Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

太陽の島 月の島 そしてマ◯コ・・・

2015.07.10 06:26|ボリビア☞EDIT
長時間格闘してやっとガラパゴス諸島行きのチケットを購入したケンゾーです。
ガラパゴスは今シーズン真っ最中なので航空券が高い。
1円でも安く行けるように眠い目を擦りながらパソコン&iPhoneとにらめっこすること10時間以上。
思わぬ手数料を加算されイチから検索し直したり、最後の最後にカードが利用できずに諦めたりと苦労しつつもなんとかゲット。
今月末に“進化の島”ガラパゴス諸島に行ってきます!

富士山よりも高いところにある湖、チチカカ湖にやってきたケンゾーとイクエ。
この湖はアンデスに住む人々にとってとても重要な場所。
なぜなら、この湖がインカ帝国発祥の地だから。

諸説あるそうだけど、伝説によると太陽の神インティが低俗な地上を哀れみ、人々に文化を与えるため息子と娘を地上に遣わした。
2人はチチカカ湖にある島に降り立ち、やがてインカ帝国の礎を築くことになる。
その兄こそが初代インカ皇帝マンコ・カパック
日本人にとってはちょっと声にするのが躊躇われる名前。

2人が降り立ったとされる島はIsla del Sol “太陽の島”と呼ばれている。
その隣には、妹ママ・オクリョが現れたとも言われているIsla de la Luna “月の島”もある。
コパカバーナから島を訪れるツアーが開催されているので行ってみることに。

太陽の島

ちなみに、前身のクスコ王国を含め13代続いたインカ帝国。
実在したと言われているのは1438年に即位した9代目から。
初代のマンコ・カパックも伝説上の人物らしい。

面積21㎢と思ったよりも大きな太陽の島。
見どころは北部と南部に分かれている。
片方だけ訪れる半日クルーズか両方訪れる1日クルーズ、そして南部+月の島を訪れる1日クルーズもある。
欲張りなふたりは太陽の島、月の島ふたつを訪れるクルーズをチョイス。

クルーズと言ってもガイドがいるわけでもない。
島行きの船に往復で乗れるだけ。

出発は8時半。
8時過ぎに湖畔へ行くと客引きをしているので予約はしなくてもいい。
太陽の島+月の島は40ボリ(約710円)だった。

a_DSC_2482.jpg

太陽の島までは直線距離で17kmほど。
ただ、この船がのろい!
スピードボートもあるけれど、そちらは高額。
のんびりと船旅を楽しむしかない。

a_DSC_2483_20150709082120c68.jpg

出発して1時間、段々畑に覆われた太陽の島が見えてきた。
思っていたよりもけっこう高低差がある島だ。

a_DSC_2485_20150709082049281.jpg

一旦太陽の島1日コースの客を降ろして月の島へ。
コパカバーナを出発して2時間後、ママ・オクリョが降り立ったとも伝えられる月の島に到着。
閑散としていてちょっと寂しげな雰囲気。

a_DSC_2530.jpg

a_DSC_2488.jpg

入島料10ボリ(約180円)払って島に上陸。
フリータイムは1時間なのであまり時間がない。
まずはインカ時代の遺跡へ。

a_DSC_2489.jpg

いちおう遺跡の入口ではおばちゃん達が土産物を売っている。
でもコパカバーナやどこでも売ってる見飽きたものばかり。
残念だけど、もっとオリジナリティがないと売れないよ。

a_DSC_2491.jpg

詳しくは分からないけど、1200年から1400年頃に作られたインカ時代の遺跡。
インカの代名詞、石組みもちゃんと残っている。
崩れかけで保存状態は悪いけど。

a_DSC_2492.jpg

a_DSC_2500_20150709082159dc1.jpg

恐らく宗教儀式を行なっていた建物。
まだ真新しいお供え物やロウソクの痕もあるから今でも人々が祈りを捧げてるんだと思う。

a_DSC_2497.jpg

a_DSC_2498.jpg

さあつづいて、と言いたいところだけど、見どころはこれで終り。
あとは斜面に広がる段々畑しかない。

a_DSC_2516.jpg

a_DSC_2514.jpg

この島で暮らす人々はきっとインカ時代からほとんど変わらない生活をしているんだろう。
ほとんど自給自足。
ゆったりとした時間が流れる素朴な島。
フリータイムの1時間は少ないと思ったけど、ちょうどよかった。

a_DSC_2509.jpg

a_DSC_2519_20150709082248efc.jpg

a_DSC_2524.jpg

a_DSC_2521.jpg

ひっそりとしていて「月の島」というネーミングがぴったりな雰囲気だった。

船に乗りふたたび太陽の島へ。
月の島を去り、太陽の島に向かうにつれて、曇っていた空も晴れ間がのぞきポカポカ陽気に。
さすが太陽の島。

a_DSC_2526_20150709082340216.jpg

太陽の島が迫ってきた。
斜面を埋め尽くす一面の段々畑。
アンデス原産のジャガイモやトウモロコシ、キヌアと呼ばれる穀物などを栽培しているんだそう。

a_DSC_2533_20150709082419ec4.jpg

ヘンな形をした船がやってくる。
トトラと言われる葦のような植物で作られたチチカカ湖の伝統的な船。
これに乗って太陽の島を訪れるツアーがあるみたい。

a_DSC_2541.jpg

a_DSC_2543.jpg

上陸したツーリストを出迎えるのがインカ帝国初代皇帝マンコ・カパックとその妹ママ・オクリョ。

a_DSC_2545.jpg

ちなみに、マンコ・カパックは妹のママ・オクリョと結婚したんだって。
まあ神話の世界ではよくある話だ。

a_DSC_2546.jpg

太陽の島の入島料は5ボリ。
月の島に比べて訪れる人が多いから安いのかな。
実際こっちのほうが断然活気があって比べたらかわいそう。
階段脇には爽やかな音を立てながら水が流れ、きれいな花も咲き、華やかさが違う。

a_DSC_2547.jpg

a_DSC_2548.jpg

長い階段を登っていくと水汲み場に到着、喉の渇きを癒やす。
じつはこれ、インカ時代からあるもので「若返りの泉」と呼ばれている。
なんでも水源がどこか未だに謎の摩訶不思議な泉らしい。

a_DSC_2552.jpg

さらに上をめざし歩いていると、前方にへんてこな物体を発見。
白くてモコモコでまん丸。
さあ、これはな〜んでしょ?

a_DSC_2554.jpg

こたえは、みんな大好きかわいいアルパカ!
モッコモコの形がかわいすぎる。
もはや球体。

a_DSC_2556_2015070908261024a.jpg

どんなかわいい顔をしてるのかなと回り込む・・・

a_DSC_2559.jpg

うわっ!
なにこのブサ顔!!
出っ歯でぜんぜんかわいくない。
かわいい後ろ姿とのギャップがひどすぎる。
アルパカだからって無条件でかわいい訳じゃないんだね。

しかもコイツ、性格までかわいくなかった。
道をふさいでるから横をすり抜けようとしたら、明らかにケンゾーの顔をめがけてカーッペッ!ってネバネバの唾を飛ばしてきやがった。
性格がひねくれてるからブサイクになったのか、ブサイクゆえに性格も悪くなったのか・・・。

あとで調べたら、アルパカは威嚇と防衛のために唾を吐きかける習性があるんだって。
しかも唾液が猛烈に臭いらしい。
直撃しなくてよかったよ。

気を取り直し段々畑の合間を歩いていく。
いまはもう収穫が終わったのか土の茶色ばかりが目立つ。
夏は緑に覆われてまったく違う景色が見られるんだろうね。

a_DSC_2573.jpg

a_DSC_2566_20150709085141546.jpg

a_DSC_2569.jpg

太陽の島にはおよそ1000人のインディヘナの人々が住んでいる。
農業と漁業で生計を立てている島の住人。
月の島よりも大きく人口も多いけれど、のんびりとした雰囲気は変わらない。

a_DSC_2578.jpg

a_DSC_2564.jpg

a_DSC_2580.jpg

島の南には「太陽の神殿」と呼ばれるインカ時代の遺跡がある。
5代皇帝カパック・ユパンキが造らせたと言われているピルコカイナ遺跡

a_DSC_2587.jpg

かつて太陽神インティへの祈りを捧げる聖域として崇められていた場所。
月の島の遺跡と同じように、今でも人々の信仰の対象となっている。

a_DSC_2589.jpg

a_DSC_2591_20150709085341613.jpg

a_DSC_2592_20150709085332103.jpg

このユーモラスな石版もインカ時代の遺物なのかは謎。

a_DSC_2588.jpg

ユマニと呼ばれている島の南側にある集落。
レストランやカフェ、ホテルも数軒あり島に宿泊することもできる。
インカ時代に造られた石組みの階段は現在でも島の人々の生活を足元から支えている。

a_DSC_2601.jpg

a_DSC_2610.jpg

いまでも質素に暮らす人々と段々畑、そして太陽の光を受け青く美しく輝くチチカカ湖。
それくらいしか見どころはないけれど、インカ時代から変わらずゆったりとした時間が流れる太陽の島。

a_DSC_2598_201507090853443a5.jpg

a_DSC_2581.jpg

ケンゾーたちは数時間立ち寄っただけだけど、1泊してのんびりと島を散歩するのも悪くない。

a_DSC_2603_201507090854096b3.jpg

a_DSC_2597_2015070908534032f.jpg

a_DSC_2595.jpg

くれぐれもこのアルパカにだけは要注意。
帰りもまた唾を吐きかけられたから!!

a_DSC_2561_20150709082613644.jpg

でも、それを見ていたフランス人カップルの彼女の笑い方のほうがインパクト大だったけどね。
「できるかな」のゴン太くんみたいで強烈だった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

フランス人の笑い声っ、前もゴン太くんって言いよったよね 笑

ただすけ へ

そうそう。
ゴン太くんか瀬川瑛子。
その笑いで逆に笑えてくる。
非公開コメント