Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

せっかくのワインとウニが・・・もったいない!

2015.05.05 05:39|チリ☞EDIT
このところ、腹いっぱい食べてもすぐに腹がへり、どれだけ寝ても眠くてしょうがないケンゾーです。
とくに体を動かしてる訳でもないのに食欲が止まらない。
パスタなんか300gペロリと食べる勢い。
そして数時間後にまたお腹が空いてくる。
そして、いくら寝ても日中睡魔が襲ってくる。
寝ても寝てもぜんぜんスッキリしない。
どうなってるんだろう、成長期なのかな?

およそ1か月かけてたどり着いたチリの首都サンティアゴ。
行き当たりばったりが身上のケンゾーとイクエ。
南米の旅もほぼ白紙状態。
ただひとつ、ここサンティアゴにだけは必ず立ち寄ろうと決めていた。
なぜなら会いたい人がいたから。

今から遡ること1年数か月前、ある女性からブログのメールフォーム経由で1通のメールが届いた。
中国の子供服のことをネットで検索していたらこのブログに行き着いたんだそう。
ありがたいことにこのブログを気に入っていただいて、『思わずメールしちゃった』とのこと。
(赤ちゃんのお尻が丸見えな中国の記事はこちら!

そしてメールにはこんな一文も。

「私は今南米のチリのサンティアゴに住んでいます。
 チリへ来る予定とかはありますか?
 サンティアゴへ来るときにはぜひご案内しま~す☆」


このメールを受け取ったとき、ケンゾーとイクエがいたのはイスラエル。
まだイギリスもスペインも東欧も、そしてアフリカも旅する前のときのこと。
このときはまだアフリカを一周するつもりだったから、南米なんて先の先のその先の話。
正直南米のことなんてまだこれっぽっちも頭になかった頃だった。

けれど、現地に住んでいる日本人の方からお誘いを受けるなんてとてもありがたいこと。
こちらから願ったってそんな機会には恵まれない。
すぐにメールを返信、南米の旅が近づくにつれてやり取りをすること1年。
とうとうメールをくれたマリエちゃんと旦那さん、そして愛娘とご対面する日がやって来た。

マリエちゃんの家は気分屋スコットの「タレス」から歩いて15分のおしゃれなマンション。
チリ人の旦那さんマウリシオと1歳10ヶ月の愛娘みかちゃん、そして猫のチャラの3人と1匹暮らし。

a_DSC_6341.jpg

まずはワインで乾杯!
みかちゃんもミルクでかんぱ〜い ♫

a_DSC_6344.jpg

マリエちゃんも大の旅行好き。
大学生のとき1年間休学して世界を旅していたんだって。

そして、モアイで有名なイースター島に滞在しているとき、チリ人男性と出会い恋に落ちた。
帰りの飛行機を何度も何度も延期してイースター島に沈没。
イースター島のあと姉と別の国で落ち合う予定にしていたけれど、姉よりもその男性と過ごすことを選んだ。
お姉ちゃんは航空券も取っていたのに!

マリエちゃんが言うには、ふだんは自分よりもまわりのことを気にし、理性的に物事を考え行動するんだけど、その時は「もういい!本能のおもむくままに行動しよう!」っていう思考回路になってたんだって。
「何かに導かれるように」だったそう。

マリエちゃんを本能のままに突っ走らせた男性とは、もちろん旦那さんのマウリシオ。
出会ったときの情熱そのままに2年後に結婚。
しばらく日本で暮らしていた。

マウリシオはジャーナリストで、マリエちゃんと出会ったときもイースター島の取材をしていた。
そんなマウリシオが日本に来て、六本木のバーで働いたり沖縄のサトウキビの収穫などいろんな仕事をやったんだそう。
マウリシオの日本の印象は「働き過ぎ きつい つかれる」

その後、夫婦ともどもマウリシオの地元チリに移住。
めでたく長女みかちゃんが誕生という、けっこうドラマティックな人生を送っている。

a_DSC_6343.jpg

事前に「日本料理を作ってご馳走しますね」と言ってくれていたマリエちゃん。
用意してくれていたのは鶏の唐揚げ!
そして肉じゃが!
艶々の日本米もたまらない!

a_DSC_6345.jpg

a_DSC_6346.jpg

マリエちゃんは美術大学出身。
専攻はカメラ!
大学卒業後は都内の撮影スタジオに就職。
ファッション誌の撮影がメインだったので、エ◯ちゃんやモ◯ちゃんなど超人気モデルと仕事をしてたんだって。

テレビと写真の違いはあれど、同じ撮影を生業にしてきたケンゾーとマリエちゃん。
アシスタントという下積み期間を経てカメラマンになるという点も共通している。
けれど話を聞くと、写真のほうがかなり厳しい世界みたい。

美大を卒業してスタジオに就職したマリエちゃん。
アシスタントといってもひたすらスタジオの掃除やホリゾント(背景用の壁)のペンキ塗りをする毎日。
モデルが撮影直前に脱ぎ捨てた靴を、だれがいちばん早く揃えるかをアシスタント同士で競っていた。
すぐに気づいてフットワーク軽く、靴をパッと揃えるアシスタントが良いアシスタントとされたんだって。
けっきょく2年間カメラに触れることはほとんどなかったんだそう。
どこの世界もプロフェッショナルへの道は厳しいね。

そんなマリエちゃんだけど、いまでは映される側、つまりモデルの仕事をやっている。
雑誌やチリの銀行のテレビCMなどに出演している。
一児の母だけどスタイルのいいマリエちゃん。
カメラマンの気持ちもわかってるから、きっといいモデルさんなんだろうね。

おいしいマリエちゃんの手料理を食べて、おいしいワインを飲んで、マリエちゃんの波瀾万丈な人生の話であっという間に時間が過ぎた。

ブログがきっかけで、海外で暮らす読者の人と出会うのはこれで2回目。
一度目はウィーンに住むサトコさん。
サトコさんも素敵な人で、けっきょくサトコさんに会いに2回もウィーンを訪れ、別荘で楽しいひとときをすごさせてもらった。

ブログをやってて、よかったなあ。

マリエちゃん、マウリシオ、みかちゃん、楽しい時間をありがとう。
イースター島には行かないつもりだったけど、ふたりが恋に落ちたマジックアイランドにちょっと興味が湧いてきたよ。
またチャンスがあったら会おうね。

a_DSC_6348.jpg

サンティアゴで楽しみにしていたのはマリエちゃんと会うこと以外にもうひとつ。
あの人たちとの再会も楽しみだったんだよね。

パタゴニアを1週間いっしょに旅したフェルナンドとグロリア。
フタレフーで別れてから2週間ぶりの再会。
2人とはパタゴニアの大自然を共に周遊した仲だけに、サンティアゴの都会で会うことがなんだか不思議な感じ。

きょうはグロリアの実家にお呼ばれ。
ケンゾーとイクエは和食を、グロリアが海鮮料理を作ることに。
ケンゾーたちはすでに食材を用意しているので、グロリアの海鮮をゲットすべく魚屋へ。

a_DSC_6355.jpg

a_DSC_6359.jpg

大きな冷蔵庫の中に見えるのは、大量のウニ!
それぞれがなんと1kg!
うっひょー、ウニがキロ単位って、日本じゃ考えられん。

a_DSC_6356.jpg

a_DSC_6358.jpg

ケンゾーとイクエの興奮をよそに淡々と購入していくフェルナンドとグロリア。
ちなみに、ウニ1kgで18000ペソ(約3600円)。
3600円かあ、高!って思ったけど、板にちょこっとのったウニが1000円はする日本と比べると格安だよね。

ほかにも「サーモン食べたい?」と聞かれ「うん、食べたい」と答えサーモンに決定。
ただ店には無かったみたいでどこかから取り寄せることになった。
食べたい?と聞かれたので軽い気持ちで返事したんだけど、まさか取り寄せになるとは。
「え、取り寄せ?そこまでせんでも・・・」と思ったけれど、まあフェルナンドとグロリアに任せよう。
市場に電話して、魚屋まで届くのに数時間かかるんだって。

ウニもだけど、そんなサーモンもケンゾーとイクエからしたら高いお値段。
でも、そんなこと気にせずに会計をするフェルナンドとグロリア。
ほんとうにこの人たちはグルメな人だ。

さあ、グロリアの実家でクッキングスタート。
さっそくフェルナンドが白ワインを開けたので、ワインを片手にクッキング。
さすが飲んべえのフェルナンド、わかってるね ♪
ちなみにグロリアの両親はほとんど酒を飲まないんだって。
だからといって肩身の狭い思いをしているふしはまったくないみたい。

a_DSC_6360.jpg

悩んだ末に決めたケンゾーとイクエのメニューは、鶏の照り焼きとそぼろご飯。
そのほか、定番の酢の物に茶碗蒸し。
フェルナンドとグロリアはまだしも、グロリアの両親が食べられるように無難なメニューをチョイス。

a_DSC_6365.jpg

そんななんちゃって和食よりも、今夜の主役は1kgのウニ。
ボールにあけたこのウニのボリューム!
こんなウニ見たことない。

a_DSC_6362.jpg

ウニを玉ねぎのみじん切りと混ぜ、コリアンダー(パクチー)を散らしレモン汁を搾るのがチリスタイル。
醤油でしか食べたことないからなあ、どんな味なんだろう。

a_DSC_6364.jpg

そしてわざわざ取り寄せたサーモンも登場。
脂がのって刺身でもいけるサーモンを贅沢にローストする。

a_DSC_6367.jpg

a_DSC_6366.jpg

でき上がった料理を囲んでみんなでサルー(乾杯)!
グロリア家は、みんな実年齢よりもかなり若く見える。
いちばん左端に座ってるのがグロリアのお父さん。
フェルナンドのほうが存在感があるように見えるのは、気のせいかな。

a_DSC_6376.jpg

こちらがグロリアのお母さんと妹のバーバラ。
お母さんと妹は小柄なんだね。

a_DSC_6379.jpg

小ちゃくて美人な妹のバーバラ。
何歳に見える?

a_DSC_6381.jpg

女性の年齢を公表するのはあまりよくないと思うんだけど、イクエより年上なんだよ!
しかも4つも!
びっくりだよね。
イクエ、肌のツヤが完全に負けてるよ。
旦那としても残念だよ。

立派なアラフォーなのに女子大生みたい。

普通、外国人よりも日本人のほうが若く見えるのに・・・。
イクエ、完全に負けている。

しかもバーバラは大の折り紙好き。
彼女の作品を見せてもらったけど、どれも緻密で複雑なもの。
折り紙部門でも完敗だよ。

さあ、どんな味なのか気になっていた1kgのウニ。
レモン風味のウニはさっぱり爽やか。
チリのウニは日本のものよりも味が劣ると聞いていたけど、引けをとらない。
パサパサしてないし、クリーミーで濃厚。
日本でもうまい魚は東京の築地に集まるように、チリでもいちばんいいものはサンティアゴに集まるのかもしれない。
かなり、おいしい!

ただ、ケンゾーとイクエ、フェルナンドとグロリア以外の家族がぜんぜん手をつけないのが気にかかる。
じつはグロリアの家族は海鮮があまり好きじゃないんだって!
いやいやいや、なんできょう海鮮をチョイスしたかなあ。
しかも、よりによってウニだなんて。
サーモンはかろうじてお父さんたちも食べてたけど、案の定ウニにはまったく手をつけず。
大量に余ったウニをフェルナンドが食べろ食べろ言うから、ケンゾーとイクエがほとんど全部食べることに。
ウニは大好きだけど、「もういいや」って思うほどウニを食べ過ぎるのは人生で初めてだ。

食べて飲んで笑って、グロリア家で楽しいひと時を過ごすことができた。
フェルナンドとグロリアとは2週間ぶりだったけど、やっぱりウマが合う。
4人でワイン何本空けたかな?
いやあ、飲んだ飲んだ。

でもー。

「あ〜気持ち悪い、気持ち悪いよー!」

真っ青な顔で苦しむイクエ。

そしてグロリアの家のトイレへダッシュ。
いくぶんスッキリした顔で戻ってきたイクエ。

「ウニが全部出てきた・・・。」

うっわ、もったいない!
イクエからは「もったいないとかヒドい。まずは心配してよ!」って非難されたけど、ワインとウニだよー。
そりゃもったいないよ!!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

Comment

はじめまして!

いつも楽しくブログを拝見しています。

私も昔はバックパッカーでしたが、今は長い休みが取れないので、
おふたりのブログを読んでは、夫と「リタイアしたら定年パッカーとして
世界一周したいね〜」と話しているところです。

さて、本日のケンゾーさんの記事を見て、ちょっと気になることがあり、
コメントさせていただきました。
最近、猛烈な眠気と空腹感に襲われるとのこと・・
もしかしたら、糖尿病の初期症状の可能性もあるかもしれません。
一度、検査を受けてみるのもいいかもしれませんよ?

旅行中は食事が不規則になりがちですから・・
どうぞ健康にはお気をつけて旅を続けてくださいね。
これからも、おふたりの旅ブログを楽しみにしています!


管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Akemiさま

え?!糖尿病ですか?まったく予想外の単語が登場したので、ちょっと戸惑ってます。痩せてるし、親族にも糖尿病はいないのでこれっぽっちも考えたことありませんでした。心配なので調べてみます。

いいじゃないですか、定年パッカー。旅を楽しむのに年齢は関係ないですよ。若者と同じスタイルで、っていうのは体力的に厳しいかもしれませんが。笑

これからもよろしくお願いします!

わたしも、来年、長らく温めつづけていた世界一周へ行く予定で、いつも楽しく読ませて頂いてます。

わたしも医療職に勤める身として、
糖尿病の件について少し気になったのでコメントさせていただきました。

痩せていても
食生活の偏りがあったり
生活習慣が不規則だと
糖尿病になる可能性十分にあります

最近では人間の身体は
ストレスを感じた時、それに耐えうる為に血糖値をあげる とも言われてます。

多飲、多尿、目のかすみ
などほかの症状も
みられないかご注意されてみてくださいね。

環境の変化などストレスはつきものかとはおもいますが

健康な身体あってこそです!

お二人とも、
どうか お身体にきをつけて
旅をつづけてくださいね!

これからも、更新たのしみにしています´◡`♡

No title

ケンゾーさん、イクエさん

こんにちは〜!!1年以上前から二人のブログをお気に入りに登録して読み続けてた憧れだった二人のブログに私たちファミリーが登場してる☆☆☆かなり嬉しすぎます!!!!!いつか私たちが九州へ遊びに行けたら嬉しいなーー!!!!!!!

ところで、体調大丈夫ですか???何かあったらチリとボリビア近いんで、いつでも連絡ください!!

それでは、これからもいい旅を続けてください〜。

マリエ、マウ

あみさま

お、来年から旅仲間ですね!

わたしの体のことを心配していただいて恐縮です。
ストレスとは無縁の旅を送っているつもりなんですが、知らず知らずのうちにストレスを感じていたのかなあ?そんな繊細な体&性格ではないはずなんですが・・・。笑

何はともあれ、健康には十分気をつけて残りの旅を楽しんでいきます!
あみさんの旅も素敵なものになりますように!

マリエちゃんへ

そんなに喜んでもらって嬉しいよ。
おかげさまで体調も回復して絶好調!まだまだ南米を楽しむよ。

日本で会えることを楽しみにしてるよ。またね!
非公開コメント