Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

アルゼンチン「イグアスの滝」☆☆☆ 圧巻!これぞ世界一

2015.05.30 06:20|世界遺産 星いくつ?☞EDIT
遅ればせながら妻に誕生日プレゼントを買ってあげたケンゾーです。
2週間前に35歳、とうとうアラフォーになったイクエ。
いつもはささやかながら美味しいものを食べて酒を飲むんだけど、今年は翌日に雪山登山を控えていたので何もしなかった。
来年は日本でちゃんとお祝いしようね。
そうそう、今年の誕生日プレゼントは3枚260円のワゴンセールのパンツ!
来年はプレゼントもちゃんとするから!

イグアスの滝をふくめ、アルゼンチン側ブラジル側ともに世界遺産に登録されているイグアス国立公園。
美しい滝を眺めながら、多才な動物や植物など豊かな自然も楽しめるのがいい。

a_DSC_8128.jpg

滝の上からの眺めを楽しんだあとは遊歩道の「滝の下コース」へ。
ちなみに、滝の上コースの全長は1.1kmで滝の下コースは2.5km。
イグアスの滝観光はけっこう体力勝負でもある。

下のコースへ移動すると、滝の迫力が桁違い。
とめどなく流れ落ちていく水の轟音で会話が聞き取れない。
ほとばしる水煙で周囲の湿度が一気に上昇。
水がただ落ちてるだけなのに、なんでこんなに引き込まれるんだろう。

a_DSC_8152.jpg

a_DSC_8177.jpg

緑のジャングルにかかる白いレースのカーテン。
大自然が見せてくれるぜいたくな噴水ショー。

a_DSC_8161.jpg

a_DSC_8229.jpg

虹を見つけることもイグアスの滝の楽しみ方のひとつ。
色鮮やかな掛け橋は、年齢性別を問わず気持ちを晴れやかにしてくれる。

a_DSC_8172.jpg

a_DSC_8197.jpg

イグアスの滝ではいくつかアトラクションを楽しむことができる。
いちばん人気は滝壺の中にスピードボートで突っ込むという単純明快なアトラクション。
お値段は入園料よりも高い270ペソ(約2700円)。
はたして、わずか20分ほどの絶叫体験で2700円は高いのか安いのか。

ライフジャケットを着用して、いざボートへ。
貴重品、カメラ等は支給される防水バッグの中に入れることができる。

a_DSC_8231.jpg

a_DSC_8232.jpg

ゆっくりと動きはじめたボート。
水面から見上げる滝は大きくて高い!!
手を伸ばせば届きそうなほど臨場感抜群。

a_DSC_8242.jpg

a_DSC_8245.jpg

この水煙で真っ白に煙る先がイグアスの滝最大の見どころ「悪魔の喉笛」
川も激流だし、おどろおどろしいネーミングにぴったりの雰囲気。
もちろんボートが突っ込むのは悪魔の喉笛ではない。
突っ込んだら悪魔の餌食になって、生きて帰って来られない。

a_DSC_8237.jpg

ふと川岸に目をやると、黄色いものがひらひらと宙を舞っているのが見えた。
よく見ると大量の蝶。

a_DSC_8250.jpg

a_DSC_8251.jpg

ゴオオオー!という爆音をたてて落ちる滝とひらひらと華麗に舞う蝶がなんだかアンバランスで一瞬現実感が失われてしまった。

けれど今から突っ込んでいく滝が目前に迫り、すぐさま現実に引き戻される。
残念ながら防水カメラを持っていないので滝壺突入の写真・映像はなし。

a_DSC_8260.jpg

滝に突入するのでカメラを防水バッグに収納するようスタッフに言われる。
一気にスピードを上げ、滝壺めがけて突進しはじめたボート。
水煙を噴き上げる滝壺がぐんぐん迫ってくる!
うおおー!思わず叫び声が漏れる。

a_DSC_8219.jpg

ゴゴゴゴゴーーーー!!!!

水が顔を打ちつけて痛い!
真っ白で視界ゼロ、ていうか水の勢いがスゴすぎて目を開けていられない。

a_DSC_8221_20150529130717873.jpg

うおおおぉぉぉぉぉーーーー!!!!

声を限りに叫んでいるんだけど水の音にかき消されて自分の声がぜんぜん聞こえない。
全身ズブ濡れで笑けてくる。

2回滝壺に突入して終了。
単純かつあっという間のアトラクションだったけど、なかなか楽しかった。
なかなかいい笑顔、じゃない?

a_DSC_8269.jpg

ずぶ濡れになったあとは、いよいよハイライト。
「悪魔の喉笛」があるイグアスの滝の最奥部へ。
無料の列車で終点まで行き、さらに歩いて悪魔の喉笛をめざす。

a_DSC_8279.jpg

この駅でもたくさんの蝶が乱舞していた。
イクエも黄色い蝶に囲まれてメルヘンチック。

a_DSC_8287.jpg

a_DSC_8294.jpg

駅から悪魔の喉笛まで1kmほど、イグアス川の上に架けられた遊歩道を歩いていく。
運が良ければワニを見かけることもあるんだそう。

a_DSC_8301.jpg

しばらくすると、大きな穴のようなものが出現。
まるで巨大なプールの栓を抜いたみたいに水が吸い込まれていっている。

a_DSC_8316.jpg

ここがイグアスの滝で最大の「悪魔の喉笛」。
まさに悪魔が水を飲み込んでいるかのような圧倒的な迫力。

a_DSC_8333.jpg

U字型をした悪魔の喉笛は高さ82m、長さは700m。
あまりの水量と勢いで水煙が立ちこめ、全体像がぜんぜん見えない。
カラカラに干上がったヴィクトリアフォールズもよかったけど、やっぱり滝はこうでなくちゃね。

a_DSC_8321.jpg

「イグアス」とは現地のグアラニー語で「大いなる水」という意味。
これを見たらそれも納得。
とんでもない量の水がとんでもない音を立てて流れ落ちていっている。
体が震えるほどの迫力にただただ圧倒される。

a_DSC_8342.jpg

a_DSC_8331.jpg


さて、世界最大の規模を誇る「イグアスの滝」。
「星いくつ?」

「星、3つ!

いやあ、期待以上の絶景で大満足。
悪魔の喉笛の迫力はとんでもなかった。
さすが世界一。

a_DSC_8338.jpg

もちろん悪魔の喉笛もスゴかったんだけど、ジャングルといくつもの滝が織り成す美しい景色が素晴らしかった。
緑のキャンバスに目の覚めるような真っ白な水がよく映える。

a_DSC_8089.jpg

a_DSC_8210.jpg



見る場所によってまったく違う表情を見せてくれるイグアスの滝。
きっと期待を上回る絶景と出会えるはず。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント