Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

おばちゃんが戦い宙を舞う!史上最高?の茶番プロレス

2015.06.23 06:07|ボリビア☞EDIT
ただいま増量作戦中のケンゾーです。
いま滞在している宿は朝・夜の食事付き。
美味しい&おかわり自由で毎食腹いっぱい食べられて幸せ。
ここで太れなければどこで太る?

散々な思いをしてやっとたどりついた事実上の首都ラ・パス。
理不尽なデモに遭遇して嫌な気持ちになったけど、気持ちを切り替えてラ・パスを楽しむようにしていこう。
この日は日曜日。
毎週日曜日になるとエル・アルト地区で「泥棒市」が開催される。
名前のとおりであるならば、泥棒が調達した盗品が商品として売られているはずだけど、はたしてそうなのか?
宿で出会ったトオルくんといっしょに行ってみることに。

セントロから「CEJA」と書かれたコレクティーボに乗ってエル・アルトをめざす。
運賃は1.50ボリ〜2ボリ(約26円〜約35円)。

エル・アルトはすり鉢状になったラ・パスの上部、お椀の縁部分に広がる地域。
セントロ周辺は標高3600mでエル・アルトは4100m。
ここからラ・パスの街を眼下に見下ろすことができる。

a_DSC_1073_20150621070814144.jpg

山に囲まれたお椀の内側にびっしりと建ち並ぶビルと家屋。
内側はほぼ飽和状態で、お椀の外側のエル・アルト地区が急速に増殖中なんだそう。
ラ・パスの街並みは次回たっぷりとお見せします。

標高6088mのワイナポトシを望む絶好のロケーションにある泥棒市。
昼過ぎに行ったんだけど人で溢れかえっていた。

a_DSC_1079_20150621070816ae5.jpg

泥棒市と言うくらいだから、出所の怪しいカメラやパソコン、骨董品なんかが並んでるのかなと思ってたんだけど、実際はごく普通のマーケット。
衣料品や日用品が中心でおもしろみはぜんぜんない。

a_DSC_1084_201506210708193af.jpg

a_DSC_1082_2015062107082074c.jpg

「泥棒市」と呼んでいるのは観光客ぐらいで、地元の人にとってはふつうの市場なんだろうね。
ケンゾーとトオルくんはTシャツを物色。
10ボリ(約180円)でなかなかかわいい1枚をゲットすることができた。

この泥棒市ではスリが多発している。
つい最近も旅友がiPhoneをすられているので要注意。
泥棒が出没するから「泥棒市」かもね。

ここエル・アルトではラ・パス観光で(たぶん)外すことのできないエンターテインメントが毎週日曜日に開催されている。
旅人の間でマストになっている「おばプロ」
民族衣装を身にまとったチョリータと呼ばれるインディヘナのおばちゃんたちがリングの上で戦うというインパクト重視のプロレス。

開演は夕方4時半。
3時半過ぎに会場に行くと予想以上に長蛇の列ができていた。
ほとんど観光客ばかりなんだろうと思っていたんだけど、逆に地元の人のほうが多い。
意外にも地域に根ざしたエンターテインメントなのかも。

a_DSC_1087_201506210708224b2.jpg

同じ宿のフミちゃんも合流して4人で観戦。
入場料は外国人だと50ボリ(約880円)となかなか強気な値段設定。
地元民は10ボリ(約175円)。
ブログなどで、外国人料金には水やポップコーン、ポストカードが含まれてるって聞いてたんだけど何も付いてなかった。
このサービスは廃止されたようだけど、値段は据え置き。
あっさり40ボリに値切ることができた。

場内やリングはシンプル、というかかなり質素。
すでにショボショボな臭いがぷんぷんしている。

a_DSC_1089.jpg

客の中には民族衣装を着たチョリータもちらほらいる。
やっぱりチョリータはチョリータを応援するのかな。

a_DSC_1092_201506210708424db.jpg

a_DSC_1096_201506210708449e5.jpg

客席にはかわいいマスクマンの姿も。
すごいね、ちゃんと子どものヒーローになってるよ。

a_DSC_1091_20150621070839739.jpg

間もなく開演時間。
客もほぼ全員席に座ってはじまるのを待っている。
やがて1人のおばちゃんが関係者が出入りする袖に向かってスタスタと歩いているのが目に入った。
え!?もしかしてあのおばちゃんが戦うと?
それめっちゃおもろいやん!

a_DSC_1095_20150621070842ce8.jpg

a_DSC_1097_20150621070901c09.jpg

と思っていたら、ただの物売りのおばちゃんだった。
テーブルを運んで店開き。
そりゃそうだよね。

a_DSC_1098_2015062107090478d.jpg

そしてとくに煽りもなく最初のレスラーが登場しておばプロのスタート。
「おばプロ」と言っても全身ゆっるゆる、ずんぐりむっくりの中年親父同士の試合。

a_DSC_1101_20150621070908ecc.jpg

a_DSC_1107_20150621070907c59.jpg

片方が悪役でなぜだかマスクをしているレフリーが悪役とグルだという子どもでも分かりやすい設定。
オッサン同士が息を切らしながらオーバーリアクションで場を盛り上げようとしている姿にちょっと切なくなってくる。

a_DSC_1115_20150621070910d35.jpg

悪役が卑怯なことをすると会場にブーイングの嵐が巻き起こる。
すごい、1試合目ですでに客と一体感ができ上がっている。
ボリビア人はそんなに娯楽に飢えているのか?

a_DSC_1118.jpg

悪役に味方するレフリーに非難炸裂。
すると「ちょっとまったー!」と言わんばかりに「おばレスラー」ならぬ「おばレフリー」が走ってきた。
「あっちいけ!」と言う悪役に対して「あたしがレフリーよ、文句あんの!」と一歩も引かないおばレフリー。
なかなかの演技力。

a_DSC_1120_2015062107092928e.jpg

a_DSC_1126_20150621070934c04.jpg

おばちゃん同士が戦うだけじゃなくてこんなパターンもあるんだね。
1試合目でおばちゃんを小出しにして、掴みはOKってことかな。

a_DSC_1127_20150621070934ff7.jpg

この後も試合という名の茶番劇がリングの上や下で繰り広げられていく。
マスクの剥がし合い、ピエロや忍者の登場などあれやこれやと趣向を凝らした内容に盛り上がる場内。

a_DSC_1147.jpg

a_DSC_1194.jpg

忍者のコスチュームだけど、なんて書いてあるのか不明。
少なくとも「忍者」ではない。

a_DSC_1196.jpg

ときには、戦いは客席にまで及ぶ。

a_DSC_1211_201506210710001f5.jpg

小学生並みの下ネタにみんな大爆笑。
ボリビア人の笑いのハードルはかなり低いとみた。

a_DSC_1216.jpg

そんななか、リングからすぐの場所でハンバーガーをせっせと作り、売っているおばちゃん。

a_DSC_1140.jpg

そうそう肝心のおばプロなんだけど、ほとんどオッサン同士の戦いでチョリータの出番は少ない。
まあでも、ひらひらスカートのおばちゃん(実際はけっこう若いと思う)がリング上を走り回り、ときには宙を舞う姿はかなりシュールでおもしろい。

a_DSC_1179_20150621070951c68.jpg

a_DSC_1229_20150621071014f4a.jpg

a_DSC_1243_20150621071018369.jpg

嫌がらせとしか思えないデモで嫌いになりかけてたインディヘナだけど、こんなアホなことを考え出し真面目にやっているってことに親近感を覚える。
ユーモアがあって可愛げのある国民性だなと思う。

a_DSC_1245.jpg

a_DSC_1232_201506210738591a1.jpg

まあでも、おばプロよりもこの日いちばん印象的だったのは、試合に入り込んで悪役レスラーに威嚇を繰り返していた観客のじいちゃんだったけどね。
ブルースリーも真っ青の決めポーズだよ。

a_DSC_1204.jpg

a_DSC_1238_20150621071016250.jpg

ラ・パスへお越しの際はぜひ世紀の茶番をお見逃しなく。
ちなみに終了時間は夜7時。
エル・アルトからの夜景もきれいですよ。

a_DSC_1259.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント