Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

もういやだ ヒッチハイク

2015.06.01 05:51|アルゼンチン☞EDIT
末っ子でいとこの中でもいちばん下、わがままを言ったり甘えたりするのが小さいころから身についているイクエです。
ケンゾーに指摘されてから気づいたんだけど、わたしって「寒い~」とか「喉渇いた~」とか言いながらそれとなしに相手に欲求してるらしい。
たとえば「寒い~」なら「窓締めて」、「喉渇いた~」なら「冷蔵庫の飲み物とって」。
自分ではまったくそういう意識はなくて自然に言ってるんだけど、そのシチュエーションから明らかに遠回しに相手に欲求してるらしく、ケンゾーはそれがイヤなんだって。
「ストレートに頼めばいいやん!」とたまに怒られます。

ヒッチハイクがうまくいかずに、結局バスに乗って出戻ったイクエとケンゾー。
このままヒッチハイクの旅を終わらせてしまうのでは、後味が悪くなってしまう。
ヒッチハイクっていい出会いがいっぱいあるし、現地人と友だちになるチャンスだし、こんなはずじゃない。
ボリビアではヒッチハイクをするつもりはないので、最後にアルゼンチン側でリベンジだ。

パラグアイの出国スタンプをもらうと、すぐそばにいた両替のおっちゃんから、パラグアイのグアラニーからアルゼンチンペソへの両替をもちかけられた。
レートはそれほど悪くない。
でも、もう一声。
けっきょくそれ以上は上がらなかった。

きっとアルゼンチン側にも両替商はいるから、あとででいいか。
わたしたちはパラグアイのグアラニーを大量にもったまま、渡し船に乗り込んだ。

a_DSC_8428.jpg

向こう岸へ渡るだけなので、5分とかからない。
船賃は1人1万グアラニー(約260円)。

アルゼンチン側の方が発展していると思っていたら、大違い。
クロリンダの国境は田舎過ぎて何もない。
両替商もいない。

うわあ~。
さっき両替しておけばよかった・・・。
次の街に望みをかけるしかない。

車なんてほとんどやって来ないこんなとこでヒッチハイクなんてできない。
ラッキーなことに路線バスがやってきた。
とりあえずこれで幹線道路まで移動しよう。

a_DSC_8433_20150530041950f67.jpg

最寄りの街まで行くバスで、運賃は10ペソ(約100円)。
しばらくするとバスが右折しようとしたので、わたしたちは途中で降りて幹線道路までの2キロほどを歩いた。

さて、こっから一気にばーっと移動しちゃおう!!

意気込んではいたんだけれど・・・。

a_DSC_8435.jpg

いや、こんなはずじゃ・・・。

2時間が経過した。

最初からこれだったら先が思いやられる。
いったいいつになったらボリビアにたどり着けるんだろう。

国境の街ってヒッチハイク難しいのかなあ。
あ~、時間だけが過ぎていく。

1キロ以上先に警察の検問所が見える。
もしかして、検問所があるからよくわからない外国人を乗せたくないのかなあ。
検問所まで歩いて、その先でヒッチハイクをしたほうがいいかもしれない。

a_DSC_8436.jpg

重い足取りで検問所へ向かう。

車はけっして少ないわけじゃない。
長距離移動中だと思われるトラックも多い。

でもね、ぜんっぜんダメなの。

ヒッチハイクは運に左右される。
でもそれ以上に左右されるのは・・・。
ヒッチハイクをやる人間。
人数、そして男か女か。
わたしたちは男女2人組。
1人の方が車に乗せやすいのは確か。
トラックだとドライバー含めて前に3人座れば窮屈。

有利なのは女ひとり。
つぎは女2人組。
そのあとにわたしたちのような男女2人組か男性ひとり。
不利なのは男2人組。

アスンシオンでいっしょだったユリちゃんは、わたしたちがこれから行こうとしているルートをヒッチハイクで逆に来ていた。
スムーズに進み、最後は乗せてもらったトラックのドライバーからタクシー代までもらったと言っていた。
ユリちゃんと同じルートを、男友達のじゅんちゃんが挑戦していた。
じゅんちゃんはかなり苦戦し、結局パラグアイに行くことをあきらめ、引き返した。

これは別に乗せる方に下心があるというわけではない。
(たまにそういう輩もいるけど。)

女の子ひとりだと、かまってあげたくなるのは当然。
それはなにも男の人だけでなく、女の人だってそう。
きっとあなたも、もし道路に女の子がぽつんと1人で立っていたら助けたくなると思う。
逆に2人組や男が立っていたら「なんだろうな」と思って過ぎ去っていくかもしれない。

よく「女の子ひとりで旅なんて大変ね」とか「女の子ひとりだと危ないね」とか「よく女の子ひとりなのに旅できるね」なんて言われるけど、はっきり言ってそんなことはない。
わたしは学生のときひとりで旅していたけど、女ひとりだからこそ老若男女みんなが優しくしてくれるし、助けてくれた。
窮地に追い込まれても必ず誰か現地の人が助けてくれる。
そういう意味で女ひとりってけっこう得なのだ。
かえって男子よりも旅がしやすい。

女の子の方が犯罪に巻き込まれやすそうだけど、男子の方が詐欺にあったり盗みの被害に遭っているケースが多いんじゃないかと思う。(性犯罪は別)

女の旅人はよく「すごくがんばってるね」とかねぎらいの言葉をもらうけど、男の旅人ってもらえない。
だから、この場でわたしが男性旅人に言います。

「不利な状況で、よく孤独と闘いながらがんばってますね!」

わたしから言われても嬉しくないだろうけど。

a_DSC_8437.jpg

男女2人組のわたしたち。
警察の検問所の先までやってきたけれど、いっこうに車は止まってくれない。
ここでもまた2時間が経った。
もう夕方の4時過ぎ。

そしてー。

わたしたちの最後のヒッチハイクの夢、破れたり。
もう、長距離バスに乗ってしまおう。

ところが、乗車拒否にあいまくる!

予約してないとダメなんだって。
席は空いてるのに!
いままでこんなことなかったのに。

警察にも「ここからタクシーで街まで戻って、そこでチケットを買わないと乗れないよ」って言われた。

いまさらそれはないよー。
何キロも歩いてここまで来て、何時間も待ち続けたのに、ここからいくらかかるかわからないタクシーに乗って街まで戻るなんて。

最近のわたしたちの負のスパイラルはなんなんだ。
やる事が全部裏目に出る。

失望していたら、一台のバスが止まってくれた!

a_DSC_8438.jpg

わたしたちがきょうのヒッチハイクの最低目的地に設定していたレシステンシアという街まで、ひとり160ペソ(約1600円)。

この前の一日といい、きょうの一日といい、いったいなんだったんだろうか。

午後9時ごろ、ようやくレシステンシアに着いた。
ここから夜行バスに乗っていっきにサルタに移動する手もあるんだけど、手持ちのアルゼンチンペソが足りない。
パラグアイのお金はあるんだけど、使えるはずもなく・・・。

ということで、何の用もないレシステンシアの街に1泊することに。
よくわからないけど、路線バスに乗って街の中心地まで移動。

a_DSC_8440.jpg

夜10時過ぎ、これから宿探しはしんどい。
この路線バスをどこで降りるべきかもわからない。
ドライバーのおじちゃんに「安いホテルに泊まりたいんです。どこで降りればいいですか?」と尋ねておいた。
旅をするうえで必要な、最低限のスペイン語はいつのまにか身についていた。

「ここで降りな。
 向こう側の通りに行けばホテルがあるから!」

そう教えてくれて、わたしたちはバスを降りた。

人に聞きながら1件のホテルに入った。
でも少しだけ予算オーバー。
恥を忍んでフロントのおじちゃんに聞いた。

「もう少し安いホテルは近くにありませんかね。」

おじちゃんは優しかった。
自分のホテルに泊まらないわたしたちに、近くにある数軒のホテルと、この街でいちばん手頃なここからちょっと離れたホテルを教えてくれた。
ちゃんと紙にホテル名まで書いてくれて、行き方を教えてくれた。
そういうちょっとした優しさが、身も心も疲れているわたしたちを励ましてくれる。

a_DSC_8442.jpg

おじちゃんがいちばん安いと教えてくれてたどり着いた「ホテル ルクソール」。
なぜルクソールなのかは不明。
ルクソールと言えば、エジプトの古代遺跡のある観光地。
エジプト人が経営しているとは思えないけど。

でも室内はエジプトの安宿を彷彿とさせた。
古びた部屋、くたびれたベッド。
でも一応、トイレ・シャワーがついていて2人で205ペソ(約2000円)。
安いからこのくらいの部屋でもまったく問題ない。
ドミトリーに泊まるよりもいい。

a_DSC_8443.jpg

またも不発に終わったヒッチハイク。
わたしたちがまずやったことは、ふたりで「おつかれさま」といたわりあうこと。
隣の店でいちばん安い銘柄のビールを買って。

a_DSC_8444.jpg

翌日わたしたちには任務があった。

両替しそびれたパラグアイグアラニーをアルゼンチンペソに両替すること。
わたしたちは3万円相当のグアラニーをもっていた。
というのも、プエルト・イグアスではドルよりもむしろグアラニーのレートのほうがよかったので、両替用にグアラニーをATMでおろしてきたから。

だけど、またしても誤算が。
この街には両替商がいない!!
こんなこと初めて。
いままでどの街にも両替してくれる人がいた。

でもどれだけ歩いても、どれだけ聞いてまわっても銀行か正規の両替店しかない。

アルゼンチンは公定レートと闇レートにかなりの差がある。
闇レートと言ってもおおやけに行なわれている。
それが、この街ではない。
ここだけ自治体の取り締まりが厳しいのかもしれない。

こんなことなら、きのうパラグアイ出国のときにいたおじさんに両替してもらっとけばよかった。
あ〜あ、また失敗。

いくらレートが悪いとは言え、アルゼンチンペソを手に入れない限り身動きがとれない。
わたしたちは仕方なく両替し、5000円分も損したのだった。
旅人のみなさん、レシステンシアでは闇両替はできませんよ!

なんとかペソを手に入れてバスターミナルへ。
サルタ行きの切符を買う。
疲れたよぉ。

a_DSC_8448_2.jpg

ここからサルタまでは夜行バスでひとり500ペソ(約5000円)。
ふたたびヒッチハイクをすることも考えたけど、いま負のスパイラルに陥っているわたしたちはきっとうまくいかない。
素直に普通の旅行者のようにやっていこう。

a_DSC_8450_201505300419436fe.jpg

あのとき、素直にプエルト・イグアスからサルタ行きのバスに乗っていたらー。
わたしたちは4日ほど無駄にしている。
ヒッチハイクはうまくいかず、無駄に宿泊を重ねている。
ただ疲れて、出費がかさんだだけ。

バスは滞りなくサルタの街に到着した。

バスを降りると、ホテルの客引きの女性がいた。
普通ならわたしたちはそんな客引きにはついていかないんだけど、このところ自分たちの意志でやってきたことがすべて裏目に出ている。
ここは他人任せのほうがいいのかもしれない。

a_DSC_8453.jpg

わたしたちはおとなしく客引きの女性についていき、おとなしく指定されたタクシーに乗った。
もちろんタクシー代は宿側が支払うしくみ。

a_DSC_8454.jpg

着いたホテルはバスターミナルからもそんなに離れておらず、悪くなかった。
「HOSTEL El PALO SANTO」
ドミトリーで朝食つき、ひとり80ペソ(約800円)。
ドミトリーだけど部屋がたくさんあるので、他の客はほかの部屋を使い、結果的には私たちふたりだけだった。

a_DSC_8455.jpg

いろいろあったけど、とにかくサルタまで到着したので良しとしよう。
おばちゃんが紹介してくれたホテルも悪くない。
負のスパイラルを断ち切るために、こころを入れ替えなきゃ!

a_DSC_8458.jpg

サルタは人口100万超の大きな街。
標高1190メートルで過ごしやすく、周囲を山に囲まれている。
サルタで癒やされる旅人も多い。

1582年にボリビアから南下してきたスペイン人たちが建設した街は、コロニアルな雰囲気を残している。

a_DSC_8461.jpg

a_DSC_8474.jpg

歴史を刻んだ、重厚感ある建物。
パラグアイではほとんど見かけなかった。
ほんとにヨーロッパみたいな街。
室内もステキ。

a_DSC_8465.jpg

a_DSC_8467.jpg

白い二階建ての建物はカビルド。
むかし市庁舎だったもので、いまは博物館になっている。
1783年に造られたもので、サルタ市内でもっとも歴史ある建物なんだって。

a_DSC_8469.jpg

メルヘンチックなピンクのこの建物はカテドラル。
1858年に建てられた教会。

a_DSC_8470.jpg

ちょっと間違えば派手になって浮いてしまいそうな色遣いだけど、不思議と柔らかく街に溶け込んでいる。

a_DSC_8472.jpg

内部も外観に負けていない。
華やかで豪華。
宮殿みたい。

a_DSC_8479.jpg

多用してある金。
それでいて落ち着きがあり、神聖な空間。

a_DSC_8484.jpg

サルタの街歩きは、落ち込んでいたわたしたちを少しさわやかな気分にさせてくれた。

いいときもあれば悪いときもある。
うまくいかなかったあとには、きっと楽しいことが。

よし、めげずに旅を楽しんでいこうっと♡
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

世界旅行1000日! 長旅お疲れ様です

昔から愛読させて貰っています 日本大阪在住のものです。
何時もはクリックだけですが 旅に出られて丁度1,000日を迎えられたという事で
あつかましくも初めてコメントさせて頂きました。 
言葉の通じない 日本とは全く文化の違う国々を嬉々と旅しておられるお二人様の行動力に何時も敬服しています 私も妻帯者ですが家族というものをブログを拝見するにつれ深く考えさせられます 
旅も終盤に差し掛かっていると思われますが 健康で無事に帰国される事を祈っています 多謝

Take さま

丁寧なコメント、ありがとうございます!
さらにクリックの応援まで。

Takeさんに言われて、1000日経ったということに気づきました。
1000日という響き、我ながらなんかすごいですね。
しかもそんな日数、わたしたちのブログにつきあっていただいている方たちがいらっしゃると思うと申し訳ないような。

たぶん1200日くらいまで旅が続くかなあ。
いままでの旅の期間のあと五分の一しかないと思うと、一日一日を大切にしなきゃと気づかされました。

わたしたちの好き勝手なブログで、家族の関係についてまで思いをめぐらせていただくなんて恐縮です。

どうぞこれからもお付き合いいただければ、とてもうれしいです。
非公開コメント