Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

旅したチリ こんな国

2015.05.20 05:50|南米☞EDIT
チリには1/25〜3/27の期間中、出たり入ったりで47日滞在しました。
見どころたっぷり、居心地もよくてインド、イランに次いでこの旅で3番目に長く滞在した国になりました。
そんなチリの旅を振り返ります。

旅の費用はいくら?

チリでいくら使ったのか発表します。

交通費  847,836ペソ
外食費  189,115ペソ
食料費  248,984ペソ
宿泊費  496,200ペソ
観光費  81,700ペソ
その他  85,477ペソ

合計  1,949,312ペソ=約373,136円(1チリペソ=0.19円)
約7,939円/1日2人で

イースター島までの航空券が2人で10万円するので1日ほぼ8千円と激高になってしまった。
イースター島に行かなければ1日5700円くらい。

チリはアルゼンチンと比べると交通費は安いけど宿代は高い。
ヒッチハイクでイースター島以外の交通費は抑えられたけど、滞在日数が多かったので出費がかさんだ。
チロエ島など可能な限りテント泊したけれど、テントが無かったらもっと宿泊費は高くなったと思う。

パタゴニアは交通費も宿泊費もヨーロッパ並みに高い。
ヒッチハイクもテント泊もしなかったらと考えるとゾッとする。
パタゴニアを旅する人はかなりの出費を念頭に置いておいたほうがいい。


◇移動手段はこうでした

パタゴニアからサンティアゴまではほぼヒッチハイク。
とくにパタゴニアはヒッチハイクがとてもポピュラーなのでお勧め。
治安も悪くないし、チリ人はとてもフレンドリーで優しいのでヒッチハイクしやすい。
ケンゾーとイクエはヒッチハイクで拾ってもらったチリ人家族と1週間パタゴニアを旅することになったけど、そんなすてきな出会いに恵まれる可能性も。

a_DSC_5584.jpg

長距離バスはあまり利用しなかったので詳しいことは分からない。
ただ、同じ行き先、同じバス会社でも曜日や時間帯によって値段にかなり差があるみたい。
窓口で「安い便はいつ?」と聞いたり、パソコンの画面を見せてもらって安い便を探したほうがいい。


こんなお宿に泊まりました

チリは南米の中でも宿代が高い国。
サンティアゴで泊まっていたのはアメリカ人のおじさんが管理人の「タレス」。
宿泊客のほとんどが日本人でドミトリーは6000ペソ。

a_DSC_6931.jpg

ここには日本のお笑いが大好きな日本語堪能の現地人が遊びに来た。
ナイナイの岡村が休業し、復帰を果たしたときの『めちゃイケ』の番組(チリ鉱山の落盤事故で地下から鉱夫たちがカプセルで救出されたシーンをまねたもの)をチリ人に見せるというケンゾーの夢が叶った。

映像を見ながら彼は大笑いし、ラストは感動からか泣いていた。
日本人と同じリアクションにケンゾーも満足。

a_DSC_6935.jpg

チリのオアシス的日本人宿はビーニャ・デル・マルにある汐見荘。
ドミトリーもツインも同料金で6500ペソ。(長期滞在割引あり)
魚市場に買い出しに行き、新鮮な魚介類で和食を作るという至福の日々を過ごせる。

a_DSC_6469_2015052003043073c.jpg

観光地以外の地方にはバックパッカー用のホステルが少ない。
高いホテルに泊まりたくなければ、テントを持参して安全な場所にはらせてもらおう。

a_DSC_6230_20150520025202308.jpg


これが一番うまかった!

ケンゾー 「タダのサーモン」
プエルトモンの市場でサーモンを物色していると日本人夫婦に声をかけられた。
なんでも行き場のなくなったサーモンの貰い手を探しているとのこと。
そんなことならと喜んで譲ってもらったサーモンの半身。

a_DSC_6207_201505200251490a9.jpg

手の温度でみるみるうちに溶け出すほど脂がたっぷりのったサーモン。
ぜいたくに分厚く切った刺身のウマいこと!
ワサビを持ってなかったことが悔やまれるけど、あまりあるほどの美味しさに大満足。

a_DSC_6210_201505200251564d9.jpg

半身のサーモンはふたりで食べるには大量。
クリームパスタや炊き込みご飯にしてサーモン三昧の2日間。
「気持ち悪い、もうサーモンは当分いいや!」って思うほどサーモンを満喫することができた。

a_DSC_6211_201505200252059f1.jpg

イクエ 「チロエ島の貝類を使った料理」
チロエ島・カストロの市場にあるレストランで食べたスープにはいろんな種類の貝がどっさり。
出汁がたっぷりでていました。
食べるときは知らなかったけど、このスープを飲むと眠くなると言われているらしい。
貝には安眠作用があるのかな。
サーモンの切り身も入って1杯4000ペソ。

a_DSC_6122_201505200251557e5.jpg

そしていろんな貝やウニがぎっしり詰まったエンパナーダ。
注文したら10個以上きて、量が多いと思ったけど揚げたてはおいしくてふたりでぺろり。
3000ペソだった。

a_DSC_6015_20150520025124ee6.jpg

a_DSC_6017_20150520025123aee.jpg


おすすめ!!一番良かった場所

ケンゾー 「パイネ国立公園」
4泊5日をかけてトレッキングしたパイネ。
重いバックパックを背負ってのトレッキングはハードだったけれど、絶景のオンパレードで疲れが吹き飛ぶほどの満足感を毎日味わうことができた。
ダイナミックな岩山、ハッと息をのむほど美しい湖、壮大なスケールの氷河・・・。
5日間どの瞬間も美しい自然に心を鷲掴みにされた。

a_2015-02-02 19-08-44

a_2015-01-30 16-33-26

a_2015-02-02 09-55-32

最終日、パイネを後にするときには後ろ髪を引かれて寂しかった。
体力がもっとあれば10日間かけて国立公園を一回りするサーキットコースを歩きたかったなあ。
文句なしにお勧めするパタゴニアのハイライト、あなたも「大冒険」してみませんか?

イクエ 「ヒッチハイク」
南米に行く前、旅友にこう言われました。

「南米の旅はお膳立てされていて誰でも旅行しやすいけれど、そのぶん『旅してる感覚』を味わえずに物足りない。自分で何か仕掛けていったほうがいい。」

南米には多くの旅行者が集まるぶん、観光地化され過ぎていて、交通機関も整っていて移動も苦労しません。
バックパッカー用のゲストハウスもたくさんあります。
だからここでは旅の醍醐味である苦労や、ハラハラやドキドキ、ワクワクは普通に旅行しているとなかなか味わえません。
わたしたちは旅を楽しむ仕掛けとしてヒッチハイクに挑戦しました。
ヒッチハイクのおかげでたくさんの人と出会い、友だちになりました。
パタゴニアの強風に吹かれ、寒いなか何時間も路上に立ち続けたり、野宿して襲撃されたのも今となってはいい思い出。

a_DSC_3997_2015052002503953d.jpg

そしていちばんの収穫がフェルナンドたちとの出会い。
ヒッチハイクし、そのまま一週間もいっしょに旅するなんて思いませんでした。
一生つきあいつづけたい大事な友人です。
ヒッチハイクのおかげでチリが大好きになりました。

a_DSC_5915_20150520025123bf3.jpg


ふらり ゆるり チリの感想は?

ケンゾー
予想以上にパタゴニアが素晴らしかった。
やっぱり人知の及ばない自然の美しさは感動もひとしお。
がんばって歩いて、キャンプして、絶景を眺めて・・・毎日がとても充実していた。

a_DSC_5618_201505200321592e8.jpg

ちょっと心残りはイースター島。
天気もイマイチだったし、4泊5日だとちょっと短いかも。
1週間くらいゆっくり滞在して、もっと地元の人とも触れ合いたかった。

a_DSC_7296.jpg

イクエ
チリの大自然もすばらしく、人も気さくで明るく、とてもすてきな国でした。
いい出会いもあって、特別な国、大好きな国になりました。
チリになら住んでもいいかな、と思うほどです。
大切な友だちもできたし。
海に面していて、おいしい魚介類も手に入るし、温泉もあるし、パタゴニアの自然はすばらしく、何日でも滞在できる国です。
チリにはきっとまた来るような気がする!

a_DSC_4018_20150520025039215.jpg

「アディオス(さよなら)!
 アスタ・ルエゴ(またね)!」
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

非公開コメント