Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

タキーレ島で一眼レフ強打 カードも吸い込まれ・・・

2015.07.14 05:44|ペルー☞EDIT
ついに警察のお世話になるイクエです。
この3年近く大きなトラブルもなく楽しく旅行をしてたんだけど、ケンゾーのバックパックからダウンジャケットやヘッドランプなどが盗まれてしまった。
現地人が住んでいるような安宿で、チェックアウト後に荷物を預かってもらってたら・・・。
輸入食材店で買ったばかりの日本のカレーのルウまで盗まれたのが悲しい。
保険会社に提出するために盗難被害証明書を発行してもらわないといけないけど、ちゃんとやってくれるかなあ。

人々がトトラとともに工夫して生活しているウロス島。
かわいい小さな島に別れを告げ、次に向かったのはタキーレ島
タキーレ島はトトラで作った島ではない。
とくに変わったところのない、一見すると普通ののどかな島。

a_DSC_2849.jpg

けれどタキーレ島は陸と離れている分、時代の流れから取り残され、だからこそ伝統文化を守ることができ、今でもインカ時代のときとさほどかわらない生活をしているのだそう。

近代では、政治犯の島流しの場所として使われ、50年前に開放されたんだとか。

タキーレ島には車もない。
何百年も前から使われている石畳の道が、島のメインストリート。

a_DSC_2842_20150712093458a55.jpg

ここにはおよそ3000人が暮らしている。
話されている言葉はケチュア語
スペインからの征服を受けたペルーではスペイン語が使われているけど、ここはスペインの影響をほとんど受けずケチュア語がそのまま使われている。

ちなみに、その前に立ち寄ったウロス島はアイマラ語が使われている。
ガイドの説明によると、アイマラ語はプレインカ(インカ帝国前の時代)のときから使われている言葉。
ケチュア語はインカ時代以降。

つまりウロス島の人々はインカ帝国からの支配を逃れてきた人で、ここタキーレ島の人々はインカ帝国の統治を受けてきた人ということになる。
同じチチカカ湖の湖上で暮らすペルー人なのに、言葉や文化が違うっておもしろい。

a_DSC_2897_20150712094038424.jpg

インカ時代のときと同じように、畑を耕し自給自足に近い素朴な生活をしていると言われているタキーレ島の人たち。
電気も水道もない。
といっても、原始的な生活をしているわけではない。
やっぱり島の外から新しい物は入り込んでくる。

ここではゴムのサンダルがおもしろい使われ方をしていた。

a_DSC_2844.jpg

扉のちょうつがいの代わり!
なるほど、サンダルにこんな使い方があったか。
たしかにビヨンビヨンってなるから、開け閉めできるもんね。

a_DSC_2846_2015071209345583e.jpg

ゴムサンダルのちょうつがいは、一軒だけじゃなかったんだよ。
タキーレ島ではゴムサンダルがちょうつがいとして流行ってるみたい。

a_DSC_2852.jpg

上の写真の左側に写っているのはカントゥータという花。
標高2500メートルから4000メートルの高地で育つのだそう。
赤と黄色の2種類があって、ペルーの国花になっている。

a_DSC_2851.jpg

ペルーの国花カントゥータをめぐっては、悲しくてちょっと素敵な言い伝えがある。

むかし、むかし、2人の王様がいました。
お互いの勢力は均衡し、争いは絶えず息子の代まで戦いが続きました。
そして最後の戦いのとき、両者は大けがを負いました。
そこでやっと2人の王は戦うことの愚かさに気づいたのです。
戦うことなんて止めようと、泣きながら手を取り合って誓いました。
しかし、大けがをしていた2人はそのまま息を引き取り・・・。
このとき統一の象徴のように、赤と黄色のカントゥータの花が一斉に咲き誇りました。

カントゥータの花が美しく咲く庭で、島の人たちがタキーレの文化を紹介してくれた。

ダンスや音楽を披露してくれるんだけど、みんなちょっと恥ずかしそう。
男性も女性も、はにかんだ笑顔がかわいい。

a_DSC_2857_201507120936023ea.jpg

後ろでマンドリンのような楽器を弾いているおじいちゃんは70歳。

披露してくれた踊りは、同じ振りが繰り返され、けっして派手な踊りではない。
でも木製の鋤を使って、種まきや収穫を真似た踊り方には、農耕を基礎とするタキーレの人たちの生活があらわれている。
そして男女が手を繋いで恥ずかしそうに、でも楽しそうに踊る結婚式の踊り。

a_DSC_2868_2015071209354407e.jpg

椅子に座って眺めていたわたしに、タキーレの男性からお誘いが。
男女ペアで手を繋ぎトンネルを作っては、その下をくぐっていく。

恥ずかしいけど、なんか楽しいね。

タキーレを有名にしているものに、織物がある。
タキーレ島の織物技術は、ユネスコの世界無形文化遺産に登録されているのだそう。

a_DSC_2873.jpg

生地は硬くて細かくしっかりと織ってある。
代々伝わる織物技術。

ケチュア語にはもともと、文字がない。
だから昔の資料も残っていない。
でも、その分織物のデザインにいろんな情報が入っているとガイドが言った。
雪や動物、人々が大切にしてきたもの・・・。
織物から昔のことを読み解くことができる。

a_DSC_2875.jpg

さらにガイドが説明する。
男性が巻く、縞模様の帯。
とても丈夫なんだって。
それにはある秘密があるから。

a_DSC_2874_2015071209355947e.jpg

帯の中に髪が織り込まれている。
奥さんが自分の髪の毛を入れて縫い、夫に身につけさせるのが風習なのだそう。
だんなさん、悪いことできないね。

a_DSC_2876.jpg

編み物や織物は一般的には女性の仕事だけど、タキーレ島では男性も編み物をする。
手芸が得意なのは、紳士の条件。
結婚する前までには、水を入れても漏れないぐらいの丈夫なニット帽を編める技術を身につけいないといけないらしい。

ガイドブックには、男女それぞれの服を異性が編むって書いてあるんだけど、男性が男性用の帽子を編んでいたから実際はどうなんだろう。

こんなふうに肩から毛糸をぶらさげて編む。

a_DSC_2881.jpg

タキーレ島の男性はサンタクロースの帽子みたいな形をしたニット帽をかぶっている。
ガイドが説明してくれたことには、上が白い帽子は未婚の男性が被るのだそう。

a_DSC_2880.jpg

被り方にもルールがある。
帽子の先っぽにはポンポンがついていて、子どもたちはポンポンが後ろになるように被る。
16歳ぐらいになったらポンポンを横に垂らすのだそう。
ポンポンが横なのは「奥さん募集中」のマークなんだって。

昔ながらのライフスタイルを守るタキーレ島の人たち。
シャンプーまで手作りすると言うから驚き。
しかもこんな草で。

a_DSC_2885_20150712093853a5c.jpg

この草で作るシャンプーはすごく髪に良くて、ハゲにも効くらしい。
タキーレ島の人は、このシャンプーのおかげでみんな黒髪ふさふさらしい。

この草をただ石で叩く。

a_DSC_2883_20150712093729a49.jpg

シャンプーだけじゃなくて、石けんとしての効果もあって、洗濯に使えば汚れも落ちるし、手や顔を洗うのにもいいらしい。

草を使った石けんを特産品にしてタキーレ島のお土産として売れば、ツーリストが買っていきそう。

a_DSC_2884.jpg

草を石で叩いたり、もみもみしたり。
最後はガーゼに包んで絞り出す。

するとー。

a_DSC_2888.jpg

ほんとうに泡がでてきた〜!

「どうぞみなさん髪につけてください」と言われてもねえ。
洗い流せるわけじゃないし。
と躊躇していたら、みんなベタベタ自分の髪に擦り込む。

ええい、わたしたちもやっちゃえ〜。

a_DSC_2890.jpg

で、このままの流れで昼食タイム。
会場は同じ場所。
料金はお高くて20ソル(約800円)。

プーノの食堂だと4ソル(約160円)くらいでスープ、メイン、飲み物までついてくるから、20ソルはかなり高い。

事前に高いということを聞いてきたので、わたしたちはサンドイッチを用意してきていた。
外でチチカカ湖を眺めながらふたりだけでランチ。

a_DSC_2891.jpg

ランチの形式はツアーによって違うみたい。
タキーレ島でランチタイムが設けられていて、「島内の好きなレストランで自由に食べてそのあとまた集合です」というパターンが一般的だと思う。
ほかの人のブログでも「レストランに行かずに自分は持参した食べ物で済ませた」なんて書いてあった。
でも、わたしたちは踊りや編み物を観覧した会場でそのままお昼、という流れ。

ケンゾーといっしょだからよかったけど、もし独りだったら抜け出しにくい。
そのまま場の雰囲気に流されて、注文するはめになると思う。

これからツアーに参加する人は、お昼のことを確認してからツアー会社を決めたほうがいいですよ。
ツアー代金が30ソル未満なのに、お昼代が別に20ソルかかるはめになるので。

で、ここで事件発生!

20ソルのランチだから時間かかるだろうなって思っていたら、みんなあっという間に食べ終わって、逆にわたしたちがガイドから急かされる事態に。

あせっていたら、一眼レフカメラを地面に落としてしまった!
しかも運悪く土の上じゃなくて石畳の上に。

ぎゃー!
保護レンズにヒビが!!

a_IMG_3817.jpg

カメラ本体とレンズそのものの被害は少なかったけど、レンズの縁の部分も曲がってしまったみたい。

修理にどのくらいの時間と予算がかかるんだろう。
レンズフードもパキっと割れてしまった・・・。

ランチ代を浮かせたつもりが、こんなハメに。

a_IMG_3818.jpg

気を取り直して観光!と言いたいところだけど、なかなかスイッチが切り替わらない。
「タキーレ島、のどかで美しいな」と心の中で一生懸命自分に言い聞かせながら歩いていく。
あ〜あ。

a_DSC_2896_20150712094018706.jpg

うん・・・。
せっかく来たんだから、今はこの島を楽しまなきゃ。

伝統的な衣装を着た女性が前を歩いていく。

黒いフードが特徴的。
フードの下にはカラフルなポンポンが垂れ下がっている。
ポンポンが大きいのは未婚の印で、小さいと既婚女性なんだって。

この人はどっちだろう。

a_DSC_2898.jpg

島には学校がある。
ここの学校の制服がまたユニーク。
女子生徒はふわふわのスカート。

a_DSC_2903.jpg

男子生徒は頭にあの帽子!
この子はポンポンの位置が横。
ということは奥さん募集中。
16歳から結婚適齢期に入るから、そのくらいのお年頃かな。

a_DSC_2911.jpg

ポンポンを後ろにしている男子生徒も。
さっきの子よりも2歳くらい年下かな。
この帽子とジャージーの組み合わせがなんだかアンバランス。

a_DSC_2914_20150712094152e7d.jpg

石段に腰かけて、編み物に勤しむ男性も。
やっぱり糸を首から下げて編んでいる。
ちょっとしたときに両手が空くから便利なのかも。

a_DSC_2909.jpg

小さな商店で、編み物をしながらお客さんの対応をしているおじさんもいた。
商品を渡したり代金を受け取ったり。
肩からぶら下げておけば、編み物をしながらお客さんの対応ができる。

a_DSC_2921_20150712094145743.jpg

街の広場は小さい。
古いけど、石組みの美しい建物。

そしてこんなところに世界の主要都市までの距離を記した道しるべ。
東京までは16335キロ。

a_DSC_2919_201507120941518da.jpg

驚いたのがチベットのラサがあったこと。
あえてラサを選んだところに魅力を感じる。
どんな人が作ったのかわからないけど、民族の文化や伝統を守っていこうというメッセージを込めているんじゃないかな。

a_DSC_2925_201507120943169a4.jpg

タキーレ島にはちゃんとした宿泊施設がない。
数年前、この島にホテルを建てたいと申し出る会社があったのだそう。
ホテルの誘致をするかどうか。
島で集会が開かれ、話し合われた。
その結果、ホテル建設を許可しないという決断にいたったんだって。

a_DSC_2924_2015071209424769b.jpg

伝統的で素朴な生活を守っていく。
不便かもしれないけど、みんなで助け合って暮らしていく。

だけどこの島で残念だったのは、カメラを落としたことだけじゃなかった。
こんな小さな島で物乞いのお年寄りを数人みたこと。
破れた服を着て石畳の階段に座って、悲しそうな目でお金を乞う。
弱々しく体も細いお年寄りたち。

タキーレ島には毎日ツアー客がやってくるし、入島料も徴収される。
わたしたちが見た踊りの披露も当番制。
販売されているタキーレ島の織物もけっこう売れていた。
観光で生まれるお金が平等に渡っていると思っていたけど、実際はそうじゃなさそう。

プーノの街の中心地、観光客が集まる場所でも物乞いの人は見なかったのに、どうしてこんな小さな島で物乞いの人たちがいるのか。

観光で潤っている人とそうじゃない人の貧富の差が激しいのかもしれない。
自給自足の島に急激に貨幣経済の波が押し寄せたことが原因で、それに乗り遅れてしまった人たちが物乞いをしているのかもしれない。

ゆったりとしたのどかな島の雰囲気に浸ろうとしたけれど、物乞いの人たちがいるという事実が気になる。

心にわだかまりが残る訪問となってしまった。

タキーレ島でカメラを落としてしまったわたし。
島のツアーを終えてホテルに帰ると、今度は布製のコーヒーフィルターを失くしたことに気づいた。
インスタントのコーヒーはおいしくないから、アルゼンチンで買った布製のフィルターで毎朝ドリップコーヒーを入れるのが日課。
そのフィルターを朝使ったあとに共用のシャワー室で洗い、放置していたのだった。
気づいたときにはすでになく・・・。
誰かが回収したか掃除の人に捨てられたか。

きょうは2回もやらかしてしまった。
2度あることは3度あるって言うけれど・・・。

気をつけなきゃ。

明日、わたしたちはクスコに移動する。
朝イチのバスに乗れば、夕方にはクスコに到着する。
その前にATMでお金をおろしとこう。

銀行街に行き、ATMでお金を引き出そうとすると高額な手数料が表示された。
あとで知ったんだけど、ペルーの銀行では一部の銀行(Banco de la NationやScotiabank)以外は1回で5ドルくらいの手数料を取られるのだそう。
そのことを詳しく知らなくて、手数料がかからないATMがないかといろいろな銀行で試した。
でもことごとくダメ。

普段はなるべく銀行内のATMを使うようにしてるんだけど、このとき小さなショッピングセンター内のATMが目にとまった。

「あそこでも試してみようか。」

a_DSC_2927.jpg

その結果・・・。

うそ・・・。
まさか!?

クレジットカードが吸い込まれた!!

普通に挿入口に入れただけなのに、画面が先に進まず、取引キャンセルしてもカードが戻ってこない。

うわあー!!

これ、自分たちでは無理なパターンだ。
どうやっても出てこないパターンだ。
ATMを開けてもらわないと、取り出せないパターンだ。

これまでキャッシュカードが吸い込まれた経験は2回。
中国とスペイン。
中国のときは銀行のATMで営業時間内だったので行員に言って、すぐに取り出してもらえた。
スペインのときは銀行のATMだったけど、ちょうど週末だったために週明けまで待たないとダメだった。
カードを取り出してもらうために旅程を変更して延泊するハメになった。
日本だと週末だろうが夜だろうが、ATMからカードが出てこないトラブルがあればすぐに対処してくれるはず。
でも外国ではそうはいかない。
「営業時間外だから絶対に無理です」とピシャリと断られてしまうだけ。

今は午後6時を少しまわったところ。
ショッピングセンター内のお店の人たちに聞くと、「どうしようもない」と言われる。

「もう中に入っちゃったし、カードが戻ってくるのは無理じゃないかな。
 カード会社に電話するしかないよ。」

そんなあ。
カード会社に電話しても何もならないよ。
ただカードが止められて、二度と使えなくなるだけだよ。

「カードが必要なんです!
 カードがないとお金がなくてホテルにも泊まれない。
 ご飯も食べられなくなるんです!
 お願いします!!」

わたしたちがピンチに陥っていることをお店の人に説明する。

すると警備会社や銀行に電話してくれた。
だけど相手からは「できない」と言われるだけ。
お店の人たちは同情した目でわたしたちを見て、「しょうがないよ」と励ましてくれる。

しょうがなくないよ。
ATMを開けてくれるだけでいいのに。
誰か、お願いします。

ATMを管理しているのはここから50メートルほど離れた銀行とのこと。
お店の人がそこに連れていってくれたけど、銀行がすでに営業時間外。
といってもまだ閉店してから30分も経ってないから、行員たちが仕事をしている。

自動ドア越しに行員を呼んで、説明するけど「無理!」と言われるだけ。
「お願い!」と言っても「もう仕事の時間は終り!あした来て!」と言われるだけ。

あした朝イチでクスコに行くのに、間に合わなくなる。

ああ〜。
もうなんで〜!?

カードをATMの中に放置したままその場を離れるのも心配だよ。

「お願いします!」
「無理です!」

銀行とショッピングセンターを行き来しながらあたふたしていたイクエとケンゾー。

結局、この日わたしたちがカードを受け取ることはできなかった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

移動前日のカード吸い込みはキツいですね(>_<)

日本と違って時間外だと絶対対応してくれませんもんね(~_~;)

自分は一度中国であったんですけど、他にカードはあったし偶然帰国直前だったのでもう止めてもらいました(>_<)

Tさま

中国で被害にあわれたことがあるんですね。
大変でしたね。

海外の対応と日本の対応を比べると、日本ってすごい国だなあと思います。
海外の銀行では謝りもしませんもんね。
非公開コメント