Now,we are HERE!
訪れた国は78カ国
旅した期間は1257日
2016年2月14日に帰国!
プロフィール

ケンゾー   イクエ


2007年10月 結婚
2012年09月 世界旅行に出発

ジャンル
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
月別記事
最新コメント
RSSリンク
リンク
ブロとも申請

この人とブロともになる

見てくれてありがとう!
メールはこちらから ♪

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ村ランキング
ふたりのお勧め旅グッズ










ふたりの旅も大詰め。あともうちょっとだけおつきあいお願いします!

 日本→韓国→モンゴル→中国→ラオス→ベトナム→台湾→シンガポール→バングラデシュ→インド→スリランカ→アラブ首長国連邦→オマーン→トルコ→ジョージア→アルメニア→アゼルバイジャン→カザフスタン→ウズベキスタン→タジキスタン→キルギス→イラン→イタリア→バチカン→チュニジア→フランス→チェコ→オーストリア→ポーランド→イスラエル→パレスチナ→ヨルダン→イギリス→アイルランド→ポルトガル→モロッコ→スペイン→ハンガリー→スロバキア→スロヴェニア→クロアチア→セルビア→ボスニア・ヘルツェゴビナ→モンテネグロ→コソボ→マケドニア→アルバニア→ギリシャ→エジプト→スーダン→エチオピア→ケニア→ウガンダ→ルワンダ→タンザニア→マラウイ→ザンビア→ボツワナ→ナミビア→南アフリカ→アルゼンチン→チリ→パラグアイ→ボリビア→ペルー→エクアドル→コロンビア→ベネズエラ→キューバ→ベネズエラ→パナマ→コスタ・リカ→ニカラグア→ホンジュラス→エル・サルバドル→グアテマラ→ベリーズ→メキシコ→アメリカ→
日本


「ふたりでふらり」はブログランキングに参加中!
1日1回のclickが順位に反映されます。
ぜひポチッと応援お願いします ♪
↓↓↓
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

人生の先輩たちに学ぶ 旅に出るタイミング

2016.11.17 09:41|世界一周裏話☞EDIT
まだ病院のベッドの上にいるイクエです。
「まだ」というか「また」です。

この前の腫瘍の摘出手術は無事に終わって、病理検査の結果も良性で、ほっとしていました。
退院して家で安静にしていたのですが、それから一週間もしないうちに、また別のところの問題が見つかって急遽入院、手術することに。
今回も婦人科系の手術で、無事に終わりました。

こんな短期間で二回も手術することは今後の人生でもたぶんないでしょうが、今は痛みもなく、穏やかです。

すっかり慣れてしまった病室で、献立が一巡してすっかり飽きた入院食を食べながら退院の日を待っています。
あと数日で退院できそう。

わたしは心も体も元気なので心配しないでくださいね!

わたしは大学病院の産婦人科病棟の大部屋に入院してます。
入院患者さんたちのなかには、子宮や卵巣の腫瘍、乳がんの人たちが多くいます。
抗がん剤治療で髪の毛が抜けてニット帽をかぶった女性が「わたしはステージ4なの。娘がまだ中学生だからがんばんなきゃ」と明るく話していて、こちらが勇気づけられたりします。
もう一か月以上入院している方、まったく口から食事を摂れず点滴だけの方、難病指定の病気の方もいらっしゃいます。

この病棟では、36歳の私はワカゾウ。
人生の先輩に囲まれています。

先日、同じ病室の女性二人がおしゃべりしていました。
ベッドに横になったままわたしは耳を傾けていました。
どちらもお年は70歳くらい。
でもとても若々しく見えます。

「これまで旅行には行きました?
 海外に」


「行ってないのよねー。
 行きたかったんだけどね。
 夫婦で退職してから行こうって思ってたの。
 それが、退職して主人が体調を崩して看病しなきゃいけなくなったでしょう。
 それからまもなく、主人が亡くなって。
 もう、行きそびれたわねぇ」


「わたしは、退職してこの病気になる前ね、二年くらい。
 何度か海外旅行ができたんですよ」


「へぇー、良かったですねぇ。
 どんなところに?」


「ヨーロッパとか、あとはアジア。
 主人とお友達夫婦と行ったり、主人の兄弟たちと楽しくね」


「ご主人、お元気だからいいわね」

「あの人をわたしが引率するようなものだけど。
 あの人はただついてくるだけよ。
 わたしがいないとね、フフフ」


「外国はステキだったでしょう?」

「うん。
 ドイツあたりは町並みがほんとにきれいで。
 アンコールワットには、ベトナムとセットで行ったんです。
 ほんとにね、あのときは楽しかったぁ」


女性は思い出に浸りながら満足そうに言いました。
笑顔で、当時の旅を思い出すだけでウキウキする。
そんな感じでした。

その会話をベッドで聞きながら、わたしはケンゾーといろんなところに行けたから、旅行に関しては悔いはないなあ、としみじみ思いました。
もちろん、まだ行ってないところ、見たい景色はたくさんあるけれど、もし今後行くチャンスがなくても、今までの旅で出会った絶景や体験を思い出しながら満たされた気分になれます。

a_DSC_1338_201611102122555af.jpg

わたしたちが旅行に行くと決めたときは、ふたりとも仕事をして10年くらい経ったときでした。
そのキャリアを捨てて、いい年して夫婦で海外をふらつくなんて常識外れだし、帰国して新しい職を探せるのか、リスクもありました。
旅行は年を取り退職してからでもいいじゃないと言われてもおかしくないけど、でもあのタイミングでふたりで旅行をしてよかったなあと病室で心から思いました。

a_DSC_0998_20161110212253c0d.jpg

わたしたちの年齢だと、子育てが落ち着いてから自分の好きなことを、という考えもありますが、そのときは親の介護が待っているかもしれません。
退職してから、という考えもあるけれど、そのときの自分の体力や状況はわかりません。

旅行に限ったことではなく、自分が人生のうちで必ずやりたいと思っていることがあれば、先延ばしにせず、やりたい、やれる、と思ったときにやるべきだなあと思いました。
もちろん、そのために犠牲にしないといけないものもあるし、何か理由をつけてしまって重い腰があがらないこともあるでしょう。
でもこれをやらなければ人生後悔しそう、というものがあるのであれば・・・。
タイミングは自分で作るものです。
待っていたら逃げてしまうかもしれません。

「癌の可能性も考えないといけません」

医者からそう言われたとき、わたしは海外旅行への悔いは少しも沸きませんでした。
あれだけ行ったのだから、見たのだから、十分だと。

a_DSC_7138_201611102122568a9.jpg

思ったことは、親より早く死んだら親不孝だなあ、ということ。
日頃から「イクエより先に死にたい。ひとりになったら楽しくない」と言っている夫が心配だなあ。
そんなことでした。

やり残したことをしいて言えば、ケンゾーとのんびり国内旅行かな。
金沢に行ったり、新潟でおいしいお米を食べたいな。
京都には行ったことはあるけど、今度はちょっと贅沢な旅館に泊まり、和を感じたいな。

海外旅行には悔いはないけど、ケンゾーと交際を始めてから世界一周に行くまでの7年以上、ふたりでさんざんやってきたあることに関しては、まだまだやりたい!まだまだ足りん!と思いました。

それは、イタリアンとかカジュアルフレンチのレストランで、そう高くないコース料理に舌鼓を打ち、一番お手頃なワイン(3000円以内)を一本あけて、いい気分になることです。
ベッドの上で、行きたいなあ、行きたいなあ、と悶々とします。
食と酒に関しては、どうやらわたしの欲はとどまるところを知らないようです。
なんと欲深き・・・。

あとケンゾーとやってないことと言えば子育て。

わたしは日に日に体はいい方に向かっていて、まもなく退院です。
退院したら、タイミングが逃げてく前に、やりたいことをやろうと思います!
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村

ランキングが上がるとモチベーションも上がります ♪
あなたのclickで応援お願いします!
ほかの世界一周旅行者のブログもここで見られます ♪

コメントはこちらから!