Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

イクラ6食分で88円!ボリビアンイクラのお味は?

2015.06.27 05:34|ボリビア☞EDIT
4日間インターネットのない場所で過ごし、下界に戻ってきたイクエです。
トレッキングをしていたけど、電気もないので夜はやることがなく9時前に寝ていました。
健康的な生活だったなあ。

さて、ラ・パスの街を歩き回りながらようやくイクラを手にすることができたイクエとケンゾー。
これからラ・パスに行く人で、ぜひ激安イクラを手に入れたいという人のために地図を掲載。

いくら

まずは「セメンテリオ(共同墓地)」を目指してね。
その近くのSantos Pradaという路地に屋外魚市場があります。
(ほかの場所でも売ってるかもしれないけど未確認)。

店じまいが早いかもしれないので、午前中にいったほうがいいですよ。

a_DSC_2086.jpg

イクラは「筋子」の状態で売っている。
だからこれを自分でほぐしてイクラにしないといけない。

さっそく宿に帰ってインターネットで調べながら下ごしらえ。

a_DSC_2100.jpg

薄皮にへばりついている卵を塩水につけながらひとつひとつ手ではがしてバラバラにしていく。
調べたところ、沸騰したお湯にくぐらせるほうがはがしやすいけど、そうすると味が落ちるらしい。
冷水だとはがすのはかなり大変だけど、味は落ちない。

わたしたちはその間をとって、ぬるま湯でやることにした。

a_DSC_2106.jpg

イクラを食べる習慣がない人たちにとっては、気持ち悪く見えるんじゃないか?
アジア人ふたりが奇妙なことをやっていると思われるんじゃないか?

わたしたちは共同キッチンにあまり人がいない時間帯を狙って、こそこそとこの作業をしていた。

けっこう時間のかかる地道な作業。
5腹分もあるから。

a_DSC_2103_20150621130235481.jpg

夕方になると宿泊客たちが共同キッチンに入ってきた。

「それなに!?」
「トルーチャの卵だよ。」
「へぇ〜!」

チリ人と思われるカップルたちに驚かれた。
そしてこう言われた。

「なんてスーパーグルメなんだ!」

「スーパーグルメ」って・・・。
ゲテモノ好きって表現を、よくした感じ?

「イクラはね、日本ではすごく高いの。」
「日本だとこれ全部でどのくらい?」

イクラは寿司としては食べるけど、イクラそのものを買ったことなんてほとんどない。
しかもこれだけの量。
どのくらいの値がするのか検討がつかない。

「うーん・・・。
200ボリか300ボリ(約3500円〜5250円)くらいはするんじゃないかな。」

「えぇぇ〜!!!!!
 信じられない。」


そのとき、わたしは大後悔をした。
それは・・・・。

「チリでイクラを探して食べときゃよかった。」

チリでは極上のサーモンを市場で安く手に入れて料理していたけど、イクラのことまで考えが及ばなかった。
あんなに大きくて美味しい新鮮なサーモンがたくさんあったんだから、イクラだってあったはず。
しかも捨ててるんだと思う。

これからチリに行かれる人。
ぜひイクラ探しに挑戦してください。
絶対おいしいと思う。

宿のボリビア人のスタッフもキッチンに入ってきた。

「それ何?」
「トルーチャの卵。」
「どこで買ったの?」
「市場でわけてもらったの。」
「いくらで買った?」
「この量で5ボリ(約88円)。」

ボリビア人にとっても、これが何なのかわからないし、値段なんて想像もつかないみたい。

外国のみなさんに驚かれながらわたしたちは淡々と作業をこなした。

a_DSC_2105.jpg

塩水で卵を薄皮からはがしたあとは、米を洗うように何度もすすいで残った皮を取り除いていく。
イクラの色が薄くなるけど、これはあとで戻るから気にしなくていいらしい。

味付けは、持っている調味料を使う。
醤油と本だし、砂糖と塩。

そして洗面器一杯分のイクラができあがった。

a_DSC_2107_201506211302550ee.jpg

ご飯を炊いて、持っていた海苔とワサビといっしょに。
激安イクラ丼。
いただきま〜す!

a_DSC_2109.jpg

うまい!!!
ちゃんとイクラだ!!

しあわせ〜♡

洗面器から何杯もすくってご飯にかける。
こんなに好きなだけイクラを食べられることなんて、人生にあるだろうか。

a_DSC_2113.jpg

むしろ米粒よりもイクラの数のほうが多い。
そして、米代よりもイクラ代のほうが安い。

イクラ天国〜!!

どんなに食べても洗面器一杯分のイクラをこの日ふたりで食べきれなかった。

次の日はイクラパスタ。
オリーブオイルといっしょに。

a_DSC_2161.jpg

おいしい!!
めちゃくちゃおいしい!!

まさかボリビアでこんなにイクラを食べられるなんて。
お腹いっぱいイクラを食べても、1食15円くらい。
激安。

そういえば、ひとつ50円のアワビを毎食食べ続けたのはチリ。
1キロのウニをふたりで嫌になるほど食べて、食べ過ぎで吐いたのはチリ。
そして、ボリビアで今度はイクラ。

日本の裏側で、こんな経験をするなんて思ってもいなかった。

その翌日、わたしたちはやけっぱちになって「インスタントラーメン with イクラ」を食べた。
チープなものと高級なものの組み合わせ。
イクラの良さを殺してしまうようなレシピ。

でもこれが・・・
おいしい!

スプーンに麺とイクラをのせてほおばる。
ラーメンはカルネ(牛肉)フレーバーなのに、完全にイクラが勝ってシーフードラーメンに。
イクララーメンは最高♡

「こんなにイクラ食べ過ぎて、痛風にならんかな?」
「ヤバいかな。」
「急性アルコール中毒みたいに、急性痛風とかなるかもしれん。
 でも正月に数の子、何腹くらい食べる?」

「けっこう食べるよ。
 一日4腹、5腹くらい食べるかな。」

「数の子もいっぱい卵あるやん。
 でも何もならんけん、大丈夫か。」


わたしたちは「急性痛風」になることを若干心配しながらも、3日間イクラを食べ続けた。

幸せな日々だった。
もうこんなイクラ三昧の日々なんて、これからの人生でないだろう。
ありがとう、ボリビアのイクラよ!

そしてデザートにわたしたちはこんなものを食べた。

a_DSC_2114.jpg

チリモヤ(チェリモヤ)
「森のアイスクリーム」と呼ばれるフルーツ。
日本では高級品なんだって。

原産地は南米の赤道付近。
にもかかわらず、暑さ寒さに弱いので標高2000メートルくらいのところで栽培されるのだそう。

a_DSC_2115.jpg

柿のような種。
その周りに果肉がついている。
とろけるような柔らかさ。
そして、甘い。

ドリアンみたいだけど、ドリアンのように臭くはない。

チリモヤは気に入って、わたしたちはこのあと何度か買った。

そして、わたしたちがラ・パス滞在中に食べたものと言えば・・・。

a_DSC_0710_201506211300097b2.jpg

中華料理

ラ・パスには中国人がやっている中華料理店が何店舗もある。
ご飯や麺の上におかずをぶっかけたものが多くて、一皿25ボリ(約438円)くらい。
普通の食堂のボリビア料理の2倍くらいの値段だけど、やっぱりわたしたちにはそれだけの価値があった。

よくお世話になったのが「ジャッキーチェン」。

a_DSC_1916.jpg

「ジャッキーチェン」って・・・。
たしかにどの国でもアジア人のわたしたちを「ジャッキーチェン!」って呼ぶ人はたくさんいるけど。
ボリビア人にとっても、馴染みのある名前なんだろうね。

魚の天ぷらみたいなのをあんかけにしたものとか、ブロッコリーを使った料理とかおいしかったなあ。

a_DSC_0766_201506211300121ed.jpg

あとこのお店にも行ったけど、ここはワンタンスープ以外はお勧めしない。
ワンタンスープはワンタンと麺が入って、スープはちょっと生姜が利いていておいしかったんだけどね。

a_DSC_1919.jpg

a_DSC_1920_20150621130032d93.jpg

ケンゾーが注文した酢豚っぽいやつにわたしたちは失望した。
赤くて甘いメロンみたいなのが大量に入っている。

a_DSC_1921.jpg

店頭のメニューの看板にでかでかと載っていた写真はこれだったんだよ。
ぜんぜん別物やん。

a_DSC_1924.jpg

中華料理じゃないけれど、インパクトのあるハンバーガーも食べた。
何これ?
挟まっているこのでかいのはなに!?
店頭に置いてあるハンバーガーに釘づけ。
気になるけど、ちょっと敬遠したい気も。

a_DSC_1266.jpg

豚肉なんだって。
ひとつ8ボリ(約140円)。
大きすぎてガブリとできないから、ナイフとフォークでお上品に食べる。

a_DSC_1268.jpg

特製のタレをつけて。
唐辛子を輪切りにして醤油につけこんだようなタレや、唐辛子をそのままお酢につけこんだようなもの。
ボリビア人は辛いのが好き。

瓶にはドラえもんのシール。
ボリビアでも人気なのかな。

a_DSC_1267.jpg

豚バーガーの味は悪くない。
豚肉特有の匂いとこってり感。
でも、パンに挟むんじゃなくて醤油で煮て薄く切ってラーメンの上にのせたいなあ。

でも、やっぱりラーメンにはイクラかなあ。

イクラ好きのイクエだったけど、ボリビアでますますイクラのとりこになったイクエだった。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント