Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ウユニ塩湖へ 快適なボリビアの列車旅

2015.06.07 06:15|ボリビア☞EDIT
妻に「ケンゾーが言うギャグは面白い面白くないにかかわらず全部オヤジギャグだよ。だってオヤジやもん。」と言われかなりショックを受けてしまったケンゾーです。
でもそんなことないよね?
つまらない、しょーもないギャグがオヤジギャグってことで、質の問題だよね?

とうとうボリビアとの国境にたどり着いたケンゾーとイクエ。
ボリビアと言えば、旅人に大人気の「ウユニ塩湖」と「チェ・ゲバラが死んだ国」ということくらいしか知識がない。
あとは「南米最貧国」らしいということ。
はたしてどんなボリビア旅になるのか・・・。
ワクワクするような期待とほんのちょっとの不安を胸に、歩いて国境をめざす。

a_DSC_8933.jpg

ホテルから国境まではおよそ1km。
ボリビアが近づくにつれ石畳から砂の舞う未舗装路へ。
違う国へと向かっている実感が否が応でも高まってくる。
ああ、ワインが美味しかったアルゼンチンともいよいよおさらばだ。

a_DSC_8940.jpg

人で溢れかえった国境周辺。
こんなにも多くの人たちがアルゼンチンとボリビアを行き来してるんだ、と思っていたらちょっと様子が違う。
ずらーっと並んでいるのは大量のリヤカー。

a_DSC_8937.jpg

a_DSC_8938.jpg

国境をまたいでいる細い通路を数珠つなぎで走って渡る人たち。
押しているリヤカーには大量の荷物。
ここはアルゼンチンからボリビアへひたすら人海戦術で物資を輸出している貿易の最前線。

a_DSC_8941.jpg

若者や男性だけでなく民族衣装を着たおばちゃんもがんばって運んでいる。
一分一秒でも惜しいかのように、ダッシュで荷物を運ぶ人たち。
こんなにがんばって仕事をしているなんて、アルゼンチンっぽくない。
何回往復できるかで稼ぎが決まるのかな。

荷物はアルゼンチンからボリビアへ一方通行。
経済力の差をよく物語っているのかも。

リヤカー部隊の隙間をぬって通路を通ろうとしたら「あんたたち何やってんの、ダメだよ!」と怒られてしまった。
この通路は「貨物専用」で、普通の国境がちゃんと近くにあった。
もちろん「貨物専用」の道では、パスポートの提示もなければ出入国手続きもなし。
旅人であるケンゾーとイクエはもちろん「貨物専用」の橋を渡ることはできない。

a_DSC_8948.jpg

この国境はアルゼンチン・ボリビアのイミグレが横並びでとてもスムーズ。
それぞれのスタンプを無事にゲットしていざボリビアへ。
両国を隔てるキアカ川を渡ると、そこはもう未知の国ボリビア。

a_DSC_8949.jpg

a_DSC_8952.jpg

国境の街ビジャソンはアルゼンチンのラキアカより賑やかで活気のある街だった。
余ったアルゼンチンペソをボリビアーノに両替し、さらにATMで現金を下ろす。
本当かどうかは分からないけど、これからめざすウユニのATMは「ほぼ100%スキミングされるから危険」という話を聞いていたので多めに引き出しておいた。

a_DSC_8954.jpg

ビジャソンからウユニまでは直線距離で220kmほど。
たいした距離ではないけれどこの間のバス移動はかなり過酷らしい。
おんぼろバス+悪路+高地+極寒+10時間以上+アクシデント=最悪の移動なんだって。

ウユニ

テンションだだ下がりになること必至だけど、心配無用。
この区間にはなんと列車が走っているんだよね。
バスに比べると天国にいるような快適さで、しかも車窓からの景色もかなりいいらしい。
迷わず列車をチョイス。

国境を越えてひたすらまっすぐ北へ歩くこと2km。
ひっそりと佇むビジャソン駅に到着。
看板も何もなくあまりにもショボすぎる駅舎&入口。
気をつけておかないと気づかずに通り過ぎること必至。

a_DSC_8957.jpg

2015年4月20日の時点でビジャソン発ウユニ方面の列車は、月曜・水曜・木曜・土曜の週4便。
すべて昼の3時半発で水・土が快速、月・木が鈍行でウユニ到着は深夜。
この日は月曜だったのでWARA WARAという鈍行便。
1等から3等までの車両の種類がある鈍行列車、今回は2等のSALONを選択。
ウユニまでは56ボリ(約980円)、バスよりも安い。
最新の運行ダイヤはこちらのHPでチェックできる。

a_DSC_8960.jpg

発車まで時間があるのでまずは腹ごしらえ。
街の食堂でボリビア料理初体験。
「ボリビア飯は酷い、マズい、最悪!」という旅人の辛辣な声を何度も聞いていたボリビア料理。
はたして、どれほどボリビア料理はマズいのか?
これから幾度となくお世話になるALMUERZOというランチメニューを注文。
ALMUERZOはSOPA(スープ)に始まり、SEGUNDO(メインディッシュ)から好きなのをチョイスできるランチ定食。
なんだかコース料理みたいでちょっとリッチな気分に。

a_DSC_8961.jpg

スープはボリビアで広く親しまれているピーナッツ風味のソパ・デ・マニ。
口の中に香ばしいナッツの風味が広がる。
シンプルな塩味だけど悪くない。

メインディッシュはケンゾーはボリビア風カツレツの「ミラネサ」、イクエは牛肉の煮込み料理。
見た目もなかなかいけてるよね?

a_DSC_8963.jpg

a_DSC_8962.jpg

味も悪くないよ。
ただ残念なのはご飯。
かろうじて粒の形は保っているけどボロボロでボソボソ。
ボリビアの飯がマズいっていうのは、ひょっとして米がマズいってことなのかな?
なんにせよこれで10ボリ(約175円)は安い!
噂通りボリビアの物価はかなり安そうだ。

まだ時間があったのでインターネットカフェでブログの更新。
こんな狭くてごちゃごちゃしてる店だけど、ちゃんとWi-Fiがあってしかも速い!
いままでの南米で最速なんじゃないの?!ってくらいサクサクで感動。

a_DSC_8964.jpg

ネットは30分1.5ボリ(約26円)。
南米最貧国と呼ばれているボリビアで予想外のネット環境にびっくり。
食事といいネットといい、ささやかなボリビアの予備知識がもろくも崩れ去っていく。

3時過ぎ、プラットホームへと入ってきた列車に乗り込む。
列車の旅はいつ振りだろう?
列車にはバスとは違う胸の高まりがある。

a_DSC_8966.jpg

2等席の車両は、予想していた以上に立派!
清潔だし座席も広々、かなり倒せるので10時間の長旅でも快適に過ごせそう。
トイレもきれいでちゃんとトイレットペーパーもあった。

a_DSC_8967.jpg

a_DSC_8968.jpg

ケンゾーたちの車両はほとんどがツーリスト。
車掌が「途中、駅で停車するときは網棚に置いてる荷物に気をつけてください」と注意を促している。
ボリビア、今のところかなり好印象。

ひとつ残念だったのは、進行方向に向かって右側が景色がきれいと聞いていたので右側に座れたのはよかったけど、座席が後ろ向きだった。
ちょっと気持ち悪いけど、まあしょうがない。

大きな荷物の客室持込みはNG。
ケンゾーのバックパックもカーゴスペースに入れるように言われた。
ちゃんとタグを付けてくれるので盗難の心配はなさそう。
ツーリストと見ると荷物の係員からチップを要求されることがあるけど、地元の人は払っていない。

定刻通りに走りだした列車。
サボテンがニョキニョキ生えた丘陵地帯、青々とした畑が広がるのどかな田園地帯など刻々と移り変わる車窓からの景色はまったく飽きがこない。

a_DSC_8977.jpg

a_DSC_8981.jpg

a_DSC_8983.jpg

途中トゥピサで30分くらい停車。
駅の外に出るとたくさんの屋台が出ているので夕食を買うことができる。
深夜1時過ぎ、ほぼオンタイムでウユニに到着。
座り心地もいいし、座席を倒して寝ることもできるし、2時間おきくらいに掃除にしにきてくれて、とても快適な旅だった。
値段も安いしバスよりも断然おすすめ。

a_DSC_8994.jpg

時間が時間だけに朝まで駅で寝ることに。
待合室に絶好の仮眠スペースを発見。
ドアの前にひっそりとした空間が。

a_DSC_8995.jpg

a_DSC_8996.jpg

ほかの乗客数人も待合室にやってきた。
みんなが横になっていると係員がやってきて電気を消してくれた。
寒くないし、寝るにはなかなかいい環境。

朝7時前、警備員に声をかけられて起床。
そろそろ駅を閉めるので外に出てくれと言われた。
駅で一晩過ごす人たちのためにわざわざ朝まで駅を開放してくれてたんだ。
なかなかサービス精神があって、ボリビアいいやん ♫

まだ寝静まったままのウユニの街。
寒さに震えながらホテルへと足を速める。

a_DSC_8997.jpg

やって来たのは「WARA DEL SALAR」。
最近人気のほぼ日本人宿。

a_DSC_8998.jpg

ドミトリー、個室ともに同じ料金。
時期によって値段が変動するようで、4月後半のこの時期は1人50ボリ(約880円)。
カップルだと優先的に個室にしてくれるみたい。

a_DSC_8999.jpg

Wi-Fi、キッチンあり、熱々お湯たっぷりシャワー、洗濯&干場スペースあり。
日本びいきのオーナーは気さくで感じがいい。

この街でやることといえば、もちろんウユニ塩湖を見に行くこと。
多くの旅人が絶賛するウユニ塩湖ははたして本当に噂通りの絶景なのか?
そして「ボリビア人苦手」という旅人が多いけど、ボリビア人はどんな人たちなのか。
ボリビアの街は?

ボリビア旅行の始まりです!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント