな気持ちで何かができそうな気がします。
帰国もまもなくなので、そろそろ日本に帰ってからの可能性を模索しなければなりません。
不安もありますが、楽しみでもあります。

まりこさま

コメント、ありがとうございます。
転職されたんですね。
同じアパレル業界とは言え、退職と新しい職場への再就職までの決断はとても大変だったと思います。
きっとまりこさんは、アパレルの仕事が好きで向いているんだと思いますよ。
心機一転、すがすがしい気持ちでお仕事できたらいいですね。
これからもこのブログを通して、わたしたちといっしょに現実逃避をして、気分転換していただければ、こちらも本望です!

ぎんちゃん さま

ありがとうございます。
日本では長期休暇がもらえない環境にあるから、仕事を続けるか辞めるかという二者択一になりますよね。
旅で出会うヨーロッパの人たちは「いまバケーション中」って言う人が多くて、そのバケーションが2か月とか。
うらやましいなあって思います。
日本も年に1か月でも連休があれば、辞める人やうつ病になる人も減ると思うし、家族と過ごす時間も増えて犯罪に走る子どもも少なくなると思います。
日本の国民性からいって、仕事中毒になりやすいので、制度を改善して防いでくれたらもっとハッピーになるのになあ。
非公開コメント