Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

おいしくな〜れ にゃんにゃん♡

2015.10.05 06:00|コロンビア☞EDIT
最近やたらとちゃんぽんが食べたいケンゾーです。
福岡もんはラーメンが好きだけどちゃんぽんも大好き。
おなじ豚骨ベースだからね。
実家の近くにある中華食堂のちゃんぽんがケンゾーのベストちゃんぽん。
あ~、リンガーハットでもいいからちゃんぽんが食べたい!

ケンゾーにとってコロンビアの首都ボゴタでの最大の目的はショッピング。
3か月前、ペルーのチチカカ湖にあるタキーレ島を観光しているときにカメラを落としてしまってレンズフードを破損させてしまったんだよね。
それからペルー、エクアドル、コロンビアと行く先々で探してきたんだけど見事に見つからなかった。
さすがにボゴタにはあるだろう、いやあってくれ!と願いを込めて新市街を歩き回る。
ようやくニコンのサービスセンターでゲットできてひと安心。
ていうか、かろうじて一つだけしか在庫がなかったからラッキーだった。

暑い中歩き回ったので喉がカラカラ。
こんなときは冷えたビールを喉に流し込みたい!
ということで、ボゴタへ行ったらぜひ行きたいと思っていたビアホールへ。

「BOGOTA BEER COMPANY」

a_DSC_9126.jpg

略してBBCと呼ばれるこのビール会社は1997年創業で歴史はまだ浅い。
けれど、大手が独占状態だったコロンビアのビール業界に新たな風を巻き起こしている注目の地ビールブランド。
コロンビア国内でのBBCのシェアはわずか1%。
でもこの1%が画期的なんだそう。

a_DSC_9127.jpg

a_DSC_9136.jpg

店内はクラシカルでノスタルジックな雰囲気。
やっぱりコロンビア人はレトロなものが好きなんだね。

a_DSC_9128.jpg

a_DSC_9143_20151004070132f6f.jpg

味わえるビールはラガーやスタウト、ペール・エールなど10種類以上。
コロンビア産の有機蜂蜜を使ったハニー・エールなんていうのもある。
原材料にこだわっているのがBBCの特徴。

a_DSC_9135.jpg

おしゃれなボトルの瓶ビールもいいけれど、せっかくビアホールに来たんだから生ビールを飲まないとね。
ヨーロッパでは生ビールが飲めるパブはどんな小さな町にもあるけれど、南米ではあまりお目にかかれない。
サーバーから直接注がれる生ビールはテンションが上がる。

a_DSC_9129.jpg

a_DSC_9130.jpg

イクエはハニー・エール、ケンゾーはセプティマソーというペール・エールを注文。
ハニー・エールはすっきりとした味。
蜂蜜入りだから甘いのかな?と思ったけど、ぜんぜん甘くなかった。
赤い色をしたセプティマソーはガツンとパンチの効いた味。
渋みが強くて飲み応え十分。

a_DSC_9133.jpg

値段は種類にもよるけれど、中ジョッキサイズの570mlで正規料金だと450円くらい。
でも日中に行ったのでハッピーアワーで半額だった。
コロンビアの物価を考えるとけっして高くはない。
ボゴタに行く機会があれば、ぜひ美味しい地ビールを味わってみては。

この日のプランニングをした(というか、ほとんどいつもなんだけど)イクエによると、今夜のディナーはなんと和食!
「え?うそ?!
 和食?
 俺らクラスが食べられる和食屋さんがあると?」

「ま、和食っていうか、軽食?喫茶店?
 焼きそばとかお好み焼きとかがあるみたい。」


おおー、焼きそばいいねえ。
そんな本格的な和食なんて無理ってことは十分承知してるよ。
いいよいいよ、軽食でも。

すっかり日が暮れてお腹もペコペコ。
イクエに先導されながら新市街を歩いていく。
どれだろうなあ、と和風っぽい店構えや日本語の看板を探してキョロキョロ。

「あった、あった」とイクエが指差す先を見てビックリ。
和風の喫茶店って、こっち系ですか!

