Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

国交断絶・国境閉鎖 でもベネズエラに行く

2015.10.07 05:52|コロンビア☞EDIT
夫の真っ黒な背中を見て「黒人と同じくらい黒い」と言っていたら「イクエの足の色もかなり黒い」と言われたイクエです。
「そんなことないやろ」とケンゾーと比べたら、同じくらい黒かった。
「黒人と同じ」というのは大げさな表現じゃなくて、本当にそれくらい黒い。
毎日泳いでいて、日に日に黒々としていっています。

コロンビアからベネズエラに行く予定だったのに、仲の悪い両国の国境が閉鎖されてしまった。
しかも両者の国に派遣されていた大使も召還されるという事態。
ベネズエラは非常事態宣言を出し、ベネズエラに住むコロンビア人は国外退去させられたり、さらには迫害を恐れて家や土地を捨てて自国に戻ってきたコロンビア人多数。
ベネズエラによる人権侵害の懸念もあって、国境では赤十字や国際団体がコロンビア人たちを保護。

たとえ、国境を越えられたとしてもベネズエラを旅することはできるのだろうか。

先にベネズエラ入りを果たした友だち、2人に連絡を取った。

「ベネズエラどんな感じ?」と聞いたら、ひとりは「あしたから6日間のロライマ山のトレッキングツアーに行ってきまーす!」という返事。

なんてのんきな!
いや、でも実際現地はそんな感じなのかも?
国境が閉鎖されようと、コロンビアとの関係がこじれようと、ベネズエラ内は通常と変わらないのかもしれない。

そして、もうひとりの友人の返事。
「ベネズエラ人はみんないい人たちです。
 危ない感じはしません。
 南米のほかの国と変わらない感じです。」

2人ともベネズエラを楽しんでいた。

実はコロンビアとベネズエラの仲の悪さは今に始まったことではない。
両国の国境はしょっちゅう閉鎖されている。

それにベネズエラは社会主義国家。
堂々と反米国家を自称していて、「南米の北朝鮮」扱い。
アメリカをはじめ、力のある国を敵に回している。

だから世界で流される報道はどうしてもコロンビア寄りの情報になる。
「ベネズエラは危ない」「非人道的」。
実際よりオーバーに報道されてる可能性は高い。

国境が開いていところがあるのなら、とりあえず行ってみよう。
現場の雰囲気を見て無理そうなら、引き返す。
問題なく国境越えができるのなら、ベネズエラを旅する。

ボゴタからククタに移動して国境越えするつもりだったけど、そこの国境は現在閉鎖中。
遠いけどマイカオまで移動して北の国境を越えるしかない。

マラカイポ

ボゴタのバスターミナルから、マイカオ行きの直通バスに乗る。
窓口のおねえさんに聞くと「27時間くらいかかるよ」ということだった。
これまでバスを乗り換えて30時間を越える移動はしたことがあるけれど、1台のバスに24時間以上乗るのは初めて。

腰痛くならないかなあ。
耐えられるかなあ。
発狂しそうにならないかなあ。

せめて乗るバスが、いい車体で快適なシートでありますように。

27時間のバスの運賃は10万ペソ(約4000円)。
値下げ交渉はせずに、言い値で購入。
交渉したら割引してくれたかもしれないけど、27時間の長距離にしては高くはないと思った。
というより、国境越えのことが心配で、とにかく早くマイカオに着いて無事に国境を越えることを考えてたから、値下げ交渉する余裕がなかった。

どうか、ボロくて窮屈な座席のバスじゃありませんように。
祈りながら乗り場を見ると、ちゃんとしたバスがとまっていた。

「おー、よかった。」
「これなら大丈夫かも。」

a_DSC_9217.jpg

車は新しそうだし、座席も広い。
リクライニングも倒せるし、足も延ばせる。
これなら、がんばれそう!

