Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

肉を手にしたときのショック

2015.09.06 06:22|エクアドル☞EDIT
アシカのことをブログで書いたけれど、アシカとオットセイの違いがいまいちわからないイクエです。
水族館でアシカやオットセイのショーがあるけど、どんな違いがあるんだろう。

のんびりゆったり過ごしているイザベラ島。
ビーチには、アシカもペンギンもイグアナも集まっている。
海中に潜れば大きな海ガメが集団でお昼寝。
まさに「動物の楽園」。

ヨチヨチ歩きのイメージが強いペンギン。
でも水の中ではまさに鳥のよう。
ひらひらと手を動かして飛ぶように移動。
ぼってりした白いお腹で、うまく水に浮いている。

a_GOPR4808.jpg

海ガメだって、負けてない。
海底で動きもせずに瞼を閉じてお昼寝してるけど、突然思い立ったように海面へ浮上していく。
ふわふわとゆっくり羽ばたいて。

a_GOPR4744_20150904140214f18.jpg

イザベラ島で魅力的なのは、海の中の世界ばかりではない。
海岸にはマングローブが茂る。
満潮のときは根本が水に浸かり、木の間をさらさらと水が流れる。
引き潮のときは、砂浜に現れた森のよう。

a_DSC_6997.jpg

マングローブが茂る場所は、栄養が豊か。
たくさんの生物たちの住処となっている。
カニたちもあっちこっち動き回っている。

a_DSC_7155.jpg

そうかと思えば、脚の長い鳥が食事中。
きょうのメニューは・・・。

カニ!

a_DSC_7142_201509041212088f4.jpg

ここイザベラ島は、ガラパゴス諸島のなかでも唯一赤道直下に位置する島。
6つの火山によってつくられた島でもある。
およそ1000万年前、海底からマグマが噴き出し溶岩が盛り上がっていき、噴火してそれぞれの山が繋がって島となった。
だから、黒々とした溶岩で大地は覆われている。

a_DSC_7079.jpg

イザベラ島の山は活火山で、いちばん高い山は標高1707メートルのウォルフ火山。
それぞれの火山にはカルデラがあって、カルデラは直径10キロととても大きい。
海だけでなく、山へのトレッキングも楽しめる。

とは言え、いろいろと規制が厳しいガラパゴス。
集落から離れた場所に個人で勝手に行くことは許されない。
トレッキングをするには、ツアーに参加してライセンスをもったガイドとともに行動しないといけない。
ツアー代も高いし、自分たちのペースで楽しめないので、イクエとケンゾーはダイビング以外のツアーには参加しないことに。

ということで、ツアーに参加せずとも散策できる近場へ ♪
あの動物に会えるらしい。

集落から海岸沿いをおよそ500メートルほど歩く。
すると「Arnaldo Tupiza Chamaidan」というトレイルの看板と遊歩道が出てくる。
その遊歩道を北へと歩いていく。

遊歩道の上ではイグアナが日光浴中。

a_DSC_7181_201509041212077b3.jpg

この遊歩道、池の上に作られている。
その池の色が、なんだかとっても異様。

銅を溶かしたような、地獄湯のような赤茶色。

どうしてこんな色なんだろう。
まさか温泉じゃないだろうけど、火山地帯だからこんな色をしてるのかな。

こんな奇妙な色の池にもイグアナや水鳥たちがいる。

a_DSC_7182.jpg

さらに、わたしの好きなこの動物も。
優雅な出で立ち。
ガラパゴスにもいたのね!

a_DSC_7186.jpg

フラミンゴ♡
フラミンゴはアフリカのナミビアでも見たけれど、こちらのほうがピンクの色が濃くて発色がいい。

a_DSC_7198.jpg

「フラミンゴ」っていう名前はラテン語で「炎」の意味のflammaからきてるんだって。
炎とまではいかないけれど、頭から脚まで濃いピンク。

産まれたばかりのフラミンゴは白色。
だけど、フラミンゴがエサとするものはβカロチンなどが含まれた赤っぽいプランクトンや藻類、エビ。
ピンクのものを食べるから、体がピンクに染まっていくんだって。

この赤茶色の池にはフラミンゴが好きなエサがいっぱいあって、そのエサがフラミンゴの体をこんな色に染め上げていくんだね。

a_DSC_7188.jpg

ちなみに動物園で飼育されているフラミンゴは、赤い色素が添加された飼料を与えられている。
それでピンクの色を維持しているらしい。
人工的な色なんだと思うと、動物園のフラミンゴを見てただ単に「美しい」とは言えなくなる。

a_DSC_7201.jpg

野生のフラミンゴを見ながら、30分ぐらい歩いていく。
木の遊歩道が途切れてこんな道に。
わたしの背丈よりも高い木々が生い茂っている。

a_DSC_7199_20150904121702276.jpg

でもそんな光景もつかの間。
こんどは尖った枝をもつ低い木やサボテンがぽつぽつ。
しかも地面は土じゃなくて溶岩。
溶岩からにょきっとサボテンが出ているのが不思議。
よくこんなところで育つなあ。

a_DSC_7204.jpg

このトレイルの先に待っているもの。
それはビジターセンター。
ビジターセンターで会える生き物は、この子たち。

a_DSC_7206.jpg

ゾウガメ

サンタ・クルス島のチャールズ・ダーウィン研究所同様、ここでもゾウガメが飼育されている。
ガラパゴスはいろいろとお金がかかるけれど、ダーウィン研究所もここも入場無料。

昔ガラパゴスはゾウガメにとって生きやすい環境だったけど、外来種が入ってきてガラパゴスの環境も変わってきている。
家畜として島に連れてこられた牛に卵を踏まれたり、赤ちゃんゾウガメが犬なんかに食べられたり。

ガラパゴスのそれぞれの島によっていろんな種類のゾウガメがいたけれど、すでに絶滅したものや絶滅の危機に瀕している種類もいる。

だからここで交尾させて、卵を産ませて大切に育てている。

ほら、ビジターセンターにはこんな看板が。

a_DSC_7220.jpg

残念ながら発情期はすでに終わっていたけれど、4月ぐらいに訪れればここでカメさんたちが子作りに勤しんでいるのを目撃できるらしい。
ビジターセンターには交尾のことを説明するパネルがあって、それによると体の重いゾウガメの交尾はメスにとってはとても大変なので、オスから逃げるメスも多いんだそう。
300キロぐらいのゾウガメもいるから、上に乗られたらたまらない。

a_DSC_7216.jpg

ゾウガメってもちろん甲羅も固そうで重そうだけど、体全体が恐竜みたいで強そう。
よく見ると、手まで甲羅のような模様をしている。

a_DSC_7215.jpg

そんなゾウガメたちの寿命は長い。
100年以上生きるのは珍しくなく、200年なんてものも。

ここには、そんな百何十年も生き続けているゾウガメたちも。
お年寄りのカメたちはほとんど動かず、ぐったりしている。

a_DSC_7219.jpg

あなたたちが産まれたころは日本はまだ明治時代?
その貫禄のある体から、歴史の深さを感じるよ。

ちなみにこのビジターセンターから200メートルほど北に行った先にも湖があって、そこにもたくさんのフラミンゴがいた。

ここイザベラ島に来れば、美しいピンクのフラミンゴに会えますよ♡

海で泳いで、陸を散歩して。
いつもお腹が減っているわたしたち。
毎晩魚料理を食べているけれど、きょうぐらいは別のものを食べることに。
市場へ買い出しへ。

市場といっても、イザベラ島のは「市場」と呼ぶにはふさわしくないくらい小規模。
小さな八百屋さん、肉屋さんが数軒並んでいるだけ。

ちょうど肉屋さんに、捌いたばかりの牛肉が納品されたところだった。

a_DSC_6958_201509041211139bd.jpg

新鮮な肉を分けてもらって、ビニールに入れてもらう。
手のひらで受け取ると、じんわりと熱が伝わってくる。
体温くらいの温度で、生き物を抱きかかえるときのようなほっとする温度。

さっきまで生きてたんだなあ。

申し訳ないような、ありがたいような、複雑な心境になる。

a_DSC_6959_20150904121118e53.jpg

宿に戻り、キッチンでビニールから肉を出し、まな板へ。

トオルくんが叫んだ。
「どうして!?
 あったかい!
 どうしてこの肉あったかいんですか!?」

「・・・さっきまで生きていたから。」
「ええっ!
 そっかあ。
 うわー、あったかい。
 あー、そっかあ、あったかい。」

肉を見つめながらずっとつぶやいていた。

トオルくんの驚きをわたしも経験したことがある。
ヨルダンのお肉屋さんで、目の前で鶏がさばかれ、それを受け取ったとき。
日本にいるときは冷蔵されている肉しか買ったことがない。
冷たいはずのものが温かいという驚き。
しかもその温度が、人工的な温かさではなく、じんわりとするほどよい温かさ。
肉のかたまりをもっているのに、生き物を抱いている感覚。

そしてまな板にそれを起き、温かい肉のかたまりに包丁を入れていく。
命を頂くとはこういうことなのか。
無視したいものを突きつけられる感覚。

ガラパゴスでたくさんの動物たちに出会い、癒やされ、楽しませてもらっているわたしたち。

ダイビングやシュノーケルで魚を見て、夜は魚料理を食べている。

ああ、人間って・・・。

温かい肉のかたまりを包丁で一口大に切り、鍋へ。
今夜のメニューは、カレー。
トオルくんがもっていた日本のルーで。

a_DSC_6960_201509041211172b8.jpg

「あ〜うまい!」
「おいしいねえ。
 おかわりもあるよ。」


複雑だけど・・・
日本から遠く離れたガラパゴスで食べる日本のカレー。
かなしいかな、とてもおいしかった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

良い記事ですね!

Re: No title

ありがとうございます!
これからも、お暇なときに読んでいただけたら嬉しいです。
非公開コメント