a_DSC_9162.jpg

a_DSC_9163.jpg

イクエがチョイスした店は、まさかのメイドカフェだった。
メイドカフェがまさかボゴタにもあるなんて。
日本のメイドカフェには2回行ったことがある。
本場の秋葉原と地元の福岡、どちらもイクエと一緒に。
やっぱり照れくさかったなあ。
コロンビアのメイドカフェはどんな感じなんだろう。

店の名前は「Kurenei」
新市街のCarrera15とCalle79の交差点にある建物の2階。
ちなみに、このメイドカフェの周辺はまさに秋葉原のようなエリア。
Carrera15(Avenida Paseo del Country)沿いには電気店が軒を連ねていて、大概の電化製品は手に入る。
Calle77沿いにあるCentro Alta TecnologiaにはMac用の充電器や各種GoPro部品も置いてあるので便利。

階段を上り店内へ入ると「お帰りなさいませ!」と出迎えられた。
深々とお辞儀をする2人のメイドちゃん。
おおー、ちゃんとメイドカフェだ。

けっこう広い店内。
平日だけど思ったよりも客が入っている。
意外なのはグループの客が多いことと、女性が多いこと。
親日家が多い南米のなかでもコロンビアは日本のサブカルチャー好きが多いんだろうね。

a_DSC_9170.jpg

a_DSC_9197.jpg

メニューはONIGIRIやKUSHIKATSU、YAKITORIなど。
GYOZAやRAMENも惹かれるけど、厨房を見ると作っているのはバイトっぽい若者。
チョイスを間違えると危険な香りがする。
これ、厨房が見えないほうが雰囲気を崩さないのにね。
それか作務衣とかにするとかね。

a_DSC_9165_20151003032843928.jpg

a_DSC_9169.jpg

イクエはおにぎりと焼き鳥のセットをオーダー。
おにぎりを頼んだイクエがメイドちゃんから渡されたのは、特大サイズのビニール手袋。
おにぎりを素手で食べるっていう発想はコロンビア人にはないみたい。

a_DSC_9171.jpg

a_DSC_9175.jpg

a_DSC_9173.jpg

しばらく待っているとイクエのおにぎりセットが登場。
海苔の目と口がついててかわいい。
南米のパラパラ米じゃおにぎりは握れないからちゃんと日本米を使ってるのかな?
具は鮭。
そして意外にも焼き鳥がちゃんと焼き鳥してる。
マヨネーズに紅ショウガと飛び子がトッピングされてるのが斬新。

a_DSC_9191.jpg

いただきます、の前に魔法タ〜イム ♫
メイドちゃんと一緒に魔法をかけてさらにおいし〜くしちゃうぞ!

a_DSC_9182.jpg

コロンビア人のメイドちゃんが日本語で魔法のセリフを唱える。
見よう見まねでフリを真似してセリフを復唱する35歳のイクエ。
「おいしくな〜れ♡」
よくできました ♫

a_DSC_9183_20151003032919fe2.jpg

a_DSC_9184.jpg

ケンゾーは定番のオムライスをチョイス。
かわいい猫ちゃんが持ってきてくれた。
メイドカフェのオムライスと言えば、ケチャップでどんな文字を書いてもらうかがいちばん盛り上がるところ。
コロンビアでは事前に書いてきちゃうシステムみたい。

a_DSC_9178.jpg

a_DSC_9190.jpg

そして、41歳のおっさんも魔法をかけちゃうぞ!
「おいしくな〜れ、にゃんにゃん♡」

イクエのときとは違う魔法のフレーズ。
パターンを変えてくれるところが憎い。

やっぱり恥ずかしかったけど、写真を見返すとまんざらでもない表情。
ていうか、むしろ楽しそう。

a_DSC_9187.jpg

a_DSC_9188.jpg

おにぎりも焼き鳥もオムライスも味は悪くない。
焼き鳥のタレはちゃんと甘辛くてなかなかレベルが高かった。

グループの客が多いけれど、もちろんそれらしい男性ひとり客もちらほら。
かなり照れながら、でも満面の笑顔で魔法をかける男の姿は微笑ましい。

a_DSC_9203.jpg

a_DSC_9200_20151003032940783.jpg

週末にはコスプレ大会も開催されるみたい。
日本の裏側のコロンビアでメイドカフェが根付いていることが不思議。
マンガやアニメもそうだけど、日本のサブカルチャーは本当にスゴい。
政治なんかよりもよっぽど日本ファン、日本びいきな人たちを世界中に作り出すのに貢献しているよ。

a_DSC_9209_2015100303295658f.jpg

a_DSC_9208.jpg

a_DSC_9205.jpg

おにぎりセットとオムライス、そしてチップを入れてお会計は34100ペソ(約1360円)。
かわいいコロンビアの女の子たちに遊んでもらって、気分は20代のケンゾーだった。
「いってらっしゃいませ♡」
「ありがとにゃんにゃん ♫」


a_DSC_9214.jpg

a_DSC_9213.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

萌え萌え

ツインテールと猫ミミメイドさんに囲まれてケンゾーさんうらやましい
そしておむすびがかわいいー

コロンビアのビアホール!!

いつも楽しくブログを拝見しています。
コロンビア注目の地ビール会社!!ハーッピーアワーなら半額!!
現地ならではのすてきな情報ですね。
しかもおいしそう...。

南米はワインのイメージだったので、ビアホールがあるなんて知りませんでした。
ビアホールのフードメニューはどんな感じなのでしょうか?
もしもコロンビアに行ける機会があるなら、ぜひ行ってみたいです。
これからのおふたりの旅も応援しています。

おっと和食が食べられるチャンスにオムライス。「ここぜったいなんちゃって和食だよ」「でもオムライスなら大ハズレはないんじゃない」ってな会話を二人でしてましたか?

ところで時間がなくてブラジルはスキップするそうですが、お二人にとって「今から思えばここは行かなくてもよかったかな国3つ」はどこですか。(時間があまり取れない)旅好きにとっては「良かった国ベスト3」より参考になりそうです。

ベス さま

そうでしょ!

呪文は日本語だけど、つたない日本語なのがまたかわいい。
お辞儀も日本並みにやってくれるんですよ。
世界中でメイドカフェって何か国にあるんでしょうね。

ビール さま

さすが、やっぱりビールさま。
ビールの記事に興味をもっていただいて、ありがたいです。

南米はチリやアルゼンチンはワインがおいしいですが、北の方になるとほとんどないんです。
輸入物もとても高い。
だからみんな安いビールをガバガバ飲んでいます。

今回フードは食べていませんが、日本よりも充実していません。
メニューはだいたい日本と同じで、フライドポテトとかだったかなあ。
でもこのビアホールのフードがおいしいと言っていた人もいたので、きっとおいしいはずです。

このビールのラベルがかわいいですよね。
お土産にして部屋に飾っておきたいくらいです。

炭 さま

オムライスなら、外れはないですよね!

ブラジルのスキップは、やむにやまれず。
「ブラジルはリオやサンパウロだけじゃただの都会でおもしろくない。行くなら北のほうやアマゾンをどっぷり旅したほうがいい」とアドバイスされて、時間とお金がものすごくかかりそうなので次回にまわすことに。
ぜひいつかは行きたい国です。

「行かなくてよかった国」ですか・・・。
うーん、難しい。
観光地もとくになくてほかの人にはそれほどおすすめしないけど、でも自分たちとしてはいい出会いがあって楽しかったっていう国が多いんです。
アフリカの南の国(ボツワナやザンビア)は物価も高いし、それなりに発展していてアフリカっぽくないんですけど、自分たちとしては協力隊に会ったりテントをはったりしたので思い出深い国です。
ハンガリーもチェコより街並みは劣るしパスしてもよかったけど、エゲルでおいしいワインを浴びるほど飲めたから、自分たちとしては行ってよかった国。
パラグアイにも何もないけど、イグアス移住地の体験はよかったし。

観光地もあって、観光客も多いけど、自分たちにあわなかった国は、ベトナムとヨルダンかなあ。
残念ながら好きになれなかった国。
いい人との出会いが、いちばん重要かもしれませんね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント