Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

アンデスの奥地に桃源郷

2015.06.02 06:06|アルゼンチン☞EDIT
ときどきオナラが止まらなくなるケンゾーです。
自分でまったく制御できなくなるくらいプッププップ、とめどなく出続けることがあります。
いったい何を食べたらこうなるんだろう。
この数日大量のイクラを食べたんだけど、それが原因?

ボリビアをめざすべくアルゼンチンの北部を移動しているケンゾーとイクエ。
サルタはアンデス山脈のふもとにある街。
ボリビアへはアンデス山脈を突っ切っていくことになる。

とりあえずの目的地は塩湖のあるウユニ。
ウユニの標高は3660m。
ここから北上するにつれどんどん標高が高くなっていく。

アルゼンチンとボリビアの国境周辺にはアンデスの山々が造り出す独特の景観が広がり、見どころも多い。
せっかくなのでそんなアンデスの美しい景色を楽しみながらボリビアへ移動しよう。
サルタからプルママルカという小さな村をめざすことに。

プルママルカ

まずはフフイまで行き、プルママルカ行きのバスに乗り換える。
サルタ ~ フフイは85ペソ(約850円)、フフイ ~ プルママルカは42ペソ(約420円)。
バスは1日に何本も頻発している。

a_DSC_8486.jpg

フフイを出発してしばらくすると車窓から見える景色に釘付け。
稜線が複雑に入り組み、幾重にも折り重なった山裾。
荒々しさと滑らかさをあわせ持った山の姿に思わず声が漏れる。

a_DSC_8491.jpg

a_DSC_8495.jpg

このあたりはウマワカ渓谷といって世界遺産にも登録されている景勝地。
河川の浸食によってできた渓谷で、南米のグランドキャニオンとも呼ばれている。
ところどころに見られるカラフルな山肌がウマワカ渓谷の特徴。
いろんな鉱物がむき出しになっているからこんな鮮やかな色になってるんだって。

a_DSC_8500.jpg

乾燥したアンデスの大地には背の高い木々は育たない。
この荒涼とした大地の主役はサボテン。
目を凝らしてよく見ると、むき出しの地肌に点々とサボテンが生えている。

a_DSC_8494.jpg

おなじアルゼンチンでもウシュアイアとは似ても似つかない世界。
アルゼンチン、そして南米の大きさを改めて実感させられる。

およそ4時間でバスはプルママルカに到着。
山間にある小さな村だけど、ツーリストの数は多い。
そんなツーリストたちの目当ては・・・。

a_DSC_8501.jpg

その前に、まずは宿の確保。
小さな村で安宿がほとんどないプルママルカ。
キャンプサイトもいくつかあったけれど、キッチンがなかったりしてイマイチ。
小さな村をぐるぐる歩き回って宿を探す。
あ、見どころが住居の上から見え隠れしてる。

a_DSC_8502_20150601081459f68.jpg

プルママルカは標高2200m。
重いバックパックを背負って歩いているとちょっと息切れする。
ようやく教会の裏手に手頃な宿「HOSTERIA BEBO VILTE」を見つけた。

a_DSC_8503.jpg

3ベッドルームをドミトリーとして使って1ベッド90ペソ(約900円)。
キッチンはないけどレセプション周辺にWi-Fiあり。

a_DSC_8504.jpg

a_DSC_8559.jpg

村の広場周辺には民芸品の露店がずらっと並んでいる。
店を出しているのはインディヘナと呼ばれている先住民族。
ボリビアに近づくにつれインディヘナの人たちの割合が増えてきた。

a_DSC_8539.jpg

a_DSC_8540.jpg

a_DSC_8544.jpg

こじんまりとした村だけど、インディヘナ手作りの雑貨などをゆっくり見て回るのも楽しいだろうね。
ま、ケンゾーとイクエはまったく心が動かされないけど。
物欲が一切ないっていうのは旅人としてはどうなんだろう。
せっかく世界中のお土産を買うチャンスなのにもったいないかな?

a_DSC_8549.jpg

a_DSC_8552.jpg

a_DSC_8557.jpg

インディヘナの雑貨もいいけれど、ツーリストたちが求めているのはもっと別なもの。
荒々しい山々が村のすぐ目前まで迫ってきているプルママルカ。
裏山を越えると壮大な景色が目に飛び込んできた。

a_DSC_8522.jpg

a_DSC_8524.jpg

a_DSC_8529.jpg

アンデスの山々が造り出すワイルドな景観にうっとり。
荒涼とした厳しい自然。
けれどどこか温かみを感じる景色。

a_DSC_8526.jpg

a_DSC_8533.jpg

a_DSC_8535.jpg

むき出しの山肌が描き出すグラデーションが美しい。
プルママルカにはアンデスの山々を巡るトレッキングルートもある。
時間に余裕があればのんびり景色を楽しみながら歩いてみたかった。

プルママルカの最大の見どころを眺めるために、村と川を挟んだ反対側の山に登ることに。
心臓がドクドクと暴れだす。
標高2200mでフーフー言ってるけど、ウユニ大丈夫かな?

a_DSC_8564.jpg

プルママルカの別名は「七色の丘」の村。
山の上から村を見下ろすと納得の光景が広がっていた。

a_DSC_8578.jpg

a_DSC_8580.jpg

虹色、とまでは言わないけれど、色鮮やかなグラデーションの山に囲まれた村。
なんだかおとぎ話にでてくる村のようでかわいらしい。
プルママルカはアンデスの山々に抱かれた桃源郷のようなところだった。

a_DSC_8575.jpg

a_DSC_8585.jpg
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

プルママルカ

アルゼンチンに旅行するのでいろいろ調べていてこのブログにたどり着きました。
プルママルカのエントリーを読んで、予定していなかったアルゼンチンの北部も旅することにしました。南のパタゴニアとは全く違った自然環境が素晴らしかったです。とても参考になりました。ありがとうございました。

Yasukoさま

コメントありがとうございます!

アルゼンチンに行かれるんですね。仰るとおりアルゼンチンは場所によってまったく景色が違うので、楽しめますよ。
国土が広いので移動は大変ですが。

北の方は先住民の人たちも多くて、南部とはまったく違う国のようにも感じました。
アンデスをぜひ体感してきてくださいね。
非公開コメント