いつも乗り物に乗るとケンゾーはあっという間に眠る。
いっぽうわたしはなかなか眠れない。
寝過ごさないようにしなきゃ、なんていう不安もあるし、車窓の景色を楽しみたいっていう思いもある。

でも、今回は不思議と眠れた。
「27時間もあるんだから、ずっと起きておく必要はない」
自分の中ですっきりと割り切れたのか、日中から爆睡。
何度も窓に頭をぶつけて、たんこぶまでできたほど。

コロンビアのバスは「冷凍バス」と言われている。
エアコンが効きすぎて寒く、ダウンジャケットを着ないといけないくらい冷え冷え。
現地の人は毛布を持ち込んだりしている。
だからわたしたちもしっかり防寒対策をしていた。

途中休憩があり、バスを降りたとたん、もわーっと熱気が。
なに、この暑さ。

a_DSC_9218.jpg

赤道に近いコロンビア。
でもけっこう高地が多くて、過ごしやすい街が多い。
首都のボゴタは標高2640メートルだし、立ち寄ったほかの街も不快感を感じない気候だった。
でも、バスで山道を下り北東に進んできたらいっきにこの暑さ。
日本の夏のいちばん暑い日よりもさらに暑い。
日向にいたらあたまがぼーっとなって、溶けていきそう。
何をする気にもなれない、うだるような暑さ。

冷凍バスのありがたみが身にしみる。

そのあとも快適な車内でわたしとケンゾーはくつろいで過ごすことができた。
そしてほとんど寝て過ごし、苦痛を感じることなく、目的地のマイカオに到着。
27時間と聞いていたけど実際は22時間だった。

降りたとたん、ふたたびモワ〜。
まだ朝早いのに、こんなにも蒸し暑いなんて!
こんなところに生まれなくてよかったと本気で思う。

さて、ここからが本番。
どうやって国境を越えようか。

ここの国境越えは乗り合いタクシーが定番。
タクシーに乗ると、国境まで連れていってくれて出入国の手続きでいったんイミグレーションで車を降りても、待機して客を待ってくれるみたい。
出国と入国のスタンプをもらったら、また同じタクシーに乗ればいい。
そしたら、ベネズエラ第2の都市マラカイボまで連れていってくれるらしい。
なんてラクチン♡

ただし、国境が通常通り開いていてスルーできたらの話。

a_DSC_9219.jpg

バスターミナルには「マラカイボ」と行き先を書いた窓口がたくさんあった。
相乗りタクシーよりもバスのほうが安くいけるんじゃないか。
そう思ってそれぞれの窓口に聞いたんだけど、どれもバス会社じゃなくて相乗りタクシーの窓口だった。
窓口でチケットを買うと、車に案内されるシステム。

a_DSC_9220_20151003000621e84.jpg

運賃はひとり15000ペソ(約600円)。
マイカオーマラカイボはけっこう距離があって3時間くらいかかる。
国境まではすぐなんだけど、ベネズエラに入ってからマラカイボまでの距離が長い。
どうも乗合いタクシーはベネズエラ人が運行させてるみたいで、ベネズエラの通貨ボリバールでの支払いになるけど、もってないからコロンビアペソでの支払いに応じてくれた。
ペソでの支払いのほうがちょっと不利だけど仕方がない。

タクシー乗り場にはタクシーっぽくない旧式のセダンタイプの車。

a_DSC_9222.jpg

悪名高いベネズエラの入国がタクシーって言うのは不安。
運転手を信用していいものか、タクシー強盗とグルじゃないのか。

でも運転手は社名の入ったユニフォームを着ていて、白タクではなさそう。
車はタクシーらしさのかけらもない、白タクっぽい車だけど。

a_DSC_9223.jpg

でもほかのお客さんも3人いるから安心感がある。
しかも女性だし。

これまで旅したコロンビアは、整備されていてきれいだった。
でもこのあたりは違う。
傾いた小屋のような家が多いし、ゴミが散乱している。
バイクタクシーがたくさん走っている。
アフリカみたいだ。

a_DSC_9225.jpg

ここからすでにこうなら、ベネズエラ、先が思いやられる。
でも、この緊張感やドキドキ、久しぶりに感じる高揚感。

これまで7か月かけて旅してきた南米。
「治安が悪い」と聞いたいたけれど、想像以上に観光客は多いし、発展していて、安心して簡単に旅行ができてきた。
リラックスして楽しめた反面、正直なところどこか物足りなさも。

悪名高いベネズエラ、いったいどんなところなのか。
「危険国家」「南米の北朝鮮」と言われるいっぽう、「ベネズエラ人は優しい」「ほかの南米の国と変わらない」「最高」と言う友人たちがいる。

国境が見えてきた。
コロンビアの出国手続きのため、ほかの乗客とともにいったんタクシーを降りる。

押される出国スタンプ。

楽しかったコロンビアとも、しばらくお別れ。

あ〜、ベネズエラ、大丈夫かなあ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント