Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅して3年 訪問国・使ったお金・ベスト3まとめ

2015.09.07 05:31|世界一周裏話☞EDIT
今から3年前の2012年9月6日。
わたしたちはイクエの故郷熊本から列車に乗り、山口県下関港へと向かいました。
そこから釜山行きのフェリーに乗り込み、翌朝の9月7日、1か国目となる韓国に到着。
これからどんなことが待ち受けているのか、ワクワクドキドキしながら、ふたりの世界一周がスタートしたのです。

アジア、中東、ヨーロッパ、アフリカ、南米と移動しながらかけがえのない、満たされた日々を送っています。
とくにアフリカ大陸と南米を旅したこの1年は、刺激的だったし、旅に慣れてきたことでどっしり構えて楽しめました。

きょうは、そんな3年目の旅を振り返ります。


☆3年目の旅の軌跡(2014・9~2015・8)

スーダン(15日間)
エチオピア(35日間)
ケニア(8日間)
ウガンダ(13日間)
ルワンダ(10日間)
タンザニア(13日間)
マラウイ(15日間)
ザンビア(11日間)
ボツワナ(13日間)
ナミビア(15日間)
南アフリカ(11日間)
アルゼンチン(34日間)
チリ(47日間)
パラグアイ(14日間)
ボリビア(44日間)
ペルー(52日間)
エクアドル(30日間)
コロンビア(11日間)

あわせて18か国
いちばん長く滞在した国はペルーでした。

1年目、2年目とあわせて、これで66か国旅したことになります。


☆3年目に使ったお金

移動費・・75万1318円
食費・・・44万4280円
宿泊費・・45万7744円
観光費・・46万6702円
雑費・・・20万6304円

あわせて234万5153円(航空券やビザ代も含む・旅行保険のみ除外・多少誤差あり)
1日平均6253円

うわっ!改めて計算してビックリ!
目標は1日ふたりで6000円以下だったのにオーバーしてしまった。
南米は観光スポットが多くてお金がかかる。
チリのイースター島とエクアドルのガラパゴス諸島での出費がかなり響いてます。

旅の残金もあとわずか。
節約しながらも、ケチり過ぎずに残りの旅も楽しもうと思います。


ここからは「なんでもベスト3」をご紹介。
この1年を思い出しながら、ケンゾーとイクエが話し合って決めたベスト3です。


☆好きになった国 ベスト3


第3位

a_DSC_3318_20150906205452890.jpg

南アフリカ
コロニアルでカラフルな建物、洗練された街、真っ青な海、世界中の船が停泊する港、そしてテーブルマウンテンやライオンズヘッド。
美しいもの、きれいなもの、かっこいいものがすべてそろっているケープタウンの街。
アフリカ大陸を縦断してきたわたしたちだけど、ケープタウンの街はどの国にもないオンリーワンな街でした。
広い草原や切り立った崖、荒波を立てる海が一度に見られる、喜望峰も美しかったです。
さらにケープタウンではカウチサーフィンでヒラリーの豪邸に5泊も泊めてもらい、毎日南アフリカ産のワインをごちそうになって、優雅な日々を過ごせました。
南アフリカは自然の宝庫で野生動物もたくさんいるので、また時間をかけてほかの地域にも行ってみたいなあ。

a_DSC_3429.jpg


第2位

a_DSC_0014_20150906205414eaa.jpg

マラウイ
マラウイはアフリカの中でも貧しくて発展しておらず、何もない国と聞いていました。
でも、人々はとても穏やかでのんびりしていて、ふわっと包まれる雰囲気があって。
アフリカなのにリラックスできた国となりました。
マラウイ湖畔やサファリなど、意外と楽しめる場所もあるマラウイ。
アフリカ縦断をする旅人のなかでも、マラウイを避ける人は多いけれどぜひ行ってほしい国です。

a_DSC_0008_20150906205420c25.jpg


第1位

a_DSC_6303.jpg

チリ
南北に細長いチリ。
南から首都のサンティアゴまで2000キロ以上をヒッチハイクで旅しました。
たくさんの人と出会い、チリ人の優しさに触れ、旅の醍醐味を感じられました。
自然も、人も、ワインも素晴らしいチリ。
友人もできたし、住みやすそうなサンティアゴに住んでもいいなって思ったほど。
ふたりにとってかけがえのない国となりました。
またいつか友人たちに会いに訪れたい国です。

a_DSC_7028_2015090620552200e.jpg


☆大感動の絶景 ベスト3


第3位

a_DSC_8134.jpg

イグアスの滝(アルゼンチン)
イグアスの滝と並び「世界三大瀑布」のビクトリアの滝をアフリカで見ていたわたしたち。
ビクトリアの滝を見たときは乾期で水量が少なかったため、イグアスの滝の水量の多さに圧倒されました。
さらに、イグアスの滝のポイントはジャングルの中にあるということ。
生い茂る木々と滝のコラボレーションは、ビクトリアの滝よりもわたしたちのこころを惹き付けました。
滝は横にも広くてトレッキングしながら1日がかりで楽しめたし、滝の中につっこむボートにも乗って大満喫。

a_DSC_8243.jpg


第2位

a_DSC_6355_20150906205516007.jpg

ワスカラン国立公園(ペルー)
3泊4日の予定でしたが「まだがんばれる、まだ絶景を見たい」という思いから途中で延長したっぷり4泊5日のトレッキングに。
「世界でもっとも美しい山」とされるアルパマヨ山をはじめ、5000~6000m級の名峰がわんさか。
こんな贅沢な場所は、世界広しと言えどもなかなかないと思います。
この旅でいちばんの絶景ロードや星空と出会えたのもここでした。

a_DSC_6368.jpg


第1位

a_2015-02-02 19-08-44

パイネ国立公園(チリ)
パタゴニアを代表するパイネを4泊5日でトレッキング。
テントや寝袋、食料を担いで、ふたりにとっては初の本格トレッキングでした。
切り立った峰、この世のものとは思えない色の湖、ときおり轟音とともに崩れ落ちる氷河。
歩くごとにめまぐるしく変わる景色はどこをとっても絶景。
体は疲れているのに、最終日は「これで終わっちゃうんだあ・・・」と名残惜しい気持ちに。
絶景のオンパレード、それがパイネです。
文句なしの堂堂1位。

a_2015-01-29 17-01-08


☆ワクワクした体験 ベスト3


第3位

a_DSC_0033_20150906205440db4.jpg

エチオピアの民族との出会い
エチオピア南部に住む、ハマル族やバンナ族、ムルシ族。
観光客用に伝統的な格好をしているのではなく、その姿が彼らのありのままの姿でした。
わたしたちの存在なんておかまいなし。
彼らには彼らの慣習、世界観、美意識がありました。
「こんな人たちがまだこの世界に存在していたなんて!」「同じ時代に生きてるなんて不思議!」
まったく別の世界に来たような、タイムスリップしたような気分。
自分の目で実際に見ている光景が、信じられなかったです。

a_DSC_0028_20150906205420210.jpg


第2位

a_DSC_0375_20150906205450ea4.jpg

アフリカでのサファリ
新婚旅行でケニアのマサイマラでのサファリを体験済みだったわたしたち。
今回は王道のサファリではなく、自転車で一般道を走って自分たちだけで動物を見つけたり、レンタカーを借りて自力でサファリをしたり。
ガイドなしのサファリは動物を見つけるのが難しいけど、そのぶん見つけたときの感動やドキドキはひとしお。
ライオンの交尾の一部始終を息を殺して見守ったときの、大興奮と言ったら・・・。
ゾウの大群の水浴びも圧巻でした。

a_DSC_1910.jpg


第1位

a_DSC_7152_20150906205633d5c.jpg

ガラパゴス諸島の旅
2週間のガラパゴス諸島の滞在は、ゆっくりのんびり、毎日が楽しい日々でした。
普通にアシカがいる、ペンギンと泳げる、海に潜ればカメがいる。
非日常の世界が、そこでは日常。
正真正銘の「楽園」でした。
サファリもそうだけど、やっぱり野生動物はワクワクさせてくれますね!

a_DSC_7083.jpg


ふたりが選ぶなんでもベスト3はまだまだ続きます。
3周年記念の記事、あしたもお楽しみに!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

質問☆

いつも愛読させていただいてます。
現在オーストラリア在住の山田智之と申します。
毎日更新される記事を読んで私も旅をしてる気分になります。
ありがとうございます☆

ちなみに、
お二人に質問なんですが
私も来年の二月から世界を周るのですが、その時にやはりただの観光だけじゃなくNGOの活動やボランティアを通じて現地の問題や現地の人たちの笑顔に触れたいとおもっています。
記事を読ませていただいている中で現地で活躍されている青年海外協力隊の方や現地のボランティアに参加して多くの方々と関わっている姿がすごく素敵だなぁと思い。
どういった経緯で出会えてのかどうやって参加するのかといったアドバイスをぜひいただきたいです。
素敵な旅の途中だと思いますがよろしくお願いします!

はじめまして!

はじめまして!いつも楽しく拝見しています!
ちょうど1年くらい前にこちらのブログに出会って、すごくワクワクしながら過去の記事をいっきに読み返したことを思い出しました。
おふたりの旅のスタイルに憧れるし、文章も写真も大好きです☆
これからも素敵な旅を続けてくださいね!楽しみにしています!

やばい

アフリカ行きたくなってきた。
えー!!!どうしよー!!!
旅してるときは『アフリカ…しんどい…』って思ってたのに、結局思い返してみるとアフリカって思い出がいっぱいあるんですよねぇ…
3年お疲れさまです!!4年目も楽しんでください!!
僕、今インドのレーで下痢です。

お久しぶりです!

世界一周旅行3周年、おめでとうございます!
昨年に立ち寄って頂いてからあとしばらくで1年になるなんて、早いですね~
おふたりの旅行も残すところあと少しでしょうか?

最後まで健康には気を付けて、引き続き楽しんで下さいね!!
こちらもあと4ヶ月。また日本で会えるのを楽しみにしています!

Nori さま

こんにちは!
オーストラリアに在住なんですね、いいですね!

質問についてですが、海外でのボランティア活動はNICEという日本の団体を通すとスムーズです。
海外、国内のワークキャンプを実施・仲介している団体で、好きな国から好きな活動を選ぶことができます。
イクエは学生のときに、ケンゾーは東日本大震災のボランティアをするときにお世話になりました。
「NICE」「ワークキャンプ」という単語で検索するとでてきます。

ただ、難点は旅行以上にお金がかかることです。
節約バックパッカー旅と比べると、ボランティアの活動費のほうが高いです。
寄付の要素も含まれているからです。
でもこれは仕方のないことで、現地の方の生活改善や現地のNGOのお役に立てるならとわたしたちは参加費などを払ってきました。

もし出費を抑えたいのなら「workaway」というサイトがお勧めです。
わたしたちは利用したことがありませんが、世界各国のボランティア求人がのっていて、働く代わりに宿泊先などを提供してくれます。
わたしたちもこのサイトの存在にもっとはやく気づいていれば利用していたかもしれません。

アフリカの協力隊については、もともと派遣されている友人がひとりいて、彼のつてで次々に紹介してもらいました。
アフリカの隊員同士のつながりは他の地区よりも深いように感じます。
みんな歓待してくれて、やさしくておもしろくてすてきです。
任期が2年なので、わたしたちがお世話になった隊員たちはほとんどが帰国したかまもなく帰国です。
Noriさんもどなたかと出会えればいいですね。
案外旅人のなかでは、旅行中にたまたま出会って彼らの任地を訪ねる、ということをしているので、アフリカなどでは旅行中に出会えるかもしれません。

パレスチナでは情報のない中、英語で検索してボランティア団体やNGOの経営するゲストハウスに泊まることができました。
パレスチナではとくにお勧めです。
このブログのパレスチナ編を参照ください。

また、バングラデシュなどの最貧国ではNGOの数も多いので、現地の人に「ボランティアしたい 活動をしている団体を教えてほしい」と現地で尋ねれば、なんとかなると思います。

どうぞ、中身の濃い世界一周をおたのしみくださいね。

とうこ さま

いつも読んでくださってありがとうございます!
ワクワクしてもらえると、こちらもとても嬉しいです。
わたしたちの旅も残りわずか、これからもいっしょに楽しんでもらえたら光栄です。
ありがとうございます。

shoさま

インドでインドカレー並みの下痢がでてるんですね!
ケンゾーはベネズエラでベネズエラコーヒー並みの下痢が出ています。
お大事に。

レーはわたしたちが行きたかったところですが季節が冬でいけませんでした。
世界一周中にもどってこようと思ったけど、予算も日数もオーバーするから今回は諦めます。
残念。

でも、shoさん、アフリカに戻りましょう。
「いつ行くの?」「今でしょ」(←日本では死語かも)
アフリカはスゴいスピードでどんどん発展していってるから、あと5年もしたらアフリカらしさがなくなるかも。
「今でしょ!」

みっちー へ

うわあー、みっちーだ。
もう1年近くかあ。
みっちーのところから見えるあのバオバブの森や、ミッチーの手料理やすばらしいバスルーム(笑)は忘れないよ。
楽しかったなあ。

帰国はわたしたちと同じくらいになるかもね。
ぜひ日本で会おうね!!
おいしい和食とお酒でゆうこりんのアフロ話でもりあがろう!

お返事ありがとうございます

旅をされてる貴重な時間に丁寧な返信ありがとうございます。
NGOの活動やボランティアについて質問したNoriです。
すごく貴重な情報ありがとうございます。
自分も知り合いに青年海外協力隊の方がいるので聞いてみたいと思います。
お陰様で旅のイメージややりたいことがまた増えそうです。
本当にありがとうございます。

お体に気をつけて
素敵な旅をしてください。
またブログの更新楽しみにしています☆

Noriさま

こちらこそ、お役に立ててよかったです。

人それぞれでしょうけど、わたしたちは人との出会いが3年間の旅の思い出や楽しかったことのかなりのウェイトを占めています。Noriさんも素敵な出会いに恵まれて彩り豊かな旅が送れるよう願っています。

また遊びに来てください!
非公開コメント