Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ペルー「クスコ市街」☆☆ ヨーロッパが負けたもの

2015.07.23 05:39|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
これから夫の靴を縫うイクエです。
旅に出て自分で靴を修繕するのは何回目だろう。
3年近く旅行しているけど、ふたりとも靴を買い替えたのは一度。
あとは自分で修繕したり、路上の靴屋さんで直してもらったり。
帰国まで今の靴がもつかな。

世界遺産の街、クスコ。
標高およそ3400メートル。
まるで山肌に咲く花々のように、オレンジ色の屋根が可憐にこの大地を彩っている。

a_DSC_3981_201507212350565bb.jpg

人口およそ30万人。
新市街にはビルが建つものの、旧市街一帯には昔ながらの建物がびっしりとひしめいている。
密集しているけれど、屋根の色と白壁が統一されていて雑然としている感じはしない。

a_DSC_3983.jpg

寄り添うように建つ家々。
石畳の路地。

歴史ある街並みでありながら、どこか素朴。

a_DSC_3957.jpg

旧市街のまんなかにあるアルマス広場。
カテドラルや教会に取り囲まれたこの広場は、まさにクスコを象徴する場所。
クスコの歴史が刻まれた場所。

a_DSC_3076.jpg

「クスコ」とはケチュア語で「へそ」という意味。
インカ帝国の時代、ここはインカの中心地、首都だった。

現在のアルマス広場は、インカ帝国時代は神聖な場所だったところ。
アルマス広場には300キロも離れた海岸の砂が敷き詰められていたのだそう。

けれど16世紀にやって来たスペイン人たちが街の様子を一変させてしまった。

a_DSC_4089.jpg

アルマス広場のそばにあった神殿は破壊され、カテドラルに変えられた。
カテドラルは1550年に建設が始まり、完成したのは100年後。

さらに、広場に面したインカ皇帝の宮殿はラ・コンパニーア・デ・ヘスス教会に建て替えられた。

a_DSC_4081.jpg

キリスト教の普及を名目に、好き放題な振る舞いをするスペインからの侵略者たち。

インカ帝国の神殿や宮殿の内部は金や宝石で飾られていたけれど、これも略奪していったのだそう。

a_DSC_3080.jpg

スペインからやって来た侵略者たちは、インカ皇帝を殺害し、インカは滅びていった。

スペイン侵略時代に建てられた教会が、クスコの旧市街にはいたるところにある。
キリスト教の力は絶大で、結局今はペルー人のほとんどがキリスト教徒。
なんだか皮肉だ。

a_DSC_3117.jpg

侵略者たちによってスペイン式の街づくりがなされていったクスコ。
それでもこの街には、この街にしかない雰囲気が漂っている。

ヨーロッパとインカの融合。

a_DSC_3952_2015072123505090b.jpg

たとえばサント・ドミンゴ教会。
一見するとスペイン式の石造りの建物のようにも見える。
でもこの建物にはある秘密が隠されている。

a_DSC_3950_20150721235052fe2.jpg

この教会ができる前、ここにはインカ帝国の太陽の神殿があった。
太陽の神を祭る神聖な場所。

壁は幅20センチ以上の金の帯で飾られ、広場には金の石が敷き詰められ、金の泉からは水がとめどなく流れ、金のリャマを連れた人間の像まであり、金で覆われた太陽の祭壇があったのだとか。

a_DSC_3948_20150721235036afa.jpg

スペイン人がここにあった大量の金をスペインに持ち去ったことで、当時いっきに大量の金が流通しヨーロッパがインフレになったほど。

金で華やかに飾られていた太陽の神殿の跡に建てられたサント・ドミンゴ教会。

教会の土台の黒っぽい石の壁は太陽の神殿の名残。

a_DSC_3946_201507212350298b9.jpg

インカ時代の石組みの技術はヨーロッパを上回るものだった。
スペイン人たちはしっかりと組まれた石組みを残し、その上に教会を建てたのだった。

強固そうでつるつると磨かれた黒い石の土台。
スペイン式の教会の石組みよりもはるかに技が高いのは、明らか。

a_DSC_3942.jpg

クスコに地震があったとき、上部は崩れ落ちてもインカ時代の石組みだけはびくりともしなかったのだそう。

a_DSC_3947.jpg

この太陽の神殿跡の教会だけではなく、当時の石組みが残されているところがクスコの街の中にある。
コロニアル建築の街並みを歩いていて、ふとインカの石組みに遭遇する。
1メートル以上の大きな石もある。

a_DSC_3655.jpg

石はただ四角いだけでなく、なかにはわざわざ面白い形に切り取ったものも。
有名なのは12角の石。
これも幅1メートルはあるかな。

a_DSC_3656.jpg

この石の形にどんな意味があるのかは謎。
もともと宮殿があったところなので、12人家族だった王の一族を象徴しているのではないかとか、1年の12か月を表しているのではないかという説も。

どんな意味があるにせよ、こんな形にできる技術やインカ流の美意識は奥が深い。

建物の入口のところにだけ残された石組み。
まわりの不揃いな石組みとは大違い。

a_DSC_3646_2015072123495524e.jpg

そしてさりげなく、かわったデザインの石がはめ込まれている。
何かの動物の頭をモチーフにしたものかな。

a_DSC_3647.jpg

「カミソリの刃1枚すら通さない」

隙間なくぴったりと組まれた石組みは、まさにその通り。
現代技術をもってしても、まねできないんじゃないかな。

a_DSC_3659_201507212350041b5.jpg


さて、インカ時代の名残のある世界遺産の「クスコ市街」。
「星いくつ?」

「星、2つ!

南米ではスペイン人たちが造ったコロニアルな街がいくつも世界遺産になっている。
侵略してきたスペインが南米の伝統的なものを破壊してきたから南米らしいものが残っていないのはしょうがないけれど、南米の街の世界遺産はほとんどがスペイン風の街でがっかりする気持ちもある。
正直言ってどこも似たり寄ったりだけど、クスコは違う。
ヨーロッパとインカの文化が融合していてユニークな街。

最初はアウェイ感をもっていたイクエとケンゾーも、クスコで日々を過ごすにつれしっくりくるように。

そしてこの街のすばらしいところは、旧市街のいろんなところでメンテナンスが行なわれていること。
インカ時代の石組みを磨き直したり、白壁を塗り直したり。
政府の建物だけじゃなく、民間の会社や一般の家の建物でもメンテナンスが行なわれていて徹底している。

a_DSC_3978.jpg

世界遺産の街でも保存状態が悪かったり、メンテナンスをせずに歴史的な建物が台無しなところも多いなかで、これは賞賛に値する。

さらにライトアップされたクスコの夜もおすすめ。

a_DSC_2955.jpg

白い壁に挟まれた石畳の細い道を歩くと、どこか別の時代に迷い込んだかのよう。
クスコは新婚旅行先にもぴったりかも。

a_DSC_3069.jpg

インカ時代の石組みに支えれて建つサント・ドミンゴ教会も、夜はこんな表情に。
ライトアップされて暗闇に浮かぶその姿からは、昼にも増して重厚感が漂っている。

a_DSC_4067.jpg

インカ文明を否定し、人々をキリスト教に改宗させ、インカの素晴らしい建物を壊し、ヨーロッパ風の街並みに変えてしまったスペイン人たち。

でもインカ時代の石組みが残るこの街を歩けば、「文明的」なヨーロッパが太刀打ちできなかったインカの技や誇りを感じる。

もしヨーロッパから侵略されなかったら・・・。
インカ文化がもっともっと栄え、それを引き継ぐような文化が南米に花開いていたら・・・。

世界は今よりもっとおもしろいものになっていたかもしれない。

a_DSC_2956_20150721234903e10.jpg

このクスコの街を歩いていれば、ふとそんなことを感じる。

これから世界はどんどん変わっていき、古いものは新しいものに変わっていく。

でも街に残るインカの石組みだけは、何百年何千年経ってもこのままで、クスコを見守っていくのかもしれない。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

勝ち負け

 ヨーロッパとペルーはゲームや競争をしているわけではありません。

 あなたが勝手に勝ち負けを認識しているだけです

 あなたに勝ち負けを認識させているものは
 
 戦場ジャーナリストを志した あなたの本性です

 ボリビアでは大変だったようですね 

 これから先はもっと大変なのではないですか

 自己批判の記事を書いて懺悔すれば 

 厄除けになるのでは ?

つつい さま

他人分析、すごいですね。
そんなふうにあの文章を解釈される方がいらっしゃるなんて。
表現って難しいですね。

???

え~~~!!
コメント書こうとして上のコメント読んでびっくりです
確かに解釈は無数って言うけど、これは無いかな~(汗

私もインカ文明に興味あるから昔のままに残ってないのは少し残念です
だいたい・・あのオバさんたちのスカートに似合う風景ってあると思う
芸術はバクハツ!!っていう岡田太郎さんのイメージする太陽みたいな?

ヨーロッパは地面が繋がってるから文化が似てるのは解るけど
とはいえトルコとクロアチアは空気感が全く違ってた(当たり前w

その昔ベネズエラの博物館で頭蓋骨をペロッと外すミイラを見ました
大きさがコブシぐらいの大きさでまつげもあるの(子供じゃなくてね
その文化の違いにびっくりでしたが・・
そういうのを展示してる事にも驚きでした
私もケンゾーイクエさんみたいな寂しさを感じつつ読んでたので

後半は思わずうんうん(゜-゜)(。_。)(゜-゜)(。_。)頷きながらでした

日本も海外の文化を取り入れないままだったらどうだったんですかね?
などなど考えてみたりも・・

そだ! 実は嬉しい報告があったんです!!!
日本は台風の雨で大打撃なんですが、友達の安否確認からの
来年のウユニ塩湖ツアーに同行が決まりました!!!

数年お互いに連絡をしないような友達なのに・・・
40年近い関係なのです(年が~~~;ww バレタネ?
100%諦めていた同行者が決まったのは、、、、
多分、ここのブログのお陰様と感謝、感謝なのでしたm(_ _)m

読んでるだけでご利益が舞い込む不思議なブログ(爆)


tako さま

そうですよね。
いろんな国の文化があったほうがおもしろいと思うんですよ。
なんでもかんでも先進国がまさってるとか、欧米文化が普及するのがいいとかじゃないと思うんです。
それを言いたかったのにあ・・・。

旅をしていて、世界がどんどん画一化されていってるのをすごく感じます。
首都は南米やアフリカを含めてビルが乱立して車で渋滞していて。
ファッションもどこの国も若者は同じようなものになっていってるし。
寂しいような気がします。

日本が海外の文化を取り入れなかったら、もっとおもしろい国になってたかもしれませんね!
ヨーロッパ人に「日本に来ても着物を着てる人を見られるチャンスはあんまりないよ」って言ったら、めちゃくちゃ驚いて「ショックだ!日本でみんな着物着てないの?じゃあ、おれはどうすりゃいいんだ」って言ってました。

でも、今でもお箸の文化だし、普通に箸を使うだけで「アメージング!!」って驚かれます。

日本は大雨がひどいようですね。
心配しています。
治まるといいんですけど。

ウユニ塩湖、決まったんですね!
よかったですね。
しかも、久しぶりのご友人といっしょならなお楽しめますね。
ウユニ塩湖はトリック写真を撮るときなど、ある程度のはしゃぎっぷりが大事なので、若いころの友人といっしょだとあの時のテンションに戻れるから最高だと思いますよ。
ぜひ、楽しんでくださいね!!

ご利益なんてとんでもない。
うーん、この先何かしらご利益っぽいものをあげられたらいいんですけど。
非公開コメント