Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ボリビアの人気店「けんちゃん」

2015.06.26 07:22|ボリビア☞EDIT
海鮮大好きなイクエです。
小さいころから刺身も好きだし、イクラもウニもスモークサーモンも大好きだった。
魚の酢漬けもいいし、煮付けもいい。

ラ・パスには日本人バックパッカーが絶賛するレストランがある。
長期旅行者にとっては外せない「観光地」と言っても過言ではない。
そのお店がこちら。

a_DSC_1946.jpg

「けんちゃん」
名前の通り、けんちゃんがやってる日本料理店。
オーナーのけんちゃんは元旅人。
バイクで南米を旅していたときに、事故にあって大けがをしたのだそう。
不幸な出来事だったけど、それがけんちゃんの運命を変えた。
ボリビアで長期療養中にこの国や人びとを好きになった。
そしてボリビアで生きていくことを決め、ボリビア人の女性と結婚。
今ではお子さんもいる。

と、ここまで詳しく書いたけど、わたしたちはけんちゃんにお会いしていない。
サマイパタでホームステイさせてくれた上間さんから聞いたお話。
というのも、「けんちゃん」の本店はラ・パスではなくサンタ・クルスにあるから。
サンタ・クルスのお店が繁盛してラ・パスに進出したみたい。
ラ・パスの「けんちゃん」は日本人会館のビルの中にある。
日本人会館には、ボリビアの日系人移住資料館や日本の本が置いてある図書館、日本語学校などが入っている。

そんな日本人会館の中にある「けんちゃん」はとても広かった。

a_DSC_1947.jpg

この写真に写っていないけど右奥にもスペースが続いている。
パーティー会場になるくらい広い。
片隅には本棚。

a_DSC_1949.jpg

マンガや日本の雑誌がたくさん。
さらに別室もある。
この暖簾をくぐるとー。

a_DSC_1950.jpg

a_DSC_1951.jpg

お座敷!
久しぶりに靴を脱いで床の上で座布団に座る。

わたしたちが入店したのは早い時間だったからそのときはガラガラだったけど、帰るころにはたくさんのお客さんで賑わっていた。
ほとんどがボリビア人。
上手に箸を使っている人も。

でもボリビア人は椅子席。
あえて座敷を選んでいるのは、欧米人と日本人。
日本人のお客さんのなかには、ジャケットを羽織りいかにも仕事帰りの駐在員風の人もいた。

メニューは和食のオンパレード。
ラーメンや寿司、天ぷらやコロッケ、餃子・・・。
値段は50ボリから70ボリくらい。
ボリビアの食堂でスープにメイン、飲み物がついたセットメニューが10ボリから15ボリくらいで食べられるのを考えると「けんちゃん」は高級レストラン。

a_DSC_1952_201506211301174e2.jpg

「バサ」って何?
サバならわかるけど。
きっとこっちで釣れる魚。

バサも気になるけど、ケンゾーは迷いもなくカツ丼を注文。
わたしはかなり迷ったすえ、トルーチャの刺身定食に。

海のない国、ボリビア。
トルーチャは、トラウト。
チチカカ湖で獲れるマス。

鮭好きのわたしとしては気になる!
いちばん好きな寿司ネタはサーモンなので、同じようにおいしいことを期待して。

あたたかいおしぼりが出てきた!
ボリビアで日本のおもてなし精神を感じる。

a_DSC_1953.jpg

「けんちゃん」の料理は絶賛する旅人がほとんどだけど、なかには辛口の評価も聞く。

カツ丼は54ボリ(約945円)。
さて、真偽のほどは?

a_DSC_1962.jpg

う〜ん。
まあ、、、おいしい。
でも絶賛するほどじゃない。
和食に飢えた旅人にはとてもおいしく感じるだろうけど、日本にいるみなさんにとってはそうでもないと思う。
学食や社員食堂、ファミレスレベルの味。
パラグアイのイグアス移住地の食堂のほうが断然おいしい。

カツ丼は卵が少なすぎる。
せめてあと一玉は使ってほしかったな。
もうちょっとトロトロだといいけど、トロトロ卵はボリビア人に受け入れられないのかな。
でも、ボリビアでこれくらいのクオリティーを出せるってのは賞賛に値するかも。

そして、お待ちかね、トルーチャの刺身定食。
67ボリ(約1173円)。

a_DSC_1954.jpg

たくさんの小鉢に感動。
小鉢はとてもおいしい!
卵焼きにかき揚げ・・・。
日本の味だあ。

問題は刺身。
一切れを箸でつまんで、醤油をつけて、口に入れる。

a_DSC_1955.jpg

残念!
かなり残念。
百点満点中、回転寿しが70点、スーパーのパック詰めの刺身が60点としたら、このトルーチャの刺身は35点。

臭みはない。
だけどサーモンの脂身や甘みはいっさいなし。
パサパサしてる。
トルーチャは生で食べるもんじゃないと、よくわかった。

絶賛するほどの料理じゃなかったけど、やっぱり和食はおいしい。
「けんちゃん」で幸せなひと時を過ごせた。

でも、イクエとケンゾーは「けんちゃん」の料理よりも楽しみにしているものがあった。

それは、イクラ!
ここラ・パスでイクラが手に入る。
とはいえ、さっきのトルーチャの卵なんだけど、その味はまさしくイクラらしい。
しかもこっちの人は魚の卵を食べないからイクラは捨てられる運命で、タダ同然の安い値段で譲ってもらえるらしい。
これはぜひ食べないと!

でもどこで売ってるの?
魚を扱っている市場はどこだ!?

とりあえず、泊まっている宿から近いメルカド・ネグロを目指した。
メルカド・ネグロは商店や露店が集結する市場。

でも、広すぎてどこで何を売ってるのかわからない。
近くの露天のお姉さんに聞いてみる。

「魚市場なら目の前よ!」
お姉さんは前を指した。

a_DSC_2074.jpg

早くも見つかった♥︎
ワクワクしながら市場の中へ。
おいしそうな匂いはするんだけど、ここは?

a_DSC_2075_20150621130205aaf.jpg

ここ、魚屋さんじゃなくて、魚を出す食堂街。
ここじゃダメだ〜。

市場内のお店のお姉さんに尋ねる。
「魚を売ってる場所はどこですか?」
「あなたたち、魚をここで食べたいの?
 それとも料理用に買いたいの?」

「買って帰りたいんです!」

お姉さんはものすごく丁寧に説明してくれた。
でもわたしたちがスペイン語ができないから、よく理解できない。
それでも「この道をまっすぐ行って右」とか「〇〇通り」はなんとか聞き取れた。

そして、そのあたりと思われる場所に着いた。
けれど、魚屋らしきところはない。

懲りずにまた、路上の人に尋ねる。
3、4人であーだこーだと何か確認しあって答えてくれた。

「魚なら、そこの通りの右側で売ってるよ。
 そっちに行けばいいよ。」

言われたように歩いて行くと、たしかにあるにはあった。
行商のおばちゃんたちが路上で売っている。
・・・細々と。
一種類、二種類だけの魚を。
トルーチャはない。
きっとおばちゃんたちの旦那さんが川で釣った魚なんだと思う。

「トルーチャの卵を買いたいんですが・・・。」
「卵?
 トルーチャはここにはないよ。
 セメンテリオの近くまで行かないと。」


セメンテリオ(共同墓地)までは、まだここから1キロ以上はある。
しかも上り坂。
標高が高くて歩くのはきついけど、ここまで来て後戻りはできない。

イクラを手に入れるため、坂を登っていく。
ようやくたどり着いたセメンテリオ。
でも、ここからどっちに行けばいいの?

近くの市場の肉屋のおじさんや道を歩くおばさんたちに聞きまくる。

みんなゆっくりした口調で丁寧に教えてくれる。

ボリビア人、いい人やん!

何人もの人たちにお世話になりながら、わたしたちはついにたどり着いた。

a_DSC_2085.jpg

ようやくここで買えるー!
と喜んだけど、店じまいしてる・・・。
午前中しかやってないのか、昼休みなのか。

a_DSC_2088.jpg

せっかくここまでたどり着いたのに。

あきらめるか、それとも店がもう一度開くことを期待して待ち続けるか。

一応、近くの雑貨屋のお姉さんに聞いてみる。

「トルーチャの卵を買いたいんです!」

するとお姉さん、魚屋の人を呼んできてくれた。
そしてわたしたちはついに!

a_DSC_2086.jpg

イクラちゃんとごたいめーん!!

「これ、全部いいよ。
 値段は5ボリでどう?」

「オッケー!!
 グラシアス」


わたしたちは5腹を5ボリで手に入れた。

イクラを手に入れるために半日以上費やしてしまった。
たかがイクラ。
されどイクラ。

イクラを手に入れたことも嬉しかったけど、たくさんのボリビアの人たちに教えてもらいながらイクラにたどり着く過程がおもしろかった。

手がかりを頼りに、少しずつゴールに近づく。
言い過ぎかもしれないけど、宝探しみたいな。

いろんな人がちょっとずつヒントをくれて。

a_DSC_2099_20150621130232644.jpg

ボリビア、好きだなって思えた1日。

イクラのために奔走する変な日本人2人組に、丁寧に道を教えてくれたみなさん、ありがとう!

そして、肝心のイクラのお味は?
次回にもちこし!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

ボリビア人です

初めまして!
私はアンドレアです。よろしくお願いします。ボリビア人です。あなたは魚市場に行きました。びっくりした!。どうやてあそこに着いていましたか?。。。

アンドレアリャノスさま

日本語じょうずですね!
たくさんのボリビア人に道を聞きました。
みんなやさしく教えてくれました。

このブログをボリビア人が読んでいることにびっくりした!
どうやってこのブログをしりましたか?
非公開コメント