Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅したボリビア こんな国

2015.07.11 06:02|南米☞EDIT
ボリビアには4/20~6/2まで44日滞在しました。
当初はウユニ塩湖だけ見てあとは素通りするつもりだったのに、ビザの延長までして気づけば滞在40日以上。
ボリビアがこんなに見どころ満載だとは思ってもいなかった。
そんなボリビア旅をふりかえります。

旅の費用はいくら?

ボリビアでいくら使ったのか発表します。

交通費  1,172.40ボリビアーノ
外食費  1,593.50ボリビアーノ
食料費  780.00ボリビアーノ
宿泊費  2,180.00ボリビアーノ
観光費  4,436.00ボリビアーノ
その他  541.90ボリビアーノ

合計  10,703.80ボリビアーノ=約188,922円(1ボリビアーノ=17.65円)
約4,294円/1日2人で

南米最貧国とも言われているボリビアはすべての物価が安い。
何もせずに滞在するだけなら1人千円以下で過ごせる。
ウユニ、ワイナ・ポトシ、パンパツアーと旅行会社を利用してたくさん遊んだのでこの金額。
でも、これだけアクティビティを満喫して4千円ちょいは安い。
高所が多くて健康管理が大変だけど、遊ぶには申し分のない国。


◇移動手段はこうでした

「ボリビアのバス移動はかなり過酷」、そんなことをちょくちょく耳にしていたけれど、実際はそこまでもなかった。
長距離バスはノーマル、セミカマ、カマと種類があるけど、値段の違いがそのまま快適度の違いに直結。
長距離や夜行バスはセミカマをチョイスすればそこまでハズレはない。
セミカマを買ったのに実際はノーマルのボロバスだった事があるのでちゃんと確認したほうがいい。
トイレ付きと言われたのに付いてなかったり、付いてても壊れて使えないことも多い。
前もって青空トイレをする覚悟をしていたほうがいいかな。
お金を出してカマに乗るとそんな心配は無用だと思うけどね。
あと、出発直前のほうが安いので予約をしないでその場で買ったほうが安くなる。

a_DSC_0646_201507100303016be.jpg

a_DSC_0648_20150710030301b8d.jpg


こんなお宿に泊まりました

どの街にも現地人が利用するような安宿はあるので、宿探しに苦労することはない。
シャワートイレ共同のダブルで1室70ボリが相場。
ウユニは高くてひとり50ボリだった。
Wi-Fiはたいていの宿にある。
いつもは自炊派のわたしたちだけど、ボリビアは安く外食できるのでほとんど自炊はしなかった。
だからボリビアで宿にキッチンがあるかどうかはこだわらなくていいかも。
ボリビアの宿では洗濯禁止のところが多いって聞いていたけど、わたしたちが泊まった宿は他の客も堂々と洗濯していてスタッフにとがめられることはなかった。

a_DSC_0285_20150710030301774.jpg


これが一番うまかった!

ケンゾー 「イクラ」
「ラ・パスではイクラが手に入るらしい。」
そんな眉唾な話を聞いてラ・パス市内を駆け回った。
富士山と同じ標高のラ・パスにたしかにイクラはあった。
サーモンじゃなくて淡水魚トルーチャの卵だけどね。
たぶん近くのチチカカ湖産なんじゃないかな。

a_DSC_2086_20150710030424229.jpg

筋子をほぐしてイクラにするのが地味で面倒。
他の客に怪訝な目で見られながらも、イクラ食べたさにホテルのキッチンで地道な作業。
本来のイクラに比べて一粒一粒が小ぶりだったけど食感&味はイクラそのもの。
筋子5腹、わずか5ボリで洗面器一杯のイクラが完成。
イクラ丼、イクラパスタ、最後はインスタントラーメンにもぶち込んでイクラ三昧。
日本だと幾ら分のイクラを食べただろう。
もうこんな贅沢2度とできないだろうなあ。

a_DSC_2103_201507100304257cb.jpg

a_DSC_2112.jpg

イクエ 「イスピ」
チチカカ湖で獲れる小魚。
フライにして塩をふって食べます。
カラッと揚がっていて歯ごたえがいい!
ちょっと苦みがあって酒の肴にもってこい。
だけどイモやご飯といっしょに食べるのがボリビア流。
おいしくて何匹でも食べられる。
ご飯とのセットで12ボリくらい。

a_DSC_1262.jpg


おすすめ!!一番良かった場所

ケンゾー 「ウユニ塩湖」
こてこてだけど、改めて思い返すと「超現実的な景色だったなあ」と思う。
ベストコンディションではなかったけど、どこまでも広がる白い大地と鏡張りの世界はやっぱり素晴らしかった。

a_DSC_9155.jpg

a_DSC_9730.jpg

とくに、刻一刻と空の色が変化していく夕暮れと、静寂につつまれた日の出の時間帯は幻想的。
桃色の空に包まれてロマンチックなサンセット、天国にいるような錯覚を覚えたサンライズ。
どちらも他のどの場所では味わうことのできないオンリーワンな体験だった。
過度な期待は禁物だけど、絶景と呼ぶにふさわしい景色。

a_DSC_9200_20150710030450087.jpg

a_DSC_9387_201507100304561f4.jpg

イクエ 「ワイナ・ポトシ登頂」
ウユニ塩湖よりも強く思い出に残りました。
まさかあんな本格的な雪山に登るなんて思いもしなかったこと。
足にはアイゼン、手にはアイスアックス(ピッケル)、腰にはロープ。
ガイドのロッキーと3人でロープでつながったまま、歩みを揃えて一歩一歩。
ちょうど新月で、真っ暗で静寂な雪山。
聞こえるのはザクッザクッという足音と、シャカッ、シャカッというアックスを氷に刺す音、そして自分たちの息づかい。
気合いと根性だけで登った山頂は、人生初の高所6088メートル。

a_DSC_0998_2015071003034273d.jpg

なんであんな雪山に登頂できたのか、今となっては不思議でなりません。
直前まで高山病だったのに。
あのときはアドレナリンみたいなのが出ていて登頂を成功させたのかも。
あんな山に自分が登るなんて想像もしなかったから、一生の思い出になりました。

a_DSC_1052_201507100303364f1.jpg

a_DSC_1076_20150710030351394.jpg


ふらり ゆるり ボリビアの感想は?

ケンゾー
ウユニ以外はスルーするつもりだったけど、とんでもない!
イベント、見どころ、アクティビティ満載だったボリビア。
物価も安いし、ウユニだけで素通りするのはもったいない。

a_DSC_9973_201507100305499ab.jpg

a_DSC_0195_20150710030305ca4.jpg

a_DSC_1462_201507100304093ad.jpg

食事も聞いていたほどマズくはないし、人も悪くないし、長期滞在してもストレスは溜まらなかった。
雑貨の種類も豊富だし質もペルーとかと比べても遜色ない。
これからもっと注目されるんじゃないかな。

イクエ
「ボリビアって何があるの?」
「ウユニ塩湖ぐらいじゃない?」
「じゃあウユニとラ・パス行ってすぐにペルーに抜けよう。」

ボリビアに行く前はふたりでそんな風に話していたのに、ビザを延長して1か月半近くも滞在することになりました。
ボリビアはウユニだけじゃなかった!
鉱夫たちが暗い坑道で働くポトシ銀山。
世界遺産のコロニアルな街スクレ。
温泉に雪山、そしてアマゾンにおばさんプロレス。

a_DSC_1242_20150710030345490.jpg

ボリビアの人たちは、旅人たちから事前に聞いていたよりも優しくてはにかんだ笑顔がかわいかった。
たまに傍若無人なおばさんもいるのはたしかだけど・・・。
ほとんどの人がシャイで素朴。
標高が高いからか体調を2回も崩し、病院に行ったりホテルの部屋で寝込んだりしていたのに、ボリビアは楽しい思い出でいっぱいです。

a_DSC_0118_201507100302506ca.jpg

a_DSC_2314_201507100304474bc.jpg

a_DSC_2247_20150710030417a57.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

保険

 はじめまして。
 少しお聞きしたいことがあります。
 
 出発時に3年の旅行保険をかけておられましたが、今年末までの
保険でカバーされていない期間はどうされるのですか。海外からで
も簡単に保険期間を延長できるのでしょうか。保険で保障を受けす
ぎていると延長しにくくなると聞きました。

No title

答え) 気合

とりこし苦労さま

コメントありがとうございます!

そうなんです。今のところ年末に帰国するつもりなので、このままだと3ヶ月間無保険になってしまいます。延長するのかどうするのかまだ決めかねてます。
詳しくは分かりませんが、保険の延長が可能かどうかはそれぞれケースバイケースのようですね。3ヶ月とはいえ未保険はちょっと怖いので対策を考えるつもりです。

名無しさま

そうですね、気合いはある程度必要だと思います。残り半年も気合いを入れて旅していきます。
非公開コメント