Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ペルー「リマ旧市街」☆ 誇れる遺産なのか

2015.08.11 05:49|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
顔がどんどん黒く焼けていき、鏡を見るたびに「え!わたしこんな顔!?」と驚いているイクエです。
毎日泳いでいるからほぼスッピンなので、余計に老けて見える。
ちゃんと年相応に戻れるかな。

ペルーのお酒ピスコを試飲しまくり、とりあえずは満足したイクエとケンゾー。
次の目的地はペルーの首都、リマ!

リマ

ワカチナからタクシー5ソレス(約200円)でイカのバスターミナルに移動し、そこからリマ行きの長距離バスに乗る。
運賃は20ソレス(約800円)。
およそ5時間で、ペルー最大の都市リマに到着。

a_DSC_5449.jpg

ビルが建ち並び、広い道路が街を貫く。
交通量も多くて、イメージしていたよりも大都会。
これはもう「先進国」。

開発が進むリマだけど、植民地時代の建物が残る歴史地区がある。
世界遺産になっている旧市街。

きょうはさっそくそんな世界遺産のリマの街並みをお届けします!

なのだけれども、実はいつも使っている一眼レフをわたしがペルーのタキーレ島で落として強打させたもんだから、リマのニコンセンターで修理することに。

ということで、せっかくの世界遺産の街並みだけれど一眼レフが手元にないためiPhoneで撮影した写真でご紹介します。

画質は悪いけれど、そのぶんレトロで味のある写真かも。

ご了承ください。

a_IMG_3926.jpg

旧市街の中心部と言えばアルマス広場。
カテドラルや政庁が広場を囲むように建っていて、街の要となっていたところ。

南米には植民地時代の建物が残る街がいくつもあって、たいてい中心には「アルマス広場」という名前の広場がある。
アルマスとはスペイン語で「武器」という意味。
スペインが支配していた当時、暴動や敵の攻撃に備えて兵士を配置していた場所で、何かあったときはここに市民たちが避難することになっていた。

でも現在ではそんな名前に似つかわしくなく、気品あるイエローカラーの建物が広場を取り巻く。
優雅な雰囲気に包まれた憩いの場。
広場は芝生や花で飾られていて、観光客が記念撮影をしたりリマっ子たちが戯れていたり。

a_IMG_3935.jpg

広場に面した建物はほとんど黄色で統一されているけれど、カテドラルはアイボリーカラー。
1535年に建築が始まった、古いカテドラル。
カテドラルはスペイン的な街のシンボル。
スペインによる植民地化成功。
このときから、リマが都となった。

a_IMG_3933.jpg

石造りの壮大な建物。
張り出した木製の窓が特徴的。
石と木の融合はアンバランスなようで、マッチしている。

a_IMG_3931.jpg

旧市街の建物では、こんな張り出し窓がいたるところで見られる。
だからか異国情緒が漂い、温かみがある。

a_IMG_3961.jpg

歩行者天国のストリートにある黄色い建物はラ・メルセー教会。
張り出したファサード(彫刻が施された正面玄関)が特徴的。
1532年に建てられたもので、ここでリマで最初のミサが行われたらしい。

a_IMG_3994.jpg

アルマス広場前に鎮座するのはペルー政庁。
ここでは毎日正午に衛兵の交代式が行なわれる。
いつもフェンスの中で行なわれるけれど、なぜかこの日には政庁前に観覧席が。
日曜日だから特別なのかな。

a_IMG_3963.jpg

ツーリストは優先的に観覧席に座らせてもらえる。
もちろん無料。
11時半ごろ、馬に乗った衛兵たちが登場。
ぞくぞくと集まってくる。
たてがみを、ペルーの国旗カラー赤と白のポンポンで飾られた馬たち。
動作が機敏で、よくしつけられている。

a_IMG_3965.jpg

さらに楽団が登場。
驚くことに馬に乗ったまま楽器を演奏。
楽器が大きい人はバランスを取るのが大変そう。
両手がふさがってしまうドラムの人は、手で馬を操れないから足に手綱をつけていた。

a_IMG_3972.jpg

馬に乗って移動しながら、息を乱さず合奏するなんてすごい!
この人たちは毎日、こればっかり練習してるのかな。
これが彼らの職業。

今度は馬に乗った衛兵たちがフェンスの中へと。
乗馬でマスゲームのようなことを披露してくれる。
二手に分かれて突進しギリギリの幅ですれ違ったり、二つの円を描いて合流して一つの大きな円にしたり。
観客席からは拍手がおこる。

a_IMG_3974.jpg

「リマにはあまり観光するところがない」なんて言われることが多いなか、この政庁の交代式は立派な観光スポットとなっている。

「日本でも皇居でこんなことをやったら一つの観光資源になるなあ」なんて思っていたら、ケンゾーも同じことを言った。

「馬に乗って侍の格好でやったらめっちゃ外国人喜ぶやろうね。」
「刀振り回して、シャキーンシャキーンとかやったら『アメイジング!!』だよね。」

まあ、皇居でそんなことは許されないだろうけど。

リマの交代式は、南米と言うよりもヨーロッパスタイル。
背景の政庁の建物もヨーロッパみたいだし、衛兵たちもヨーロッパの衛兵たちと変わらない様相。
南米と言えどもスペインから一度征服されたから、国家のシンボルや国家を守る衛兵もヨーロッパ式になってしまった。

a_DSC_5497.jpg

リマの旧市街の魅力は夜にも。
旧市街は治安が悪いと言われるけれど、アルマス広場にはあいかわらず人が多くて賑やか。
暗闇に浮き上がるコロニアルな建物はロマンチック。

南米にいることを忘れてしまう。

a_DSC_5499.jpg

金が採れる南米。
インカ帝国はたくさんの黄金をもっていた。
そこに侵略してきたスペイン。
植民地で手に入れた富で、当時の侵略者たちはぜいたくな生活をし、贅を尽くした教会を建てたという。
この広場からは、そのときの様子が見てとれる。

ふんだんに水が流れ落ち、そして上へと吹き出す噴水は17世紀に造られたもの。

a_DSC_5491_20150805225003bcb.jpg


さて、ペルーの首都にあるコロニアルな街並み残る世界遺産の「リマ旧市街」。
「星いくつ?」

「星、1つ!

スペインの植民地とされた南米の国々には、コロニアルな街並みが点在していて、正直見飽きた感じ。
世界遺産ではあるけれど、規模や雰囲気は断然本場スペインのほうが上だし、かといって南米っぽさがあるわけではないので中途半端な街並み。
しかもリマの旧市街は都会過ぎて、ほかの南米の世界遺産の街よりも街歩きは楽しめない。

それにしても南米の世界遺産にはスペイン式の街並みが多い。
もっと南米らしい建築物があってもいいけど、破壊されたからしょうがない。

似たような教会ばっかりだもんね。

a_IMG_3937.jpg

a_IMG_3939.jpg

上のピンクの教会はサント・ドミンゴ教会。
1549年に建てられたもので、中はスペインで特注されたタイルで覆われ、当時教会の壁は豪華な絹織物で飾られていたんだって。

そしてこちらは1546年から100年以上かけて造られたサン・フランシスコ教会。

a_IMG_3981.jpg

a_IMG_3983.jpg

今でこそ、キリスト教はペルーに根付き、教会のミサに出かける信心深いキリスト教徒も多い。
といってもキリスト教を布教したのは、侵略者でもあるスペイン人たち。

当時スペイン人たちは力づくで、ペルーの人たちをキリスト教に改宗させた。
リマにはそんな歴史を語る場所がある。

a_IMG_3984.jpg

宗教裁判所博物館。
裁判所は1569年に開設されたもので、1820年までここで異教徒を裁き続けてきた。

植民地時代、キリスト教の信仰は絶対。
キリスト教に改宗しない人は、ここで裁かれた。

a_IMG_3986.jpg

異端者と見なされた人たちは罰として拷問を受けたり殺害されたり。
当時異端者は「野蛮人」だった。
でも、どっちが野蛮?
宗教ってなんなんだろう。

a_IMG_3988.jpg

両手両足を縛って八つ裂きにする刑。
椅子に座らせて後ろから首をロープで縛り上げる刑。

a_IMG_3990.jpg

人形で再現してある。

地下には洞窟のようなものもあった。
暗くてカビ臭い。
牢屋として使われていた。

「今のローマ法王はこういうのをどう思ってるんだろうね。」

ケンゾーがいった。

以前は太陽や大地の神を崇拝するアニミズムの土着の宗教が根付いていた。
いきなり知らない国からやってきた人たちに「キリスト教を信仰せよ」と強制されても、自分のこころのよりどころを簡単に捨てることはできない。

a_IMG_3987.jpg

実際に使われていた足かせや鎖も展示されている。

「キリスト教の布教」を名目にスペインからやってきた侵略者たち。
手始めに1532年、インカ皇帝のアタワルパを捕らえた。
アタワルパ皇帝を強引にキリスト教に改宗させ「フランシスコ」という洗礼名をつけたうえ、絞首刑に処した。
ここの人たちにとっては、とても屈辱的なことだった。

それからスペインはインカ帝国の首都だったクスコを占領し、リマを今のようなコロニアルな街にして都にしたのだった。

南米の世界遺産の街の多くがスペインがつくったもの。
たしかにコロニアルな街並みや威厳のある荘厳な建物、きらびやかな教会は華やか。
でも、その背景を思うと単に「美しい」とは言えなくなる。

本来「世界遺産」は、地元の人にとってもすばらしいものでそんな文化財や自然が残っていることは誇りでもある。

でも、このヨーロッパがつくった街並み。
この世界遺産を、地元の人はどう思っているんだろう。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

ひどいもんだね

スペインが侵略してごめんなさいと謝ったって聞いたことないね。

ビックリさま

南米を旅していると、フランス人やドイツ人はたくさん見かけるんですが、スペイン人とはほとんど出会わないんですよね。同じスペイン語圏なのに。侵略の過去があるので来づらいのかも?と思ってしまうのは考え過ぎでしょうかね?
非公開コメント