Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

コロンビアで活躍中のZとスープラ

2015.10.03 06:24|コロンビア☞EDIT
子どもの頃から寝相の悪いケンゾーです。
なぜだか分からないけど寝ているときにゴロゴロ動き回る癖がある。
小学校の低学年まで2段ベッドの上に寝てたんだけど、寝返りを打ったときに柵をぶち壊して床に落ちたことがあった。
いまでも朝起きたときにシーツがそのままの状態で残っていることはほとんどない。
マットから剥がれてぐるぐる丸まっていることが多い。
結婚してから妻とダブルベッドで寝てたんだけど、帰国したらバラバラにしようかな。
寝てるときまで迷惑かけて、いい加減愛想尽かされたらイヤだからね。

ケンゾーとイクエのなかでおしゃれな国という印象が日に日に強まっているコロンビア。
ポップでスタイリッシュなおしゃれもちろんあるけれど、古いものをおしゃれに使いこなす感覚がとても優れていると思う。
そんなコロンビアで真っ先に目につくおしゃれな古いものというと車。
ただ古くてオンボロな車は南米ではいくらでも見かけるけど、コロンビアにはこだわりの旧車が多い。
きちんと手入れが行き届き、ピカピカに磨き上げられた古き良き時代の車は渋くて格好いい。

サレントの中央広場にずらっと並んだ古いジープたち。
これが乗合いタクシーとして使われているっていうのがまたおしゃれ。
カラフルなボディーとビックリして目を丸くしたようなヘッドライトがかわいい。

a_DSC_8592.jpg

詳しいことはあまり知らないけれど、WILLYSブランドのジープは1940年代から60年代にかけて作られた車。
外装も内装も驚くほどきれい。
ここまで丁寧に乗ってもらえると車も本望だろうね。

a_DSC_8855.jpg

a_DSC_8594_20150925132903a43.jpg

それぞれこだわりのボンネットマスコット(エンブレム)が付いているんだけど、格好いいもの以外にも茶目っ気があるものが多くておもしろい。

a_DSC_8856_201509251330048cf.jpg

a_DSC_8854_20150925132912fa4.jpg

カラフルでかわいい建物が軒を連ねるサレントのメインストリート。
なんだか縮尺がおかしなジープがノロノロとこちらへ向かってくる。
男の子たちに押されてやって来た本物の半分以下のサイズのジープ。

a_DSC_8895.jpg

a_DSC_8896_2015092513300153a.jpg

子ども用のおもちゃの車だった。
にしてはクオリティが高い。
こんなところにもコロンビア人のこだわりを感じる。

a_DSC_8946.jpg

そしてコロンビアならではのこんな車も。
このおしゃれなオープンタイプのジープは、じつはコーヒーの移動販売車。
荷台の部分にエスプレッソマシーンが据え付けられている。

a_DSC_8912_20150925133007906.jpg

a_DSC_8913.jpg

a_DSC_8914.jpg

ガンビアーノ族のマーケットで賑わうシルビアの町では古い日本の四駆が大活躍。
現在とは違って角張ったボディーと丸いヘッドランプがノスタルジック。
フロントガラスの上に付いているワイパーがかわいい。

a_DSC_8466_20151002084839cb7.jpg

a_DSC_8467_20151002084841233.jpg

a_DSC_8468.jpg

燃費も悪いだろうし乗り心地もイマイチだろうけど、日本で手に入るならこんな車に乗りたいな。
やっぱり四駆は無骨でワイルドなほうが格好いい。

ボゴタの宿の近くではクラシックカーの展示会が開催。
けっこうな人で賑わっていたから、やっぱりコロンビア人はレトロな物が好きなんだね。

a_DSC_9011.jpg

a_DSC_9012_20150925133150ff6.jpg

クラシックカーはメンテナンスにお金がかかる。
それだけペルーやエクアドル、ボリビアよりも経済水準が高いってことなんだろう。

a_DSC_9017_201509251331570bc.jpg

a_DSC_9013_20150925133154b4a.jpg

a_DSC_9016.jpg

こちらはフランスのSIMCAというメーカーの車。
1950〜60年代に作られた車なんだそう。
やっぱり丸いヘッドライトがかわいい。

a_DSC_9019.jpg

a_DSC_9020_20150925133230db4.jpg

a_DSC_9021.jpg

この子も将来はクラシックカーのオーナーかな?

a_DSC_9010.jpg

若者の車離れが叫ばれて久しい日本だけど、世界中を見渡すと車はまだまだ若者たちの憧れの主役。
世界のトヨタのお膝元の日本で、若者たちが車にそんなに興味がないって知るとかなり驚かれる。

a_DSC_9024.jpg

そして、日本の裏側のコロンビアで懐かしい日本車を発見。
日産 フェアレディZ 280ZX、子どものころの憧れの車のひとつ。
まさかコロンビアで目にするとは思ってもいなかった。
どんなコロンビア人がオーナーなんだろうね。

a_DSC_9033.jpg

a_DSC_9030_20150925133333c47.jpg

a_DSC_9031.jpg

a_DSC_9032.jpg

会場の外にはセリカ・スープラまでお目見え。
ほんとにコロンビア人は古い車が好きなんだね。

a_DSC_9034.jpg

a_DSC_9035.jpg

日本では法律や税金の問題で古い車の立場が悪くなってどんどん少なくなっていっている。
もっと古いものを大切にする風潮が広がっていってもいいと思うんだけどなあ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント