Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

手作りの島は寝心地抜群!

2015.07.13 05:32|ペルー☞EDIT
本場のピスコ(ブドウで作る蒸留酒)が高くてショックを受けているケンゾーです。
チリやアルゼンチンでも飲まれているピスコはペルー原産。
本場だからきっと安くていっぱい飲める!って期待してたんだけど、ペルーのピスコは高かった。
安くても1ボトル千円以上、貧乏パッカーには高すぎるよ。
まあ、なんだかんだ言って毎日チビチビ飲んでるんだけどね。

「チチカカ湖には葦のような植物で作った手作りの浮き島に暮らす人々がいる。」
そんな漫画の世界のような、ちょっとメルヘンチックなウロス島に行くためにツアーに参加することに。
ウロス島とケチュア族が住むタキーレ島、2つの島を巡る1日ツアー。
ツアー会社を何軒もはしごし、最安だった会社で2人で55ソル(約2200円)。
1人千円ちょっとで丸一日遊べるなら悪くない金額。

朝7時前にホテルに迎えが来て港へ。
船着場は大勢のツーリストで大混雑。
プーノに滞在するツーリストはほぼ100%このツアーに参加するんじゃないかな。

a_DSC_2690.jpg

1日行動を共にする参加者たちはいろんなツアー会社からの寄せ集め。
ツアー内容に差はないけど、高いお金を出すとスピードボートに乗ることができる。
ケンゾーとイクエが乗る船は、ノロノロの船。

出港してしばらくすると背の高い植物が見えてきた。
これが島の材料になるトトラ

a_DSC_2697_20150711171238901.jpg

カヤツリグサ科の植物で、古代エジプトで紙の原料として使われていたパピルスと同類。
チチカカ湖上で暮らす人々にとって、これ無しでは生活が成り立たないといういちばん大切なもの。

a_DSC_2702_201507111712424f3.jpg

a_DSC_2703_20150711171231a37.jpg

太陽の島のときもそうだったけれど、このツアーの船も超絶遅い。
手漕ぎボートと大差ないんじゃないの?っていうくらいのスローペースでウロス島をめざす。
チョリータ姿のおばちゃんがボートを漕ぐ姿がほほえましい。

a_DSC_2721.jpg

しばらくすると、おもちゃのような家が乗っかった平らな島が見えてきた。
これがトトラでできたウロス島。

a_DSC_2711.jpg

a_DSC_2708.jpg

じつはウロス島はひとつの島ではなく、トトラで作られた島の総称。
チチカカ湖には大小様々なウロス島がおよそ80(ガイド談)あり、約2000人の人々が湖上生活を営んでいるんだそう。

a_DSC_2793.jpg

a_DSC_2709.jpg

大きな島には病院や郵便局などもあるというから驚き。
この遠くに見える黄色い建物は学校。
子どもたちは毎日船で通学、先生も本土から船で出勤するんだそう。

a_DSC_2728.jpg

出港からおよそ2時間、ようやく上陸するウロス島に到着。
島民総出でお出迎え、なんかかわいいね。

a_DSC_2730_20150711171327373.jpg

a_DSC_2732.jpg

お邪魔する島は幅40m、奥行き15mくらいかなあ。
こじんまりしてて素朴でいい感じ。
大きな島だとツーリスティック過ぎてガッカリした、なんてこともあるらしい。

a_DSC_2738_20150711171420206.jpg

a_DSC_2736.jpg

さあ、トトラでできた浮き島の踏み心地は?
わくわくしながら1歩足を踏み出す。

おお、柔らかい!
クッションが効いてて、ちょっと弾力があって、なんかへんな感じ。

a_DSC_2740.jpg

ウロス島のこのちいさな島の名前は「マンコ・カパック・ティティン島」。

みんなで輪になって島やここでの生活についての説明を聞くことに。
話してくれるのはこの島のリーダー。
船が着岸するときに率先してロープを引っ張っていた男性。

a_DSC_2766_20150711171552661.jpg

a_DSC_2750_20150711171511b8e.jpg

リーダーといってもこの島の住人は子どもたちも含めて5家族21人。
なかには1家族だけの小さな島もあるんだそう。

a_DSC_2743.jpg

a_DSC_2748.jpg

浮き島の上で暮らす人々はウル族という民族の末裔。
水上生活を送るようになった理由は諸説あるようだけど、今回のガイドによると800年前にチチカカ湖畔から追われるようにして陸を離れて暮らすようになったんだそう。
その後もインカ帝国やスペインからの支配を逃れるために、手作りの島に住み続けた。

時の流れとともにケチュア族やアイマラ族との混血が進み、純粋なウル族は消滅。
独自のウルキージャ語を喋る人もいなくなり、今はアイマラ語を話す。
島の学校ではスペイン語で授業がおこなわれているんだそう。

気になる島の作り方をリーダーが実演。
基礎はトトラの根っこを利用。
互いに絡み合って泥もまとわり、土の固まりのようにがっしりしている。
でもスポンジのようになっていて、水に浮く。
ブロック状の根っこを縄で固定し、その上にトトラを3mほど積み重ねていく、ただそれだけ。
そのままだと風に流されてしまうので7か所アンカーに繋げて固定しているんだそう。

a_DSC_2760.jpg

a_DSC_2762_20150711171518ae8.jpg

a_DSC_2782.jpg

島はもちろん、上に建つ家もすべてトトラで手作り。
以前は乾燥させたトトラを燃やして燃料にしていたそうだけど、今はガス。
ソーラーパネルも設置されていた。

a_DSC_2785_20150711171652114.jpg

a_DSC_2775.jpg

a_DSC_2776_20150711171607ebd.jpg

a_DSC_2777.jpg

主な食料は湖で獲れる魚と水鳥。
鳥は手作りの銃で仕留めるんだって。
銃まで手作りって、かなり手先が器用な民族なんだね。

a_DSC_2755.jpg

a_DSC_2786.jpg

ちなみに、トルーチャやイスピなど主に5種類の魚が捕れるチチカカ湖。
ほかにも50cmの大きさがあるカエルもいるんだって。
コイツの顔がかなりユーモラス。
まさか食べないとは思うけどね。

a_DSC_2784.jpg

一通りの説明が終わると、これまたトトラで作ったバルサという舟に乗るアトラクションがはじまる。
ちょっと先のトトラが生えてるところまで舟で行き、トトラ刈りのデモンストレーションを見学するというもの。
住民全員から笑顔で「さあ乗って乗って」と勧められるけれど、これは1人10ソル(約400円)の別料金。
ケンゾーとイクエ以外の全員が乗船というかなり恥ずかしい事態に。
同じツアーに参加しているとは言え、懐具合は違うみたい。

a_DSC_2778_20150711171604bee.jpg

a_DSC_2779.jpg

a_DSC_2796.jpg

ヒマなので小さな島を覗いてまわる。
質素な寝室。
トトラを寄せ集めただけのシンプルなベッド。

a_DSC_2812.jpg

食事の準備をしている女性がいたので見せてもらう。
メニューは水鳥のスープ。
鳥は新鮮で美味しそう。
水はもちろん湖の水。
たぶんケンゾーとイクエだとお腹やられるだろうなあ。
野菜は週1回、いちばん大きなウロス島まで行って魚や水鳥と交換するんだそう。
大きなウロス島には品物がそろっているらしい。

a_DSC_2806_20150711171803c59.jpg

a_DSC_2803.jpg

むしゃむしゃとトトラをかじる女の子。
そう、なんとトトラは食料にもなるんだよ。
まさに万能、ウロスの人々にとって切っても切れない必需品。

a_DSC_2820.jpg

ちょっと食べさせてもらったんだけど、けっして美味しいものじゃあない。
シャキシャキしててタケノコを生で食べてるような感じ。
栄養はあるのかなあ。
このトトラは浄化作用があって、トトラを食べればチチカカ湖の水を飲んでもお腹をこわさないらしい。

みんなが船に乗っている間、島の子と遊ぶ。

a_DSC_2825.jpg

a_DSC_2830_20150711171957121.jpg

遊んでくれたお礼にイグアス移住地でもらった帽子のアクセサリーをプレゼント。
うん、お母さんとお揃いだね。
この島の子はぜんぜん擦れてなくて素直でかわいい。

a_DSC_2832_201507111720001a7.jpg

a_DSC_2833_201507111719540ea.jpg

娯楽もないし、何かと不便な浮き島の暮らし。
最近は本土の街へと移る若者が多いんだそう。
この子が大人になるころはどうなってるだろう。
だんだんと浮き島の数が減ってくるのかもしれないね。

船に乗らなかったけど、その分この島で島民とゆっくりした時間を過ごせる。
ほかのツーリストがいないから、静かでゆっくりした島本来の時間に浸れる。

トトラの上にゴロンと寝っ転がってみる。
ふかふかでかなり気持ちがいい。
島全体が天然のベッドだ。
住民はつねに裸足なんだって。
それ納得。

a_DSC_2789.jpg

島には1時間ほどの滞在。
お土産物も売ってたけど、買って買って攻撃はなくぜんぜんしつこくない。
ツーリストを受け入れる島はローテーションなんだそう。
感じのいい島に巡り会えてよかった。

a_DSC_2814.jpg

a_DSC_2815.jpg

a_DSC_2810_20150711171859e76.jpg



「葦のような植物で手作りした浮き島に暮らす人々」。
メルヘンチックとはちょっと違うけれど、たしかに現代でも水上生活を営んでいる人々がチチカカ湖にはいた。
湖上に浮かぶトトラの島がいつまでもチチカカ湖の風物詩でありつづければいいな。

トトラで作られた島に別れを告げ、次はケチュア族が住むタキーレ島へ。
それにしても遅い船だ。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

No title

ウロス島、懐かしい^^
太った女性達といっぱいたわむれた記憶があります!
確か、太っているほど美しいってされていた気がします^^
全然変わっていなくて嬉しかったです☆

Tさま

太った女性ほど美しい。
ある意味羨ましいですね。

こちらの人は若い人はスリムなのにおばちゃんになるとお尻がめちゃくちゃ大きくなりますよね。
出産にも関係があるのでしょうか。
フワフワスカートだから、余計でっかく見えますよね。
非公開コメント