Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

この街は、南米のロンドン

2015.10.02 06:05|コロンビア☞EDIT
暑いと「ジガジガずる」イクエです。
この「ジガジガ」ってしか表現できない不快感、わかります?
肌がほてって痒いというか、落ちつかないというか。
夜もジガジガして一か所で寝られなくて、ベッドの上を移動したくなるんですよ。
子どものころから寝苦しいのが嫌で、よく布団から出て床の上で寝てました。

a_DSC_9008.jpg

コロンビアの首都、ボゴタ。
南米でも発展してる国であり、首都のボゴタは都会。
でもそれでいて、どこか下町風情が漂っている。

落書きも多いけれど、センスのいい壁画も多い。

a_DSC_9007.jpg

この街は、アートな香りがする街。
パリのような高尚な芸術的香りではなく、ロンドンのような大衆芸術。
古典ではなく、現代アート。

a_DSC_8969.jpg

a_DSC_8968_20150925114728947.jpg

コロニアルな歴史ある建物の中に紛れて建つ、現代建築。
独創性ある設計。

上に行けば行くほど薄くなっているビル。
まだ建築中なのに、夜にはちゃんとライトアップされる。
ボゴタのシンボル的なタワーになるのかも。

a_DSC_8970.jpg

ビルの建ち並ぶ新市街。
突如あらわれたのは毛むくじゃらのビル。
草や木に覆われて、ビル全体が森みたい。

a_DSC_9160.jpg

よく見ると、いろんな種類の植物。
花まで咲いている。
チョウチョやミツバチたちも遊びに来るかな。
季節や年数によってビルの表情もきっと変わってくる。

a_DSC_9161.jpg

サーカスのテントみたいな建物を発見。
サークル状になっているけど、通りに面した部分は壁がなくて開放的なつくり。
なんと本屋さん。

a_DSC_9107_20150925115139488.jpg

本嫌いな人もついつい入ってみたくなる。
本の並べ方も秩序がなく、雑然としていて、だからこそきっと本選びがおもしろい。

a_DSC_9109.jpg

この言い方でわかってもらえるか自信がないけれど、同性愛者が好みそうな街。
世界には同性愛者に人気の都市がある。
実際ボゴタがどうなのかはわからないけど、おしゃれで、自由で、開放的で、街歩きが楽しくて、飽きない雰囲気。

日曜日だったからか、ボゴタの繁華街が広範囲で歩行者天国になっていた。

トリミングしたこぎれいでかわいい犬をまるで自慢するかのように連れて、歩いている人。
自転車にまたがって、颯爽と走り抜ける軍団。
ボゴタではいま、犬や自転車で街を散策するのがファッション感覚で流行しているのかもしれない。

そして路面にシートを広げて、手作りのアクセサリーや古本を売る人たち。
空き瓶や壊れた電化製品のコード、黄ばんだ服・・・。
大掃除で出てきたゴミ同然のものを堂々と売っているガラクタ屋さんも多数。
「いったい誰が買うの?」というようなものばかり。
不可解な物が商品としてきれいに並べられているもんだから、逆に通行人たちは興味津々に見つめる。

とくに買いたい物があるわけではないけれど、ここを歩けば楽しくなる。
連れ立って歩行者天国を歩くのは、ボゴタの人たちの休日の娯楽なのかもしれない。

a_DSC_8996_20150925114905696.jpg

さらに通りを楽しくしているのは、パフォーマーたちの存在。
路上ミュージックや仮装して写真撮影に応じる人。
人の輪ができ、爆笑の渦。
真ん中ではマイクを持った2人組が漫談中。

白い付け髭をつけたこのおじいさんは・・・。
仮装してお金を集めたいんだろうけど、街灯に寄りかかって居眠りしているようにしか見えない。
通行人たちは無情に通り過ぎていく。

a_DSC_8998_20150925114856d23.jpg

いろんな人がいて、いろんなアートがあふれていて。
飾らない人たちが、自分らしくこの街を楽しんでいる。
洗練されているのに下町の風情もあって。
いろんなものをごちゃごちゃに集めたおもちゃ箱みたいな、退屈しない街。

ロンドンみたいだな。

ボゴタは南米のロンドンだ。

この街を歩いていて、何度もそう思った。

a_DSC_9003_2015092511485883d.jpg

コロンビアのイメージ。
ゲリラ、治安の悪い国、無秩序・・・。
でもコロンビアを旅して、それとはまったく違う印象を持ち始めている。

人々はお世話好きで親切で、街並みはおしゃれで。

いろんな価値観が共存している、退屈しないロンドンみたいな街が、この国の首都。

a_DSC_9042.jpg

夜、宿に帰る途中に公園を通った。
聞こえるのはアバンギャルドな音楽。
ゆらめく怪しい光。
人々が向ける真剣なまなざし。
そして、ときおり拍手も。

a_DSC_9063_20150925114946d07.jpg

夜の公園で披露されていたのはコンテンポラリーダンス。
照明も音響も本格的で、公園の中とは思えない。
もちろん無料で、ステージと一体化したギャラリーにはたくさんの若者。
ダンサーも20歳くらいの子たちで、この辺の大学の学生たちかな。

a_DSC_9061_2015092921164710f.jpg

体をしなやかに動かしたり、とつぜん静止したり、バラの花びらを散らしたり。

観客は彼らの世界に引き込まれていく。

a_DSC_9059.jpg

いろんな世界観にあふれた街。
それぞれのセンスが光る街。
遊び心のある街。

飽きさせないロンドンのような街が、ここコロンビアにあった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

いくえさん、初めまして。
かなり前から度々拝読していましたが、今回初めてコメントします。
ボゴタをこんなに素敵に書いて頂いて嬉しいですっ!
ボゴタ出身の旦那さんとロンドンに住んでる者です。
私もボゴタが大好きです。旅人さんたちのコロンビア記事を読んでると、メデジンに押され気味なので、本当に嬉しいですっ!

残念ながら、同性愛者には住みづらい街みたいです。
義理のファミリーメンバーが、同性愛者ですが、やはり厳しい現実なようです。
カトリックの国ですから、、

MICHIさま

はじめまして!
まさかボゴタ出身でロンドン住まいとは。
ロンドンとボゴタが似てるなあって自然に思ったんです。
雰囲気とかが。
ロンドンのほうが大都会だし洗練されてはいますが、ボゴタもおしゃれな街だと思います。
ロンドン生活なんて羨ましいです。
そういえばロンドンにいるときは、東京に似てるなあって思っていました。
東京を思い出したのは旅に出てはじめてでした。

同性愛者に優しくない街なんですね。
そのうち同性愛者が生きやすい街になればいいなあと思います。
非公開コメント