Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

世界一かわいいお祭り

2015.07.24 05:55|ペルー☞EDIT
唇が乾燥してカッサカサのケンゾーです。
3700mオーバーの高地で5日間トレッキングを楽しんだ代償は、裂けた唇と粉を吹いた肌とむくみでパンパンになった顔と全身の筋肉痛。
笑ったら口が痛いし物を食べるのもひと苦労だけど、それ以上に絶景に身を浸した充実感でいっぱい。
楽しいトレッキングだった。

インカ帝国の首都だったクスコ。
毎年6月24日には南米三大祭りに数えられるインティ・ライミという祭りが開催される。
インティとは「太陽」のこと。
一年の収穫を感謝し、翌年の豊作を祈願する太陽の祭り。

6月に入るとお祭りムードに包まれるクスコ。
アルマス広場周辺ではインティ・ライミが近づくと、連日民族衣装を身にまとった人々が踊りを披露する。
学校や地区ごと、職場などのグループが音楽に合わせて踊るらしい。

クスコの街をぶらぶらしていたら、広場でダンスの練習をしている子どもたちが。
「うわ〜♡ かわいい〜かわいい〜♡」と連発するイクエ。
聞くと、翌日は保育園児たちがアルマス広場で踊りを披露して競うイベントがあるのだそう。

クスコから離れた観光地に行く予定だったけど、急遽予定を変更。

朝、アルマス広場に行ってみると民族衣装やカウボーイ姿など趣向を凝らした衣装に身を包んだ子どもたちが勢ぞろい!

a_DSC_3709.jpg

a_DSC_3702.jpg

a_DSC_3713.jpg

a_DSC_3712.jpg

保育園や団体で参加してるみたいで、数十グループぐらいが交互に踊っていく。
風習や言い伝えなどを基にしていてそれぞれちゃんとストーリーがあるんだろうけど、そんなことよりなによりとにかくみんなかわいい。

a_DSC_3725.jpg

a_DSC_3744.jpg

a_DSC_3742.jpg

日頃の練習の成果を発揮しようと一心不乱に踊る姿に40歳のおっさんはメロメロ。

a_DSC_3760.jpg

a_DSC_3761.jpg

a_DSC_3918.jpg

まだ小さな子どもたちはちょっと不安げ。
なかには泣きそうになってる子も。

a_DSC_3778.jpg

a_DSC_3791.jpg

でも年長さんくらいになると堂々としてる。
みんな毎日一生懸命に練習したんだろうね。

a_DSC_3768.jpg

a_DSC_3822.jpg

a_DSC_3842.jpg

数ある衣装の中でいちばんインパクトがあったのはこれ!
なにこのマスク姿!

a_DSC_3897.jpg

手にはリャマの人形。

a_DSC_3899.jpg

シュールでかわいいけど、誰が誰なのかぜんぜん分かんないよ。
沿道には写真撮影に忙しい保護者たち。
親は自分の息子がどれなのか分かるのかな?

ケンゾーは自分の子どもはぜったいに男の子がいいとずっと思ってた。
男ばかりの5人兄弟で女の子がいる生活が想像できないっていうのもあった。
でも健気に踊る女の子を見てると「ああ、女の子かわいいなあ」って思えてくる。

a_DSC_3803.jpg

a_DSC_3823.jpg

a_DSC_3839_20150723184431679.jpg

でもやっぱり男の子といっしょにキャッチボールしたりサッカーしたりするのも捨てがたいな。
大人になった息子と酒を飲むっていう夢もあるし・・・。

a_DSC_3831.jpg

a_DSC_3915.jpg

a_DSC_3882.jpg

もしも娘だったら・・・。
将来嫁にいくときあの「お父さん、長い間ありがとうございました」っていう場面で自分はどんな振る舞いをするんだろう。
泣いちゃうかな?
とか、かわいい子どもたちを見ていると妄想がどんどん膨らんでいく。
どちらにしても、運動会で走れるようにしとかないといけないな。

世界一かわいい子どもたちのダンスを見て大満足のケンゾーとイクエ。
本番のインティ・ライミはもういいやって思ってしまった。
子どもに勝るものはなし!

a_DSC_3884.jpg

a_DSC_3912_20150723184649446.jpg

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

女の子も男の子もどっちも良さがありますからね
娘さんとでもサッカーしたり、お酒飲んだりしても楽しいと思いますよ(私も20歳になって両親それぞれとお酒飲みました)
どっちであってもお二人なら仲の良い親子関係を築けるんじゃないでしょうか


でもケンゾーさん、娘が嫁にいくって考え方は古いですよー(笑)
家制度がなくなった今は夫婦それぞれが新しく一つの家庭を築いていくという風になってるので、女性が男性の家に嫁ぐという制度は昭和で終わったんですけどね・・・
まあ、結婚すると女性が男性の苗字になるパターンが殆どなのでどうしても今でもそういうイメージがあるのかなと思いますが
でも確かに昨今、嫁という言い方する人増えましたね
芸人さんがテレビで言い出したからだそうですが






白城さま

たしかにおっしゃる通りです。
イクエも、あまり嫁ぐという感覚はありませんでした。
「娘さんをください」の表現にも違和感あります。
披露宴では親への感謝の気持ちの手紙は読みましたが、結婚前夜に家で「いままでありがとうございました」なんて恥ずかしくて言えませんでした。

たしかに最近「嫁」っていう人多いですよね。
妻でいいのになあ。

No title

動画動画!見たい!て思いながら前のめりで読んでいったら最後に動画あったから嬉しかった―♡ナイスです。さすがです。
めっちゃかわいいね!!!ナオト・インティライミ意味がわかって目から鱗。

ほんなおこ。さま

ほんとめちゃくちゃかわいかった。
ナオトインティライミも旅行中に祭りと遭遇したのかもね。

そろそろ帰国だからフェイスブック本格的に始めようかと考え中。
浦島太郎になっちゃうから。
非公開コメント