Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

バスがない!ペルー脱出ならず?

2015.08.23 05:58|ペルー☞EDIT
キューバ行きのチケットを購入してホッとひと安心のケンゾーです。
先日30分の違いでプロモーション価格のチケットを買いそびれてしまってガッカリしていたふたり。
しばらくショックを引きずっていたんだけど、翌日ふたたびプロモーションが復活。
買いそびれた時と同じ値段で無事に購入。
10月に3週間、歴史が変わろうとしているキューバに行ってきます。
たぶんこの旅最後のハイライトだろうなあ。

5日間にわたってキャンプをしながらワスカラン国立公園のトレッキングを楽しんだケンゾーとイクエ。
ワラスに戻り、疲れきった体を一日休めてから移動開始。
もうふたりとも若くはないからね。
若者みたいな弾丸移動は、もうムリだね。

ここからふたりがめざすのはエクアドル!
じつは6日後までにグアヤキルにたどり着かないといけない。
その前に、世界遺産の街クエンカにも寄りたいので時間はあまりない。
ワラスからクエンカまではおよそ1200km。
とりあえずは国境近くのピウラをめざそう。
ワラスからピウラまでの直行バスはないので、まずはトルヒーヨまで。

ピウラ

ワラスにはバスターミナルがなく、バスはそれぞれのバス会社から発着している。
ほとんどのバス会社はSimon Bolivar通りに集まっているので不便ではない。
今回はLINEA社を利用。
朝8時半発でトルヒーヨまで20ソレス(約800円)。
座席が大きくゆったりとしていたので快適。

a_DSC_6436_20150822145905918.jpg

a_DSC_6437.jpg

車窓から見えるワスカランの美しい山々。
まだ脳裏に強烈に残っているトレッキングの情景が蘇る。
素晴らしい5日間だったなあ。
この感動を越える景色に次はいつ出会えるだろう。

a_DSC_6444.jpg

a_DSC_6441.jpg

しばらくすると、窓から見える景色がアルゼンチン北部のウマワカ渓谷に似た地形へと変化。
同じ山は山でもワスカランの雪をかぶった山とはガラッと印象が変わる。

a_DSC_6450_20150822150539703.jpg

5日間のトレッキングは感動の毎日だったけれど、歩いた距離はせいぜい50kmちょっと。
世界は地球は広くて大きい。
この旅であと何度震えるような絶景と出会えるだろう。

およそ6時間後にトルヒーヨに到着したんだけど、誤算が発覚。
各バス会社が集まるバスターミナルに到着すると思っていたら、LINEA社のオフィスが終点。
LINEA社のピウラ行きのバスはあることはあるけれど、夜発で長時間待たないといけないし高い。
ほかのバス会社に行こうにも、どこにあるのかさっぱり分からない。
どうしよう?

今から別のバス会社を探すこともできたんだけど、なんだか今日移動する気が萎えてしまった。
仕切り直しをしたい気分。
移動中どこかで一泊しないと、夜行バスばかりじゃきついなあと思っていたので1泊することに。

トルヒーヨの市街地から10kmほど離れたところにワンチャコという海沿いの町がある。
サーフィンスポットとして有名で、若者に人気のリゾートエリア。
リゾートだけど貧乏サーファーが泊まる安宿もある。
海沿いの町だからきっとシーフードが食べられるだろうし、犬好きとしてはワンチャコという名前にちょっと惹かれる。

都合がいいことに、LINEAのターミナル前でワンチャコ行きの路線バスに乗ることができた。
ワンチャコまで約30分、1.50ソレス(約60円)。
車内はガラガラでいくらでも席が空いているのに、男の子が運転席の横の床の上に座っている。

a_DSC_6452.jpg

a_DSC_6453.jpg

シフトチェンジをするドライバーの仕草をじっと見つめる男の子。
親子なのかな。
大きなバスを運転するお父さんは男の子の憧れなんだろうね。
日本を出発する頃、飛行場で飛行機を牽引する車の運転手になりたいと言っていた甥っ子はいま何に憧れてるんだろう。

