Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ウユニより感動?穴場の塩湖サリーナス・グランデス

2015.06.03 07:39|アルゼンチン☞EDIT
旅を始めたころの写真を見返してみたら、当時は今よりもずっと太っていたことが判明したイクエです。
旅を始めたのが2012年9月。
1000日前の話。
もちろん肌のハリツヤは当時のほうがいいんだけど、顔がパンパン、二の腕ムチムチ。
ケンゾーと写真を見返してびっくりしました。

世界遺産に登録されているウマワカ渓谷を満喫中のイクエとケンゾー。

虹色の丘が織り成すカラフルな景色がここの最大の目玉ではあるんだけど、実はあまり知られてない旅人絶賛の観光スポットがある。

それがサリーナス・グランデス
真っ白な塩の大地が広がっている干し上がった湖で「第2のウユニ塩湖」なんて呼ばれている場所。

サリーナスグランデス

サリーナス・グランデスに行った旅人2人に出会ったんだけど、それぞれが
「ウユニ塩湖よりも感動した」
「ウユニよりも白さが際立っていてきれいだった」
って言うんだよね。

あのウユニよりも?

そんなことないよねえ。
だったらもっと有名になっててもいいはずだもん。

真相を確かめるべく、行ってみることに。
車でくねくねの山道を登って下りて1時間半かかるらしい。

ツアー代金はアルゼンチンの割にリーズナブルでひとり120ペソ(約1200円)。
こんなワゴン車でプルママルカの街を午前中に出発する。

a_DSC_8594.jpg

はずだったんだけど、お客さんが多くて定員オーバー。
ワゴンのドライバーが仲間のタクシーを呼んで、急遽わたしたちはあぶれた他のお客さん2人とその車に。
もちろん値段はいっしょ。
ワゴンに詰め込まれるよりも車窓を楽しめるし、帰りはほかの客が乗らなかったのでケンゾーと貸切り。
結果的にはよかった。

a_DSC_8608.jpg

車はずーっと壮大な景色の中を走り続ける。
わたしは奇岩やキャニオン好きなので、このドライブコースはかなり気に入った。

a_DSC_8613.jpg

人間がこの世に誕生する前の太古のような、地球じゃないような、どこか別の惑星のような。
そんな現実離れした景色の中にも、ときおり民家や畑があってハッとする。

a_DSC_8614.jpg

ウマワカ渓谷らしく、キャニオンもピンクに赤に緑といろんな色でできている。
地層のように、色の変わり目がある。

a_DSC_8609.jpg

キャニオンの裾に広がる緑の絨毯。

a_DSC_8604_2015060307280419c.jpg

目を凝らすと、ニョキニョキとサボテンくんたちが立っている。

a_DSC_8600.jpg

ツアーと言ってもガイドはいないし、サリーナス・グランデスまでの送迎だけだろうなと思って期待してなかったんだけど、途中展望台で記念撮影の時間が。
ちゃんとドライバーが客を撮影するという、サービス精神も。

a_DSC_8620.jpg

標高4170メートルの峠を越える道。
あんな道を登ってきたんだねえ。

a_DSC_8618.jpg

峠を登りきったら、今度は下っていく。
渓谷が続いていたさっきまでの道とは違い、今度はなだらかな丘がいくつも重なっている。
そしてその丘の向こうに白いものが!

a_DSC_8631.jpg

渓谷や山ばかりで平坦な場所というのがなかったのに、突然真っ平らな空間が広がっている。
きっとあそこがわたしたちの目的地、サリーナス・グランデス。

a_DSC_8630.jpg

ついに到着。
標高およそ3500メートルに位置し、広さはおよそ220平方キロメートル。
南米で3番目の規模の塩湖。

a_DSC_8643.jpg

巨大なスケート場のような場所。
何もない白い大地。

真っ白な塩の大地は、よく見るとこんなふうに亀の甲羅みたいな形にヒビが入っている。
なんでこうなるのか知ってる人、教えてくださーい。

a_DSC_8657.jpg

照り返しがすごくて、まぶしすぎる。
こんな真っ白な場所で一日中過ごしたら、真っ黒になっちゃうよ。

a_DSC_8655.jpg

さて、このどこまでも続く真っ白な大地に立ってわたしたちがやることは・・・。
トリック撮影!

a_DSC_8649.jpg

でも、なんかうまくいかない。
もっとわたしが小さくなったほうがいいのかなあ。
ちなみに塗ってるのはニベアじゃなくて、足元にあった塩のかたまり。

ほかにもいろいろ試してはみたけれど、なんかイマイチ。
トリック撮影はウユニに持ち越すことにして、それまでに予習しとこう。

近くにはウユニ塩湖にもあるといわれる、こんな建物も。

a_DSC_8637.jpg

レンガを組んで造ったように見えるけれど、レンガではなく塩!
塩のかたまりで造られた建物。
すぐに溶けそうなイメージだけど、実際はカチカチで頑丈そう。

a_DSC_8638.jpg

中はいくつもテーブルがあって休憩できるようなつくり。
テーブルも椅子ももちろん塩で造られていた。

ウユニ塩湖を小さくしたような場所だなって思うかもしれないけど、ここにしかない光景が。
サリーナス・グランデスならではの景色がこれ。

a_DSC_8658.jpg

吸い込まれそうな色をした運河のようなもの。
これが間隔を置いて何本もある。

a_DSC_8664.jpg

この正体は、ここから塩を採るために掘られた穴。
雨水が溜まってプールになっている。
もしかしたら雨期ならではの景色なのかもしれない。

塩湖の上には塩を満載にしたトラックがひっきりなしに走っている。

a_DSC_8660.jpg

トラックのドライバーたちの顔を見て、ドキッとした。
きっとここまでしないと、日焼けですごいことになってしまうからなんだろうけど。
大変なお仕事です。

a_DSC_8640.jpg

そんな過酷なお仕事現場の横で、幻想的な風景に見入るわたしたち。
なんでこんな色してるのかほんとに不思議。

a_DSC_8661.jpg

深さはそれほどでもない。
30センチもないんじゃないかな。
ただ水が溜まってるだけ。
だけど、なんとも言えない淡いエメラルドグリーン。

この日は雲が多くて快晴ではなかったから、晴れてたらもっと違う色になるのかもしれない。

a_DSC_8666.jpg

さて、あの疑問の答えはいかに?

「サリーナス・グランデスは、ウユニ塩湖を越えるのか?」

わたしたちの感想としては、「ウユニのほうがやっぱりすごいんじゃないか」

ウユニの方が広いし、車に乗って白い大地を縦横無尽に駆け巡られる。
鏡張りを楽しむならウユニ。
まあ勝手なことを言ってるけど、わたしたちもまだウユニには行ってないんだけどね。

でも、サリーナス・グランデスのほうが街から離れているし、まだそれほど有名じゃないという点で、秘境感は勝っている。

そして何より、プルママルカからサリーナス・グランデスまでの景色がいい。
この車窓の景色を楽しむためだけに、このツアーに参加してもいいんじゃないかと思うほど。

a_DSC_8675.jpg

山肌の一部が突然黄色くて驚いたり、グレーがかった青や赤みがかった茶色いキャニオンに圧倒されたり。

a_DSC_8680.jpg

a_DSC_8681.jpg

怪しい色が造り出す、異次元世界のウマワカ渓谷。
そしてそんな谷間に忘れ去られたように、突如広がる一面の白い世界。
だからこそ、その白が際立って見える。

「ウユニよりもサリーナス・グランデスのほうが好き!」って言う人がいるのも納得はできる。

a_DSC_8645.jpg

ウユニ派かサリーナス派か。
実際に行って、答えを出してみてはいかが?
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント