Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

住んでみたい国、刺激的な国、楽しかった国、行ってよかった国は?

2017.09.12 09:34|世界一周裏話☞EDIT
旅行会社のツアーパンフレットを見ながら、想像を膨らませて楽しんでいるイクエです。
行く予定はなくても、行く気になって写真やツアー日程を見るだけでワクワクします。
世界一周しているときは旅が日常だったからそんなことなかったけど、日本で普通に生活していると旅行を夢見てのワクワク感を味わえます。

前回の続き。
イクエとケンゾーのいろいろな「よかった国」の発表です。


Q、住んでみたい国は?
A、スペイン

前回も書いたけれど、スペインは食事がおいしい!
ヨーロッパの他の主要国と違ってレストランも敷居が高くなくて、値段も高くない。
昼からオープンテラスでワインを楽しむスペイン人多数。
もちろん外食も楽しんだけれど、スーパーでパックワインや生ハム、オリーブ、チーズ、バゲットを買って公園でランチをするのが日課だった。
青空のもと、疲れたら冷えたビールやサングリアを買って川辺で喉を潤す時間も幸せだった。
そんなことをしても周りからうかないし、むしろ同じようなことをしている人がいる。

DSC_0046.jpg

スペインではカウチサーフィンや友人の家にホームステイをした。
気さくでおおらかで朗らかなスペイン人。

DSC_0088.jpg

バスクやカタルーニャ地方でもホームステイをしたけれど、どこのスペイン人でも一緒にいて心地よかった。
合鍵を渡してくれてる人も多く、「自由に家を使って。冷蔵庫のものはなんでも飲んでも食べてもいいから。」と初対面のわたしたちに言ってくれる。
でも、決してドライな感じではなく、夜になると一緒に食卓を囲んで語り合ったり、馴染みのバル(居酒屋)に連れて行ってくれたり。

DSC_0079.jpg

DSC_0297_20170912084430ab4.jpg

道に迷ったり、乗るバスがわからなかったりしていると、声をかけてくれる人もいた。
決して干渉しすぎるわけではない。
相手の気持ちを慮るのも得意。
相手との距離の取り方がうまい。
来るもの拒まず、去るもの追わず。
あっさりしていて気前がよく、すぐに相手と打ち解ける。
なんとなく福岡県人の気質に似ていて、スペイン人となら素のままで仲よく付き合えるといつも感じた。
スペインにいるときはスペインへの移住を考えて、その場合はどんな仕事ができるか、日本食レストランを作るならどんなメニューがいいか、なんてことをよくケンゾーと話していろいろ妄想して楽しんでいた。

DSC_0333.jpg


Q、長く滞在した国は?
A、インド
  イラン


インドには3か月間滞在。
わたしたちがバングラデシュで取れたインドビザは3か月しか有効期限がなかったけど、通常のように半年取れてたらもっと長くいたこと間違いない。
インドにハマる人は多い。
インドが大好きになる人も多い。
3か月もいたから、わたしたちもインドが好きになったんだと思われるかもしれないけど、決してそうではない。
喧騒のインド、すぐにお腹を壊すインド、嘘つきの人も多いインド、疲れるインド。

DSC_0543_201709120912349f7.jpg

DSC_0501.jpg

そんなインドにどうして3か月もいたかというと、インドは広くて、世界遺産もたくさんあって、見所も多くて、物価も安くて、バックパッカーがたくさんいて旅行しやすいから。
いろいろ大変だけど、なんやかんやでインドは面白い。

DSC_0886.jpg

暑い場所もあれば、山々の連なる涼しい高地もあり、砂漠もある。
そして歴史もあって遺跡もある。
活気がある人々の営みを見るのも楽しい。

DSC_0615.jpg

DSC_0875.jpg

3か月もいたけど、インド北部のチベット文化が根付くラダックやパキスタンに近いカシミールには行っていない。
そこにも一度は行ってみたいなあ。

P1020585.jpg

イランにはビザの延長までして2か月もいた。
美しいモスクやエキゾチックな古い街並みなど見るところも多いけど、わたしたちが2か月もいたのはホームステイを楽しんだから。

DSC_0507_20170912091232eea.jpg

イランで初めてカウチサーフィンに挑戦。
たくさんのお宅に泊まらせてもらった。
親日家でとても歓迎してくれた。

DSC_0339.jpg

DSC_0601.jpg

知的な人が多く、一緒にいて楽しかった。
2か月もいたイランでは、観光地の思い出よりもホームステイの記憶の方が鮮明に残っている。
そして、自転車旅や、それによるイクエのケガや療養など、忘れられないエピソードも多い。

P1030863.jpg

DSC_0410_2017091209123164f.jpg


Q、刺激的な国は?
A、エチオピア

アフリカの東に位置するエチオピア。
旅行先としてはまだまだメジャーとは言えない国だけど、実は見所も多く、とてもユニークな国。
ほかのアフリカ諸国とは違い文字はアルファベットではなく、見たこともない文字。
宗教もエチオピア正教で、1年が13か月あって、新年は9月からで、西暦も7、8年ずれている。

DSC_0199.jpg

ほかの国では決して受け入れられない、発酵して酸っぱいとんでもなくまずいクレープのような「インジェラ」と呼ばれるものを主食としている。

DSC_0572_20170912084456fa2.jpg

少数民族がたくさんいて、電気も水道もないところで原始的な生活をしている。
そんなところに迷い込めば、はるか昔にタイムスリップした気分になる。
それぞれの民族はファッションや文化が違い、市場や村々を巡るのは刺激的。

DSC_0098_201709120844223ee.jpg

DSC_0085_201709120844197d9.jpg

さらに気温50度にもなるダナキル砂漠に行けば、真っ白い塩湖や塩を運ぶキャラバン隊、火を噴くエルタ・アレ火山の火口を真上から見ることもできる。

DSC_0442.jpg

さらにエチオピアはコーヒー発祥の地。
でも、民家でコーヒーをご馳走になったら、想像を絶する味のコーヒーが出てきた。
塩入りコーヒー!

DSC_0566_20170912084455475.jpg

エチオピアでは首都以外、乗用車を見かけることはほとんどなかった。
自家用車がもっとも普及していない国かもしれない。
庶民の足はバス。
長距離バスは小さいのに乗りたい人が多すぎて、夜明け前からスタンバイしてバスのドアが開くとともに駆け出し席取り競争に勝たなければならない。

いろんな衝撃を受ける国。

DSC_0291.jpg

DSC_0028.jpg


Q、なんやかんやで盛りだくさんで楽しかった国は?
A、ボリビア
  グアテマラ

旅人の憧れの地、ウユニ塩湖のあるボリビア。
ボリビアと言えばそれくらいしかイメージできなかったけど、行ってみたらいろんなことが楽しめる魅力溢れる国だった。
ウユニ塩湖の思い出が薄れるくらいほかのことも充実していて、イクエもケンゾーも「ボリビアと言えば?」と質問されれば、「ウユニ塩湖!」という答えは出てこないほど。

DSC_9086.jpg

標高6088メートルの雪山ワイナポトシに、高山病や睡魔と闘いながら登頂。
人生でこれほど高い山に登ったことはもちろんないし、これからもないだろう。

DSC_1020.jpg

雪がちらつく高地があるいっぽう、木々が生い茂りサルやワニ、ピンクイルカが生息するルレナバケではアマゾン川支流の川下りを楽しみ、ピラニア釣りをした。

DSC_1449.jpg

多くの鉱夫たちが命を落としたポトシ銀山の中に入ったり、日系人の上間さんのお宅に泊めてもらって五右衛門風呂に入ったり、世界遺産の古都スクレで白い街を散策したりした。
また、標高4000メートルの首都ラパスではカーニバルを見たりイクラを探し求めて宿で料理したり、おばさんプロレスを観戦したりしながら長く滞在した。
想い出がいっぱい詰まった国。

DSC_2004.jpg

DSC_2207.jpg
  
ボリビア同様、グアテマラと聞いてもイメージするものはなかった。
けれどグアテマラはとてもカラフルな国だった。

DSC_6325.jpg

先住民族がそれぞれの文化を守りながら生き生きと暮らしている。
個性あふれる村々を巡り、先住民たちの伝統衣装を見たり市場を散策したりするのはとても楽しかった。
土着の宗教とキリスト教が混ざり合った宗教観はユニークだし、チキンバスやピックアップトラックを乗り継いでの移動も疲れたけど楽しかった。

DSC_6958.jpg

食事もおいしく、市場で安く食べられる海鮮スープは絶品。
火山が多く、温泉天国でもある。
日本人宿タカハウスでの年越しも思い出深い。

DSC_7113.jpg

ボリビアとグアテマラに共通して言えることは、周辺国よりも先住民族の占める割合が多いこと。
だから南米ではボリビア、中米ではメキシコよりグアテマラにわたしたちは惹かれた。
定番の観光地よりも、市場巡りや人々の暮らしぶりに興味がある人には、この二つの国にはぜひ行ってほしい。


Q、行ってよかった国は?
A、パレスチナ

パレスチナを旅することができるのか?
イスラエル側から日帰りでパレスチナを観光することしかできないんじゃないか、でもそれは嫌だな。
パレスチナの旅については調べてもわからないことが多く、とりあえずNGOがやってる宿泊施設やカウチサーフィンで宿泊場所を確保し、半信半疑でパレスチナに入った。
パレスチナに足を踏み入れると、とても活気があり、人々は気さくで笑顔で「ウェルカム トゥ パレスタイン!」と歓迎してくれた。
イスラエルとは雰囲気が全く違い、二つの国は全然違う外国なんだと実感。

DSC_0328.jpg

パレスチナの情勢については知っているつもりでいたけれど、内部から眺めるとこれまで知ることのできなかった問題が見えてきた。
夜、イスラエル軍が難民キャンプにやってきて、ただの嫌がらせのために銃を乱射していたのを見た。

ホームステイしていたとき水道から水が出なくなって、何かと思ったらイスラエルが嫌がらせでパレスチナの水を止めていた。
これが夏の暑い時期に何週間も続く。

DSC_0330_20170912084449909.jpg

DSC_0228_20170912084427d26.jpg

家に招いてくれたおじさんは、夜ベッドで寝ていたら銃弾が家の中に飛んできて足を負傷していた。
街を案内してくれた若者は、兄弟がイスラエル軍に突然拘束されて安否がわからないと言っていた。

DSC_0128_2017091208442465b.jpg

わたしたちをお世話してくれたNGOの職員は、イスラエル軍に街を包囲されているときに家々に食料を配っていたところを狙い撃ちされ、大怪我をしていた。
ほかにもたくさん。
毎日いろんなことを見聞きするたびに、憤り、心が痛んだ。

DSC_0602.jpg

パレスチナには結局3週間滞在した。
離れるときは本当に後ろ髪引かれる思いだった。

DSC_0383.jpg

ケンゾーが「俺たちがいてもいなくても何も変わらんでいっしょっていうのはわかっとるけど、なんか、離れていいのかな。離れたあとパレスチナ大丈夫かなって思ってしまう」と言った。
まったく同じ気持ちだった。
うまく説明できないけれど、パレスチナをずっと見守っていたいという気持ちだった。

DSC_0299.jpg

ただおもしろそうだから、日本での忙しい日常を忘れられそうだからという理由で世界一周の旅に出たけれど、パレスチナを旅して「ああ、ここに来るために、パレスチナ人に会うために、パレスチナでの出来事を知るために、世界一周をしてたんだなあ」と思った。
パレスチナの記事は、このブログの中でわたしたちが一番見てもらいたい記事。


「どの国が一番よかった?」とよく聞かれるけれど、答えることはできない。
それぞれの国に個性があり、一律で評価し、どこか一つを選ぶことはできない。
今回いくつかのテーマで「よかった国」を選んだけれど、紹介しなかった国もそれぞれの良さがあった。
短期旅行やハネムーンにオススメの国、まったりくつろぐのにぴったりの国、穴場だけど意外とよかった国、もう一度行きたい国・・・挙げればキリがない。

言えることは、「行かなきゃよかったと思う国はないし、どの国もとてもおもしろかった!」ていうこと。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから! 

世界一周「よかった国」発表

2017.09.01 15:25|世界一周裏話☞EDIT
バックパッカースタイルの長期旅行ではなく、快適な移動をし、普通のホテルに泊まってお金もそこそこ使って集中して五日くらい楽しむ海外旅行をしたいなあと思い始めたイクエです。
飛行機で数時間で行ける国がいいなあ。
アジアのリゾート地かなあ。
バックパックを担いでの過酷な旅をするには、覚悟と気合がいるからね。
まだまだそのエネルギーは補給されていない。

今回は、3年5か月の旅のまとめをします。
本当は、旅から帰った後のイクエとケンゾーの生き方や現在の近況報告をして、この世界一周ブログランキングから卒業しようと思っていた。
でも、「どの国がよかった?」「思い出に残った場所は?」なんていう質問をよくされる。
きっとこのブログにこれまでおつきあいいただいた方や旅好きの方が気になることだと思うので、よく質問されることの答えをまとめてみます。

「どの国がよかった?」「おすすめの国は?」と聞かれて、イクエもケンゾーも即答はできない。
訪ねた78か国、どの国もそれぞれ特徴があって、魅力的だから。
行かなきゃよかったと思う国なんてない。
だからそんな質問をされるときは、聞き返す。
「どんな国がいい?」「何に興味がある?」「旅行の目的は?」
トピックを決められると、「よかった国」も答えやすくなる。

そこで、以下のように細分化しました。
イクエとケンゾーのいろんな分野での「よかったの国」の発表です。


Q、自然が美しかった国は?
A、モンゴル
  キルギス
  パタゴニア


何もない、あるのは広大な大地。
それがモンゴル。
毎日ひたすら道無き道を四駆で走り、地球の広さを実感した国。

DSC_0162_20170901123756618.jpg

一歩一歩歩くたびに、足が沈んでなかなか登れなかったゴビ砂漠の砂丘。
ようやく登った頂上で目にしたのは、夕日を浴び、輝く砂の山々。

DSC_0652_20170901123837f10.jpg

地平線まで見渡せ、空は近く広く。
自然の中で生きる人間の営みを実感させてくれた国。
モンゴルは世界一周2か国目の国で、それまでの日本でのストレスが解き放たれた国だった。

DSC_0738.jpg


そんなモンゴルで出会ったモンゴル通の旅人が絶賛し、オススメしてくれたのがキルギス。
キルギスがどんな国なのかさっぱり想像がつかなかったけど、国土の40パーセントが標高3000メートル以上の高地で、山脈がそびえる。
ここでは、清々しい気持ちになれる。

DSC_0474.jpg

そして、山間にひっそりと存在している氷河でできたエメラルドの湖。
大平原だったモンゴルに対し、キルギスは山や丘が連なる草原。
オシュからビシュケクに抜けるルートは、絵画のようですばらしかった。

DSC_0124_20170901123753591.jpg


パタゴニアは国ではないけれど、絶景の宝庫で、南米の南緯四十度以南のチリとアルゼンチンにまたがる地域。
南極にも近く、気温が低く風が強い。

DSC_3725.jpg

標高は高くないのに、まるで4000メートル、5000メートル級の山地のように思えるところもある。
高山病に悩まされずに、高山の魅力を味わえる場所。

DSC_4812.jpg

氷河期に形成されたフィヨルドは、ダイナミックな景色を作り、悠久の時と自然の大きさを実感させてくれ、美しさにため息が出るほど。
あ〜、あの美しさにまた酔いしれたい!

DSC_5605.jpg


Q、食べ物がおいしかった国は?
A、スペイン
  中国


ワインも生ハムもおいしいスペイン!
日本人は雑食だと思うけど、スペイン人も雑食だと思う。

DSC_0189.jpg

お肉も海の幸も大好きで、ヨーロッパに多いベジタリアンも、スペインにはほとんどいないんじゃないかと思う。
子豚の丸焼きも、スーパーに並ぶ骨つき生ハムにも、圧倒される。

DSC_0414_20170901123831ffb.jpg

DSC_0228_201709011238020ee.jpg

ヨーロッパではレストランは敷居が高いけど、スペインは安く飲めるバル(居酒屋)がある!
しかも、おいしいものをちょこっとずつつまめるピンチョスの文化がある!
昼間から、みんなワインを飲んで人生を満喫している感じ。

DSC_0137.jpg

食に関して貪欲なスペイン。
スパニッシュ料理はイタリアンやフレンチを上回るかも。

DSC_0004_201709011237516db.jpg

DSC_0131_20170901123753c3f.jpg


世界中で愛されている中華料理。
早い、うまい、安い、と三拍子揃っている。
安い食堂でも、メニューに載っている品数は豊富。
何を頼んでもハズレなし。

DSC_0727.jpg

長期旅行をしていると、その国の似たような食事に飽きてきたり、安いレストランを探すのが億劫だったりしてくるけど、中国ではそれがない。
どこのお店に入ってもOK。
食事の時間が毎回楽しみだった。

DSC_0566.jpg


ちなみに、世界一食事がマズイと思ったのはモンゴル。
砂漠が広がり、野菜の栽培が盛んではなく、市場で手に入るのはジャガイモ、玉ねぎ、人参くらい。
遊牧民の国なので、家畜の肉や乳製品に頼る食生活で、料理のレパートリーがものすごく少ない。
遊牧民のゲルには、冷蔵庫がないからお肉も何週間、何ヶ月と吊るしてあるものが使われる。
料理で使う油も、動物の脂肪からとったものだから、全ての料理や食器から独特の獣臭がする。
ちなみに「モンゴル生まれのヨーグルト」なんて日本のCMでよくやっていて、おいしそうに思えるけど、モンゴルのヨーグルトやチーズはもはや私たちのイメージするものとは別物。
ドライヨーグルトなんて、歯が欠けるほど硬い。
石のように硬くて、食べられない。
酒好きのケンゾーも馬乳酒が出されると、意気消沈していた。
そんなモンゴルから中国に入国したので、中華料理のおいしさが余計身にしみたのだった。

でも、世界一ウマイ国と世界一マズイ国が隣り合ってるなんて・・・。


Q、人がよかった国は?
A、バングラデシュ

いい出会いに恵まれ、「この国の人たち好きだなあ」と思う国はいっぱいあったけど、ダントツの1位はバングラデシュ。
バングラデシュには観光するような場所はほぼないけれど、バングラデシュ人と触れ合うためにこの国に行く価値は大いにある。
だから、去年日本人が犠牲になったテロ事件が起きたときは信じられず、本当に残念な気持ちになった。
でもバングラデシュが、一番親日家が多い国だと思う。
外国人が珍しく、道を歩けば子どもから大人までわたしたちに興味津々。
すぐに囲まれる。

DSC_0168_20170901123758636.jpg

最貧国であるけれど、悲壮感はなく、たくましくて優しくて明るい人たち。
いつもいい出会いがあるので、毎日が楽しくて満たされていて、宝物のような日々だった。
知り合ったばかりの人が家に招いてくれたり、泊めてくれたり。
バングラデシュを陸路で出国するときは、仲良くなった人が見送ってくれて、ケンゾー号泣の出国となった。

DSC_0956.jpg


Q、「旅」っぽさを味わえる国は?
A、インド

毎日毎日疲れるけど、刺激的で、緊張しながら旅をしないといけない国、インド。
国も国民もエネルギーに満ち溢れている。
そのエネルギーに飲み込まれそうになるのを、踏ん張らないといけない。
毎日ヘトヘトになる。

DSC_0100_20170901123751e12.jpg

不衛生なところも多くて、下痢になること必至。
インドを旅していると、どうすれば下痢にならずに済むかを考えるのではなく、どうやって下痢と共生していくかを考える。

DSC_0315.jpg

いちいち値段交渉しないといけないし、嘘つきや詐欺師や多いし、日本人がトラブルに遭うことも多い。
物乞いも多い。
常に五感、六感までを働かせて行動しないといけない。
精神が研ぎ澄まされていく感じ。
インド人も必死になって生きていて、だからこっちも必死になって生きていかなければならない。

DSC_0493.jpg

なんでもありのヒンズー教の神々、根強く残るカースト制。
騒々しく、あるがまま、本能万歳のインド。
だからこそ何度もカルチャーショックを受け、おもしろくもあり、ミステリアスでもあり。

インドを旅すると、バックパッカーが身につけるべき旅の技術みたいなものが身につく。
一番旅をするのが大変な国。
「アフリカを旅するのって大変そう」ってよく言われるけど、インドに比べたら全然!

旅をしたければ、インドへ。

DSC_0200_20170901123800806.jpg


いろんな理由から「よかった国」はまだまだあります。
長くなったので、続きは次回に持ち越し。
次回こそは早めに更新します!

またお付き合いいただければ嬉しいです。
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!