Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

珍客続出 世界でここだけ?の魚市場

2015.08.30 05:57|エクアドル☞EDIT
最近酒に弱くなったなあと危機感を覚えているケンゾーです。
旅中ももちろん酒はよく飲んでるんだけど、さすがにベロンベロンになるまで飲むなんて事はまずしない。
日本にいるときはしょっちゅう記憶が飛ぶほど飲んでいたんだけど、この3年間は飲んでも2人でワイン1本くらい。
缶ビール1本でも眠たくなるほどすっかり弱くなってしまった。
いくら飲んでも気持ち悪くはならないんだけど、寝ちゃうんだよねえ。
帰国したら友人たちや旅友と久しぶりに飲むことが楽しみなのに大丈夫かなあ。
キューバのラムとメキシコのテキーラで鍛え直そう。

動物の楽園ガラパゴスに上陸したケンゾーとイクエ。
まずはサンタ・クルス島にしばらく滞在する予定。
ガラパゴスのハイライトはなんと言ってもここでしか見ることができないたくさんの動物たちを見ること。
ここサンタ・クルス島のプエルト・アヨラには世界でもここだけ何じゃないの?!というような動物スポットがある。
かなり意外な場所なんだけどね。

物価の高いガラパゴス。
滞在する3週間は毎日自炊が鉄則。
島での食の醍醐味はもちろん
プエルト・アヨラに滞在中は魚市場に通うことが日課。

ホテルから魚市場までは約500mの距離。
しばらく歩いていると前方に市場らしきものを発見。
これ、かな?
思っていたよりもずいぶん小さい。
そして人間以外の物体が多数ウロチョロしている。

a_DSC_6682_20150829225829972.jpg

a_DSC_6683_201508292258313bf.jpg

ペリカンだ。
チリのビーニャの魚市場にも群がってた食いしん坊なヤツら。
要領がいいのか悪知恵が働くのか、市場のおこぼれにあずかろうとする。
場所は違ってもやってることは同じこと。
これも野生の本能と言えるのかな。

これがプエルト・アヨラの魚市場のすべて。
予想以上にこじんまりとしていてちょっと拍子抜け。
まあ、ゆる〜い感じが親しみやすいけどね。

a_DSC_6690_20150829225832ebe.jpg

子どものころはご多分に漏れず魚よりも肉のほうが好きだった。
いつからだろう、肉よりも魚が並んでるほうがわくわくするようになったのは。
ここプエルト・アヨラの魚市場はまあまあの品揃え。
でも残念なのは貝やイカ・タコ類が一切ないこと。
獲れないのか食べないのか、島外に売ってしまうのかは謎。

a_DSC_6829_20150829225925f56.jpg

魚を捌くおっちゃんの前には客の人間、ではなくペリカンたちが陣取っている。
おっちゃんの様子を固唾をのんで見守るペリカンたち。
ライバルたちを牽制しながら臨戦態勢。

a_DSC_6748_20150829225923654.jpg

今か今かと待ち構えるペリカンたちに向け、おっちゃんが捌いた魚の皮の部分を放り投げた。
魚の皮を巡った激しい争奪戦のスタート。
ギャーギャー鳴きわめくペリカンたち。
幸運なことに皮をキャッチするも、残念ながらベロンと顔に張り付いて視界が塞がれてしまったペリカン。
本人もバタバタ大暴れ、皮を奪われたペンギンたちも隙あらば奪い返そうと大騒ぎ。

a_DSC_6741_201508292259014d2.jpg

a_DSC_6742_201508292259034b6.jpg

広げると1m以上ある翼をバサバサと羽ばたかせ暴れまくるペリカンたち。
魚の皮を奪い取ろうと大きなくちばしで襲いかかる姿は恐怖でしかない。
最終的には皮が顔に張り付いたペリカンがどうにか飲み込んで戦いは終了。
皮を噛むでもなく、ごくり。
喉元が大きく膨らむ。
勝利の雄叫びを上げているのかどうかは知らないけど、ポーズが怖すぎる。

a_DSC_6743_20150829225904b4c.jpg

これはこれでスゴい光景だけど、ガラパゴスじゃなくてもペリカンはいる。
ここの魚市場でしか見られない珍客はペリカンじゃなくてこいつら。

a_DSC_6744_20150829225904c97.jpg

a_DSC_6832_201508292259278dc.jpg

a_DSC_6886_20150829230020be0.jpg

図々しいペリカンとは違ってちょっと控えめ、物欲しそうに魚を見つめる黒いやつ。
ガラパゴスのマスコット的存在のガラパゴスアシカ
アシカがこんな至近距離までやって来る魚市場は世界でもたぶんここだけなんじゃないかな。

ペリカンと違ってのんびり屋のアシカ。
おこぼれをもらえるまで健気に待ち続ける。
なかには待ち疲れて寝ちゃうやつも。

a_DSC_6833_201508292259340bd.jpg

a_DSC_6736.jpg

a_DSC_6732_2015082923325682f.jpg

眠くなったらどこでも寝ちゃう、とにかくマイペースなアシカたち。
世界広しと言っても、アシカが昼寝をする市場は世界でもここだけ。
ほんの2cmくらいの高さだけど、枕があったほうがいいみたい。

a_DSC_6904_2015082923010625f.jpg

a_DSC_6905_201508292301035fb.jpg

ほかにもこんな鳥も市場で発見。
黒い体のガラパゴスアメリカグンカンドリ
繁殖期になると雄は雌の気を惹くために喉元にある真っ赤な袋を大きく膨らませることで有名。
膨らませてくれないかなあとじっと待ってたんだけどダメだった。

a_DSC_7279.jpg

a_DSC_7282.jpg

この市場はガラパゴス動物劇場。
観光客はカメラ片手に、動物たちが繰り広げるドラマを見守る。

a_DSC_6713_20150829233253607.jpg

a_DSC_6712_20150829233257b31.jpg

もちろん動物を見るのも楽しみだったけど、新鮮な魚をゲットすべく毎日通っていた魚市場。
種類はそんなに豊富ではないんだけど鮮度は抜群。
よく買ったのはカツオ。
1リブラ(ポンド)≒450gで2.50ドル。
分厚く豪快に切って贅沢な刺身!

a_DSC_6717_201508292258343e2.jpg

a_DSC_6727_20150829225835a08.jpg

トオルくんが合流するとドーンと豪快に半身を購入。
カツオと言えばやっぱりタタキ。
なんとかガスコンロの直火で炙ってそれっぽいものの完成。
玉ねぎのスライスとニンニクを添えて頬張ると最高!

a_DSC_6889_20150829230022a51.jpg

a_DSC_6893_2015082923002220c.jpg

a_DSC_6900_20150829230033963.jpg

ほかのブログを見ると「プエルト・アヨラではマグロが手に入る」と書いてたので期待してたんだけど、結局出会わずじまい。
たぶんカツオと間違えてたんじゃないかな。
市場の漁師たちもカツオのことを「ツナ!」って教えてくれたし。

こんなド派手な魚にも挑戦。
甘みのある味で刺身だとタイのような味。
野菜といっしょに煮込んでスープにしたら絶品だった。

a_DSC_6831_20150829225927916.jpg

a_DSC_6847_20150829225951020.jpg

a_DSC_6848_201508292259525cb.jpg

キッチンが広くて使いやすかったので料理がしやすくてよかった。
唯一最大の欠点は包丁が切れないこと。
仕方なく毎回十得ナイフで魚を捌いてた。
たぶん旅人あるあるに入ると思うけど、海外の包丁はなんでこんなに切れないんだろう。

十得ナイフを駆使してほぼ毎日刺身は食べてた。
煮付けやシーフードパスタがメインで大量の刺身がサイドメニューという贅沢さ。

a_DSC_6880_20150829225955ff8.jpg

a_DSC_6915_20150829230107b37.jpg

a_DSC_6879_20150829225955d42.jpg

a_DSC_7287.jpg

トオルくん秘蔵の日本酒を飲みながら新鮮な刺身を食べるという至福のとき。
ちなみに、酒類は本土の3倍以上するのでがんばって持ち込んだほうがいい。
ビールは大瓶で3ドル、かなりの贅沢品。

a_DSC_6882_20150829230018cbb.jpg

a_DSC_6917_20150829230107828.jpg

a_DSC_6881_20150829225957f3c.jpg

気になる物価は・・・やっぱり高い。
でもなぜか米は高くないので現地調達でも大丈夫。
飲んべえは食料よりも酒!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

楽しい夫婦世界ー周ブログですね。

ふたりでふらりさん、私も夫婦で世界-周出来たら楽しいでしょうね。

ですので世界ー周をして居ないのに、昔の海外旅行記で、この世界ー周ランキングに参加している「定年バックパッカー」の偽世界ー周ブログには頭に来ます。

ルールはありません

 JOさんへ

 ルールはないので『世界一周』について何を書いても良いはずです。

 うそを書いている人もいると思いますが、それも全く問題ありません。

 自分の考えを他人に押し付けようとするあなたに問題があります。

 あなたの意図がどこにあるのか推し量りかねますが、こんなクレームを書き込まれた「ふたり」はいい迷惑です。

JOさま

コメントありがとうございます!

世界一周でなくても、移動手段やホテルに変化をつけるだけでも普段の旅行とは違う刺激を感じられるかもしれませんよ。それぞれの夫婦旅を楽しみましょう!

OJさま

お気遣いありがとうございます!
わたしたちはぜんぜん大丈夫です。

これからも是非遊びにきて下さい!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

さすがガラパゴスならではの魚介

ご無沙汰です 相変わらずの料理の手さばき流石です。 
魚市場もレストラン行き用と一般売り用に仕分けているのでしょうか? それにしても見る限り日本名でいえばハタ系/スズキ系/マグロ(カツヲ)系と種類豊富ですね。おこぼれ待ちのペリカンやアシカの姿は日本では考えられない光景で癒されます。
「マグロが無かった」と書かれてましたが アシカさんと一緒にキハダマグロ?が映っていた様な…やはりレストラン行きなのでしょうか? 
私達は魚を見るとすぐ“醤油とわさび”を連想するのですが ほんと狭い考えですよね。

Takeさま

こんにちは!
実は、ガラパゴスではもっとたくさんの魚介を食べられるかと思っていたら案外種類は少なかったのです。
とくにカニや貝などは冷凍しかなくて・・・。
タコも一度スーパーには売っていましたが、売っているのは珍しく、しかも高かったので断念しました。
でも、普通に海岸を歩いていたときにはタコが泳いでいるのを見たんですよ。
やっぱり、おいしいものは島の外に運ばれているのかもしれません。
非公開コメント