Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

リマ観光の穴場はここ!

2015.08.12 06:23|ペルー☞EDIT
たった今妻に「へなちょこ」と言われたケンゾーです。
ブログを書いてたんだけど、あまり気分が乗らず、「ブログ頑張ってるんだからコーヒー淹れてよ」って言ったら「ブログくらいでへなちょこ!」だって。
へなちょこって、久しぶりに耳にしたよ。

ご多分に漏れず、都会というだけでとくに見どころがある訳ではないペルーの首都リマ。
騒々しいし渋滞も激しいしあまり長居したいと思うような街じゃない。
だけどカメラの修理が終わるまでなんとか時間を潰さないと。

旧市街のセントロから路線バスで30分ほどのところにミラフローレスと呼ばれている新市街がある。
レストランやブティックが軒を連ねるおしゃれな街なんだそう。
といってもショッピングにはこれっぽっちも興味がないし、おしゃれレストランにも縁がない。
ミラフローレスをバスで素通りし、海岸沿いまで行ってみることに。

やって来たのはラルコ・マルというショッピングモール。
小綺麗な格好をして見るからにお金に余裕がありそうな人たちで賑わっている。
テラスからは太平洋の大海原が一望できる素晴らしいロケーション。

a_DSC_5485_20150811131918820.jpg

a_DSC_5487.jpg

リマにもこんなおしゃれスポットがあるんやなあ〜と感心していると、ビルの隙間から音もなくパラグライダーが登場。
ビルのすれすれを旋回しながら優雅に空を舞っている。

a_DSC_5482.jpg

a_DSC_5484.jpg

この海岸沿いは崖になっているから上昇気流が発生してパラグライダーにもってこいなんだって。
鳥になった気分で気持ちいいだろうなあ。
サーフィンもそうだけど、自然相手のスポーツへの憧れが強くなってきた。
帰国したらなにかはじめたい。

a_IMG_4092.jpg

海を眺めながら海岸沿いを歩いていると、巨大なモニュメントを発見。
男女が絡み合ってキスしているという、趣も芸術性も感じられないへんてこな像。

a_IMG_4099.jpg

ここはその名も「恋人たちの公園」
変化球なしのストレートな発想がラテンらしい。
南米のいちゃつき方は欧米人さえも凌駕している。
カップルはたぶん1日に500回以上キスしてるんじゃないかな。
あまりにし過ぎると1回1回のキスの重要度というか重みが薄くなってキスの価値が低くなるような気がするのはドライな日本人だから?
チュッチュチュッチュと仲がいいのはいいんだけど、もちろん終りが訪れるカップルもある。
冷めていく過程ってどうなんだろうね。
5分ごとにしていたキスの感覚がだんだん長くなっていくのかな?
あ〜、面倒くせ!って思いながらチュッチュするのかな?
こんなこと思うのはおっさんの証拠?

「恋人たちの公園」の横がパラグライダーの発着場だった。
パラグライダーって日本でやるといくらくらいかかるのかな。
スカイダイビングもそうだけど、せっかくだからこの旅の間に体験してたほうがよかったかな。

a_IMG_4100.jpg

それにしても、バスで素通りしたミラフローレスといいこの海岸沿いといい、旧市街やほかの地区と世界が違い過ぎてビックリする。
静かだしゴミも少ないし路上販売をする人もいない。
ボロボロの車なんか1台も走ってないし漂う空気感が違う。
努力では越えられない貧富の差を痛感する。

ふたたびバスに乗りバランコ地区へ。
こちらはリマのアーティストが多く住むアートな街らしいけど・・・。
中央公園周辺はよくあるコロニアルな街並み。
並木道がはしる閑静な住宅街にアーティスティックな雰囲気はあまり感じられない。

a_IMG_4103.jpg

a_IMG_4102.jpg

いちばんのおしゃれスポットは海へとつづく路地。
リマっ子イチ押しのデートスポットで、とくにライトアップされる夜はたくさんのカップルで賑わうんだそう。
でも昼間はそこまでオシャレな感じはしなかったなあ。

a_IMG_4105.jpg

a_IMG_4106.jpg

最後に、リマでいちばんのおすすめスポットをご紹介 ♪
「公共の公園内にある複合噴水施設」としてギネスブックに認定されている世界最大の規模のレセルバ公園内にある噴水。
入場料が4ソレス(約160円)とリーズナブルなのが嬉しい。

a_IMG_4018.jpg

園内には趣向を凝らした13個の噴水があり、夜になるとライトアップされる。
13個すべてがスゴいって訳ではなくショボいのもあるけれど、バリエーションが豊富でなかなか楽しい。

a_IMG_4020.jpg

a_IMG_4043.jpg

この「噴水のトンネル」はシンプルだけど面白くて大人も楽しめる。

a_IMG_4023.jpg

a_IMG_4026.jpg

中に入ることができる噴水は子どもから大人まで大人気。
タイミングを間違えるとびしょ濡れに。
叫び声が絶えることなく夜の街に響き渡る。

a_IMG_4034.jpg

a_IMG_4031.jpg

いちばんの見どころは19:15、20:15、21:30と夜に3回行われる噴水ショー。
音楽に合わせ噴水とレーザー光線がコラボレーション。
水をスクリーンに見立て、ペルーの文化や観光スポットを紹介。
水に映し出された映像の質感と選曲のセンスがなかなかいい。

a_IMG_4053.jpg

a_IMG_4051.jpg

ぜんぜん期待してなかったんだけど、結果的にリマでいちばん印象に残ったスポットだった。
160円と安いのもいい。
噴水は夜だけで月曜と火曜は休みなので要注意。
リマにお越しの際はぜひ訪れてほしいな。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント