Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

オナラが出ない?!ボリビアで病院へ

2015.06.15 05:59|ボリビア☞EDIT
サブバッグがボロボロなので買い替えたいケンゾーです。
旅をはじめて2年と9か月、毎日使い続けてきたモンベルのバッグ(キッズ用だけどね)。
金属疲労で両側とも壊れてしまったショルダーストラップの取り付け部分を補修したりと大切に使ってきたんだけどそろそろ限界が。
リアルタイムではお土産天国と言われているペルーのクスコにいるんだけど、あんまり惹かれるものがないんだよねえ。
ボリビアのほうが雑貨のレベルが高い気がする、値段も安いしね。

標高4000mにあるポトシの街。
富士山の頂上よりも高いので朝晩はかなり冷え込む。
ホテルの共同シャワーは一応お湯が出るけれど、ショボい中国製の電気シャワーなので湯量が少なくて満足に温まることはできない。

寒いのが大嫌いなケンゾーにイクエから朗報が。
「ポトシのすぐ近くに温泉があるらしいよ。」

なんでもポトシ近郊にはいくつか温泉があるんだそう。
チャキ温泉やミラフローレス温泉が人気らしいけれどバスで1時間半以上かかる。
せっかく温まっても帰ってくる間に湯冷めしそう。
ということで、ポトシからいちばん近いタラパヤというところにある「Ojo del Inca」と呼ばれている温泉に行くことに。
訳すと「インカの目」、なんだかミステリアスなネーミングで期待が高まるね。

まずは宿のあるセントロからコレクティーボに乗ってMercado Chuquimiaへ。
ポトシのコレクティーポは1.50ボリ(約26円)。

a_DSC_0060_20150614154006518.jpg

ポトシ駅の近くにあるチュキミア市場の横がポトシ近郊へのコレクティーボ乗り場。
タラパヤまでは5ボリ(約88円)。

a_DSC_0062_201506141539514e5.jpg

a_DSC_0065_20150614153943516.jpg

タラパヤまではおよそ30分。
ポトシから外に出るとすぐにアンデスのダイナミックな景色が目に飛び込んでくる。
ウマワカ渓谷のような地肌がむき出しでグラデーションが美しい山も。

a_DSC_0070_20150614154011ce7.jpg

a_DSC_0069_20150614153953abe.jpg

ドライバーに「オホ・デル・インカ」に行きたいと言っておけば温泉への分岐点で降ろしてもらえる。
分岐点から上り坂の一本道を歩いていく。
360°のアンデス山脈のパノラマを眺めながら温泉をめざす。
なんて贅沢な時間。

a_DSC_0072_20150614154047311.jpg

a_DSC_0074_201506141540443f6.jpg

a_DSC_0077_20150614154035a11.jpg

20分ほど歩くと池が見えてきた。
じつはこれが目当ての温泉「Ojo del Inca」。
ただの池にしか見えないけど、れっきとした天然温泉なんだよ。
入湯料は10ボリ(約180円)。

a_DSC_0081_2015061415403718c.jpg

直径は50mくらいはあるんじゃないかな。
池としては普通だけど、温泉だったらかなり大きい。
中央付近でポコポコと泡が出ているので、たしかに温泉だ。
でもまったく水面から湯気が立ちのぼっていないのが気になる。

a_DSC_0082_201506141540445e4.jpg

とりあえず入ってみるか。
水着になっていざ入湯・・・ぬるっ!!
これ35℃くらいしかないんじゃない?
宿のシャワーのほうがぜんぜん熱いよ〜。

しかも縁以外は足がまったく底につかない。
管理人のおっちゃんが言うには深さは35mくらいあるんだって!
それって底なし温泉だよ。
必死に立ち泳ぎしながらぬるい温泉に浸かっているとグワグワいいながらカモがそばを通り過ぎていった。
・・・シュールすぎるよ。

a_DSC_0089_20150614154148dcf.jpg

太いロープが張ってあったので、そこにバランスよく腰かけて浸かる。
ケンゾーとイクエ以外に客は10人くらい。
管理人のおばちゃんが優雅に帽子を被って犬といっしょに浸かっていた。

a_DSC_0101_201506141541424ee.jpg

ぬるいのはかなり残念だったけどロケーションは抜群にいい。
周囲をぐるりと雄大なアンデスの山々に囲まれているので景色は素晴らしい。

a_DSC_0102_20150614154115a00.jpg

ただ、やっぱりぬるいのが欠点。
天気のいい午後だったんだけど長湯をする気にはなれない。
まあイクエはけっこう長い時間入ってたけど。

あと貴重品の管理が煩わしい。
ロッカーなんかはないので荷物はその場に放置することになる。
つねに気にしていないといけないからね。
でも標高4000mの露天風呂はいい思い出になった。

a_DSC_0093_2015061415413530b.jpg

ポトシの街に戻ってよるご飯。
宿のキッチンが使えるのでこのところ外食してなかったんだけど、久しぶりに外で食べることに。
悩んだ末にチョイスしたメニューはフライドチキン。

ボリビア人はチキンが大好き。
レストランの8割はチキン屋なんじゃないかと思うほど街はフライドチキン屋だらけ。
チキンを愛して止まないボリビア人には店によって違いがあるのかもしれないけど、ケンゾーとイクエにはどの店も同じチキンにしか見えない。
直感に任せて店選び。

チキンとポテト、ピクルスがついて1皿16ボリ(約280円)。
味はチキン以上でも未満でもないチキンの味。
まあ、たまにはこんなディナーもいいかな。

a_DSC_0110_201506141541580a6.jpg

宿に戻り、「鉱山ツアーにも参加したし、温泉にも入ったし、ぼちぼち明日移動するか?」なんて考えていたらイクエに異変が。
さいしょの症状はお腹の膨満感。
だけど、たくさん食べてお腹がいっぱいって訳ではなさそう。
オナラが溜まってるのかお腹が張って気持ちが悪いと訴える。

「オナラを出したいけど出らん(泣)
 どうやったらオナラ出る?」

オナラ出したい!出したい!と叫ぶ姿に思わず苦笑。

「どんな格好がオナラ出やすい?」
「オナラの出やすい格好?
 やっぱこうやない?」

グラビアの定番、女豹のポーズのように四つん這いになってお尻を突き出す。

「こう?」
「そうそう。
 それかこれかな?」

今度は仰向けになって両手で太ももを頭のほうに引き寄せてみる。

「ダメや、ぜんぜん出らん。
 ちょっとネットで調べてみて。」

「はあ〜?
 そこまでする?笑」


ここまでは笑ってたんだけど、やがて笑っていられない状況に。
しばらくすると襲ってきた吐き気と下痢。
何度もトイレに駆け込むイクエ。
さらには熱まで出てくる始末。

あまりにも急な体調悪化。
考えられるのはさっき食べたチキンしかない。
じつはウユニの宿でも集団食あたりが起きていたんだよね。
ケンゾーとイクエがチェックインする前日、泊まっていた人たちが市場で買ってきたチキンでチキンカレーのシェア飯をしたそうなんだけど、翌日以降食べたほぼ全員が体調不良に。
けっきょく5、6人が病院に行くことになった。

同じ店のチキンを食べたケンゾーはなんともないけど、原因はチキンしか思いつかない。
ボリビアのチキンは気をつけたほうがいいかも。

その後も回復しないどころか、一晩中苦しみ部屋とトイレを往復していたイクエ。
一睡もできずに朝を迎えてしまった。
相変らず熱も38℃ある。

9時になるのを待って病院へ行くことに。
旅先では病院に行くことは面倒だけど、こんな時のために保険にも入っている。
我慢したって何の得にもならない。

宿のスタッフに「大きなプライベート病院」の場所を教えてもらったんだけど、いざ行ってみると病院らしきものは見当たらない。
ほんの数歩歩くだけでもキツそうなイクエ。
はやく先生に見てもらいたい。
病院どこだ!!

地図アプリでいちばん近い病院を探してゆっくり急行。
見つけたのは公立病院だけど、この際贅沢は言ってられない。
ボリビアの公立病院のレベルはどうなんだ?

a_DSC_0119_20150614154647666.jpg

この日は5月1日、メーデーで祭日。
救急外来はけっこう混み合っていた。
20分ほど待って診察室へ。

調べていたスペイン語で症状を説明。
すぐに処方箋を書きはじめるドクター。
たぶん原因がはっきりしてるからだろう、とてもスムーズ。

病院のそばにある薬局で注射用のアンプルと胃の洗浄剤を購入。
念のために注射器もつけてもらった。
診察室へ戻り看護師に注射を打ってもらう。

「これ使います?」と薬局で買ってきた注射器を見せると、ちょっと笑いながら「ノー」と言われた。
看護師が取り出したのは直径が3cmはある特大サイズの注射器。

「え?!それ?お尻にさすレベルやん。」
驚きと諦めと覚悟が入り交じった複雑な表情をするイクエ。
がんばれイクエ!

a_DSC_0118_20150614154402bae.jpg

薬局で買ってきたアンプルとは別のものも混ぜて注射。
特大サイズなので時間がかかる。
全部入ってしまうまで1分くらいかかったんじゃない?
点滴の代わりだ。

気になる診察代は・・・タダ!
薬局で買った薬代114ボリ(約2010円)のみ。
インドもそうだったけど、公立病院の医療費はタダの国は多い。
この公立病院は外国人でも無料みたい。

注射を打ってから宿に戻り、イクエが薬の箱の説明書を見てつぶやいた。
「なんか、見えん。」

焦点が合わずに、近くのものがぼやけてしか見えないみたい。
イクエが思い出したように言った。

「そういえば、りのちゃんも南米でお腹をくだして病院に行って特大注射を受けたあと、視界がどんどんぼやけて見えなくなったって言ってた。」

りのちゃんはエジプトで出会った旅友。
りのちゃんと、そのときいっしょに旅していたるーさんのブログを見てみると、そのときの様子が。

りのちゃんがお腹をくだして病院に行ったのも、ここボリビアだった。
しかも、チキンを食べていた!
なんなんだ、ボリビアの注射は。
なんなんだ、ボリビアのチキンは。

きっと注射の効能が強すぎて焦点が合わなくなったんだ。
時間が経つと、目は元に戻った。
だけど下痢が治ったどころか、こんどは便秘になったイクエ。
ふだん便秘になんてならないのに。

でも体は楽になったみたい。

それにしても、病院にお世話になるのはイクエばっかり。
これから先もう何もないといいな。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

えー!!イクエさんかわいそう(>_<)
直径3cmの注射て!!
チキンって火が通っててもあたることあるんかな?
気をつけないと!

きっこ ちゃん

鳥肉も市場で常温で売ってるから料理するまでいったい何日経過してるかわかんないもんね。
けっこう腐れてるのかな。
牛肉とかより痛みやすいのかも。

注射は、きっこちゃんのフルボッコの虫刺され被害よりもマシだよ。
よりによって顔!
きれいに治りますように。
非公開コメント