夕方5時半頃にワンチャコに到着。
車掌に「ここだよ」と言われて降りるも、目当てのゲストハウスまではまだ1km以上ある。
ゲストハウスをめざして歩いていると、乗ってきたバスと同じ番号のバスが何台も横を追い抜いていく。
けっきょくバスはゲストハウスのすぐそばまで通っていた。
車掌はきっと気を効かせて町の中心地で降ろしてくれたんだろうけど、ちょっと損した気分。

うまくいかない事は伝染するのか、汗を流しながら目当てのゲストハウスに着いたものの、ドアが閉まっていて入れない。
いくらベルを鳴らそうと、ドアを叩こうと返事が帰ってこない。
休業中なのか。
ヒッピー風の女の子2人も外から建物の中を伺っている。
この子たちも泊まりたいのかな?
でも手ぶらだしなあ。
よく見ると1人がピエロのような赤い玉を鼻に付けている。
たぶん大道芸をして路上でお金を稼いでるんだろう。

2軒隣の食堂のおばさんが「ドアをドンドン叩いたらいいよ」と言っているので休業している訳ではなく、単に留守にしているよう。
近所にちらほらとホテルはあるけれど、どれも手が届かない高いホテルばかり。
まいったな、日暮れも近いしどうしよう。

とりあえず夕日を眺めにすぐそばの海岸へ。
いまにも消え入りそうな太陽を背に、波に乗るサーファーたち。
この夕焼けに染まる海岸を眺めていると、無性にサーフィンをやってみたくなった。

a_DSC_6458.jpg

a_DSC_6462.jpg

トレッキングと同じく自然任せ、自然に抱かれるイメージがそう思わせたのか。
単に夕日を浴びて波に乗るサーファーが格好よく目に映ったのか。
なんにしても、きれいな夕焼けを見ることができてよかった。

a_DSC_6463.jpg

陽が沈んでもゲストハウスは閉じたまま。
おなじように海岸で夕焼けを眺めていたさっきの女の子たちに声をかけてみる。
アルゼンチンから来ていた2人は、友だちを訪ねに閉まっていたゲストハウスを訪れたんだそう。
ホテル探してるんだったら自分たちが泊まってるホテルが空いてるよ、と言われたので案内してもらうことに。
1人15ソレス(約600円)で泊まれるそうなので、まあ悪くない。

案内されてやって来たのは、さっきバスから降りたところ。
こんなことなら最初からこの辺りでホテルを探せばよかった。
ここにバックパッカー用のゲストハウスが密集しているから、車掌もここで降りたほうがいいよって言ってくれたんだろうね。
2人のホテルは併設されているレストランとサーフショップの裏。
中に入るとギターやジャグリングの道具が無造作に置かれている。
ホテルはヒッピーたちの溜まり場だった。

1人15ソレスで泊まれる部屋は空いてなく、2人で35ソレス(約1400円)の部屋にチェックイン。
ワンランク上と言っても、ダブルベッドが置かれただけの簡素な部屋。

a_DSC_6467.jpg

まあ1泊だけだし、寝床が確保できただけでもよしとしよう。
でも、さあ腹ごしらえだ!とホテル前の通りに出てがっかり。
よく見ると「1人15ソレス!」というホテルの看板があちこちにある。
どのホテルも建物がきれいだし、しかも「専用シャワー・トイレ付き」の文字も。
はあ〜、力が抜けるよ。
手頃な値段で食べられるシーフードにも出会えず、ちょっと残念なワンチャコ滞在に。

翌日、朝起きるとなんだかお祭りモードのワンチャコの町。
職場ごとにメインストリートをパレードをして練り歩いたりしているんだけど、子どもたちがかわいかった。
たぶんインカ時代を表してるんだと思うんだけど、手作り感満載のキラキラ衣装に身を包んだグループや、フリフリドレスで着飾ったグループなどおめかしした子どもたちが登場。

a_DSC_6483_20150822145958d27.jpg

a_DSC_6480.jpg

いったい何のお祭りだったのかは謎。
1週間後のペルーの独立記念日と関係があるのかな?
賑わうワンチャコの町を脱出し、トルヒーヨのEMTRAFESA社のバスターミナルへ。
ピウラまでは27ソレス(約1080円)。
1時半発のバスに乗ったので、ピウラに着くのは夜の8時くらい。
そこでうまくクエンカ行きの夜行バスに乗れるといいんだけど。

a_DSC_6492_20150822145958431.jpg

a_DSC_6494.jpg

このバスには車内食が付いていた。
量は少ないけどチャーハンとゼリー、そしてなぜだかあめ玉1個。
このあめ玉1個ってなんなんだろう。
こんなの付いてても嬉しくないし中途半端。
チャーハンはけっこう美味しかったんだけどね。

a_DSC_6495.jpg

予定通り8時過ぎにピウラに到着。
ここでまたしても誤算が。
ピウラにも統一のバスターミナルがない!
EMTRAFESA専用のターミナルに到着したんだけど、クエンカ行きのバスがない!
ペルーの北部はどこもターミナルが無いのかなあ。
バスの接続がまったくうまくいかない。

どこに行けばクエンカ行きのバスに乗れるのか、EMTRAFESAの窓口で尋ねて教えてもらうけれどさっぱり分からない。
なんかタクシーに乗ってどっかに行けって言ってるんだけど、土地勘がないからぜんぜん分からない。
仕方がないので、街を走っていたときの記憶を頼りにバス会社がありそうなところを目指し歩いていくことに。

いくつかバス会社は見つかったけれど、クエンカ行きのバスがない。
「あっちに行った◯◯って会社にクエンカ行きがあるぞ」そう言われて行ってみるも「朝しかない」とか「今日はもう出発した」と言われ別のバス会社へ。

いくつのバス会社に聞いてまわっただろう。
夜の街をバス会社を探して彷徨うケンゾーとイクエ。
けっきょく願いもむなしく全滅。
重い荷物を持って歩き回ってもうヘトヘト。
今日はもう諦めてここで1泊するしかない。
適当に見つけたホテルにチェックイン。
お腹が空いたので荷物を部屋に置いてすぐに外へ。

なにか手頃な食堂がないかなあとホテルの近所を物色中にひとつのバス会社が目に止まる。
このバス会社の存在は認識していたけど、看板に書かれた行き先にクエンカが無かったのでスルーしていたバス会社。
改めて見ると、小さな看板にクエンカの文字が。
胸がちょっとざわついた。
ダメ元で聞きに行くと、まさかの「このバスだよ!」
ええっ?マジで!?
「何時発?」
「い・ま!」

ちょっと待ったー!
乗ります、乗ります!

荷物を取ってすぐに戻ってくるから!と言って、ついさっきチェックインしたばかりのホテルへダッシュ。
払ったお金を返してもらえるか不安だったけど、説明したらこころよく返金してくれた。
申し訳ない!

バッタバタになったけどなんとかクエンカ行きのバスに滑り込みセーフ。
クエンカまで1人49ソレス(約1960円)だったんだけど、お金が足りなくて1ソレスくらい負けてもらった。
これ、今夜ここに泊まってたらぜんぜんお金が足りなかったな。
いやあよかったよかった。

a_DSC_6497.jpg

9時半に出発したクエンカ行きのバス。
夜中の3時に国境到着。
ペルーとエクアドルのイミグレーションは同じ建物内で隣り合っているのでスムーズ。

a_DSC_6499.jpg

そういえば、ボリビアのワイナ・ポトシ登山とアマゾンツアーを一緒にやったトオルくんも今日エクアドルに入るって言ってたなあ、なんてことを思い出していたら、なんとイミグレーションでトオルくん発見!
まさかの再会にビックリ。
イクエとトオルくんのシャツの色がかぶってるのにもビックリ。

a_DSC_6498.jpg

トオルくんの目的地はグアヤキルなので再会してすぐにお別れ。
でも、またすぐにあの島で再会するんだよね。
ということで、最後はバタバタになってしまったペルー旅だった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント