Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

クスコから日帰りできる 意外と穴場のマラス

2015.07.25 06:19|ペルー☞EDIT
美容室に行くのが苦手なイクエです。
何が苦手かって言うと、美容師さんとお話しするのが・・・。
どちらもがんばって話さなきゃっていうのが見え見えだし、お互い一生懸命話題作りをしなきゃいけないし。
自然にできなくてよそよそしいし、なんかそわそわしちゃうんですよ。
どこまでプライベートなことを話すべきかもわからず。
鏡越しに目が合うのも、気まずい。
だから美容室ではひたすら雑誌を読んでいます。
案外,わたしみたいな人多いと思うんだけどどうでしょう。

世界遺産の街、クスコに滞在中のイクエとケンゾー。
きょうはちょっと遠出することにした。

マラスという場所。

マラス

ガイドブックに紹介されてはいるものの、クスコ周辺にはたくさん遺跡があって見どころが多いので、みんなマラスにはそれほど行かない。

案外、穴場の場所。
そしてちょっとだけアクセスが悪い。

まずはウルバンバ行きのワゴンに乗る。
バスもあるんだろうけど、わたしたちはPavitos通りとGrau通りの交差点付近にウルバンバ行きのワゴンを出している会社が数社並んでいたので、それを利用。

a_DSC_3985_201507232304505e5.jpg

残念ながらマラス直通の公共交通はない。
マラスは幹線道路からおよそ4キロほど奥まったところにある。

ワゴンのドライバーに「マラスに行きたい」と伝えておくと、マラスへの分岐点で降ろしてくれる。
ここまでおよそ1時間ほど、運賃は6ソレス(約240円)。

a_DSC_3989_20150723230452d45.jpg

ここからマラスの村までおよそ4キロ。
歩いていけないこともないけれど、イクエとケンゾーが行きたい場所はマラスのもっと奥。
体力温存のために、ここは待機していたタクシーに乗ってマラスの村まで移動することに。
相乗りタクシーで運賃は1人1ソル(約40円)。

a_DSC_3990_20150723230455ed8.jpg

タクシーに乗った客、5人。
後部座席に地元の姉さんとおばあちゃんと外国人ツーリストとイクエの4人でぎゅうぎゅう詰め。
車がカーブにさしかかるたびに、おばあちゃんがもたれかかってくる。
半ケツで座りにくいけど、外の風景がのどかすぎて心にゆとりが。
外国人ツーリストのお姉さんと目を合わせ、この状況を笑いあう。

a_DSC_3991_20150723230457150.jpg

マラスは、古い長屋の建物が路地に陰を落とすひっそりとした村だった。
馬車の「タッカタッカタッカタッカ・・・」という音が響いてきそう。
クスコよりももっとタイムスリップできるところ。

a_DSC_3993.jpg

何もない村。
でもこんなところをゆっくり散歩するのも悪くない。
とはいえ、わたしたちのきょうの目的地はこの村ではない。
村からさらに5キロほど北へ歩いたところにある。
そこへと続く道は、いまタクシーで通り過ぎた場所だった。

歩いて少し逆戻り。
こんなことなら早めに降ろしてもらえばよかった。

その場所へと続く道は、舗装路から脇に入った土の路。

a_DSC_3995.jpg

たぶんこの道をまっすぐ行けばたどり着けるはず。
ちょっと不安になりながら、てくてく、てくてく。

きょうは天気もいいし、堂々とそびえる山を見ながら、気持ちよく歩いていく。

a_DSC_4007_20150723230539ae1.jpg

誰も来ないし、静かだなあ。
と思っていたら、向こうからこんもりとした・・・。
わたしたちの愛する・・・。

a_DSC_3999_201507232305191b3.jpg

a_DSC_4000.jpg

「がんばれ!がんばれ!ド・ン・キー!!
 負けるな!負けるな!ド・ン・キー!!」

きょうも健気に、頭を垂れてがんばっている。
もうちょっと荷物を減らしてくれてもいいのに、容赦ないね。

胴体が見えなくて、ハリネズミみたいになってるよ。

a_DSC_4002.jpg

少年に棒で追い立てられながらノロノロと坂を上っていくドンキーたち。

力持ちのドンキー。
がんばりやさんだ。

せめて仕事のあとはおいしいご飯とひとときの休息が待っているといいね。

a_DSC_4003_201507232305218b5.jpg

歩いているといつものようにモヨオしてきたイクエ。
いつものように野ションをすることにしたイクエ。

身を隠すような場所はないけれど、たま〜にロバが通るくらいなので人に見られる心配はない。
何もなくて静かな場所なので、遠くから足音がすればわかる。
いまは誰も来る気配なし。

ためらいもなくパンツを下ろし、ジャーッと勢いよく。

突然ケンゾーが言った。
「イクエ!来てる!!」

え!?
ウソ?

来てるっていっても足音もしないし、まだ大丈夫でしょ。

それにそんなに途中で止められるほど器用じゃない。

「イクエ!」

ジャーッというわたしの出す音のすぐ後ろから、シャーッという爽やかな音。

お尻丸出しのわたしの横を、マウンテンバイクに乗った外国人ツーリストが颯爽と過ぎていった。

完璧に見られてしまった。

そんなのアリ?
こんなところマウンテンバイクで観光しにくるとは思わないよ。
あっちゃ〜。

「なんでもっと早く教えてくれんかったと?」
「だって、見えんかったもん。
 教えたやん。」

「あれじゃ、間に合わんやろ。」

ケンゾーと言い合っていると、またあいつらがやってきた。

a_DSC_4008_201507232305430cc.jpg

どうせ見られるなら、あなたたちに見られたかったよ・・・。

マウンテンバイクの彼とはもう二度と会わないことを祈りながら歩くことおよそ1時間。

山間にわたしたちのお目当てのものが見えてきた。

おお〜!
あれかあ。

a_DSC_4013.jpg

白く輝く残雪のようなもの。
なにかわかる?

a_DSC_4014.jpg

これは塩田。
ここは標高およそ3000メートルのアンデスの高地。
でも、およそ6000万年前は海だった。
地殻変動でアンデス山脈ができあがると、元の海水は巨大な岩塩となって残った。
それが少しずつ溶けて、地下水となり濃度の高い塩水が湧いているのだそう。
普通の海水の7倍の塩分濃度があるらしい。
それを斜面の棚田に貯めて天日干しをして水分を蒸発させて、塩を作っているんだって。

棚田の縁は石で区切られている。

a_DSC_4021.jpg

この塩作りはなんとプレ・インカ(インカ帝国よりも前の時代)から続いているそうだから、少なくとも500年以上の歴史をもつことになる。

谷の斜面の長さは数キロにもわたっていて、棚田の数はおよそ4000枚。

a_DSC_4015.jpg

4月から9月の乾期にだけ、この白い塩田が見られる。
さらに塩の生産がピークを迎えるのは5月から6月ごろ。
わたしたちが訪れたこのときは、ちょうど6月下旬で地元の人たちがまるで畑仕事をするように塩を作っていた。

a_DSC_4036.jpg

塩田で塩を作るには、まず底を平らにして、塩水が地中にしみ込まないように粘土や砂を敷き詰める必要があるみたい。
その上に塩水を貯めて、かき混ぜたりしながら水分を蒸発させ、できあがった塩をかき集めるらしい。

a_DSC_4035.jpg

大きな企業が従業員を雇って塩を作っているのかと思ったけど、見ているとそんな感じではなさそう。
農家が自分の畑を持って耕すように、それぞれが塩田をもっているのかもしれない。
家族総出で一枚の塩田で作業しているところもあれば、この日は日曜日だから人がいなくて何もされていないところもある。

a_DSC_4057.jpg

真っ白い塩田もあれば、茶色い塩田もあって進捗状況にも差がある。

ここで採れる塩はまろやかでミネラルたっぷり。
インカ皇帝へも献上されて「インカの白金」なんて呼ばれていたのだとか。
日本でも「マラスの塩」として、通信販売などで売っているみたいだよ。

a_DSC_4054.jpg

入場料を払えば近くまで入れるんだけど、事前情報よりも入場料が数倍に値上がりしていたのと、外からでもじゅうぶん見られるので、わたしたちは中に入らなかった。

そのかわり、塩田に面した丘を歩くことに。
意外にここが絶景スポットじゃない?

塩田の端から端まで歩きながら眺めた。

a_DSC_4046.jpg

赤味を帯びたアンデスの谷間。
まるで、塩田はその谷間を悠々と流れる白い川のよう。

不思議な光景。

a_DSC_4050.jpg

塩田の斜面を北へ向かって終りまで下って行って、ウルバンバの西の方へ歩いて抜けることに。
空も青くて、ちょっとしたトレッキング。

a_DSC_4065.jpg

川を渡ると幹線道路にぶちあたった。
ここでクスコ行きのバスが通るのを待つこともできるけど、地元の人の勧めでウルバンバのバスターミナルまでいっしょにタクシーに乗ることに。
その方が確実にクスコ行きのバスに乗れるから。
地元の親子連れと相乗りして、ひとり1ソル(約40円)。

ウルバンバのターミナルからクスコ行きのバスに4ソレス(約120円)で乗ることができた。

自力で行くには車を乗り継いだり歩いたりしないと行けない場所でちょっと面倒だけど、だからこそ秘境に行くようで楽しい気分に。

アンデスの山奥にひっそりと隠れている、白く輝く歴史あるマラスの塩田。

クスコを訪れた際はぜひ足を伸ばしてみては?

でも、くれぐれもマウンテンバイクにはご注意を。
ここはサイクリストに人気のコースなんだって、あとで知ったよ・・・。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

圧巻!!

写真がどれもこれも素晴らしくキレイで見とれています
ドンキーって言うんですか?(ロバと違うのね?
彼らには悪いけど、ハリネズミに見えるドンキーも
確かに可愛いくて、前ページの子供たち同様にメロメロ~♫

こんなにも奥に何があるんだろうと思ったら
塩田ですか・・・(勉強になります
近くまで行かなくて正解かも?と思ったのが
下から2枚目の写真でした・・圧巻!!!の一言

妄想が得意な自分もそこに居るかのように想像して見ます。。。。
って・・・いくらなんでも現地に叶いませんが(笑)
妄想させてくれてありがとう、写真が素晴らしくてありがとうです。♥。

ちなみに私は美容師で一人でやって者です
イクエさん、無理に話さなくて大丈夫かと
お話苦手ですオーラは伝わるものです
こちらも少しホッとする所も無きにしも非ずですよ(笑)

takoさま

美容師さんだったんですね!
うらやましい。
美容師さんの旅人もけっこういて、手に職があるから帰国後の仕事も心配ないし、旅中も現地人や日本人旅人の髪を切ることができてみんなに喜ばれるから素敵だなあと思います。
ぼうぼうの髪をぜひ切ってもらいたいものです。

ドンキーって書いてるけどロバのことです。
あの哀愁ただよう姿がなんとも言えません。
わたしたち、大好きなんですよ。

塩田は、こんなところにあるんだーって驚きました。
不思議な光景でした。
近くにいって、舐めてみたかったんですけどねー。
味は想像にとどめておきます。
きっと、しょっぱいんだろうなあ。
当たり前か。
非公開コメント