Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ボリビア「サマイパタの砦」☆ パワースポットより葉切蟻

2015.06.20 06:17|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
日本を出発してから毎日いっしょだった赤い帽子がついに破けはじめ、買うべきかこのまま使い続けるべきか悩んでいるイクエです。
とりあえず破けた部分は縫いました。
毎日いっしょでわたしのトレードマークのようなものなので、できれば旅が終わるまでずっと使いたいんだよね。
ケンゾーには新しいのを買えばって言われてるんだけど・・・。

ボリビアの田舎町、サマイパタ。
街は歩いてすぐまわれるほどとても小さい。

昔のアメリカ映画に出てきそうな木造の建物が並び雰囲気がいい。

a_DSC_0463_20150619073751b82.jpg

おしゃれなカフェやホステルもある。
日本の旅人はなかなか訪れない場所だけど、外国のツーリストには人気がある。
たしかにここでゆっくりするのもいい。

a_DSC_0468_20150619073800373.jpg

街の中心には緑が生い茂る公園。
そして、ここは外国からやってきたヒッピーたちの憩いの場。

長く旅をしてきて、ここサマイパタに流れ着き、この地が気に入りここを住処とすることに決めたヒッピーたち。
もう何年もここで暮らす、大御所ヒッピーたちも。

a_DSC_0467_20150619073803664.jpg

標高が3000メートルから4000メートルのところも多いボリビア。
けれどサマイパタの標高は1500メートルほど。
無理することなく過ごせる土地。

a_DSC_0561_20150620010329d5d.jpg

サマイパタからおよそ120キロの都市サンタ・クルスまで行くと、標高も低くなりぐっと暑くなる。

サマイパタは寒くも暑くもなく一年中穏やかな気候なので、みんなここに吸い寄せられるのかもしれない。

さらに、ここにヒッピーたちが集まる理由はもうひとつあるらしい。
それはここがパワースポットだから。

残念ながら凡人のわたしとケンゾーにはそれを感じる力はないけれど、感じる人は感じるらしい。
何か神秘的な力を。

ここがパワースポットだと言われるのは、サマイパタの砦があるから。
プレインカ、インカ時代の遺跡で世界遺産にも登録されている。
ボリビア版「マチュピチュ」なんて言われることも。

遺跡は山の上にある。
町から歩いていくのは大変。
ホームステイさせてもらっている上間さんに、車で送っていただいた。

a_DSC_0523_20150619074055f67.jpg

「ほら、あそこに人の顔があるでしょ。」

遺跡に向かう山の中腹で、上間さんが言った。

どこ?
車をとめて崖を見上げる。

ほんとだ!

a_DSC_0524_20150619074105ae0.jpg

そこだけ崖が削られて、顔の部分がちょうど肌色になっている。
苔むしたような部分が髪の毛。
筋の通った鼻。

顔の大きさは3メートルくらいありそう。

当時の人たちはどうやってあんな崖に顔を彫ったんだろう。

世界遺産のサマイパタの砦。
外国人の入場料はひとり50ボリ(約875円)。

遺跡は崖の上にあって、下からは見えないようになっている。
標高およそ2000メートル。

木々に囲まれた場所に、当時の住居跡や役所跡などの土台がひっそりと存在している。

a_DSC_0530_201506190741267ca.jpg

大きな岩山の上にあるサマイパタの遺跡。
岩の頂上をぐるっと周遊するように見学コースがあって、ちょっとしたトレッキング気分。
インカ以前の遺跡がアンデスの山の上にあることが「ボリビア版マチュピチュ」と言われるゆえん。

散らばった遺跡を見ながら進んでいくと、サマイパタの主人公とも言える巨大なものが目の前に姿を現した。

東西250メートル、南北60メートルに広がる一枚岩。
そこには、不思議な模様や溝が彫り込まれている。
彫られているのは人間やジャガー、ピューマ、ヘビ・・・。

a_DSC_0531_201506190741291de.jpg

この遺跡は「サマイパタの砦」と呼ばれているけれど、砦と言われるのは岩山の頂上にあって見晴しがよく敵が攻めにくく、天然の要塞となっているから。

実際には、軍事拠点ではなく宗教的な施設だとされている。

生け贄を捧げたような場所、その血を流したと思われる溝。

不可解な模様が多く、謎に包まれている。

ある専門家は、古代宇宙飛行士説(古代に宇宙人が地球にやってきて文明を授けたという主張)を立証するもので、「空飛ぶ円盤の発着場」だと主張する人もいるほど。
岩肌に描かれた円が、UFOの跡らしい。

a_DSC_0532_20150619074133775.jpg

この遺跡がいつごろできたものなのかははっきりしない。
4世紀ごろからこのあたりに集落ができて、14世紀ごろに発展していったらしい。

a_DSC_0536_20150619074136bfe.jpg

一枚岩の宗教施設。
そしてそのまわりには行政区や居住区、水を供給する水路もあった。
こんな岩山の上に大きな集落が16世紀ぐらいまで存在していたらしい。

a_DSC_0540_20150619074209460.jpg

一枚岩の下にはいくつもの穴。
偉い人のお墓として使われたのかもしれない。

a_DSC_0539_20150619074133f5c.jpg

ここにどんな民族が住んでいたのかはいまだ謎。

人によってはここに来ると神秘的なエネルギーや霊気、パワーをびんびん感じるんだって。
たまに外国から新興宗教の人たちがここにやってきて、いろいろ儀式を行うらしい。

ボリビアのパワースポット。
そこに惹かれて、サマイパタに吸い寄せられるヒッピーも多い。


さて、ボリビア版マチュピチュと言われる謎に包まれた世界遺産の「サマイパタの砦」。
「星いくつ?」

「星、1つ!

残念ながらイクエとケンゾーはそばに立ってもパワーを感じられなかった。
謎が多すぎて、遺跡を見てもよくわからない。
模様が彫られた石が巨大すぎて、近くからだと彫られた絵がよく見えない。

でも、ロケーションはいいので歩いていて気持ちがいい。

a_DSC_0543_201506190742203a3.jpg

サマイパタの遺跡でイクエとケンゾーの心をとらえたのは、別のものだった。
歩いていたとき、足元にうごめく小さな葉っぱが!
蟻が自分の体よりも大きな葉をせっせと運んでいる。

a_DSC_0554_20150619074218b51.jpg

その辺にいっぱい落ち葉はあるのに、わざわざ高い木の上まで登って新鮮な葉っぱを自分の運べる大きさにカットしてる。

それを抱えて木から降りて、行列をつくって穴へと運んでいる。
何やってんだろう!

a_DSC_0550_20150619074213544.jpg

この蟻は中南米に分布する葉切蟻(はきりあり)と言われる蟻らしい。
木の葉を切り取って地中の巣に運んで発酵させてキノコを栽培するんだって。
巣の中がどうなってるのか見てみたい。

切り取った葉だけじゃなくて、5ミリくらいにカットした茎や黄色い花びらも運んでいる。

a_DSC_0549_20150620010328a1c.jpg

巣の中にはキノコ農場があって、キノコに葉っぱをくっつけてそれを栄養として育てているらしい。
蟻はひとつの巣に100万匹もいて、そのなかに女王蟻がいるんだって。
はたらき蟻の大きさは大きくても1.5センチくらいだけど、女王蟻は4センチ。
寿命ははたらき蟻は3か月だけど、女王蟻は20年。

なんだかすごい世界。

必死に葉っぱを運んでいるのに、何もしないで行ったり来たりしている蟻もいる。

「葉っぱを運んでるつもりなのかな。」
「途中で落っことして気づいてないんだろうね。
 ばかだね。」

なんてケンゾーと笑ってたんだけど、大間違い。
あとで調べたら、葉っぱを運ぶ仕事だけじゃなくて蟻たちには役割分担があり、道を作る係がいることがわかった。

さらに一生懸命葉っぱを運んでいる蟻がいるのに、その葉っぱの上にしがみついている蟻も。
「葉っぱが重たくなるよね。
 仕事の邪魔してるよ。」

でも、その蟻だって仕事をしていた。
葉っぱを運んでいる蟻の頭に、卵を産みつけにやってくる蠅を追い払うために葉っぱの上で見張りをする係なんだって。
たしかに葉っぱを運んでいるときには自分で蠅を追い払えないもんね。

そのほかに、巣の中のキノコ農場を広げる係や、キノコにほかのカビがつかないようにするキノコお世話係、1か月くらい赤ちゃん蟻を抱いて子守りする係、敵と戦う係とか30くらいの係の仕事があるらしい。

そんな裏話は知らなかったけど、蟻たちの行動がおもしろくてケンゾーと地面にしゃがんでずっと観察していた。
サマイパタの砦よりも葉切蟻にパワーを感じたイクエとケンゾーだった。


【旅 info.】
  サマイパタの砦a_DSC_0533_20150620012104d27.jpg
サマイパタまではサンタ・クルスからバスやワゴンで2時間あまり。
サマイパタの街には数軒のゲストハウスあり。
街から遺跡までは9キロほど離れている。
歩いていけないこともないがミニバスも出ている。
外国人入場料ひとり50ボリ。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

サンタクルスからの移動

こんにちわ。

ウユニーサンタクルス(国内飛行機)。
サンタクルスーサマイパタをtrufiで同日到着を考えている者です。一人です。
サンタクルス空港からサンタクルスのtrufi乗り場まではtaxiで行ってもらえるのでしょうか。
そしてサマイパタまでの運行は頻繁にあるのでしょうか。
リターンとしてサマイパターサンタクルスはサマイパタを夕方以降の出発になりそうです。
その時間にtrufiが運行しているのが懸念されます。
ただ、その翌日にはサンタクルスー日本という譲れないスケジュールゆえ、trufiがない場合、taxiで帰れるのか、3時間もかかるゆえ、物価が安いボリビアでもいかほどになるのか。

上記、ご存知でしたらお教えください!

samu さま

こんにちは。

申し訳ありませんが、よくわかりません。
というのも、わたしたちはサンタクルスに泊まっておらず、サマイパタから相乗りワゴンに乗ってサンタクルスに行き、そのままバスに乗ってラ・パスを目ざしたからです。

相乗りワゴンは、人数が集まれば出発、という形だと思います。
サンタクルスーサマイパタはタクシーでも行ってくれると思いますが、料金は分かりません。
すごく高いわけはないと思います。

参考にならず、申し訳ありません。
非公開コメント