Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅したペルー こんな国

2015.08.24 05:45|南米☞EDIT
ペルーには6/2~7/23まで52日滞在しました。
世界遺産のマチュピチュ、絶景オンパレードのトレッキング、久しぶりの友人との再会など盛りだくさんの滞在となりました。
そんなペルー旅を振り返ります。

旅の費用はいくら?

ペルーでいくら使ったのか発表します。

交通費  1045.65ソレス
外食費  699.00ソレス
食料費  773.20ソレス
宿泊費  1605.00ソレス
観光費  1109.26ソレス
その他  481.40ソレス

合計  5713.51ソレス=約224,982円(1ソル=40円)
約4,327円/1日2人で

ペルーはマチュピチュを筆頭に観光スポット、とくに遺跡関係の入場料が高い。
でもローカルな食堂に限れば外食は意外と安かったので助かった。


◇移動手段はこうでした

リマ以南のバス移動はまったく問題なかったんだけど、リマから北のバス移動にけっこう手間取ってしまった。
原因はバスターミナルが無いこと。
街に公共のバスターミナルが無く、それぞれのバス会社からバスが発着している。
ワラスのような小さな町は問題ないけど、大きな街になるとバス会社間の移動はかなり困難。
バスを乗り継ぎながらエクアドルへ移動したんだけど、乗ってきたバス会社に次の街までのバスが運行されてなかったり待ち時間が長かったりと接続が悪くてかなり振り回された。
ペルーの北部をバスを乗り継いで移動する際には、事前に次に行く街までのバスがあるかどうかバス会社に確認したほうがいい。

a_DSC_6436_2015082323474746f.jpg


こんなお宿に泊まりました

宿の相場はダブルルームで1室30~40ソレスくらい。
クスコやリマは高いけど地方は安い。
Wi-Fiやキッチンがある宿も多い。
おすすめはアレキパの「サンドラの家」。
サンドラママの作る朝食と夕食がついて1泊30ソレス(2泊目以降は25ソレス)。

a_DSC_5287_20150823234720662.jpg

コストパフォーマンス最強宿はワラスのEL TAMBO。
個室もドミトリーも同料金で1人10ソレス。
Wi-Fi、キッチン、ホットシャワーあり。
世界中の山好きが集まる宿。
ワラスは涼しくて気持ちがいい街なので、沈没したい人にもおすすめ。

a_DSC_5507_2015082323473595e.jpg


これが一番うまかった!

ケンゾー 「ウニのお好み焼き風」
砂漠に囲まれた都会のオアシス・ワカチナに向かうときに立ち寄ったイカ。
物価の高いワカチナに行く前に腹ごしらえをしようと、深く考えずに入ったバスターミナルに隣接していた安食堂。
これまたとくに考えずに頼んだ2つあるランチメニューの一つがウニの料理だった。
見た目はかき揚げで、「お!もしかして海鮮のかき揚げかな?」と思ったんだけど、まさかのウニだった。

a_DSC_5346_201508232347309c1.jpg

揚げてはいるんだけどサクサクっとした歯ごたえじゃなくて、中はふわっとお好み焼きみたい。
ちゃんとウニの風味がぷわっと口の中に広がってうまい!
まさか7ソレスのランチでウニを味わえるとは思ってもみなかった。

a_DSC_5347_201508232347326bb.jpg

今度はビールといっしょに!って思って、この日以降も探したんだけど、けっきょく出会わずじまいだった。
文句なしにまた食べたい料理。

イクエ 「ホルモン焼き」
コルカの屋台料理。
おいしそうな匂いに誘われて注文。

a_DSC_4461_201508232346520f8.jpg

ホルモンとジャガイモを鉄板でジュウジュウと焼いて甘辛のタレに絡めて。
一皿5ソレス。
ホルモンはやわらかく、ジャガイモはホクホク。

a_DSC_4462_201508232346537d7.jpg

日本でも売れそうな味。
冷えたビールや酎ハイといっしょだと最高だろうなあ。
別の日にもう一度買おうとしたらお店が出ていなかった。
あの日はお祭りだったから、特別メニューだったのかも。


おすすめ!!一番良かった場所

ケンゾー 「トレッキング」
コルカ渓谷とワスカラン国立公園のトレッキングがよかった。
ワスカラン国立公園の美しさは別格。
なんど叫んで、なんど溜め息をついて、なんど泣きそうになっただろう。

a_DSC_6084_201508232347362a3.jpg

a_DSC_6343_201508232347463bf.jpg

コンドルが舞うコルカ渓谷のトレッキングは、宿のロケーションが良かった。
1泊目は崖を1000m下っていった谷底のオアシスにある宿。

a_DSC_4638_20150823234655da3.jpg

a_DSC_4639_20150823234656033.jpg

断崖絶壁の山に囲まれたオアシス。
空は山に遮られ狭く、世界から隔絶された秘密基地にいるような気分に。
のんびりとプールに浸かりながらビールを飲んだらもう気分は最高。

a_DSC_4660_2015082323471406b.jpg

a_DSC_4662_20150823234716008.jpg

2日目は崖っぷちに建つ素朴な宿。
なんといっても目玉は天然温泉!
川のせせらぎをを聞きながらの月見風呂は最高だった。

a_DSC_4801_20150823234717a2a.jpg

a_DSC_4821_201508232347191f7.jpg

イクエ 「ペルー警察」
クスコにマチュピチュ、ウロス島、ワラス・・・。
見どころ満載のペルー。
その中でワラスがいちばん感動したけれど、それに負けず劣らず感動したのが宿で盗難にあったときのペルー警察の対応!
ペルーの警察に助けを求めると逆に賄賂を要求される、なんて噂を聞いていたけど全然!
刑事は英語堪能で、対応は紳士的。
なんと事件現場の安宿までわたしたちをパトカーに乗せて管理人に事情聴取をするという徹底ぶり。
盗難で嫌な思いはしたけれど、旅行者を大切にする仕事熱心なツーリストポリスのおかげでペルーを嫌いにならずにすみました。
ペルーのツーリストポリスに拍手。

a_IMG_4142_20150823234749705.jpg


ふらり ゆるり ペルーの感想は?

ケンゾー
ペルーと言えばマチュピチュしかないようなイメージだけど、とんでもない。
遺跡や民族はもちろんのこと、砂漠や海、そしてトレッキングと見どころ盛りだくさんのペルー。
今回は行ってないけどアマゾンもあるし思った以上に奥の深い国。

a_DSC_2789_20150823234607f00.jpg

a_DSC_5369_2015082323473376b.jpg

a_DSC_3030_20150823234634bb4.jpg

気になっていた治安も、観光に力を入れているだけあって観光地には警察があちこちにいて危険を感じることはなかった。
移動費や滞在費もそこまでかからないのでとても過ごしやすい国だと思う。
唯一期待はずれだったのは、雑貨や衣類が思っていた以上にショボかったことかなあ。
ボリビアのほうが種類が豊富でセンスがいいし、格段に安かった。
南米の土産物を買うならボリビアのほうが断然いいと思う。

イクエ
「ペルーと言えばマチュピチュ」と思っていたけれど、旅行を終えてみるとマチュピチュの印象が薄くなるほどペルーにはマチュピチュ以外の見どころがいっぱいありました。
インカの遺跡も、山も、海もあるペルー。
思っていたよりも発展していたし、旅行しやすい国。
遺跡や国立公園の入場料は高いけど、宿代や食費、移動費はそこまで高くないのでバックパッカーでもじゅうぶん楽しめます。
世界でいちばん標高の高い街「ラ・リンコナダ」に行けたのもよかったです。

a_DSC_4184.jpg

a_DSC_4206_20150823234612a54.jpg

遺跡に興味がない人も、コルカ渓谷やワラスのトレッキングは壮大な自然が楽しめるのでおすすめ。

a_DSC_4640.jpg

アマゾン方面には行ってないけど、イキトスあたりも楽しそう。
ペルーに行けば南米の「いいとこどり」ができるんじゃないかな。
国土も広いし、1か月くらいペルーにあててもいいと思いますよ。

a_DSC_3250.jpg

a_DSC_2732_201508232346062aa.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント